自然

うつくしま百名山に春を探しにきませんか?~第15回 関山山開きのお知らせ~(白河市)

今年も『うつくしま百名山』の中でもっとも早いとされる山開きが、白河市にある“関山”で3月26日(日)に開催されます。

Photo

今年は、出発前のお楽しみイベントに、タレントのなすびさんがいらっしゃいます!
なすびさんは、昨年、故郷・福島県の復活と再生を祈願して挑戦したエベレストを見事登頂されました。
山開きだけでなく、福島県のイベントにひっぱりだこの人気者です。

この山開きでは欠かせない、ほほえみシンガーソングライター・Laughさんのライブも見逃せませんね♪

山頂でのお楽しみイベントでは、限定500個の護摩祈祷焼印記念守札のプレゼントや豚汁の振る舞いがあります。

標高619mの関山は、登山初心者でも登ることができます。
登山シーズンのスタートにもちょうどよさそうですよ(*^_^*)

山の春を見つけに、関山山開きへ足を運んでみてはいかがでしょうか。


<第15回関山山開き~うつくしま百名山で一番早い山開き!~>

 開催日 3月26日(日)
 受付 8:00~  式典は9:00~
 受付場所 関辺市民体育館(関辺小学校隣り)
 参加費 無料

  出発前のお楽しみイベント ゲスト出演時間
   8:00~ ほほえみシンガーソングライター・Laughさん
   8:40~ なすびさん

  山頂でのお楽しみイベント
   護摩祈祷焼印記念守札プレゼント(限定500個)
   豚汁の振る舞い 11:00~

 主催 関山山開き実行委員会

 お問い合わせ
  (公財)白河観光物産協会 TEL0248-22-1147
    当日は関辺市民体育館 TEL0248-23-5706
 
  白河観光物産協会のWEBサイトから詳しい情報が確認できます。
   ⇒第15回関山山開き

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『花の王国ふくしま キビタンフラワースタンプラリー 2017』が始まりました&矢祭町で梅の花が咲いています。

3月といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?

卒業式やひなまつりなど、色々なイベントが目白押しの季節ですが、
こちらも見逃せませんよ~!

『花の王国ふくしま キビタンフラワースタンプラリー 2017』

です(o^-^o)

P3030952

福島県内の花の名所をめぐるこちらのスタンプラリー、
今年はなんと、栃木県茨城県にエリアが拡大!
今まで以上に充実した内容のスタンプラリーとなっております。
(そして今年の景品も、とっても豪華ですよ・・・!)

P3030953

このスタンプラリーに掲載されていて、
県南エリアで一番早く咲くといわれている
『矢祭町の戸津辺の桜』ですが、その近くに、
梅の花が咲いているのを見つけました。

●写真撮影日 平成29年3月3日
P3030888

5~6分咲きくらいでしょうか。
青い空に白い花がよく映えて、とても綺麗でした。

P3030889

P3030890

戸津辺の桜は、残念ながらまだ咲く気配がありませんでしたが、
思わぬところで春を感じることができました。

みなさんも、花の王国ふくしまを堪能することができる
『キビタンフラワースタンプラリー』で、
季節を感じる素敵な出会いを体験してみてください♪


 *花の王国ふくしま キビタンフラワースタンプラリー*

  開催期間   平成29年3月4日(土)~9月24日(日)
  開催場所   福島県・栃木県・茨城県
  ホームページ http://hana-fukushima.jp/

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東北で創業・事業承継・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~」

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

    ~東北6県移住応援イベントin東京~

Img2091141100001



Img2091141310001


東北で暮らす、創業する、故郷を創生する。
“UIJターン”の様々な形を応援する、
東北6県移住・定住応援イベントが
開催されます。

食から地方創生を推進する、アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行氏の講演、
助成金活用や飲食店繁盛支援などの創業に役立つセミナーと各種相談、
パネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容になっております。
東北での創業や移住定住に関心のある方はぜひ足をお運びくださいね。
ラクラスしらかわでは、福島県の相談コーナーにて移住・定住の相談に応じます。
また当日は、産業サポート白河も一緒にブースにて創業・起業の相談に応じます。
福島県県南地方の移住・定住と創業・起業のお話しが1つのブースで聞く事が
出来ますよ。ぜひお越しくださいね。


東北で創業・事業承継・就農+移住・定住
~東北6県移住応援イベントin東京~


日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F)

会場へのアクセス
◆JR:「東京駅」日本橋口より徒歩1分
◆東京メトロ:「大手町駅」B7出口より徒歩2分
         「日本橋駅」A3出口より徒歩4分



【講演ステージ】

ROOM1 ※講演ステージは要事前申込み

○基調講演(11:00~12:00)
「東北を『食』で元気にするには?」
 アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行 氏

○ミニセミナー(12:10~12:40)
「東北における助成金の活用」
講師:社会保険労務士法人 TMC 特定社会保険労務士
          葛西美奈子氏

○ミニセミナー(12:50~13:50)
「飲食店商売繁盛支援セミナー」
講師:一般社団法人日本フードアドバイザー協会
          創始者  宇井義行 氏

「東北6県からのアピールタイム」(14:00~15:30)

○パネルディスカッション(16:40~17:10)
「東北で創業・事業継承・就農+移住・定住」
〔パネリスト〕
 
青森県 栗谷川柳子 氏 (ノースビレッジ農園代表)
 秋田県 矢野智美 氏 (秋田ことづくり代表)

 山形県 黒田三佳 氏(人材育成アカデミーローズレーン代表)
 岩手県 三谷剛史 氏(おさんぽジャージー三谷牧場代表)
 宮城県 小松洋介 氏(NPO法人アスヘノキボウ代表)
 
福島県 稲福由梨 氏(福福堂代表)

〔コーディネーター〕

 日本政策金融公庫 総合研究所主席研究委員 村上義昭 氏

【相談ブース】
 ROOM2・3・4 ※11:00~17:10 予約不要 自由に入退室できます。

 ○東北6県ブース、事業承継、創業、就農、助成金、
    日本政策金融公庫の各相談ブースにおいて
    各種相談、アドバイス等を受けることが出来ます。

 ①WEBでのお申込み
    https://krs.bz/jfc_seminar/m/touhoku_uij2902
 ②FAXでのお申込み
 チラシ裏面の「FAX申込書」に必要事項を記入の上、
 FAX番号 022-263-5965 までFAXでお申込みください。
 ※チラシ・申込書のダウンロードはこちら(.pdf )をクリック


お問い合わせ

日本政策金融公庫 東北創業支援センター ℡:022-222-7004

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

~東北6県移住応援イベントin東京~

日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F




文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森の中にたたずむ首切り地蔵(泉崎村)

泉崎村と白河市の境にひっそりと存在しているお地蔵様がいます。
今回はそのお地蔵様に会いに行ってきました。

Dscn5134_2

このお地蔵様は「武光地蔵」 、別名を「首切り地蔵」といいます。
首切り地蔵といわれるようになった由来の昔話があります。

Dscn5140_2

ある時、仙台伊達藩の家臣で赤胴三五平という者が、主君の命を受けて江戸に向かう途中、夜中にここを通ると一人の美人に出逢った。赤胴は、この女を妖怪だと思い、持っていた武光(竹光)で斬りかかったという。
その後、江戸から帰郷する途中、再びこの場所を通ると石地蔵の首がころげ落ちていた・・・(※泉崎村文化財ガイドブックより引用)

泉崎村の古い書物によると、昭和40年頃まで首が取れた状態であったといいます。
首の付け根を撮影してきました。

Dscn5143

線が入っているのがわかりますね。
斬り落とされたのはこの部分だったのでしょうか。

Dscn5148

顔つきはやすらかな表情にも見えます。
しかし大きさが2m以上ということもあり、圧倒されるものがありました。

Dscn5138_2

首切り地蔵の前には添えられたばかりとみられる花もあり、地域の人々に大切にされているのだろうなと感じられました。

Dscn5149

良かったら皆さんも会いに行ってみてくださいね。

Dscn5136_2



<武光地蔵(首切り地蔵)>
泉崎村大字太田川字平次





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「#私のオススメ鹿角平 フォトキャンペーン」~鮫川村~

あなたが体験した「鹿角平での物語」を教えてください!!
 
#私のオススメ鹿角平 フォトキャンペーン

鮫川村は鹿角平観光牧場の魅力を広く発信するため、「#私のオススメ鹿角平」フォトキャンペーンを行います。鹿角平観光牧場で体験した「驚いた」「大笑いした」「泣いた」などの物語を、Instagramに「#私のオススメ鹿角平」をつけて投稿してください。
Img2011553250001



Img2011553460001

◆キャンペーン期間
平成29年2月1日(水)~2月28日(火)
※応募は平成29年2月28日(火)23時59分投稿分まで有効
※メール応募の場合は、平成29年2月28日(火)17時受付分まで有効
◆応募資格要項に同意していただいた方
詳細は鮫川村鹿角平観光牧場Webサイト(http://kanotunodaira.jp)のキャンペーン参加要項をご覧ください。
◆応募方法(Instagram)
(1)鮫川村鹿角平観光観光牧場Webサイトのキャンペーン参加要項をご確認ください。
(2)Instagramで鮫川村鹿角平観光牧場公式アカント「@kanotsunodaira」をフォローして
 ください。
(3)ハッグ「#私のオススメ鹿角平」を付けて、Instagramに写真とともに
 投稿してください。
※1人何回でも応募できます。
※投稿の非公開設定をONにしている方は、参加対象外になりますので注意してくださ
  い。
◆応募方法(メール)
(1)鮫川村鹿角平観光観光牧場Webサイトのキャンペーン参加要項をご確認ください。
(2)「osusume@kanotunodaira.jp」宛てに、件名と本文に必要事項を入力して送付して
  ください。
件名 「【キャンペーン参加】 #私のオススメ鹿角平」
本文 (1)ニックネーム(投稿時に表示します。)
    (2)連絡用メールアドレス(投稿時に表示されません)
    (3)撮影時の物語(撮影時期、時間帯、楽しかった・面白かった出来事など)
    (4)写真1枚(ファイル形式はjpg、容量は10MB以下)
※1人何回でも応募できます
◆表彰
優秀投稿には、鮫川村特産品などを進呈します。
◆審査結果
平成29年3月中旬(予定)
◆注意事項
投稿いただいた写真は、鮫川村が作成する広報(村ホームページや各種パンフレット)作成に使用させていただく場合がございます。詳細は、鮫川村鹿角平観光牧場Webサイトのキャンペーン参加要項をご覧ください。




☆魅力あふれる自然を満喫できる「鮫川村鹿角平牧場」であなたが体験した思い出の写真のご応募をお待ちしております。


◆問い合わせ
電話:0247-49-3115
FAX:0247-49-3363
E-mail:kikaku@vill.samegawa.fukushima.jp



文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

「おとめ桜~OTOME SAKURA~築城にまつわる悲運の物語」完成披露試写会が行われました。

おとめ桜 OTOME SAKURA  築城にまつわる悲運の物語


去る2月4日(土)、映画の完成披露試写会が、白河市の白河市文化交流館「コミネス」で開かれました。映画は、おとめ桜制作委員会が昨年8月、市内の小峰城、南湖公園、関の森公園で撮影が行われました。
撮影の様子は以前ラクラスしらかわのブログにて紹介しました。
映画の記者会見記事は(こちらから
映画の撮影風景記事は(こちらから


「おとめ桜」は「it JAPAN イット・ジャパン」が、映画の力で日本の魅力を国内外に発信するプロジェクトの第1弾の作品になります。



江戸時代初期、小峰城の石垣工事で人柱とされた乙女の悲話を描いた短編映画です。
Img2031527580001_3
Img2031528180001
完成披露試写会では、横山浩之監督、乙女の父親役を演じた竹中直人さん、乙女役のえのきさりなさん、乙女の母親役高樹澪さん、乙女の友人役の山上綾加さん・犬童美瑠さんの出演者が舞台あいさつをしました。

当日の「おとめ桜」完成披露試写会には、約1100人が来場しました。皆さん映画の上映を心待ちにしておられたのですね。
Dscn2443


横山監督は、作品の見どころなどを紹介して「まずは、映画を白河のみなさんに見てもらいたかった。来られなかった人も鑑賞できるように上映の機会を設けたい」とお話しされていました。
竹中直人さんは、「撮影時の思い出や白河ラーメンを味わえた事」・「撮影を通して白河が大好きになった。これからも福島の素晴らしさをPRしていく」とお話しされました。
Dscn2445

鈴木和夫市長より横山監督に記念品の白河だるまが贈られました。


Fb_img_1486338837573_002


映画のはじまる前は、「おとめ桜」の主題歌を歌う ソルティさんのミニライブもありました。
悲しい物語の映画ですが、白河の魅力がいっぱいつまった映画でした。
また、白河で上映される事を楽しみにしております。
「おとめ桜」は、韓国の釜山(プサン)国際映画祭短編映画部門などへの出展が決まっております。国内外の多くの映画祭に出展予定です。一般上映は未定です。
「おとめ桜」
製作:おとめ桜制作委員会
Facebook:@otomesakura




文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/ 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本不動尊節分会(棚倉町)

去る2月3日に山本不動尊で節分会が行われました。
昨年も取材に行ったのですが、今年もお邪魔させていただきました。(※昨年の様子

Dscn5009

山本不動尊に着いてまずは、健康のご利益があるという大根ぶるまいをいただいてきました。
大鍋で煮込まれた大根はとてもおいしく、冷えた体も温まりました。

Dscn5017

大根ぶるまいを食べ終わる頃にお練り行列がやってきました。
豆をまく年男、年女の皆さんが、徳善院本堂から護摩殿に向かう行列をお練り行列といいます。

Dscn5036

Dscn5038

そしていよいよ豆まき式が行われます!

Dscn5051

Dscn5060

護摩殿の左右に設置された特設舞台から祈願者が福豆を投げます。

Dscn5061

Dscn5062

この福豆には福品が付いているということもあり、参拝者の皆さんは拾うのに必死です!
ケガのないようにだけ気をつけてほしいですね。
私も取材がてら参加し5袋程拾うことが出来ましたが、すべて外れでした。残念。

Dscn5065

当たった方は景品の引き換えになります。
おめでとうございます!

Dscn5033_2

Dscn5075

今年の節分会も寒さが吹き飛ぶ熱気溢れる豆まきでした。
また1年、皆さまにたくさんの福が訪れますように(o^-^o)


<山本不動尊>
棚倉町北山本小檜沢94-2





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の久慈川(矢祭町)

冬のこの時期、運が良ければ久慈川でシガを見ることが出来ます。
シガについてはこちらをご覧ください。→※矢祭町HP

Dscn4999

シガとは、シャーベット状に浮かんだ氷が数多く流れる現象のことをいいます。
ただ、なかなかお目にかかることは出来ません。

Dscn4978

Dscn4938_2

今年、ラクラスのスタッフも撮影に挑みましたが、その日運悪く大雪となってしまったため断念せざるを得ませんでした。
もちろん、撮影に行ったとしてもシガが見れるとは限らないのですけどね。

Dscn4998_2

Dscn4958_4

その代わりというわけではありませんが、今回は冬の久慈川の様子を撮影してきました。
川岸の方では少し凍っている場所もありましたよ。

Dscn4966_2

撮影に行った日は暖かい日でしたが、水の中はとても冷たいのでしょうね。

Dscn4934_2

Dscn4937

久慈川でシガが見れるのは2月くらいまでだそうです。
今の時期にしか見ることの出来ない幻想的な風景、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

Dscn4982_2



<久慈川>




文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の大池公園(矢吹町)

先日、雪が降る中、大池公園まで足を運んでみました。

Dscn4908

大池公園の池の水は抜かれ、その上に雪が積もっていました。

Dscn4912_3

とても風の冷たい日でしたが、ウォーキングをする方ともすれ違いました。
足跡は他にもあったので、雪にも負けずウォーキングや散歩をしにきている方がいるのかもしれませんね。

Dscn4910_3

Dscn4919_2

こちらは途中のベンチですが綺麗に雪が積もったままです。
どれだけ雪が積もったのかがわかりやすいですね。

Dscn4921

少しだけ水も流れていました。
とても冷たそうです。

Dscn4924_2

Dscn4926_2

Dscn4916

今回、天気の良い日の大池公園とはまた違った風景を見ることが出来た気がします。
人があまりいない物静かな大池公園もとても良い雰囲気でした。

Dscn4933

良かったら皆さまも足を運んでみてください。
そのときは暖かい格好をしていくのを忘れないでくださいね。


<大池公園>
西白河郡矢吹町大池




文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)







| | コメント (0) | トラックバック (0)

「能狂言風な所作による田遊び~御田植祭」~棚倉町・八槻都々古別神社~

毎年、旧暦の1月6日(今年度は2月2日(木))に八槻都々古別神社において、「御田植祭(おたうえさい)」が行われます。

「御田植祭」とは豊作を祈って能楽を奉納するお祭りで、拝殿において、一連の稲作風景が、古式による祝詞奏上に始まり、烏帽子(えぼし)、狩衣(かりえ)、足袋(たび)姿で狂言風の問答とともに、ユーモラスな舞と掛け合いにより演じられます。

能狂言風な所作による田遊びで、国の重要無形民俗文化財に指定されています

過去記事はこちらから(2014年度の御田植祭)(2015年度の御田植祭

Img1251313430001

Dscn2350


宮司の祝詞奏上に続いて、楽人による奉納の舞が行われます。(「神楽(松舞、巫女舞、弊舞)」、「せき検分」、「めばらい」、「田うない」、「くろば落とし」、「水取り」、「代かき」、「畦ぬり」、「あしおとめ」、「お種祈祷」、「種播き」、「鳥追い」、「田植え触れ」、「田植え」、「水口祭り・天狐の舞」、「中昼(飯)」の順に行われます。
最後には、楽人全員で「中飯中飯」と言って、切り餅を参拝者と参列者へ投げ配ります。
「御田植祭」の伝来時期は明らかではありませんが、形態から室町時代以前にさかのぼると言われ、古(いにしえ)の時代より続く伝統行事です。




Dscn2353



Dscn2343

写真は過去の天狐の舞の様子(2015年撮影)

Img_4752

写真は楽人による奉納の舞の様子(2015年撮影)

Img_2158


今年も、御田植祭保存会では、御神酒・甘酒などのふるまいものをご用意して、大勢の皆さまのご参観をお待ちしております。
まだまだ寒さ厳しい日々が続いております。
お出かけの際はあたたかい服装(防寒対策)でお願いしますね。
ぜひ棚倉町・八槻都々古別神社 「御田植祭」に足を運んでみてくださいね。
≪御田植祭≫
場所:棚倉町八槻都々古別神社
  福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮224
  【電話番号】0247-33-3505
日時:平成29年2月2日(木)
時間:午前10時から







文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧