移住・二地域居住

地域の魅力を動画で発信!~地域PR動画~

地域の魅力を発信するものの一つとして、近年では動画コンテンツも主流になってきました。

※こちらはラクラスしらかわがセミナー向けに作成した地域紹介動画です。

最近では、地方創生をきっかけに移住促進する動画もあるとのことですよ。
今回は、県南地域で作成された地域をPR動画をご紹介致します。

<白河市 公式Youtubeチャンネル>

白河市公式チャンネル

白河市の方で公募したシナリオを基に制作した30秒CMや、観光PR動画を配信しています。動画には全国わがまちCMコンテストで最優秀賞を受賞した作品もありますよ!

<西郷村 移住促進PR動画>

西郷村ホームページより

こちらは西郷村が村外からの移住・定住を促進するため、西郷村のプロモーション動画を制作したものです。

動画には西郷村のご当地キャラクター・ニシゴーヌも登場しますよ!

<泉崎村 紹介動画・移住交流促進動画>

泉崎村紹介動画「心豊かで元気あふれる村づくり」

泉崎村移住交流促進動画「いずみざきで始まる物語」

泉崎村では村の紹介動画「心豊かで元気あふれる村づくり」と、移住交流促進動画「いずみざきで始まる物語」を配信しています。

「いずみざきで始まる物語」では実際に移住された方のお話を聞くことができますよ!

<矢吹町 フロンティア絶好調! 開拓のうた>

フロンティア絶好調! 開拓のうた

矢吹町ではオリジナルソングに合わせ、開拓精神をテーマに制作されたショートムービーを公開しています。

動画には矢吹町出身で名誉町民第1号の称号を得られた中畑清さんが登場しますよ!

<棚倉町PR映像>

棚倉町ホームページより

こちらは棚倉町のPR映像です。
動画には棚倉町のご当地キャラクターたなちゃんも登場します!

日本語動画の他に、英語動画があるとのことです。

<鮫川村 ムービーシアター>

鮫川村公式ホームページより ムービーシアター 

鮫川村TVCM動画や観光案内リポート動画、景勝地紹介動画、観光イベント動画など、さまざまな動画が公開されています。

<塙町 観光PR動画>

塙町公式ホームページより 塙町の観光PR動画が完成しました

塙町ではふくしまDC県南推進協議会が作成した塙町の観光PR動画を公開しております。

また、矢祭町ホームページでは昨年4月に開校された矢祭町小学校の校歌を動画で配信しています。(矢祭町ホームページ)

そして、中島村でも移住・定住を促進するための動画とパンフレットを作成し、現在ホームページをご覧の方に向けて準備中とのことです。こちらも公開が楽しみですね!(中島村公式ホームページ)

各市町村で様々な動画が配信されておりますが、ラクラスしらかわでも県南地域の魅力をご紹介する動画を配信しています。

【YouTube】ラクラスしらかわのチャンネル

県南地域の景色などをご紹介していたりしていますので、こちらも合わせてごらんください。

いかがでしたでしょうか?田舎暮らしをするにあたって、どの地域に移住しようか迷いますよね。
県南地域の魅力ある動画が移住先を探すきっかけの一つになって頂けたら幸いです(^^♪

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年度 第2回「世話やき隊」養成講座開催されました。~中島村~

去る3月18日(土)、中島村生涯学習センター輝ら里にて第2回「世話やき隊」養成講座が開催されました。

第1回目の様子はこちらから



講師には、野出島地域活性化プロジェクト 会長 本宮直氏 ・ 梨本あぶらや 代表 梨本清太氏を迎えて行いました。
 本宮会長からは、野出島地域活性化プロジェクトの概要・活用地域資源・農地(遊休農地)を活用した地域活性化などのお話しをいただきました。
 また、梨本氏からは映像を交えて現在の野出島地域活性化プロジェクトの活動状況が報告されました。

Dscn2905_2


本宮会長からは、なたね油とのでじまうどんが白河市のブランド商品に認定され野出島の特産品として販売力が向上されたとのお話しもいただきました。

Dscn2920

梨本氏からは、ご自身の移住のお話しや現在の活動状況についてお話しがありました。

Dscn2923



野出島地域活性化プロジェクトの活動を通して、小学校からの望める景観が春は菜の花、夏は麦秋といわれる小麦色、秋はそばの花と季節毎に楽しむことができ、小学生の散策に活用されていることや、観光資源がない野出島地域に各イベントを主にグリーン・ツーリズム体験ツアー等で年間約1000人の交流人口が訪れるようになったこと等のお話しがありました。地域の力って素敵ですね。


Dscn2919


Dscn2939


引き続き、机上の養成講座から現地視察へと移りました。
現地視察は、梨本あぶらや 梨本清太氏が講師を務めました。   


Dscn2966


梨本あぶらや 見学の際は質問が多く受講者のみなさんの関心度がうかがわれました。
 


Dscn2971



梨本氏のハウスも見学させていただきました。
アスパラガス から春の息吹を感じることができました。


Dscn2978


梨本氏の移住のきっかけともなった、現在白河市東と神奈川県大和市で二地域居住をされている渡辺さんが東に滞在しているとの情報を梨本氏からいただき、ご厚意でお会いする事が出来、お話しを聞く事もできました。
なんと、渡辺さんの手作りピザ釜はとても愛着のある釜で
出来上がりの美味しさが想像できますね。
みなさん、ピザ釜に興味深々でした。


Dscn2986


Dscn2995


今回の第2回「世話やき隊」養成講座を通して、移住のきっかけや受け入れ地域の大切さや地域の力をしみじみと考える事ができました。
中島村の世話やき隊のみなさんをきっかけにして一人でも多くの方に足を運んで貰えるといいですね。






文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~

去る3月7日(火)、阿武隈地域課題研究研修会が、コミュタン福島(福島県環境創造センター交流棟)で行われました。

これなら、きっと うまくいく 失敗しない移住促進

今回のテーマは『移住促進』です。来年度の福島県の重要施策のひとつでもあり、注目したいテーマです。
阿武隈地域の課題は、福島県各地の課題にも通じます。阿武隈地域に限らず、地域おこし協力隊や復興支援員、NPO法人など、実際に地域づくりを実践している方を対象に研修会が行われ、当日は多くの方が研修会に参加しました。

Ijyuu_abukuma2017848x1200

コミュタン福島交流棟の入口です。キビタンが出迎えてくれます。

Dscn2693

Dscn2701_2


第1部では、「地方再生の視点と方法・移住促進の現場から」と題して講師にNPO法人秋田移住定住総合支援センター理事長 荒谷紘毅氏を迎え講演が行われました。

荒谷氏の講演は、秋田県での移住促進の取り組み・地方の人口減少の理由と推移・地方の受け皿を強化していくことや、地域の熱意の必要性など移住に対しての大切さや心構えをお話しくださいました。またいろいろなアイディアがありマニュアル通りの移住も大事ですが一人一人が違う移住に対する対応も改めて勉強になりました。

趣味で移住のお話しは、とても興味があり参加された皆さんも熱心に講演を聞いていました。



Dscn2717

第2部では、「阿武隈地域移住者の事例紹介」が行われました。

道の駅ひらた駅長 高野哲也氏による事例紹介がありました。

高野氏は1994年に農業を志し平田村に移住、就農されました。就農動機や就農地選定、農家での研修や資金など自身の移住のきっかけから現在までをわかりやすくお話しいただきました。東京都生まれ、3歳で埼玉県に引っ越し埼玉育ちの高野氏のお話しは、時間が忘れるほど興味もあり、農業に対しての想いを感じることもできました。

Dscn2726

続いての事例紹介は、福福堂 代表 稲福由梨さんです。

稲福由梨さんは、 東京生まれの東京育ち。管理栄養士と調理師の免許を持つ。小さい頃から料理が好きで高校時代から飲食業界で様々なアルバイトを経験する。学校栄養士として給食に携わる一方、農業に興味を抱き各地での農業体験に参加。滝根町にも田植えの手伝いで訪れる。2011年3月に結婚し、滝根町に移住。
(福福堂 プロフィールより抜粋)

移住のきっかけ、結婚、現在の活動など映像を交えてお話しいただきました。

何事もチャレンジする気持ちや稲福さんの人柄も現れるような事例紹介でした。

地域の方に愛される稲福さんの印象が強く残りました。

Dscn2731

事例紹介が終わり、登壇者との意見交換・質疑応答がありました。参加者からは質問が多くあり、参加者の熱意がここでも感じる事ができました。 


P1000752




Dscn2750

稲福さんの

「私たちの世代が引き継いでいく」

「福島だからこそ、できること、やるべきことが 見つかってくる」

とても良い響きですね。

本来福島県出身の私たちが気づかない福島県の魅力や力強さをそして人の温かさを

移住事例紹介により改めて考える機会をいただけました。

Dscn2751





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村で『農村生活体験ツアー』が開催されました。(中島村)

去る3月4日(土)~5日(日)、福島県西白河郡の中島村で
『農村生活体験ツアー』が開催されました。

0001

中島村の村民生活を体験できるこちらのツアー、
両日共に晴天に恵まれ、中島村の気候の良さも
体感できる素晴らしいツアーとなりました。

<1日目>
初日の最初の行程は生涯学習センター輝ら里(きらり)で、そば打ち体験です。

P3040994

地元のそば打ち名人に指導を受けながら作業します。

P3040972

P3040979

P3040964

出来上がったそばはその場で茹でて、だいこんおろしと汁と一緒に
いただきました。風味が良くコシがあって、とても美味いおそばでした。
他にも、漬物やおこわのお稲荷さんも一緒にいただきました。

P3041018

P3041021

中島村の美味しい昼食を堪能し、続いて、花農家さんのところへ向かいました。

P3041028

ハウスの中、一面に広がる鮮やかな花に、感嘆の声が上がります。

P3041029

ハウスの中を見学しながら、土作りや出荷のタイミングなど、
花作りにまつわる様々な話を聞きました。こういうところを
見られる機会はなかなかありませんね。

P3041036

その後、別のハウスに移動し、
出荷する花のポットを選んでカゴに詰める作業を行いました。

P3041115

土が見えないくらい葉が茂っているのが、良い花だそうです。

P3041107

そして、花の向きをそろえてカゴに詰めます。
「楽しい!」と声が上がり、みなさんとてもわきあいあいとした
雰囲気で、作業を楽しんでいらっしゃいました。

P3041103

P3041097

P3041100


<2日目>
ツアー2日目は、シイタケを栽培している農家さんにおじゃましました。

P3051141

P3051143

こちらでは、苗床でシイタケを栽培していらっしゃいます。

P3051155

ハウスの中を見学しながら、シイタケの栽培について色々な話を聞きました。

P3051149

ハウスを見学した後は、シイタケの収穫体験を行いました。
苗床から生えているシイタケを摘んで、カゴに入れていきます。
こうして写真で見ると、まるでキノコの森みたいですね。

P3051195 P3051196

P3051197 P3051213

P3051199

シイタケをたくさん収穫した後は、ビニールハウスの中で休憩タイムです。

P3051235

みなさんにぜひ食べてほしい、と出されたのは、
シイタケのから揚げと酢漬けでした。どちらも大変美味しく、
特に酢漬けは絶品だと、みなさんとても喜ばれていました。

P3051229

シイタケの美味しさを堪能した後は、じゃがいもの種芋植え体験を行いました。
耕してふかふかになった畑に、ブロッコリーの苗を植えるための用具で穴をあけ、
そこに種芋を落として埋め込んでいきます。

P3051251

P3051269

続いて、ビニールハウスに移動して、しその種植え体験を行いました。
種まき機に種をセットし、耕した土の上を機械を押して歩きます。

P3051293

こうして、様々な農作業を体験した後は、
生涯学習センター輝ら里(きらり)で餅つき体験となりました。

大きな臼ときねを使って、思いっきり餅をつきます。

P3051317

ついたお餅に、あんこ・大根・納豆・じゅうねん(エゴマ)を絡めて完成です!

P3051376

福島県の郷土料理「いかにんじん」や、地元のお母さんたちが作ってくれた豚汁、つけもの、きんぴらごぼう、大根のあぶらいためなどと一緒にいただきました。農業が盛んな中島村の野菜はどれも本当に美味しく、全員で談笑しながら楽しい昼食の時間を過ごしました。

P3051421

その後、中島村の観光スポットを巡りました。

★汗かき地蔵
P3051452

★童里夢公園なかじま
P3051462

そして、なかじま産直館KIRASSHE(きらっしぇ)で地場産品の買い物をした後、
美味しいコーヒーとシフォンケーキをいただいきました。

P3051487

P3051486

こうして、中島村の農村体験ツアーは幕を閉じました。
農業が盛んで気候がよく、人が優しい中島村に興味をもたれた方は、
ぜひホームページもご覧になってみてください。

<中島村ホームページ:http://www.vill-nakajima.jp/sp/



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~開催されました。

去る2月25日(土)、東京都千代田区丸の内トラストタワーN館11階にて 東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~が開催されました。


日本政策金融公庫が東北6県との共催で、東北の創業・事業継承・就農・移住・定住を促進させようと初めて企画し、都内にて行われました。

告知記事はこちらから

Dscn2601_2



Dscn2581

山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行さんが「東北を『食』で元気にするには?」と題して基調講演を行いました。

会場は立ち見がでる程盛況でみなさん奥田さんの講演内容に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。



Dscn2610


基調講演のほかミニセミナーや東北6県の担当者が地域情報などをアピールしたり、さらに東北にUIJターンした起業家たちによるパネルディスカッションも大好評でした。

どのセミナーも、みなさん興味深々とお話しを聞いていました。


Dscn2591

セミナーの別会場では、創業や事業継承・就農・移住・定住などの相談ブースが東北6県ごとに設けられました。私たちラクラスしらかわは、移住・定住の相談ブースとして、今回はしらかわ地方の起業の相談として産業サポート白河と一緒にブース参加しました。創業相談として白河市商工課のみなさんも応援に駆けつけていただきました。

Dscn2604


P1000711


1人1人、移住や起業・創業と相談内容がいろいろとありました。

そしてラクラスしらかわとしても灌漑深いイベントになりました。

相談ブースに足を運んでくださいましたみなさま、ありがとうございました。

相談内容をふまえ今後も対応していきたいと思います。

また、ラクラスしらかわでは移住・定住・二地域居住の相談を承りますので

移住に興味がある方は、ラクラスしらかわまでお問い合わせくださいね。

福島県県南地方 定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ

所在地:福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F

電話・FAX:0248-29-8595

開設日:月曜日~土曜日

開設時間:9時~18時(日曜・祝日・年末年始を除く)

ホームページhttp://rakuras.com/





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村「世話やき隊」養成講座が開催されました。(中島村)

去る2月25日(土)、中島村の生涯学習センター「輝ら里」(きらり)で、
中島村「世話やき隊」養成講座が開催されました。

P2250789

中島村が主催するこの講座は、移住希望者を地域で支援してくれる
「世話やき隊」の養成を目的としています。

最初に、NPO法人白河ふるさと回帰支援センターの渡辺理事長が、
講師として、田舎暮らし支援活動の状況を報告しました。

P2250808

今、地方創生により、全国で積極的な移住への取り組みが行われています。
その大きな動きによって、移住に関する支援はどんどん形を変え、
現在の移住支援は市町村単位ではなく、

 ”地域で移住者を受け入れて、
  様々な人達が連携して、
  移住希望者を支援する”


ことが主流となっています。

渡辺理事長からは、白河ふるさと回帰支援センターの取り組みを通して、
移住相談者の数が数年前の数倍に膨れ上がっていること、
移住支援というものがここ数年で急激に変化していることの説明がありました。

P2250812

数年前は、首都圏で年に50回ほどしか開催されなかった「移住相談セミナー」も、
現在は年に400回を越える回数が開催されており、
新たな集客の方法が求められています。

P2250816

続いて、講師・秋山詩子さんによる
待遇マナー・ビジネスマナー講座が行われました。

P2250831_2

移住希望者の人たちに安心して話をしてもらうために何が必要か?
思いやりをもって接するとはどういうことなのか?
それを、実践を踏まえながら、具体的な行動で分かりやすく教えてくださいました。

P2250827

参加者は、秋山さんと一緒に、笑顔や話の聞き方の実践練習を行い、
笑顔や笑い声がたくさん飛び交う、とても楽しい講習でした。
仕事だけに限らず、普段から心がけていたい内容のお話でした。

P2250840

こうして、なごやかな雰囲気で第1回目の講座は終了しました。

次回の講習は、野出島地域活性化プロジェクトの本宮氏を
講師に迎えて行われるそうです。
※参加者の日程の調整があり、日程は現在未定です。
  日程が決まりましたら追ってtwitterでお知らせさせていただきます。

P2250849

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移住女子から見えた未来の展望~都市・農村共生社会創造シンポジウムin東京~

昨今高まりを見せている農村志向に着目し、都市と農村が共生できる方策を“移住女子”達が議論するシンポジウム「都市・農村共生社会創造シンポジウムin東京」が東京都港区にあるコクヨホールで開催されました。

Img_8978


はじめに、主催者の全国町村会経済農林委員長 民部田幾夫氏(岩手県岩手町長)から挨拶があり、「変化は都市ではなく、農村で起きている」という名言が飛び出しました。

Img_8988


<基調報告>
ローカル・ジャーナリストの田中輝美さんが、「なぜ女子はいま地域に向かうのか」というテーマでお話をされました。
※ローカル・ジャーナリストとは、地域に暮らしながら、地域の中と外をつなぐ、インターネット時代の新しいスタイルの記者のことです。

Img_8999


田中さんは過疎の発祥地と言われている島根県に暮らしながら地域の情報を県内外に発信しておられる方です。

Img_9014

女性がなぜ地方を希望するのか…最大の魅力は“地域”にあるといいます。

“地域”で抱えている課題こそが、彼女達にとっては“チャレンジできること”なのです。
課題をマイナスに捉えない、「関わりしろ」として捉えることができる。
地域の方にとっては“ヨソモノ”、でも外から見ることのできる力がほしい。

チャンスと可能性が魅力だと気づいた女性達は地方へ向かっています。



<実例報告>
I・Uターンされた、“移住女子”3名の実例が発表されました。

Img_9019

義元みかさんは緑のふるさと協力隊をきっかけに、県南地方のお隣、天栄村で地域コーディネーターをされています。
義元さんの活動はこちらをご覧ください→天栄むすびや


Img_9032

木村彩香さんは地域おこし協力隊で長野県飯島町に移住し、婚活事業などに取り組んでいます。ご自身も長野県で出会った方とご結婚されました。
“飯島町のファン”を作るために活躍しています。


Img_9054

三成由美さんは島根県奥出雲町にUターンされ、町役場の職員として地域の魅力を引き出すために日々奮闘されている方です。


それぞれの地域で抱える問題に丁寧に向き合いながら、地域の人たちと解決したり、新しい提案をしたりしている点で、みなさんの考え方は同じでした。

一人一人の活動については、お名前で検索すると知ることができます。


<取材報告>
農政ジャーナリストの榊田みどりさんは、実例報告の3人を取材し、彼女達の共通点から、都市と農村の共生をどうしていくかを伝えていました。

Img_9067

1.「移住女子」本人の価値観と感性

2.「移住女子」を受け入れ力を引き出した「地域の力」

3.地域外で価値を共有する人々とのつながりのちから

4.地域の「ナカ」と「ソト」をつなげる分野でパワーを発揮


この4つが移住女子達の共通点。
都市と田舎、どちらも経験したことのある彼女達だからこそできること、伝えられることはこんなにも多いのかと実例報告で驚いたので、納得でした。

そして、“この人達がいるからわたしはがんばれる”
そう思える人が一人でも多く移住先にいることが、特に女性には重要なのだと感じました。


<パネルディスカッション>
“移住女子”だからできること、できたこと、そしてこれからやってみたいことを話し合いました。

Img_9081

Img_9082

「出る杭は打たれるが、花だったら打たれない」
前向きで、失敗も糧に変えていく彼女達はとても輝いていました(*^_^*)


彼女達が発信し続ける情報は都市へと伝わり、都市でも応援してくれる人が増えていくという共生の図が広がってく未来が想像できました。
都市が好きな人、田舎が好きな人、価値観は人それぞれですが、お互いに寄り添える社会を創っているのは今まさに“移住女子”なのかもしれません。

土地に縛られすぎない。今の時代はそれができる。
どこで生きていくかよりもどう生きるか。まず、やってみる。


しなやかに地方で生きる移住女子をきっかけに、移住を考えている人もそうでない人も、もっと気軽に地方に関わる「1%移住」してみてはいかがでしょうか。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいパンフレットが出来ました!~「福島県県南地域でいなか暮らし ~マンガで学ぶ移住の第一歩~」(ラクラスしらかわ)

福島県県南地域 いなか暮らし相談所「ラクラスしらかわ」で、新しくパンフレットを作成しました。

その名も「福島県県南地域でいなか暮らし ~マンガで学ぶ移住の第一歩~」です。

Img2171009390001

パンフレットでは、4コマイラストの他に、首都圏にある移住相談窓口や先輩移住者の体験談、そして福島県県南地域で移住先を探す際に楽しむことができる施設などをご紹介しています。

★4コマには、いなか暮らしを考え始めたお姉さんが登場しますよ★

Img2171009390001_2

いなか暮らしを考え始めた皆さんにとって、移住への第一歩を踏み出すきっかけ作りになれたら幸いです。お見かけの際は、ぜひお手に取ってご覧ください。

 福島県県南地方 定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ

 所在地:福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F
 電話・FAX:0248-29-8595
 開設日:月曜日~土曜日
 開設時間:9時~18時 (日曜・祝日・年末年始を除く)
 ホームページ:http://rakuras.com/

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2016年度 都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナー」に参加しました。(東京交通会館)

移住支援業務に携わる団体や組織の担当者向けのセミナーが2月21日(火)、22日(水)の2日間、東京交通会館にて開催されました。

毎年、“NPO法人ふるさと回帰支援センター”が開催しているセミナーで、今年は地方創生で移住・定住の動きが全国的に活発になっていることもあり、昨年よりも参加者が増えていました。

Img_8936

昨年の様子はコチラ↓
(「2015年度 都市と農山漁村の交流・移住実務者研修セミナーに参加しました。)


はじめに、見城美枝子理事長からご挨拶がありました。

P2210677


高橋公代表理事からは、今年度の活動報告と総括、次年度への取り組みが発表されました。
以前はシニア世代が移住を希望していたケースが大半だったのに対し、ここ数年は働き盛りの世代が地方へ目を向ける傾向があり、相談を受ける側の体制も変わってきています。

P2210700

2016年度の移住希望地域ランキングも発表になりました。

ランキングが気になった方はコチラ→2016年度移住希望地域ランキング


さらに、内閣官房、総務省、国土交通省、農林水産省からの地域づくり・交流・移住に関する施策や取り組みが実例と共に紹介されました。

Img_8923

Img_8924


研修では、移住・交流に様々な形で携わっている方々が講師となり、数々の実例が紹介されました。

Img_8937

P2220744

事例報告の一つである、“にいがたイナカレッジ”は昨年度、若年層の女性が会場からあふれるほどの大盛況だった“移住女子サミット”を開催しています。ラクラスしらかわも参加させていただきました。
移住女子サミットの様子はコチラ↓
(「全国移住女子サミット2015-地方を選んだ女子の新しい暮らし方-」に参加しました。)

決して成功例ではなく、現在でも失敗や悩むことはあるという言葉が印象的でした。

立ち上げてから、現在に至るまでの失敗談や、そこから学んだこと、変えていったことなど、参考になる事例に、参加者はうなずきながらメモを取っていました。

Img_8944


各地の事例報告の後、参加者からは鋭い質問があり、どの事例も、どうしたら自分の地域に活かせるだろうと思案されているようでした。

Img_8957

P2220777

テーブルディスカッションでも質問が絶えず、移住を担当する方の熱意が伝わってくる、熱い討論となりました。

非常に内容の濃い、充実したセミナーでした。


2017年度も地方へ行ってみたい、住んでみたい、という熱は加速を増していくことでしょう。

相談される方に寄り添い、移住実現のお手伝いができるよう、セミナーで勉強したことをこれからの活動に活かしていきたいと思います。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東北で創業・事業承継・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~」

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

    ~東北6県移住応援イベントin東京~

Img2091141100001



Img2091141310001


東北で暮らす、創業する、故郷を創生する。
“UIJターン”の様々な形を応援する、
東北6県移住・定住応援イベントが
開催されます。

食から地方創生を推進する、アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行氏の講演、
助成金活用や飲食店繁盛支援などの創業に役立つセミナーと各種相談、
パネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容になっております。
東北での創業や移住定住に関心のある方はぜひ足をお運びくださいね。
ラクラスしらかわでは、福島県の相談コーナーにて移住・定住の相談に応じます。
また当日は、産業サポート白河も一緒にブースにて創業・起業の相談に応じます。
福島県県南地方の移住・定住と創業・起業のお話しが1つのブースで聞く事が
出来ますよ。ぜひお越しくださいね。


東北で創業・事業承継・就農+移住・定住
~東北6県移住応援イベントin東京~


日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F)

会場へのアクセス
◆JR:「東京駅」日本橋口より徒歩1分
◆東京メトロ:「大手町駅」B7出口より徒歩2分
         「日本橋駅」A3出口より徒歩4分



【講演ステージ】

ROOM1 ※講演ステージは要事前申込み

○基調講演(11:00~12:00)
「東北を『食』で元気にするには?」
 アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行 氏

○ミニセミナー(12:10~12:40)
「東北における助成金の活用」
講師:社会保険労務士法人 TMC 特定社会保険労務士
          葛西美奈子氏

○ミニセミナー(12:50~13:50)
「飲食店商売繁盛支援セミナー」
講師:一般社団法人日本フードアドバイザー協会
          創始者  宇井義行 氏

「東北6県からのアピールタイム」(14:00~15:30)

○パネルディスカッション(16:40~17:10)
「東北で創業・事業継承・就農+移住・定住」
〔パネリスト〕
 
青森県 栗谷川柳子 氏 (ノースビレッジ農園代表)
 秋田県 矢野智美 氏 (秋田ことづくり代表)

 山形県 黒田三佳 氏(人材育成アカデミーローズレーン代表)
 岩手県 三谷剛史 氏(おさんぽジャージー三谷牧場代表)
 宮城県 小松洋介 氏(NPO法人アスヘノキボウ代表)
 
福島県 稲福由梨 氏(福福堂代表)

〔コーディネーター〕

 日本政策金融公庫 総合研究所主席研究委員 村上義昭 氏

【相談ブース】
 ROOM2・3・4 ※11:00~17:10 予約不要 自由に入退室できます。

 ○東北6県ブース、事業承継、創業、就農、助成金、
    日本政策金融公庫の各相談ブースにおいて
    各種相談、アドバイス等を受けることが出来ます。

 ①WEBでのお申込み
    https://krs.bz/jfc_seminar/m/touhoku_uij2902
 ②FAXでのお申込み
 チラシ裏面の「FAX申込書」に必要事項を記入の上、
 FAX番号 022-263-5965 までFAXでお申込みください。
 ※チラシ・申込書のダウンロードはこちら(.pdf )をクリック


お問い合わせ

日本政策金融公庫 東北創業支援センター ℡:022-222-7004

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

~東北6県移住応援イベントin東京~

日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F




文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧