生活

「住宅所得補助金&増改築リフォーム補助金」(白河市)

白河市では、三世代同居・近居支援事業として「住宅所得補助金&増改築リフォーム補助金」を今年度も実施します。

201710200946420001

この制度は、子世代と親世代が新たに同居・近居(※)するために「住宅を取得」「住宅を増改築リフォーム」する場合、費用の一部を助成するものです。

※近居:それぞれの住宅の敷地間の距離がおおむね2km以内にある異なる住宅に居住することまたは同一の共同住宅内の別住戸に居住すること。

◆補助金額:最大100万円(増リフォーム:最大50万円)
※【下記補助対象経費の1/2】または【補助基本額と各加算額の合計】のいずれか低い額

◆申請期間:平成29年5月15日(月)~平成30年2月28日(水)

◆補助対象経費
 ◇住宅取得の場合:住宅の取得に要する費用

 ◇増改築リフォームの場合:住宅の増改築やリフォームに要する費用
 ※国、県、市のほかの補助を利用した場合、その工事等に関する費用は対象外です。

◆対象者要件(どんな人が対象なの?)

 ◇平成28年4月1日以降に市内で三世代同居・近居を新たに始めたこと
 ※既に同居・近居をされている方は対象になりません

 ◇3年以上継続すること

 ◇町内会に加入すること(見込みも可)

 ◇18歳未満の子どもと同居していること

◆住宅要件(どんな住宅が対象なの?)

 ◇平成28年4月1日以降に子世代・親世代の世帯員が契約し、
   住宅を取得・増改築リフォーム工事を行ったこと

 ◇同居・近居している者が所有している住宅であること

 ◇昭和56年以前に旧耐震基準で建てられた住宅の場合、
      耐震診断を終えたものであること

詳細は白河市のホームページに掲載されていますのでご覧ください。
三世代同居・近居支援補助金【平成29年度増改築リフォーム補助金】  | 白河市公式ホームページ

なお、対象者要件や住宅要件等は他にも規定があります。
要件、補助金額については下記にお問い合わせください。

 お問い合わせ先

  白河市 建築住宅課 建築係
  TEL/0248-22-1111(内線 : 2265) 

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」開催のお知らせ(ラクラスしらかわ主催)

来月10/8、東京有楽町にあります東京交通会館8階にて、ラクラスしらかわ主催の「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」を開催いたします。

21740408_1573960812669836_828539433

 (チラシPDF版)

ゲストには、新白河駅~東京駅間の新幹線通勤を先駆けて行なっている先輩移住者をお迎えし、新幹線通勤のあんなことや、こんなことをお聞きします!また、具体的な経済的メリットの説明や、個別相談タイムもございます。

参加は無料です。ぜひお気軽にご参加ください!

「首都圏にいちばん近い東北 しらかわ新幹線通勤セミナー」

 日  時:平成29年10月8日(日) 11:30~14:00

 会  場:ふるさと回帰支援センター セミナールームA
        (東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F)

 

 定  員:20名

 参加費用:無料 ※セミナー終了後、アンケートにご協力ください。

 申込期限:平成29年10月6日(金)正午まで

 主  催:ラクラスしらかわ(NPO法人白河ふるさと回帰支援センター)

      〒961-0905
      福島県白河市本町2 マイタウン白河2F
      NPO法人白河ふるさと回帰支援センター内
      TEL・FAX/0248-29-8595 MAIL/rakuras@rakuras.com

 ※お申し込みはTEL・FAX・メールでお願い致します。

 上記以外にも、こちらからセミナーへお申し込みができます。

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 首都圏にいちばん近い東北、しらかわ新幹線通勤セミナー
  【移住・田舎暮らし】 | Peatix

  http://rakuras1.peatix.com/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「2017年 助産師なんでも相談会」開催のお知らせ(白河市・塙町)

来る10月1日(日)、白河市にあるマイタウン白河を会場に「2017年 助産師なんでも相談会in白河」が開催されます。

201709141120530001

当日は、おっぱい相談、育児相談をはじめ、妊婦体験(今度お父さんになられる方)、赤ちゃん計測(身長、体重)、ベビーマッサージ(10:15~1回のみ)、アロマハンドマッサージなどが行なわれます。

 「2017年 助産師なんでも相談会in白河」

  期 日:平成29年10月1日(日)
  時 間:午前10時~午後2時

  場 所:マイタウン白河2階 中会議室4
        白河市本町2 TEL0248-31-7595

  主 催:一般社団法人福島県助産師会白河会
      <連絡先およびお申込み先>
      TEL:0248-25-3601(事務局)
      白河市田町92 辺見

   参加費:無料

また、来る11月12日(日)には、塙町にある塙厚生病院を会場に「2017年 助産師なんでも相談会in塙」が開催されます。

201709141121070001

こちらは白河市の会場とほぼ同じ内容ですが、ベビーマッサージが15組の完全予約制になっております。

詳しくは下記事務局にお問い合わせください。

 「2017年 助産師なんでも相談会in塙」

  期 日:平成29年11月12日(日)
  時 間:午前10時~12時
  場 所:塙厚生病院 4階会議室
       東白川郡塙町大字塙字大町1-5
       TEL 0247-43-1145

  主 催:一般社団法人福島県助産師会白河会
       <連絡先およびお申込み先>
        TEL:0248-25-3601(事務局)
        白河市田町92 辺見

  参加費:無料

どちらも参加費は無料です。
県南地域での子育てされている皆さん、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉崎村 天王台ニュータウン(泉崎村)

泉崎村には、泉崎駅から徒歩7分の場所に、行政分譲地『泉崎村 天王台ニュータウン』があります。

201708311002560001_2

こちらの分譲地で土地を購入すると、以下の奨励金や支援金を受けることができます。

201708311003110001

◆愛郷移住特別支援金制度
  5年以内に住宅建築に着手した場合、移住支援金として土地代金の20%を200万円限度に交付します。

◆住宅ローンスーパーサポート123奨励金制度
 泉崎村が分譲する天王台ニュータウン及び都橋住宅団地の土地を泉崎村から購入し、土地及び建物について25年以上のローンを設定した方で、借入額に対し、元利均等償還方式の年利1.23%の利子相当分を、返済開始日から15年間分について、300万円を限度に一括交付します。ただし、300㎡未満の土地については、土地代金の25%を限度とします。

◆安心保障しっかり奨励金制度
 泉崎村内の建築業者で住宅を建築した場合、建築延床面積1坪あたり1万円で、40万円を限度に交付します。

◆健康増進奨励金制度
 福島県県南地域のゴルフ会員権を購入した場合、ゴルフ会員権の購入経費30万円を限度に交付します。

※住宅ローンスーパーサポート123奨励金制度と愛郷移住特別支援金制度は併用できません。
※奨励金については、所得税法上の一時所得に該当しますので、確定申告が必要になります。

また泉崎村は子育て環境も充実しています。

◆保育所

 対象児:0歳児から就学前まで

 保育料:3歳未満児 4,900~36,000円/月
        3歳以上児 2,900~25,000円/月 

        第2子半額、第3子以降無料(所得制限あり)

 給食費:3歳以上 5,000円/月

 ※土曜日も実施

◆幼稚園

 対象児:3歳~5歳の3年保育

 保育料:無料

 給食費:無料

 バス代:無料

 <預かり保育> 
   保育料:3,000円/月

 ※土曜日も実施 

◆放課後児童クラブ

 対象児:小学1年~小学6年生まで

 使用料:3,000円/月

 ※土曜日も実施 

◆奨学金制度

 高校・大学など在学期間に貸付を行います。

 無利子:20,000円~40,000円/月

◆天王台ニュータウン周辺環境

 ●保育所          約2.0km
 ●幼稚園          約0.7km
 ●児童館          約4.0km
 ●泉崎村役場       約1.0km
 ●JR泉崎駅         約0.6km
 ●村立泉崎第一小学校 約1.0km
 ●村立泉崎中学校     約1.5km
 ●泉崎南東北診療所   約1.2km
 ●泉崎郵便局       約1.2km

福島県県南地方への移住を検討されている皆さん、ぜひ『泉崎村 天王台ニュータウン』を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細は下記までお問い合わせください。

 泉崎村 天王台ニュータウン

 【お問い合わせ】

  泉崎村役場 事業課 産業グループ

   〒969-0101
   福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145
   TEL:0248-53-2238
   FAX:0248-53-2958

  天王台ニュータウンホームページ:http://www.vill.izumizaki.fukushima.jp/tennoudai/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妊娠から子育てまでサポート! 白河市子育て支援アプリ ぽっかぽか(白河市)

白河市では子育て中の家族の方に向けて、スマートフォン、タブレット端末などで利用できる

『妊娠から子育てまでサポート! 白河市子育て支援アプリ ぽっかぽか』

を配信中です。

201708221126560001

こちらのアプリは、乳幼児から中学生までの子育て世帯を対象に、市の子育て支援情報や乳幼児健診・予防接種のお知らせなどのほか、公共施設、医療機関等のマップ情報など、子育てに役立つ情報が1つにまとまった、便利なアプリです。妊娠・出産、子育てに必要な情報が調べやすくなっていますので、ぜひご活用ください。

白河市子育て支援アプリ ぽっかぽか

 価   格:無料
 対応端末: iOS 7.0以上搭載端末 /Android 4.0 以上搭載スマートフォン・タブレット
 ※一部非対応の端末があります。
 ※機種変更をした場合、データは移行されませんが、
  携帯電話等のバックアップ機能を使うことで可能となる場合があります。

 詳細→http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/page001474.html

**********

また、白河市では子育て支援サイト「白河市子育て支援ぽっかぽか」も公開しております。
基本的な内容はアプリと同じですが、トップページはより細かく分野別に分かれています。

アプリとの違いは、個人設定がなく、インターネット環境があれば、誰でも見ることが出来ます。
ホームページの表示はスマートフォンにも対応しています。ぜひご覧ください。

白河市子育て支援ぽっかぽか

 ホームページ:http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/dir000009.html

 【お問い合わせ】

  白河市保健福祉部子ども課支援係
  TEL:0248-22-1111

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で子育てをされる皆さんが活用できる支援~妊産婦等支援業務のご案内【2017年度】

福島県では、子育てをされているお母さん、そしてご家族の方に向けて妊産婦等支援業務のご案内【2017年度】をおこなっています。

201708011029280001

(PDF版 表面 裏面

こちらは福島県助産師会が福島県の委託を受け、県内で子供を産み、育てていくお母さんやご家族の皆さんの健康と育児に関するさまざまな不安や悩みを解消するための支援です。主な支援内容は以下のとおりです。

①ふくしまの赤ちゃん電話健康相談

 妊娠中や小さなお子さんの健康、母乳育児や子育てに関する不安など
 さまざまな悩みに助産師さんがお応えします。

 <対象者>
  ・妊婦さん、乳幼児を持つ保護者やそのご家族
  ・県外に避難されているか、里帰り分娩の為に福島県に一時滞在している方など

 時間:月~金(祝祭日除く) AM9:30~PM4:30

 【お問い合わせ】フリーダイヤル 0120-80-2051 080-2835-9988

②子育てサロン

 ベビーマッサージやママのリフレッシュ体操、保護者同士の交流、
 子育てに関する情報交換などを行います。

 <対象者>
  ・妊婦さん、乳児と乳児を持つ保護者
  ・里帰り分娩のために福島県に一時滞在している母子も利用できます。

 詳細はこちらをご覧ください。
 http://fukushima-midwife.org/hisaiboshi/kosodate-salon.html

③産前・産後の家庭訪問

 助産師さんさんがご家庭に伺い、母乳相談や育児相談に応じます。

 <対象者>
  ・福島県内在住の妊産婦さん
  ・里帰り分娩のため福島県に一時滞在している母子も利用できます。

 回数:3回程度
 費用:無料 *乳房ケアを実施した場合は500円

④助産院での母乳育児支援

 助産院にて体重測定、乳房トラブルの手入れや授乳相談を行います。

 <対象者>

  ・福島県内在住の授乳中の母子
  ・里帰り分娩のため福島県に一時滞在している母子も利用できます。

 回数:3回程度
 費用:1回 500円

また県内にも協力助産院・助産所があります。県南地域は以下の通りです。

 ・母子支援室まごころ TEL/090-7336-6306
 ・かしわ助産院     TEL/090-4888-9105

詳細につきましてはチラシも合わせてごらんください。

ご不明な点などがあればこの事業を行っている福島県助産師会の方にも
電話、FAX、メールにてお問い合わせできます。

県内に住んで間もない小さいお子さんを持つご家族の皆さん、ぜひこの機会にこちらの支援を活用してみてくださいね。

【お問い合わせ】

  一般社団法人 福島県助産師会

  〒960-8141
  福島県亘理字番匠町14-1 ドミール番匠206
  TEL/FAX      024-573-0211
  E-mail        fukushima-midwife@friend.ocn.ne.jp
  ホームページ http://fukushima-midwife.org/hisaiboshi/index.html

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

親子でいっしょに遊べる広場~おひさまひろば(白河市)

白河市には、親子で遊べる「おひさまひろば」という広場がマイタウン白河にあります。

P1010469

おひさまひろばとは、0歳~3歳のお子さんとお母さん、お父さん、おじいさん、おばあさんの広場です。

P1010471

「おひさまひろば」では

 ◎絵本のコーナー
 ◎情報コーナー
 ◎ぬくもりのある木のおもちゃ
 ◎子育て相談

などがあります。

広場では、親子で一緒に遊べるスペースがあり、子育て相談・親子の交流など通して子育てを支援しています。
子育て研修会で学んだスタッフの皆さんがお待ちしているとのことですので、子育てをしてて疑問や悩みなどがあったら気軽に相談できそうですね。

今回、広場の中も見せてもらいました。

※こちらの写真はおひさまひろばと、保護者の皆さんの許可を得て撮影しました。

P1010436

P1010540

P1010446

P10105412

P1010431

P1010456

たのしそうな遊具、絵本のコーナーをはじめ、おむつ換えが出来る所や小さいお子さんを持つご家族のみなさんが欲しい情報などもありますね。

「おひさまひろば」は登録制になっており、登録料は無料です。
カードの有効期限も1年間なので、時間が空いた時など好きな時に、子どもたちと一緒に行けるのもいいですね♪

「おひさまひろば」では、運営の一環としておひさまセミナーやお誕生会などが定期的に開催されている他、地域で子育てしている家族の皆さんのきっかけ作りとして「たなばた会」や「クリスマス会」などを開催しています。

P1010393

(※2017年7月6日 たなばた会の様子)

広場が気になるけど、どのタイミングで登録などをして良いのかわからない方は「おひさまひろば」のイベント等をきっかけに登録してみるのもいいかもしれませんね(*^_^*)

なお、「おひさまひろば」の詳細につきましては、下記のホームページも合わせてご参照ください。

おひさまひろばホームページ:http://shirakawa-shienkai.or.jp/ohisama_about

白河市、または周辺地域で小さい子どもを育てているご家族の皆さん、そして子育てを検討しているご家族の皆さん、ぜひこの機会にマイタウン白河にある「おひさまひろば」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

---------

おひさまひろば

 開催日時:毎週 月~土曜日 10:00~16:00
        (年末年始・祝日・第一水曜日はお休み)

 場所:マイタウン白河2階
     (福島県白河市本町2番地)

 対象:0歳~3歳のお子さんとその保護者
    (4歳のお誕生日の前日まで利用できます。)

 登録料:無料

 ホームページ:http://shirakawa-shienkai.or.jp/ohisama_about

 お問い合わせ: TEL/FAX 0248-27-2090(月~土 10:00~16:30)

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村で子育てする時に活用してみませんか?~幼稚園保育料等の無料化について(中島村)

村を見守る汗かき地蔵や豊かな自然がある、福島県県南地域で一番小さい村・中島村。

そんな中島村では、幼稚園、保育所等を利用している保護者の負担を軽減することにより、安心して子どもを生み育てる環境づくりを推進する『幼稚園保育料等の無料化』が平成27年度から実施されています。

対象になる項目等は以下のとおりです。

------------

<無料化の対象項目>

 ・利用者負担額

 ・預かり保育料(おやつ代を含む)

 ・一時預かり保育料

 ・給食費

<対象者>

 ・保護者及び入園を希望する子どもが、住民基本台帳法の規定により中島村に記録され、日常生活の実態があること。

 ・入園を希望する子どもの保護者及び利用者負担額の算定の基準となる方が、村税等を滞納しないこと。

<無料化を決定するまでの流れ>

 1.無料化申請書提出(保護者)

       ↓

 2.関係各課に未納がないかを確認(学校教育課)
   ※ 未納が無い場合は6.に進みます。

       ↓

 3.未納のある家庭に「納入計画書」を送付(学校教育課)

       ↓

 4.「納入計画書」を学校教育課まで提出(対象保護者)

       ↓

 5.計画書に基づいた納入がなされているかを確認(学校教育課)

       ↓

 6.教育委員会で協議

       ↓

 7.可否の決定

その他、必要書類等の詳細につきましては、中島村役場ホームページをご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓

中島幼稚園の無料化について | 中島村公式ホームページ

<お問い合わせ先>

 幼稚園と保育所で担当が異なります。以下の所までお問い合わせください。

 【幼稚園】中島村学校教育課
  〒961-0102 中島村滑津二ツ山28-10  
     電話番号: 0248-52-3483

 【保育園】中島保育所
  〒961-0102 中島村大字滑津字二ツ山65番地4
  電話番号:0248-52-3910 内線 350

------------

また、上記の内容とは別に、中島村では通園バスの利用が無料となっています。
子育てのされているご家族の方には大助かりですよね!

詳しくはこちらをご覧ください→保育時間と保育料 | 中島村公式ホームページ

中島村で移住やお住まいを考えているご家族のみなさん、子育ての際はぜひ『幼稚園保育料等の無料化』も活用してみてくださいね♪

文責:suzuki(http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県で子育てされている皆さんに便利なパスポート~ファミたんカード

福島県では、子育てをされているご家族の皆さんにお役立ちのカードがあります。

その名は『ファミたんカード』!!

ファミたんカードとは、福島県が市町村や事業者の方と連携してやっている子育て応援パスポートのことです。

カードを福島県内の協賛店で提示すると、お店のご厚意により割引やプレゼントなど、さまざまなサービスを受けることができます。

P1010221

<緑が印象的な可愛いイラストが書かれたカードが目印です!>

私たちがご紹介している県南地域では、

たとえば・・・

・ドリンク類1杯100円引き。

・子供 2ゲームで粗品プレゼント

・子育てワクワククーポンによる、デザート等の商品割引

などなど・・・子育てされている皆さんにうれしいサービスが受けれるとのことですよ♪

詳しくはこちらをご覧ください↓

福島県子育て支援ポータルサイト「すくすくひろば」
子育てにやさしいお店・施設一覧|エリア「 県南 」

このカードは、18歳までのお子さんを持つ家庭の方(※最初の3月31日を迎えるまで)、子ども1人につき1枚受け取ることができます。

ファミたんカードの受け取り方や詳細につきましては福島県ホームページをご覧ください。
ファミたんカードのページ - 福島県ホームページ

福島県で子育てをしている皆さん、またこれから福島県へ移住しようと考えているご家族の皆さん、ぜひ『ファミたんカード』を活用してみてくださいね♪

文責:suzuki(http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年度 第2回「世話やき隊」養成講座開催されました。~中島村~

去る3月18日(土)、中島村生涯学習センター輝ら里にて第2回「世話やき隊」養成講座が開催されました。

第1回目の様子はこちらから



講師には、野出島地域活性化プロジェクト 会長 本宮直氏 ・ 梨本あぶらや 代表 梨本清太氏を迎えて行いました。
 本宮会長からは、野出島地域活性化プロジェクトの概要・活用地域資源・農地(遊休農地)を活用した地域活性化などのお話しをいただきました。
 また、梨本氏からは映像を交えて現在の野出島地域活性化プロジェクトの活動状況が報告されました。

Dscn2905_2


本宮会長からは、なたね油とのでじまうどんが白河市のブランド商品に認定され野出島の特産品として販売力が向上されたとのお話しもいただきました。

Dscn2920

梨本氏からは、ご自身の移住のお話しや現在の活動状況についてお話しがありました。

Dscn2923



野出島地域活性化プロジェクトの活動を通して、小学校からの望める景観が春は菜の花、夏は麦秋といわれる小麦色、秋はそばの花と季節毎に楽しむことができ、小学生の散策に活用されていることや、観光資源がない野出島地域に各イベントを主にグリーン・ツーリズム体験ツアー等で年間約1000人の交流人口が訪れるようになったこと等のお話しがありました。地域の力って素敵ですね。


Dscn2919


Dscn2939


引き続き、机上の養成講座から現地視察へと移りました。
現地視察は、梨本あぶらや 梨本清太氏が講師を務めました。   


Dscn2966


梨本あぶらや 見学の際は質問が多く受講者のみなさんの関心度がうかがわれました。
 


Dscn2971



梨本氏のハウスも見学させていただきました。
アスパラガス から春の息吹を感じることができました。


Dscn2978


梨本氏の移住のきっかけともなった、現在白河市東と神奈川県大和市で二地域居住をされている渡辺さんが東に滞在しているとの情報を梨本氏からいただき、ご厚意でお会いする事が出来、お話しを聞く事もできました。
なんと、渡辺さんの手作りピザ釜はとても愛着のある釜で
出来上がりの美味しさが想像できますね。
みなさん、ピザ釜に興味深々でした。


Dscn2986


Dscn2995


今回の第2回「世話やき隊」養成講座を通して、移住のきっかけや受け入れ地域の大切さや地域の力をしみじみと考える事ができました。
中島村の世話やき隊のみなさんをきっかけにして一人でも多くの方に足を運んで貰えるといいですね。






文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧