セミナー・展示会・フェア参加

ふくしま企業で働く先輩たちとお話しながらランチを食べよう!~「ふくしまワーク×フードCAFE」

来る11月25日(土)、東京の渋谷区千駄ヶ谷にあるGOBLIN(ゴブリン)千駄ヶ谷店にて、首都圏の大学等に通う学生の皆さんに向けたイベント「ふくしまワーク×フードCAFE」が開催されます。

02_

このイベントは、福島県の企業で働く先輩社員と、首都圏の大学等に通う学生の皆さんが、福島での暮らしや仕事のことなどをテーマとして交流するイベントです。

当日は、カジュアル空間でおいしいランチを味わいながら、福島県の企業で働く先輩に暮らしや仕事、就活などのお話が聞けます。

ランチには、パスタ世界大会チャンピオンのシェフ・山田剛嗣(よしつぐ)さんが作るスペシャルランチが用意されます。

また、ランチの他にも素敵な景品が用意されているクイズ大会や、ふくしま企業で働く先輩たちの企業プレゼンもあります。

参加料はランチも含めて無料。当日は私服参加も可能です。
先着順となりますので、気になる方はお早めにお申し込みください。

福島県の仕事、就職に興味がある学生の皆さん、ぜひこの機会にご参加ください。

「ふくしまワーク×フードCAFE」

 開催日:平成29年11月25日(土)
        13:00~15:30 (開場12:30)

 会 場:GOBLIN(ゴブリン) 千駄ヶ谷店
 会 場:東京都渋谷区千駄ヶ谷1-13-11 チャリ千駄ヶ谷B1F
 会 場:アクセス:JR総武線千駄ヶ谷駅から徒歩7分
 会 場:アクセス:都営大江戸線国立競技場駅A3出口から徒歩5分

 参加料:無料

 服 装:私服参加OK

 参加対象者:首都圏に通学する大学生、大学院生、短大生、
                    専門学校生であれば誰でも参加OK。学年は問いません。

 定 員:50名(先着順)

 主 催:福島県、一般社団法人産業サポート白河

 お申込みはこちらから→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc99uqF25s0Z8ohfkz1P8K5M8KtiQ48ozoV58682SrVe1vjOg/viewform?vc=0&c=0&w=1

 申込締切:平成29年11月20日(月)まで

 お問い合わせ:一般社団法人産業サポート白河 TEL/0248-21-7361

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県でもう一度保育士のお仕事をしてみませんか?~保育士の届出システムできました!

福島県では、保育士資格を有していながら現在働いていない方(潜在保育士)のために向けた支援が始まります(※保育士として働いている方でも届け出できます。)

201710041108520001

この届出システムを活用していただくことにより「福島県保育士・保育所支援センター」が保育士の方とのつながりを保ち、それぞれの状況に応じた復職相談、情報提供などが行なえるとのことです。

201710041109030001

「福島県保育士・保育所支援センター」では以下のサポートを行なっております。

【相談】保育士の仕事・復職に関する不安や悩みなど様々な相談に応じます。
【研修】県内で行なっている保健師の際就職支援研修などの情報をお知らせします。
【再就職】就職の意向を持ったときは、マイページ上で求職登録すると最適な就職場所を紹介します。

詳細はこちらをご覧ください→http://www.fukushimakenshakyo.or.jp/3000/3105.html

また来る11月5日には、福島市にあるエスパル福島5階ネクストホールにて「保育士就職フェア」が開催されます。

 「保育士就職フェア」

  日時:平成29年11月5日(日)
  場所:エスパル福島5階ネクストホール
       (福島県福島市栄町1−1)
  詳細はこちらをご覧ください→
  https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21035b/hoikushi-syuusyoku.html

福島県でもう一度保育士として働きたいとお考えの皆さん、ぜひこちらの保育士の届け出システムを活用してみてはいかがでしょうか。

 福島県保育士・保育所支援センター

  所在地:福島市渡利字七社宮111 福島県総合福祉センター3階

  開館日:月曜~金曜
         ※土・日、祝日、12/29~は休館1/3
  受付時間:午前9時~午後5時
  電話:024-521-5662 FAX:024-521-5663

  メール:jinzai@fukushimakenshakyo.or.jp

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ふるさと・ふくしま合同就職面接会 in 東京2017」のお知らせ

福島労働局では、来る10/7(土)に、東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故のため首都圏へ避難している方、学卒を含むU・Iターン希望者等を対象とした「ふるさと・ふくしま合同就職面接会 in 東京2017」を開催します。

0001_2

福島県への就職をご検討の方やご興味をお持ちの方など、募集職種をご確認の上、お気軽にお越しください。

詳細につきましては下記も合わせてご覧ください。

福島労働局:http://fukushima-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/fukushima-roudoukyoku/taisaku/291007tirasi.pdf

 

 「ふるさと・ふくしま合同就職面接会 in 東京2017」

  日   時/平成29年10月7日(土)13:00~15:00
  会   場/東京交通会館 12階 ダイヤモンドホール
  参加企業/30社
  申し込み/事前申込不要、参加無料
  問合せ先/福島労働局職業対策課   TEL 024-529-5438

*************

また、翌日10/8(日)には、東京交通会館8階にあるふるさと回帰支援センター セミナールームAにて、ラクラスしらかわ主催の「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」を開催いたします。

21740408_1573960812669836_828539433

セミナーの概要につきましてはこちらの記事もご覧ください。
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-d3fe.html

参加は無料です。お席にはまだ余裕がありますので、興味がある方はぜひお気軽にご参加ください。

「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」

 日  時:平成29年10月8日(日) 11:30~14:00
 会  場:ふるさと回帰支援センター セミナールームA
        (東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F)

 定  員:20名
 参加費用:無料 ※セミナー終了後、アンケートにご協力ください。
 申込期限:平成29年10月6日(金)正午ま
 主  催:ラクラスしらかわ(NPO法人白河ふるさと回帰支援センター)
      〒961-0905
      福島県白河市本町2 マイタウン白河2F
      NPO法人白河ふるさと回帰支援センター内

      TEL・FAX/0248-29-8595 MAIL/rakuras@rakuras.com

 ※お申し込みはTEL・FAX・メールでお願い致します。

 こちらからもセミナーへお申し込みができます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 首都圏にいちばん近い東北、しらかわ新幹線通勤セミナー
  【移住・田舎暮らし】 | Peatix
http://rakuras1.peatix.com/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」開催のお知らせ(ラクラスしらかわ主催)

来月10/8、東京有楽町にあります東京交通会館8階にて、ラクラスしらかわ主催の「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」を開催いたします。

21740408_1573960812669836_828539433

 (チラシPDF版)

ゲストには、新白河駅~東京駅間の新幹線通勤を先駆けて行なっている先輩移住者をお迎えし、新幹線通勤のあんなことや、こんなことをお聞きします!また、具体的な経済的メリットの説明や、個別相談タイムもございます。

参加は無料です。ぜひお気軽にご参加ください!

「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」

 日  時:平成29年10月8日(日) 11:30~14:00

 会  場:ふるさと回帰支援センター セミナールームA
        (東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F)

 

 定  員:20名

 参加費用:無料 ※セミナー終了後、アンケートにご協力ください。

 申込期限:平成29年10月6日(金)正午まで

 主  催:ラクラスしらかわ(NPO法人白河ふるさと回帰支援センター)

      〒961-0905
      福島県白河市本町2 マイタウン白河2F
      NPO法人白河ふるさと回帰支援センター内
      TEL・FAX/0248-29-8595 MAIL/rakuras@rakuras.com

 ※お申し込みはTEL・FAX・メールでお願い致します。

 上記以外にも、こちらからセミナーへお申し込みができます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 首都圏にいちばん近い東北、しらかわ新幹線通勤セミナー
  【移住・田舎暮らし】 | Peatix

  http://rakuras1.peatix.com/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「テーマで見つけるローカルライフ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~」開催のお知らせ

来る9月30日(土)、東京交通会館3階グリーンルームにて「テーマで見つけるローカルライフ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~」が開催されます。

201709141021380001

福島県からは4団体が出展し、その一つとしてラクラスしらかわが出展致します。

201709141021500001

このイベントは 5つのテーマ「子育て」、「食・農」、「空き家活用」、「二拠点生活」、「創業・クリエイター」を軸に、5県(新潟・福島・茨城・栃木・群馬)の取り組みの紹介を行います。

各県に移住し、それぞれのテーマのもと活動している移住者たちのトークセッションが開催される他、5県から29の市町村、団体も出展し個別相談を行います。

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.furusatokaiki.net/seminar_detail/?event_id=32886

皆さんお誘いの上、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 『テーマで見つけるローカルライフ
  ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~』

   日 程:平成29年9月30日(土)
   時 間:12:00~17:00
   場 所:東京交通会館3階 グリーンルーム
          (東京都千代田区有楽町2-10-1)

   参加費:無料

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『第34回白河支部 福島県不動産フェア』のお知らせ(白河市)

来る9月10日(日)、白河商工会議所を会場に、福島県宅地建物取引業協会白河支部主催の『第34回白河支部 福島県不動産フェア』が開催されます。

201709071152580001_2

イベントでは売買・賃貸情報のパネル展示をはじめ、不動産・ローン無料相談コーナーや、空き家対策相談も受け付けています。

ご来場された方には先着でボールペンと風船のプレゼントがあります。
会場には白河市の公認キャラクターのダルライザーとしらかわんもやってきますよ!

詳細につきましてはこちらも合わせてご覧ください。

・福島県宅地建物取引業協会(※PDF版)
 http://www.fukushima-takken.com/fudousan_fair/fudousan_fair.pdf

「第34回白河支部 福島県不動産フェア」 

 日時:平成29年9月10日(日)10:00~17:00
 会場:白河商工会議所

 ☆同時開催☆

 福島県宅建協会創立50周年記念 特別講演会
 「伝えることの大切さ・伝わることの素晴らしさ」 

 日時:平成29年9月10日(日) 13:00開場/13:30開演
 会場:白河市立図書館 多目的ホール
 入場:無料(予約不要・全席自由)

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

\東北で見つける!新しい生き方・働き方/~東北U・Iターン大相談会開催のお知らせ

来る7月23日(日)、東京交通会館12階ダイヤモンドホールにて「第1回 東北U・Iターン大相談会」が開催されます。

20170723_touhoku_omt03_olcompressed

このイベントは、東北地方6県が一同に介する移住相談会です。

今回は東北地方の「しごと」に焦点を当てて、様々なお仕事情報のご提供や東北ならではのおしごとワークショップ、東北在住の先輩移住者からのアドバイスなど東北の「しごと」や文化を通じて、新しい働き方を提案します!

◆じっくり 移住・就職相談コーナー

東北6県の自治体・団体が約80ブース出展いたします。移住や就職の担当者と直接相談することができますよ♪当日は、ラクラスしらかわもこちらでブース出展致します!お見かけの際はぜひこちらにも足を運んでみてくださいね♪

会場では他にも移住に関するコーナーも出展、展示致します。

◆きっと見つかる、あなたらしい働き方 お仕事情報コーナー
◆まずは聞いてみよう 先輩移住者カフェ
◆東北の手しごと体験工房

また会場では、子どもを預けることが出来るキッズスペースや、個別相談会にて複数のブースで相談された方を対象にした東北の名産品やご当地商品が当たるおすそわけ抽選会も開催されます!ぜひこの機会に気になる地域で移住相談をしてみてくださいね♪

会場は入場無料、予約不要となっています。

詳細につきましてはこちらも合わせてごらんください。

↓↓↓↓↓↓

第1回 東北U・Iターン大相談会
セミナー詳細 – 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

移住を考え始めた方、そして東北で移住を考えている方、皆さんお誘いあわせの上、ぜひ「第1回 東北U・Iターン大相談会」へお越しください。

-------

第1回 東北U・Iターン大相談会

 日時:2017年7月23日(日) 11:00~17:00

 場所:東京交通会館12階ダイヤモンドホール
     (東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館12F)

 参加:無料

 お問い合わせ:NPO法人ふるさと回帰支援センター  担当/熊谷
           E-mail/ info@furusatokaiki.net 電話/03-6273-4401
           営業時間/ 10:00〜18:00  火〜日曜(定休: 月・祝)

文責:suzuki (http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移住女子から見えた未来の展望~都市・農村共生社会創造シンポジウムin東京~

昨今高まりを見せている農村志向に着目し、都市と農村が共生できる方策を“移住女子”達が議論するシンポジウム「都市・農村共生社会創造シンポジウムin東京」が東京都港区にあるコクヨホールで開催されました。

Img_8978


はじめに、主催者の全国町村会経済農林委員長 民部田幾夫氏(岩手県岩手町長)から挨拶があり、「変化は都市ではなく、農村で起きている」という名言が飛び出しました。

Img_8988


<基調報告>
ローカル・ジャーナリストの田中輝美さんが、「なぜ女子はいま地域に向かうのか」というテーマでお話をされました。
※ローカル・ジャーナリストとは、地域に暮らしながら、地域の中と外をつなぐ、インターネット時代の新しいスタイルの記者のことです。

Img_8999


田中さんは過疎の発祥地と言われている島根県に暮らしながら地域の情報を県内外に発信しておられる方です。

Img_9014

女性がなぜ地方を希望するのか…最大の魅力は“地域”にあるといいます。

“地域”で抱えている課題こそが、彼女達にとっては“チャレンジできること”なのです。
課題をマイナスに捉えない、「関わりしろ」として捉えることができる。
地域の方にとっては“ヨソモノ”、でも外から見ることのできる力がほしい。

チャンスと可能性が魅力だと気づいた女性達は地方へ向かっています。



<実例報告>
I・Uターンされた、“移住女子”3名の実例が発表されました。

Img_9019

義元みかさんは緑のふるさと協力隊をきっかけに、県南地方のお隣、天栄村で地域コーディネーターをされています。
義元さんの活動はこちらをご覧ください→天栄むすびや


Img_9032

木村彩香さんは地域おこし協力隊で長野県飯島町に移住し、婚活事業などに取り組んでいます。ご自身も長野県で出会った方とご結婚されました。
“飯島町のファン”を作るために活躍しています。


Img_9054

三成由美さんは島根県奥出雲町にUターンされ、町役場の職員として地域の魅力を引き出すために日々奮闘されている方です。


それぞれの地域で抱える問題に丁寧に向き合いながら、地域の人たちと解決したり、新しい提案をしたりしている点で、みなさんの考え方は同じでした。

一人一人の活動については、お名前で検索すると知ることができます。


<取材報告>
農政ジャーナリストの榊田みどりさんは、実例報告の3人を取材し、彼女達の共通点から、都市と農村の共生をどうしていくかを伝えていました。

Img_9067

1.「移住女子」本人の価値観と感性

2.「移住女子」を受け入れ力を引き出した「地域の力」

3.地域外で価値を共有する人々とのつながりのちから

4.地域の「ナカ」と「ソト」をつなげる分野でパワーを発揮


この4つが移住女子達の共通点。
都市と田舎、どちらも経験したことのある彼女達だからこそできること、伝えられることはこんなにも多いのかと実例報告で驚いたので、納得でした。

そして、“この人達がいるからわたしはがんばれる”
そう思える人が一人でも多く移住先にいることが、特に女性には重要なのだと感じました。


<パネルディスカッション>
“移住女子”だからできること、できたこと、そしてこれからやってみたいことを話し合いました。

Img_9081

Img_9082

「出る杭は打たれるが、花だったら打たれない」
前向きで、失敗も糧に変えていく彼女達はとても輝いていました(*^_^*)


彼女達が発信し続ける情報は都市へと伝わり、都市でも応援してくれる人が増えていくという共生の図が広がってく未来が想像できました。
都市が好きな人、田舎が好きな人、価値観は人それぞれですが、お互いに寄り添える社会を創っているのは今まさに“移住女子”なのかもしれません。

土地に縛られすぎない。今の時代はそれができる。
どこで生きていくかよりもどう生きるか。まず、やってみる。


しなやかに地方で生きる移住女子をきっかけに、移住を考えている人もそうでない人も、もっと気軽に地方に関わる「1%移住」してみてはいかがでしょうか。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2016年度 都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナー」に参加しました。(東京交通会館)

移住支援業務に携わる団体や組織の担当者向けのセミナーが2月21日(火)、22日(水)の2日間、東京交通会館にて開催されました。

毎年、“NPO法人ふるさと回帰支援センター”が開催しているセミナーで、今年は地方創生で移住・定住の動きが全国的に活発になっていることもあり、昨年よりも参加者が増えていました。

Img_8936

昨年の様子はコチラ↓
(「2015年度 都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナーに参加しました。)


はじめに、見城美枝子理事長からご挨拶がありました。

P2210677


高橋公代表理事からは、今年度の活動報告と総括、次年度への取り組みが発表されました。
以前はシニア世代が移住を希望していたケースが大半だったのに対し、ここ数年は働き盛りの世代が地方へ目を向ける傾向があり、相談を受ける側の体制も変わってきています。

P2210700

2016年度の移住希望地域ランキングも発表になりました。

ランキングが気になった方はコチラ→2016年度移住希望地域ランキング


さらに、内閣官房、総務省、国土交通省、農林水産省からの地域づくり・交流・移住に関する施策や取り組みが実例と共に紹介されました。

Img_8923

Img_8924


研修では、移住・交流に様々な形で携わっている方々が講師となり、数々の実例が紹介されました。

Img_8937

P2220744

事例報告の一つである、“にいがたイナカレッジ”は昨年度、若年層の女性が会場からあふれるほどの大盛況だった“移住女子サミット”を開催しています。ラクラスしらかわも参加させていただきました。
移住女子サミットの様子はコチラ↓
(「全国移住女子サミット2015-地方を選んだ女子の新しい暮らし方-」に参加しました。)

決して成功例ではなく、現在でも失敗や悩むことはあるという言葉が印象的でした。

立ち上げてから、現在に至るまでの失敗談や、そこから学んだこと、変えていったことなど、参考になる事例に、参加者はうなずきながらメモを取っていました。

Img_8944


各地の事例報告の後、参加者からは鋭い質問があり、どの事例も、どうしたら自分の地域に活かせるだろうと思案されているようでした。

Img_8957

P2220777

テーブルディスカッションでも質問が絶えず、移住を担当する方の熱意が伝わってくる、熱い討論となりました。

非常に内容の濃い、充実したセミナーでした。


2017年度も地方へ行ってみたい、住んでみたい、という熱は加速を増していくことでしょう。

相談される方に寄り添い、移住実現のお手伝いができるよう、セミナーで勉強したことをこれからの活動に活かしていきたいと思います。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東北で創業・事業承継・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~」

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

    ~東北6県移住応援イベントin東京~

Img2091141100001



Img2091141310001


東北で暮らす、創業する、故郷を創生する。
“UIJターン”の様々な形を応援する、
東北6県移住・定住応援イベントが
開催されます。

食から地方創生を推進する、アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行氏の講演、
助成金活用や飲食店繁盛支援などの創業に役立つセミナーと各種相談、
パネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容になっております。
東北での創業や移住定住に関心のある方はぜひ足をお運びくださいね。
ラクラスしらかわでは、福島県の相談コーナーにて移住・定住の相談に応じます。
また当日は、産業サポート白河も一緒にブースにて創業・起業の相談に応じます。
福島県県南地方の移住・定住と創業・起業のお話しが1つのブースで聞く事が
出来ますよ。ぜひお越しくださいね。


東北で創業・事業承継・就農+移住・定住
~東北6県移住応援イベントin東京~


日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F)

会場へのアクセス
◆JR:「東京駅」日本橋口より徒歩1分
◆東京メトロ:「大手町駅」B7出口より徒歩2分
         「日本橋駅」A3出口より徒歩4分



【講演ステージ】

ROOM1 ※講演ステージは要事前申込み

○基調講演(11:00~12:00)
「東北を『食』で元気にするには?」
 アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行 氏

○ミニセミナー(12:10~12:40)
「東北における助成金の活用」
講師:社会保険労務士法人 TMC 特定社会保険労務士
          葛西美奈子氏

○ミニセミナー(12:50~13:50)
「飲食店商売繁盛支援セミナー」
講師:一般社団法人日本フードアドバイザー協会
          創始者  宇井義行 氏

「東北6県からのアピールタイム」(14:00~15:30)

○パネルディスカッション(16:40~17:10)
「東北で創業・事業継承・就農+移住・定住」
〔パネリスト〕
 
青森県 栗谷川柳子 氏 (ノースビレッジ農園代表)
 秋田県 矢野智美 氏 (秋田ことづくり代表)

 山形県 黒田三佳 氏(人材育成アカデミーローズレーン代表)
 岩手県 三谷剛史 氏(おさんぽジャージー三谷牧場代表)
 宮城県 小松洋介 氏(NPO法人アスヘノキボウ代表)
 
福島県 稲福由梨 氏(福福堂代表)

〔コーディネーター〕

 日本政策金融公庫 総合研究所主席研究委員 村上義昭 氏

【相談ブース】
 ROOM2・3・4 ※11:00~17:10 予約不要 自由に入退室できます。

 ○東北6県ブース、事業承継、創業、就農、助成金、
    日本政策金融公庫の各相談ブースにおいて
    各種相談、アドバイス等を受けることが出来ます。

 ①WEBでのお申込み
    https://krs.bz/jfc_seminar/m/touhoku_uij2902
 ②FAXでのお申込み
 チラシ裏面の「FAX申込書」に必要事項を記入の上、
 FAX番号 022-263-5965 までFAXでお申込みください。
 ※チラシ・申込書のダウンロードはこちら(.pdf )をクリック


お問い合わせ

日本政策金融公庫 東北創業支援センター ℡:022-222-7004

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

~東北6県移住応援イベントin東京~

日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F




文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧