農業・グリーンツーリズム

「なすかしの森 ファミリーフェスティバル開催」~西郷村~

今週末10月28日(土)~10月29日(日)に西郷村の

国立那須甲子青少年自然の家にて
「なすかしの森 ファミリーフェスティバル」が開催されます。
28日(土)は家族や仲間でなすかしの森に泊まって秋の夜長を満喫できるプログラムと
なっております。
29日(日)は那須甲子の森を開放して楽しい企画や出店をたくさんご用意しております。
年に一度のなすかしのお祭りです。
この機会に是非足をお運びください!!
201710131222570001
201710131223120001
○期日○
  【宿泊プログラム】 平成29年10月28日(土)~10月29日(日)
  【日帰りプログラム】平成29年10月29日(日)
○募集対象○
  幼児・小学生・中学生を含む家族・一般の方
○人数○
 
  宿泊定員400名
※日帰り参加は制限がありませんので、多数御参加下さい。
※29日(日)日帰り参加は予約不要です。
○場所○
○参加費○
  【宿泊】 食費(夕食・朝食)、シーツ等選択料、保険料
  中学生以上       1,620円  小学生   1,590円
  3歳以上の未就学児 1,410円     3歳未満    300円
  【日帰り】
    無 料
※模擬店やクラフト活動など、有料プログラムあり
※宿泊の申し込みは電話でお問合せ下さい。
 
お問合せ先  0248-36-2331


文責:小松 (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島県 中島村 移住定住体験ツアー」参加募集のお知らせ(中島村)

中島村では、来る12月2日(土)~3日(日)、40歳以下で移住を考えていらっしゃる方を対象に開催する「移住定住体験ツアー」の参加者を募集しています。

201710201155590001

こちらのツアーでは、

 ☆収穫体験
 ☆”保育料無料”の幼稚園・保育所
 ☆花卉(かき)栽培等
 ☆名物白河ラーメン

を体験、見学、堪能することが出来ます。

中島村への移住を希望されるみなさん、この機会にぜひお越しください。

【中島村 移住定住体験ツアー】   

 日程:平成29年12月2日(土)~12月3日(日)(1日2泊)
 旅行代金(参加費):無料(集合場所の新白河駅までの交通費は含みません。

 集合場所:福島県 新白河駅
        (集合場所までの費用は各自ご負担ください。)

 参加資格:40歳以下で移住を考えている方
        (ご夫婦、お子様連れでの参加希望の方には別途連絡します。)

 募集人数:6名(40歳以下)
 宿泊地:泉崎村カントリービレッジ
       1名1室(2名での申し込みの場合2名1室可)

 食事条件:朝食1回、昼食2回、夕食1回

 お申込み締切日:平成29年11月15日(水)
             ※定員になり次第締め切ります。

 参加の可否について:申込締切後、参加の可否を郵送にて通知します。

 詳細は中島村役場ホームページをご覧ください。
 >中島村移住定住体験ツアー参加者募集!!!| 中島村公式ホームページ

※ツアーの内容は、天候等の事情により変更となる場合があります。
※移動は全て中島村で用意する送迎車を使用します。

 お問い合わせ・お申込み:
 中島村役場 企画政策課 担当:圓谷(つむらや)
 TEL:0248-52-3487 FAX:0248-52-2170
 〒961-0192 中島村大字滑津字中島西11-1

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島県農業総合センター農業短期大学校」平成30年度学生募集のお知らせ

矢吹町には福島県唯一の農業短大「福島県農業総合センター農業短期大学校(愛称:アグリカレッジ福島)」があります。

201710161640120001

こちらは次世代を担う農業者・地域農業指導者を養成し、農業自営者などの研修を行うため、昭和63年に開校しました。

学部は、実践的な農業の技術力と経営力を備えた地域のリーダーとなる農業者を育成するための「農業経営部」、将来田舎暮らしをなどで就農を検討している人に向けての「研修部」があります。

研修部については福島県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/37207a/kenshu17.html

また農業短大の様子については過去記事やご覧ください。
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-b944.html

現在、「福島県農業総合センター農業短期大学校」では、平成30年度の学生募集を行なっております。

概要は以下の通りです。

◆募集人員

 農業経営部 水田経営学科 15名程度
             野菜経営学科 15名程度
             果樹経営学科 10名程度
             花き経営学科 10名程度
             畜産経営学科 10名程度

◆募集概要

 一般入校試験 募集人員:10名程度

◆出願資格

  次のいずれかの項目に該当する者。

(1) 高等学校もしくは中等教育学校を卒業した者。
    (平成30年3月卒業見込みの者を含む)

(2) 高等学校を卒業した者と同等の学力があると認められる者。
   (次の【1】、【2】のいずれかに該当する者)

【1】 高等学校卒業程度認定試験規則(平成17年文部科学省令第1号)
   による高等学校卒業程度認定試験に合格した者。

【2】 上記【1】以外の場合は、出願前に出願資格認定を受ける必要があるので、
   出願期間の1か月前までに出願資格認定申請を行うこと。

◆願書受付期間

前期 平成29年11月13日(月)~11月17日(金)まで
後期 平成30年1月15日(月)~2月2日(金)まで

◆試験日

前期 平成29年12月8日(金)
後期 平成30年2月16日(金)

◆お問い合わせ

 農業総合センター 農業短期大学校 農業経営部
 〒969-0292 福島県西白河郡矢吹町一本木446番地1
  Tel:0248-42-4113  Fax:0248-44-4553

詳細は福島県ホームページをご覧ください。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/37207a/bosyuu.html

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「テーマで見つけるローカルライフ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~」開催のお知らせ

来る9月30日(土)、東京交通会館3階グリーンルームにて「テーマで見つけるローカルライフ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~」が開催されます。

201709141021380001

福島県からは4団体が出展し、その一つとしてラクラスしらかわが出展致します。

201709141021500001

このイベントは 5つのテーマ「子育て」、「食・農」、「空き家活用」、「二拠点生活」、「創業・クリエイター」を軸に、5県(新潟・福島・茨城・栃木・群馬)の取り組みの紹介を行います。

各県に移住し、それぞれのテーマのもと活動している移住者たちのトークセッションが開催される他、5県から29の市町村、団体も出展し個別相談を行います。

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.furusatokaiki.net/seminar_detail/?event_id=32886

皆さんお誘いの上、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 『テーマで見つけるローカルライフ
  ~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 移住フェア~』

   日 程:平成29年9月30日(土)
   時 間:12:00~17:00
   場 所:東京交通会館3階 グリーンルーム
          (東京都千代田区有楽町2-10-1)

   参加費:無料

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成28年度 第2回「世話やき隊」養成講座開催されました。~中島村~

去る3月18日(土)、中島村生涯学習センター輝ら里にて第2回「世話やき隊」養成講座が開催されました。

第1回目の様子はこちらから



講師には、野出島地域活性化プロジェクト 会長 本宮直氏 ・ 梨本あぶらや 代表 梨本清太氏を迎えて行いました。
 本宮会長からは、野出島地域活性化プロジェクトの概要・活用地域資源・農地(遊休農地)を活用した地域活性化などのお話しをいただきました。
 また、梨本氏からは映像を交えて現在の野出島地域活性化プロジェクトの活動状況が報告されました。

Dscn2905_2


本宮会長からは、なたね油とのでじまうどんが白河市のブランド商品に認定され野出島の特産品として販売力が向上されたとのお話しもいただきました。

Dscn2920

梨本氏からは、ご自身の移住のお話しや現在の活動状況についてお話しがありました。

Dscn2923



野出島地域活性化プロジェクトの活動を通して、小学校からの望める景観が春は菜の花、夏は麦秋といわれる小麦色、秋はそばの花と季節毎に楽しむことができ、小学生の散策に活用されていることや、観光資源がない野出島地域に各イベントを主にグリーン・ツーリズム体験ツアー等で年間約1000人の交流人口が訪れるようになったこと等のお話しがありました。地域の力って素敵ですね。


Dscn2919


Dscn2939


引き続き、机上の養成講座から現地視察へと移りました。
現地視察は、梨本あぶらや 梨本清太氏が講師を務めました。   


Dscn2966


梨本あぶらや 見学の際は質問が多く受講者のみなさんの関心度がうかがわれました。
 


Dscn2971



梨本氏のハウスも見学させていただきました。
アスパラガス から春の息吹を感じることができました。


Dscn2978


梨本氏の移住のきっかけともなった、現在白河市東と神奈川県大和市で二地域居住をされている渡辺さんが東に滞在しているとの情報を梨本氏からいただき、ご厚意でお会いする事が出来、お話しを聞く事もできました。
なんと、渡辺さんの手作りピザ釜はとても愛着のある釜で
出来上がりの美味しさが想像できますね。
みなさん、ピザ釜に興味深々でした。


Dscn2986


Dscn2995


今回の第2回「世話やき隊」養成講座を通して、移住のきっかけや受け入れ地域の大切さや地域の力をしみじみと考える事ができました。
中島村の世話やき隊のみなさんをきっかけにして一人でも多くの方に足を運んで貰えるといいですね。






文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はお花見!バスツアーで泉崎村へおいでませ♪(泉崎村)

福島県県南地方は、各市町村が花でいっぱいになる季節を迎えようとしています。

4月8日(土)、泉崎村で『泉崎村 春のお花見バスツアー』が開催されます!

Img3091103130001_3


泉崎村ってどんなところ?地域の人たちと交流してみたい!
 などなど、実際に参加して体感してください(*^_^*)

日帰りのこのバスツアーでは、お買い物をしたり、温泉に入ったり、パークゴルフを楽しんだり、珍しいナマズ料理を味わったりする自由時間が設けられています。
なんだか盛りだくさんで楽しそう!

昌建寺の見事なしだれさくらを眺めながらの交流会では、泉崎村の地酒“愛郷の輝き”をご堪能ください♪

これまでにラクラスしらかわでは泉崎村の魅力をたくさん紹介してきました。
その一部をご覧ください。※クリックで記事へ飛びます

 ☆泉崎村の桜並木(泉崎村)

 ☆昌建寺のしだれ桜と古山王の種蒔桜(泉崎村、矢吹町)

 ☆郷の秋~泉崎カントリーヴィレッジ(泉崎村)
 
 ☆紅葉に染まる烏峠(泉崎村)




さらに泉崎村では、『e-村民(イーそんみん)』というインターネットから登録ができる村のファン募集をしております。
年間を通して開催されるイベントの参加者の中には、移住やニ地域居住を実現した方も多くいらっしゃいます。
バスツアーで泉崎村が気に入った!という方、バスツアーには行けないけど泉崎村に興味がある!という方は登録してみてはいかがでしょうか。

e-村民のイベントの様子はコチラ⇒村のファンが集いました~e-村民餅つき交流会~


美しい桜と、ステキな村民に会いにこのツアーでぜひ泉崎村へ来てみてはいかがでしょうか。


<泉崎村 春のお花見バスツアー>


  開催日 平成29年4月8日(土)

  集合場所 東京駅 ※東京駅までの交通費は各自負担となります。

  参加費 2,000円(おみやげ付き)

  募集人数 15名

  申し込み締切 平成29年3月24日(金)

  ●お問い合わせ・お申し込み
   泉崎村役場 事業課産業グループ
    TEL 0248-53-2430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~

去る3月7日(火)、阿武隈地域課題研究研修会が、コミュタン福島(福島県環境創造センター交流棟)で行われました。

これなら、きっと うまくいく 失敗しない移住促進

今回のテーマは『移住促進』です。来年度の福島県の重要施策のひとつでもあり、注目したいテーマです。
阿武隈地域の課題は、福島県各地の課題にも通じます。阿武隈地域に限らず、地域おこし協力隊や復興支援員、NPO法人など、実際に地域づくりを実践している方を対象に研修会が行われ、当日は多くの方が研修会に参加しました。

Ijyuu_abukuma2017848x1200

コミュタン福島交流棟の入口です。キビタンが出迎えてくれます。

Dscn2693

Dscn2701_2


第1部では、「地方再生の視点と方法・移住促進の現場から」と題して講師にNPO法人秋田移住定住総合支援センター理事長 荒谷紘毅氏を迎え講演が行われました。

荒谷氏の講演は、秋田県での移住促進の取り組み・地方の人口減少の理由と推移・地方の受け皿を強化していくことや、地域の熱意の必要性など移住に対しての大切さや心構えをお話しくださいました。またいろいろなアイディアがありマニュアル通りの移住も大事ですが一人一人が違う移住に対する対応も改めて勉強になりました。

趣味で移住のお話しは、とても興味があり参加された皆さんも熱心に講演を聞いていました。



Dscn2717

第2部では、「阿武隈地域移住者の事例紹介」が行われました。

道の駅ひらた駅長 高野哲也氏による事例紹介がありました。

高野氏は1994年に農業を志し平田村に移住、就農されました。就農動機や就農地選定、農家での研修や資金など自身の移住のきっかけから現在までをわかりやすくお話しいただきました。東京都生まれ、3歳で埼玉県に引っ越し埼玉育ちの高野氏のお話しは、時間が忘れるほど興味もあり、農業に対しての想いを感じることもできました。

Dscn2726

続いての事例紹介は、福福堂 代表 稲福由梨さんです。

稲福由梨さんは、 東京生まれの東京育ち。管理栄養士と調理師の免許を持つ。小さい頃から料理が好きで高校時代から飲食業界で様々なアルバイトを経験する。学校栄養士として給食に携わる一方、農業に興味を抱き各地での農業体験に参加。滝根町にも田植えの手伝いで訪れる。2011年3月に結婚し、滝根町に移住。
(福福堂 プロフィールより抜粋)

移住のきっかけ、結婚、現在の活動など映像を交えてお話しいただきました。

何事もチャレンジする気持ちや稲福さんの人柄も現れるような事例紹介でした。

地域の方に愛される稲福さんの印象が強く残りました。

Dscn2731

事例紹介が終わり、登壇者との意見交換・質疑応答がありました。参加者からは質問が多くあり、参加者の熱意がここでも感じる事ができました。 


P1000752




Dscn2750

稲福さんの

「私たちの世代が引き継いでいく」

「福島だからこそ、できること、やるべきことが 見つかってくる」

とても良い響きですね。

本来福島県出身の私たちが気づかない福島県の魅力や力強さをそして人の温かさを

移住事例紹介により改めて考える機会をいただけました。

Dscn2751





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村で『農村生活体験ツアー』が開催されました。(中島村)

去る3月4日(土)~5日(日)、福島県西白河郡の中島村で
『農村生活体験ツアー』が開催されました。

0001

中島村の村民生活を体験できるこちらのツアー、
両日共に晴天に恵まれ、中島村の気候の良さも
体感できる素晴らしいツアーとなりました。

<1日目>
初日の最初の行程は生涯学習センター輝ら里(きらり)で、そば打ち体験です。

P3040994

地元のそば打ち名人に指導を受けながら作業します。

P3040972

P3040979

P3040964

出来上がったそばはその場で茹でて、だいこんおろしと汁と一緒に
いただきました。風味が良くコシがあって、とても美味いおそばでした。
他にも、漬物やおこわのお稲荷さんも一緒にいただきました。

P3041018

P3041021

中島村の美味しい昼食を堪能し、続いて、花農家さんのところへ向かいました。

P3041028

ハウスの中、一面に広がる鮮やかな花に、感嘆の声が上がります。

P3041029

ハウスの中を見学しながら、土作りや出荷のタイミングなど、
花作りにまつわる様々な話を聞きました。こういうところを
見られる機会はなかなかありませんね。

P3041036

その後、別のハウスに移動し、
出荷する花のポットを選んでカゴに詰める作業を行いました。

P3041115

土が見えないくらい葉が茂っているのが、良い花だそうです。

P3041107

そして、花の向きをそろえてカゴに詰めます。
「楽しい!」と声が上がり、みなさんとてもわきあいあいとした
雰囲気で、作業を楽しんでいらっしゃいました。

P3041103

P3041097

P3041100


<2日目>
ツアー2日目は、シイタケを栽培している農家さんにおじゃましました。

P3051141

P3051143

こちらでは、苗床でシイタケを栽培していらっしゃいます。

P3051155

ハウスの中を見学しながら、シイタケの栽培について色々な話を聞きました。

P3051149

ハウスを見学した後は、シイタケの収穫体験を行いました。
苗床から生えているシイタケを摘んで、カゴに入れていきます。
こうして写真で見ると、まるでキノコの森みたいですね。

P3051195 P3051196

P3051197 P3051213

P3051199

シイタケをたくさん収穫した後は、ビニールハウスの中で休憩タイムです。

P3051235

みなさんにぜひ食べてほしい、と出されたのは、
シイタケのから揚げと酢漬けでした。どちらも大変美味しく、
特に酢漬けは絶品だと、みなさんとても喜ばれていました。

P3051229

シイタケの美味しさを堪能した後は、じゃがいもの種芋植え体験を行いました。
耕してふかふかになった畑に、ブロッコリーの苗を植えるための用具で穴をあけ、
そこに種芋を落として埋め込んでいきます。

P3051251

P3051269

続いて、ビニールハウスに移動して、しその種植え体験を行いました。
種まき機に種をセットし、耕した土の上を機械を押して歩きます。

P3051293

こうして、様々な農作業を体験した後は、
生涯学習センター輝ら里(きらり)で餅つき体験となりました。

大きな臼ときねを使って、思いっきり餅をつきます。

P3051317

ついたお餅に、あんこ・大根・納豆・じゅうねん(エゴマ)を絡めて完成です!

P3051376

福島県の郷土料理「いかにんじん」や、地元のお母さんたちが作ってくれた豚汁、つけもの、きんぴらごぼう、大根のあぶらいためなどと一緒にいただきました。農業が盛んな中島村の野菜はどれも本当に美味しく、全員で談笑しながら楽しい昼食の時間を過ごしました。

P3051421

その後、中島村の観光スポットを巡りました。

★汗かき地蔵
P3051452

★童里夢公園なかじま
P3051462

そして、なかじま産直館KIRASSHE(きらっしぇ)で地場産品の買い物をした後、
美味しいコーヒーとシフォンケーキをいただいきました。

P3051487

P3051486

こうして、中島村の農村体験ツアーは幕を閉じました。
農業が盛んで気候がよく、人が優しい中島村に興味をもたれた方は、
ぜひホームページもご覧になってみてください。

<中島村ホームページ:http://www.vill-nakajima.jp/sp/



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「平成28年度 農家民宿研修会」に参加しました。

去る12月20日(火)、福島県県南農林事務所主催の「平成28年度 農家民宿研修会」が棚倉町の倉美館を会場に開催されました。

こちらは福島県県南地方におけるグリーンツーリズムの受入れ体制の整備とおもてなしの向上を図ることを目的とした実践研修会です。

当日は、県南地方で農家民宿や観光等に関わりがある団体が集まり行われました。

第一部では、農家民宿おもてなし研修会が行われ、ホテル&コテージせきのさとの皆さんより、『宿泊するお客様に対しての気遣いと心配りについて』のお話と実践的な『お茶やお料理の出し方、接客について』教えていただきました。

Dscn4582_2

研修では県外から見る福島県の印象、そしてなぜ農泊民宿を選ぶのかなど貴重なお話を沢山伺いました。

Dscn4589

また実践では、お茶出しやお料理の出し方を学ぶ他、講師よりアドバイスをいただき、普段なかなか聞けない接客・作法などを学べる機会となりました。

そして第二部では、グリーンツーリズムしらかわが主催する農家民宿おもてなし料理研修会『農家民宿おもてなし料理の提案』が行われました。

Dscn1923

◆ グリーンツーリズムしらかわとは? ◆

福島県県南地方のグリーンツーリズム全般に関する相談や支援依頼を受ける窓口です。県南地区のグリーンツーリズムを利用したい方と、体験受け入れをしている事業者を結びつけるコーディネートや、グリーンツーリズムの情報提供と各種支援をしています。

また、グリーンツーリズムを行う際の地元食材を使ったメニュー開発も行っております。

詳しくはこちらをご覧ください→http://shien.e-piazza.net/

Dscn4617

試食会では、まず始めに、同じ炊飯器で炊いたお米の食べ比べをしてほしいとのことで、早速頂いてみました。

P1090462_2

上から

①ひとめぼれ
②コシヒカリ
天のつぶ

という品種とのことです。どれも県南地方で採れたお米です。一見同じに見えますが、食べてみると味わいが少しずつ違ってとてもおいしかったです。

試食会に出された料理は、どれも身近にあってすぐ作り置きが出来るものとのことで早速味わってみましょう。

P1090459

こちらは白河関の森公園にある『関守亭』のシェフに教わった「白菜のサラダ」です。

Dscn4622

他にも「さつま揚げ風」や「高野豆腐肉巻き」、「とうふアイス」などが出ましたが、どれも身近な食材で作ったとは思えないほど、華やかで食欲をそそられる料理がたくさんありました。

Dscn4626

Dscn1937

最後には、意見交換会ということで各自挨拶などを行いました。

Dscn1946

今回の研修会では、農家民宿の魅力や、県外から見る福島県の印象などを学ぶ貴重な機会になりました。

この研修会で得たことを、田舎暮らしをお考えしている皆さんにお伝えできればと思っています。

主催の福島県県南農林事務所、並びにグリーンツーリズムしらかわの皆さん、そして今回ご参加した皆さんありがとうございました。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来て。ふくしま大交流フェア2016」~開催のお知らせ~東京国際フォーラム

お待たせいたしました。

『来て。ふくしま大交流フェア』が12月23日(金・祝)に国際フォーラムにて開催されます。

(昨年の様子はこちらから

Photo

 

Photo_2

 

『来て。ふくしま大交流フェア』
首都圏の皆さま!もちろん福島県の皆さまも
ふくしまのぜんぶを、見て・食べて・触れて、体感して!くださいね。
ふくしまがぎっしりつまっていますよ。
《ステージ》
◎スペシャルトークショー
13:10~13:40
福島県知事    ラクビー日本代表     エアレース・パイロット
内堀雅雄  ×  大野均    ×   室屋義秀
◎トークステージ
15:00~15:20
橋本まなみ × ふくしま若旦那プロジェクト
◎ふくしま応援シェフ実演
12:30~12:50
◎スパリゾートハワイアンズダンシングチーム特別公演
 1回目、11:10~11:40  2回目、16:20~16:40
◎「ネバーギブアップ!福島」ステージ
11:50~12:10
タレント なすび   シンガー Shimva
◎まこみなステージ
14:00~14:20
双子ダンスのカリスマ まこみな

《グルメコーナー》
ロサンゼルスで全米一美味しいラーメン決定戦2連覇
◎熟成味噌肉盛 福島鶏白湯
   福島ラーメン組 獅子奮迅隊

極太麺とうまみたっぷり濃厚ソース
◎なみえ焼きそば

会津グルメの代表格
◎会津ソースカツ丼

他にもふくしまのおいしいものが大集合しますよ!

《SAKE BAR》

全国新酒鑑評会金賞受賞酒を中心に、厳選した地酒を楽しくリーズナブルに飲み比べ!

■金賞受賞酒 飲み比べセット
国権酒造・国権 特選大吟醸や曙酒造・一生青春 別撰大吟醸など

■県内日本酒 飲み比べセット
金賞受賞蔵の日本酒など約60銘柄をご用意

■単品でのご注文もOK

《ふくしま ヒトコトカフェ》

福島県に移住された方によるマルシェ(飲食・雑貨・アクセサリーなど)を開催します!

また、移住者さんによるトークイベントも開催!

地域の暮らし、起業、就職、住まいなど多様な相談にも応じます。

お笑いコンビ、ペンギンナッツも参加します。

おいしいコーヒーが飲めるカフェもオープン!



《体験コーナー》

◎赤べこ絵付け体験
◎張り子絵付け体験
◎和紙すき体験
◎革のチャーム作り
◎コースター織り体験
◎木工体験

☆ふくしまファンクラブ会員のみなさまへ☆

当日会場で利用できる500円割引券プレゼント!(会員証を忘れずに!!)

まるごと「ふくしま」が楽しめる「来て。ふくしま大交流フェア」にぜひ足を運んでくださいね。

私たち、ラクラスしらかわは、福島県県南地方の紹介・移住定住相談で出展します。移住定住コーナーにて皆さまのお越しをお待ちしています。

「来て。ふくしま大交流フェア」   入場無料

日時:2016年12月23日(金・祝)

時間:11:00~17:00

場所:東京国際フォーラム ホールE

〒100-0005  東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
       ※JR有楽町駅より徒歩1分

 ホームページ:http://www.fukushima-daikoryu.jp/ 

主催:福島県観光交流課
    〒960-8670  福島県福島市杉妻町2-16
    TEL 024-521-7286   FAX 024-521-7888

文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧