交通

あのSLがラッピングされて大復刻!~白棚線 SLラッピングバス(白河市・棚倉町)

福島県県南地域には、「白棚線(はくほうせん)」という路線があります。

P1040104
(※路線写真は過去に白棚線バス車内で撮影したものです。 過去記事

「白棚線(はくほうせん)」とは、東北本線の白河駅と水郡線の磐城棚倉駅を結んでいた鉄道路線です。
1916年(大正5年)より白棚鉄道として開業され、国有化後は戦争激化に伴い運休、レールを撤去された歴史があります。
現在はその路線跡を、JRバス関東が運営するバスの専用道路として利用されています。

P1040090

☆詳しい歴史につきましてはこちらをごらんください。

第二次世界大戦とともに消えた鉄道 ~ 白棚線(1)

白棚鉄道の本来の姿 ~ 白棚線(2)

よみがえる白棚線 ~ 白棚線(3)

そんな深い歴史を持つ白棚線ですが、今年4月から、開業60周年を記念して”とある”ラッピングバスが運行しているとのことです。どんなラッピングバスなのでしょうか?早速見てみましょう。

Dsc_0173_1

これは…まさか、車道を走るSL!?
いえいえ、これが開業60周年を記念してデザインされた「SLラッピングバス」です。

Dsc_0178_2

福島民友さんによりますと、このラッピングバスは、かつて白棚線を運行していたSLをデザインしたとのこと。
こんなにレトロでかっこいいSLが白河市と棚倉町を行き来していたのですね。

Dsc_0175_2

ラッピングバスは1年間、1日2往復程度運行する予定とのことです。
皆さんもお見かけの際はぜひ白棚線SLラッピングバスをご覧になってみてくださいね♪

<参考記事>
「SLラッピングバス」運行へ 白棚線でジェイアールバス関東白河:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「日帰りバスツアー 狛犬は芸術だツアー」~開催のお知らせ~

 
日帰りバスツアー狛犬は芸術だツアー
 ~石工 小松寅吉・小林和平の世界を巡る~
※宇都宮駅発着になります。


Img1171316120001



Img1171316320001


首都圏在中の方や県外の方に福島県県南地方を知って頂く為の、ツアーです。
県南地方の魅力の1つでもある「狛犬巡り」のツアーになっております。


福島県県南地方の狛犬文化は、江戸時代に信州高遠藩を脱藩し福島に移り住んだ「石工・小松利平」、その弟子、浅川町の「小松寅吉」、さらにその弟子である石川町の「小林和平」という3人の石工の物語がベースになっています。
この3人の石工を中心に福島県県南~県中地区には「狛犬」という概念を打ち破った狛犬が多く点在しており、狛犬ファンの心をつかんでいます。
ツアーは、主に「狛犬巡り」ですが、宇都宮からの行きのバスの中では、映画『狛犬の棲む里』を上映しますので、狛犬ファンの方はもちろん・もしくは狛犬をあまり知らない方も納得のいくツアーになっていますよ。
ツアーをきっかけに福島県の魅力に触れてみてくださいね。



日帰りバスツアー
「狛犬は芸術だツアー」
~石工 小松寅吉・小林和平の世界を巡る~
開催日2017年3月12日(日) ・ 3月18日(土)
※栃木県宇都宮駅発着になります。
※希望者(白河市より北にお住いの方など)は、新白河駅での乗降も可能ですのでお申込みの時にお問合せください。



案内人
:地元狛犬研究家 吉田利昭氏
     小松寅吉・小林和平の狛犬研究の第一人者。
      石工三代の波乱に満ちた人生と狛犬鑑賞のポイントをわかりやすく説明します。




料金:大人1名様 モニター価格 3,000円
   (バス・昼食代込み)
   ※参加費は乗車の際に本人確認と併せて当日頂きます。
場所福島県県南地域(集合・解散は栃木県宇都宮駅)



定員:開催日ごと 先着20名様(最小催行人数10人)
日程:12日(日)・18日(土)は同様の日程になります。
宇都宮駅東口7時30分集合新地山羽黒神社(福島県白河市借宿)川田神社(中島村)
昼食(旬彩レストラン「山ぼうし」)八槻都々古別神社(棚倉町)熊野神社(鮫川村)
古殿八幡神社(古殿町)石都々古和気神社(石川町)鹿嶋神社・神宮寺(白河市東)
宇都宮駅19時30分解散予定



※チラシの裏面が申込用紙になっております。
申込みお問合せ
(公財)白河観光物産協会 桜プロジェクト
TEL:080-2820-9066
FAX:0248-22-0117
担当 青山まで



※後日、申込いただいた皆さんに参加決定の可否と併せ、詳細案内を送付いたします。
     



文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪が降りました(白河市)

先週末は全国的に大寒波がやってきました。
福島県県南地域も例外ではなく、金曜日の午後から大雪に見舞われ、荒れた天気となりました。

Dscn4895

今回、白河市の積雪は35センチだったそうです。
白河市の平均積雪は数センチ程ですので、35センチというと「積もったね~!」という感覚になります。

Dscn4901_2

しかし土曜日には天気も回復し、前日に降った雪も、日が当たる大通りなどではすっかり溶けていました。

Dscn4903

Dscn4905_3

最近では雪が降り始めるとすぐに除雪車が出動してくれるおかげで、道路の雪が溶けるのもずいぶん早くなりました。
車は欠かせない住民の足ですので、本当に助かっています。

Dscn4898_2

2月に向け県南地域の冷え込みはさらに増し、雪の季節ももうしばらく続きます。
お出かけの際には足元に十分お気をつけください。

Dscn4904_2



文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来て。ふくしま大交流フェア2016」~開催のお知らせ~東京国際フォーラム

お待たせいたしました。

『来て。ふくしま大交流フェア』が12月23日(金・祝)に国際フォーラムにて開催されます。

(昨年の様子はこちらから

Photo

 

Photo_2

 

『来て。ふくしま大交流フェア』
首都圏の皆さま!もちろん福島県の皆さまも
ふくしまのぜんぶを、見て・食べて・触れて、体感して!くださいね。
ふくしまがぎっしりつまっていますよ。
《ステージ》
◎スペシャルトークショー
13:10~13:40
福島県知事    ラクビー日本代表     エアレース・パイロット
内堀雅雄  ×  大野均    ×   室屋義秀
◎トークステージ
15:00~15:20
橋本まなみ × ふくしま若旦那プロジェクト
◎ふくしま応援シェフ実演
12:30~12:50
◎スパリゾートハワイアンズダンシングチーム特別公演
 1回目、11:10~11:40  2回目、16:20~16:40
◎「ネバーギブアップ!福島」ステージ
11:50~12:10
タレント なすび   シンガー Shimva
◎まこみなステージ
14:00~14:20
双子ダンスのカリスマ まこみな

《グルメコーナー》
ロサンゼルスで全米一美味しいラーメン決定戦2連覇
◎熟成味噌肉盛 福島鶏白湯
   福島ラーメン組 獅子奮迅隊

極太麺とうまみたっぷり濃厚ソース
◎なみえ焼きそば

会津グルメの代表格
◎会津ソースカツ丼

他にもふくしまのおいしいものが大集合しますよ!

《SAKE BAR》

全国新酒鑑評会金賞受賞酒を中心に、厳選した地酒を楽しくリーズナブルに飲み比べ!

■金賞受賞酒 飲み比べセット
国権酒造・国権 特選大吟醸や曙酒造・一生青春 別撰大吟醸など

■県内日本酒 飲み比べセット
金賞受賞蔵の日本酒など約60銘柄をご用意

■単品でのご注文もOK

《ふくしま ヒトコトカフェ》

福島県に移住された方によるマルシェ(飲食・雑貨・アクセサリーなど)を開催します!

また、移住者さんによるトークイベントも開催!

地域の暮らし、起業、就職、住まいなど多様な相談にも応じます。

お笑いコンビ、ペンギンナッツも参加します。

おいしいコーヒーが飲めるカフェもオープン!



《体験コーナー》

◎赤べこ絵付け体験
◎張り子絵付け体験
◎和紙すき体験
◎革のチャーム作り
◎コースター織り体験
◎木工体験

☆ふくしまファンクラブ会員のみなさまへ☆

当日会場で利用できる500円割引券プレゼント!(会員証を忘れずに!!)

まるごと「ふくしま」が楽しめる「来て。ふくしま大交流フェア」にぜひ足を運んでくださいね。

私たち、ラクラスしらかわは、福島県県南地方の紹介・移住定住相談で出展します。移住定住コーナーにて皆さまのお越しをお待ちしています。

「来て。ふくしま大交流フェア」   入場無料

日時:2016年12月23日(金・祝)

時間:11:00~17:00

場所:東京国際フォーラム ホールE

〒100-0005  東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
       ※JR有楽町駅より徒歩1分

 ホームページ:http://www.fukushima-daikoryu.jp/ 

主催:福島県観光交流課
    〒960-8670  福島県福島市杉妻町2-16
    TEL 024-521-7286   FAX 024-521-7888

文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の準備はお済みですか?~県南地域の冬支度~

11月下旬に降った雪はもうすっかり解けてしまいましたが、本格的な冬を目前に、県南地域では様々な準備がされています。


先月の初雪の様子です。(白河市内)

S__418868

S__418869

雪を見ていたら寒くなってきました。ブルブル(。>﹏<。)

家の中の準備で欠かせないのはこたつやストーブなどの暖房器具。
引っ張り出したはいいものの、使えなくなっていた…なんてこともあるようです。

Img_7292

暖かい日に事前に点検をして、寒さに備えましょう。
暖まったお部屋の乾燥はインフルエンザを引き起こす原因になりますので、加湿器もあるといいですね。


防寒着もたくさんあって困ることがないのがこの地域。
コート、ダウンジャケット、手袋、マフラー、ストール。寒い期間が長いからこそ防寒着でおしゃれを楽しみたいところです♪


そして、車での移動が多くなるのもこの季節ですね。
雪はもちろんのことですが、霜や凍結の対策もしておきましょう。

まず雪や霜の対策として、スノーブラシや霜取りのアイススクレーパーがあると便利です。

Img_7284

Img_7286

解氷スプレーもあると有効ですよ(*^_^*)

その他にも、冬用のワイパーブレード、直接車を覆ってしまうカバーなど、気候や積雪量によって様々な対策ができます。標高が高いほど雪の量が多いことを知っておきましょう。

Img_1801_2
こちらは昨年の西郷村雪割橋付近の様子。

そして、忘れてはいけないのが冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)です。
雪がない日でも路面の凍結が心配されるので、溝が深い冬タイヤが必要になります。
溝が浅くなってしまったり、経年でゴムが劣化してしまったタイヤは凍結した路面でスリップしてしまう可能性があり大変危険です。交換時期に確認して、必要であれば新しい物に取り替えましょう。

Img_7289

冬季に県南地域にちょっとだけ遊びに行きたいんだけど…という方には、タイヤチェーンがおすすめです。最近では簡単に装着できるものもありますので、カー用品を取り扱う店舗へ相談してみてくださいね。

いざという時に便利なのが、小さめのスコップと使い古しのタオル・毛布です。
雪にはまってしまって動けなくなってしまった時に使えるアイテムですが、雪以外の困った場面でも使えそうですね。
JAFのホームページでも対策が紹介されていますので、併せてご覧になってみてください。
JAFホームページ 雪道を走る前に準備しておきたいものとは?


移住やニ地域居住を希望されている方は、ぜひ県南地域の冬を体感しにいらしてください。冬の準備をバッチリしていれば、寒さに負けずに県南の冬の魅力を発見することができますよ~♪

冬でも県南地域は元気いっぱいです!!


文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新白河駅にご当地怪獣「ゴルバッグ」現る!!~ゴルフタウンしらかわ

福島県県南地方は、東京駅から最短で1時間40分の『東北の玄関口』です。
そして、県内屈指のゴルフ場の数を誇る地域でもあります。

首都圏からの交通の便が良く、様々なゴルフ場を行き来できるので、
県外や首都圏からも、たくさんのゴルフプレイヤーが訪れます。

そんなゴルフが盛んな地域に現れたのが、以前ラクラスしらかわのブログでも
ご紹介させていただいた ご当地怪獣「ゴルバック です。

Dscn3187

<過去記事:福島県県南地域に「ご当地怪獣」が出現!その名も「ゴルバッグ」!

ゴルフの楽しさを伝えるために「しらかわ」の地に現れたゴルバック。
白河市の公認キャラクター「小峰シロ(ver.ゴルフタウンしらかわ)」と一緒に、
ナイスショットでPR!ゴルフするなら、迷わずしらかわ打(だ)!!

Img9061644020001
(※こちらは『ゴルフタウンしらかわ』のチラシです。新白河駅にありますよ!)

そんなゴルバッグが、なんと新白河駅に現れたとの情報が入ったので、
行ってまいりました!

いました!ゴルバッグです!もふもふのゴルバッグです!

Dscn3186

ふかふかのゴルバックですが、目つきの鋭さは健在です!かわいいですね!

Dscn3202

反対側から見ると、手がかわいいです!

Dscn3192

正面から見ると、キバがかわいいんです!

Dscn3190

ゴルバッグはいたのですが「伝説のキャディー 山田さん」の姿は、
残念ながら新白河駅には見当たりませんでした。
何せ「伝説の」キャディーですからね。目撃した方はぜひご一報ください。

Dscn3200
(※イラストの右側の人物が「伝説のキャディー 山田さん」です。)

ちなみに、ゴルバッグの足元には「白河だるま(ver.ゴルフウェア)」がいました。
どちらもすごくかわいいですね♪

Dscn3195

新白河駅に現れた ご当地怪獣「ゴルバッグ」 に
みなさんもぜひ会いに行ってみてください(o^-^o)

Dscn3197

★ゴルフタウンしらかわ推進協議会:http://www.golftown-shirakawa.com/

★ご当地怪獣 公式サイト:http://gotouchikaiju.com/
           Twitter:https://twitter.com/gotouchikaiju

<新白河駅>
福島県西白河郡西郷村字道南東



文責  ま(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬用タイヤに換えましょう!~車の冬季の利用方法について

12月に入り、季節もいよいよ冬へと移ろいつつありますね。
この時期になると冬ならではの催し物も数多く見受けられるようになりますが、県南地域ではこんな標識も見るようになりました。

「冬タイヤへの交換はお早めに!!」

Fuyutaiya

「冬タイヤ」とは、「スタッドレスタイヤ」のことです。

今回は田舎暮らしに必要不可欠な車の冬季の利用方法について少し触れてみたいと思います。

県南地域では、積雪量はそれほど多くはありません。10~20㎝ほどの積雪が年に2~3回ある程度です。(過去記事)

Dscn4902

☆矢吹町・大池公園

屋根の雪下ろしなどは必要ありませんが家の周りの雪かきは、多少必要になります。

雪が無い日でも道路の路面凍結もあるので通常のタイヤでは危険です。
冬季は、スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)やチェーンなどが必要になります。

スタッドレスタイヤの取り換えは、各自宅やご自身で交換を行なう他、自動車ディーラー、車用品店、ガソリンスタンドで取り換えをお願いする方もいらっしゃいます。(過去記事

そして雪が降った時は車用の雪かきグッズがあります。
こちらはスノーブラシといって、これで窓やサイドミラーなどについた雪かきができます。

P1030690_2

他にも移住先の積雪量によってはスコップや古いタオルなども便利になる場合があります。詳しくはこちらも合わせてご覧になってみてください。(JAFホームページより

いかがでしたでしょうか?
田舎暮らしをする際には、現地に何度も足を運ぶことが大切になってきます。
ぜひこの機会に県南地域へお越しいただき、実際の積雪量を確かめてみてください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地域の駅~水郡線編 その②

県南地域の駅を紹介し始めて4回目の記事になりました。
前回までの分はそれぞれこちらをご覧ください。(東北本線編 ①水郡線編 ①

今回は「磐城塙(いわきはなわ)駅」からご紹介していきます。

Img_0330

磐城塙駅の外観は8つの円形の建物が連なっていて、森林をイメージしたユニークな造りとなっています。
建物内には駅だけでなく、正面左側に塙町コミュニティプラザ、右側には塙町図書館が併設されています。

Img_0313

Img_0315

駅前には塙町のご当地キャラ「ダリちゃん」と、ダリアの花などが描かれています。
色鮮やかな絵はとても可愛く、とても綺麗ですよ。

続いては、棚倉町から「近津(ちかつ)駅」を紹介します。

Img_0334

近津駅は「水郡線の駅 その①」で紹介した磐城石井駅と同じ簡易的な造りの駅舎です。
棚倉町の山本不動尊(やまもとふどうそん)八槻都々古別神社(やつきつつこわけじんじゃ)などの最寄り駅になります。
電車でお出かけの際は近津駅をご利用下さい。

Img_0337

こちらはホームから撮影した風景になります。
この緑の中を進んで次に辿り着くのが、棚倉町の「中豊(なかとよ)駅」です。

Img_0347

中豊駅は駅舎がなく、直接ホームに上がってくる造りになっていて、ホームに待合室のみが設置されています。
「水郡線の駅 その②」で紹介した南石井駅と同じ造りです。

Img_0350

中豊駅は学生の利用が多い駅で、取材に行ったこの日も何人かが電車を待っていました。
そんな学生達の声が駅を賑やかにしていました。

続いては、「磐城棚倉(いわきたなぐら)駅」を紹介します。

Img_0358

棚倉駅は、県南地域を走る水郡線では唯一の有人駅です。

Img_0364

バス停もあり、主にJRバスが走っています。
戦前には、磐城棚倉駅と白河駅を結んでいた鉄道路線の白棚線(はくほうせん)があったのですが、それが今はバス路線として使われています。
水郡線は白河市や西白河郡には繋がっていないので、そちら方面へはバスをご利用下さいね。

Img_0354

磐城棚倉駅を出ると県中地域、石川郡浅川町の「磐城浅川(いわきあさかわ)駅」へと続いて行き、石川町、須賀川市などを通り、終点「安積永盛(あさかながもり)駅」までが水郡線となります。
その後電車は東北本線と合流して、郡山市の「郡山(こおりやま)駅」まで走ります。

Img_0320

「奥久慈清流ライン」の愛称がある水郡線、ぜひ久慈川の清流と共に鉄道の旅をお楽しみ下さい。

4回に渡ってご紹介してきた県南地域の鉄道駅ですが、今回で最後になります。
それぞれの駅に魅力があり、取材に行った私も楽しむことが出来ました。
お時間がある休日などに、ぜひ皆さまも鉄道路線の旅へとお出かけしてみてはいかがでしょうか。


文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地域の駅~水郡線編 その①

前回、「県南地域の駅~東北本線編 その①その②」で東北本線の各駅を紹介しました。
今回は、もうひとつの県南地域の路線「水郡(すいぐん)線」の駅を、2つに分けて紹介していきたいと思います。

水郡線は主に東白川郡を通る路線で、茨城県の「下野宮駅」から矢祭町の「矢祭山(やまつりやま)駅」に入って来ます。

Img_0243

矢祭山駅は東北地方の鉄道駅では最南端に位置していて、2002年には「東北の駅百選」にも選定されました。
周りの自然にも溶け込んで、とても趣のある駅です。

Img_0252

今は無人駅なので使われてはいませんが、中には出札口がそのまま残されています。

Img_0238

県南地域もうひとつの路線、東北本線は田園風景などを通るのですが、水郡線は緑の中を走り抜けます。

そんな自然の中を走って次に停車するのは同じ矢祭町内の「東館(ひがしだて)駅」です。

Img_0261_2

水郡線は新しく建て替えた簡易的な駅が比較的多いのですが、東館駅は昔懐かしい木造の駅舎が出迎えてくれます。

Img_0265

駅周辺には役場、銀行、小学校等があり、矢祭町の中心部となっています。
2007年に開館した「矢祭もったいない図書館」も、こちらの東館駅前にありますよ。

次に紹介する駅も矢祭町内にある「南石井(みなみいしい)駅」です。

Img_0277

かつてあった駅舎は取り壊され、今はこの待合室があるだけですが、れっきとしたJR東日本の鉄道駅です。

Img_0288

こちらは南石井駅を後ろから撮影したものですが、見事に自然の中に溶け込んでいるので、初めて行く方にはなかなか見つけにくい駅ではあると思います。

Img_0280_2

周りは田んぼや畑以外には民家が数件あるのみでした。
主に地域の学生が使用する駅だそうです。

そしてこの線路の先に続くのは矢祭町最後の駅「磐城石井(いわきいしい)駅」です。

Img_0292

Img_0297_2

磐城石井駅は1998年に改築された簡易駅舎(待合室のみ)です。

Img_0303

駅舎にはドアもない為、ホームへもそのまま入って行くことが出来ます。
水郡線にはこのような簡易的な駅や無人駅が多く見られ、今回ご紹介した4駅も全て無人駅です。
なお、全区間でワンマン運転が実施されており、休日を中心に増結されています。
ワンマン列車の乗り降りについてはこちらをご覧ください。※ワンマン列車


Img_0284

久慈川に沿って茨城県水戸市から福島県郡山市まで延びる水郡線は、奥久慈の自然が織りなす景色も魅力のひとつで、2011年には「奥久慈清流ライン」という愛称が付けられました。
そんな水郡線は矢祭町を出ると次は塙町へと入って行きます。
県南地域の水郡線の旅に、もう少しお付き合いください。


文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地域の駅~東北本線編 その②

「県南地域の駅~東北本線編 その①」では、福島県最初の東北本線の駅「白坂駅」から順番に、「新白河駅」、「白河駅」と紹介しました。
今回は白河市内最後の駅「久田野駅」から紹介していきたいと思います。

Img_0162_2

久田野駅は「県南地域の駅~東北本線編 その①」で紹介した白坂駅と同じ無人駅です。

Img_0168

Img_0165_2

久田野駅には自動券売機が設置されていますので、この場で乗車券を購入することが可能です。
金額をお間違えのないようお買い求めくださいね。

次は白河市を出て泉崎村の「泉崎駅」へ行きたいと思います。

Img_0191

こちらの泉崎駅も無人駅です。
駅の造りは久田野駅と似ていて、自動券売機も設置されています。

Img_0203

駐輪場、駐車場の様子です。
無人駅等の小さい駅の場合、車は駅前の広場に無料で停めておくことが出来ますよ。

次に向かうのは県南地域では唯一、電子マネーSuicaが使える矢吹町の「矢吹駅」です。

Img_0207

こちらが国道4号線側の西口で、

Img_0221

こちらが反対側の東口です。

Img_0218

東口の方にバス、タクシー乗り場があります。

Img_0392

矢吹駅のすぐ横には、子供の室内外遊び場「未来くるやぶき」があり、無料で利用出来ます。
有料のフットサルコートもありますよ。

Img_0233

福島県南地域の東北本線は、このような自然の中を多く走ります。
県南地域最後、6つ目の「矢吹駅」を出ると、次は県中地域の「鏡石駅」へと続き、郡山市、福島市へと繋がっていきます。
田舎暮らしをする上で車は欠かせない足ですが、たまには電車に揺られるのも気分転換になって良いのではないでしょうか。
ゆったりとした時間をぜひ楽しんでみてください。


文責:M (ラクラスしらかわ 
http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧