棚倉町

「狛犬は芸術だツアー」が開催されました~桜プロジェクト(白河市)

去る3月18日(土)、「狛犬は芸術だツアー」が開催されました。

P3181143

福島県県南地区の狛犬文化は、信州・高遠藩(現在の長野県伊那市高遠町)を脱藩し、福島に移り住んだ石工・小松利平、その弟子、浅川町の小松寅吉、さらにその弟子である石川町の小林和平という3人の石工の物語がベースになっています。

この3人の石工を中心に、県南~県中地区には「狛犬」という概念を打ち破った狛犬が多く点在しています。今回開催されたのは、彼らの手から生み出された、まさに芸術作品と呼ぶにふさわしい狛犬を訪ねて回るツアーです。

ツアーの案内人として、郷土史家であり地元狛犬研究家である吉田利昭さんが同行しました。さらに、石工3人のルーツである長野県からの参加者もいらっしゃるという、狛犬好きにとって非常にスペシャリティな1日となりました。



★白河市の新地羽黒神社・小松寅吉の石柵

P3181159

吉田さんのお話によると、小松寅吉がこの石柵を作った理由は判明していますが、
なぜこういうデザインにしたのかは分かっていないそうです。

P3181197

P3181200

★中島村の川田神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181209

P3181217

★棚倉町の魅力満点物語「山ぼうし」で特別メニューの昼食

P3181231

★棚倉町の八槻都々古別神社・小松寅吉の狛犬

P3181255

P3181257

★鮫川村の熊野神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181282

P3181275

★鮫川村の熊野神社・野田業平の狛犬

P3181294

P3181300

P3181299

★古殿町の古殿八幡神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181310

P3181309

★石川町の石都々古和気神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181338

P3181348

P3181343

★白河市の鹿嶋神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181370

P3181387

★鹿嶋神社の隣の神宮寺で、お抹茶をいただいてほっとひといき。

P3181404

P3181399

★サプライズのおみやげ

サプライズのおみやげとして、白河市のだるま米と、
ツアー開催記念・特製狛犬しおりが渡されました。

P3211430

福島県の魅力的な狛犬を、これでもかというほど満喫できる
素敵なツアーでした。

密かなブームになりつつある「狛犬」は、
保護しなければ朽ちてしまう貴重な観光資源でもあります。
みなさんも機会がありましたら、ぜひ、
県南地域の魅力的な狛犬を見に来てくださいね。


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

現地で棚倉の国指定重要文化財を体感しよう!~「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」~(棚倉町)

来る3月12日(日)、棚倉町にて「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」が開催されます。

Img3061531400001

馬場都々古別神社(※馬場都々古和気神社とも呼ばれています)本殿は、2014年12月10日に国重要文化財建造物の指定を受けました。当時東白川郡内での建造物指定はこれが初めてだったとのことです。

本殿は「三間社流造(さんげんしゃながれづくり)」と言われる造りが特徴です。

Dscn0463
※写真は過去記事より抜粋しました。

この造りのものとしては県内最古であり、文禄3(1594)年、豊臣秀吉が佐竹義宣に造営を命じて建造された、と伝わっています。

造営された当初は現在の棚倉城跡にありましたが、江戸時代になり丹羽長重が築城するにあたって現在の場所に移されました。本殿は一度解体されて、再建されたそうです。

ラクラスしらかわでも過去に何度か取材で訪れたことがあります。こちらも合わせてご覧になってみてください。

棚倉町で神社仏閣めぐり・その2~都々古別神社
樹木の中に佇む~馬場都都古和気神社(棚倉町)
馬場都々古和気神社本殿、国重要文化財に(棚倉町)

説明会には、講師に工学院大学助教の小林直弘さんをお招きします。
どんなお話が聞けるのか楽しみですね。

集合場所は 棚倉町役場 北側駐車場 となります。
お申込みは不要、参加無料ですので、皆さんお誘いあわせの上お越しください。

 「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」

  日程:平成29年3月12日(日)
  集合場所:午後1時30分
           棚倉町役場 北側駐車場(棚倉町字中居野33)

  講師:工学院大学助教 小林直弘氏  

  主催:棚倉町教育委員会
  お問い合わせ:棚倉町教育委員会生涯学習課 TEL/0247-33-0111


※地図は集合場所の地図になります。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たなぐら歴活~2nd season~」にお邪魔しました。(棚倉町)

去る2月24日、棚倉町の棚倉町立図書館会議室を会場に「たなぐら歴活~2nd season~」が開催されました。

★「たなぐら歴活」とは??★
棚倉町の歴史調査員として大学で歴史学や考古学を学んでいる皆さんが主催となり、棚倉町の歴史について、自由におしゃべりしたり体験したりする気軽な場をつくることを目的に企画したイベントです。
『学校の授業や講演会などで「難しそう」「堅苦しい」、「遠い昔の話」と思いがちの歴史を、楽しく気軽に発掘・共有していくことにより、本にも載っていないような棚倉町の知られざる姿を追っていこう』という主旨で開催されています。

「たなぐら歴活」は、昨年3月に主催の「呼びかけ人(※「たなぐら歴活」で主催を務める皆さんを指します)」メンバーが新たな道を歩むこととなったため活動を休止していましたが、今回新メンバーによる”2nd season(セカンドシーズン)”という形で復活しました。

P1000691

当日は前回から参加されていた方もたくさんお越しになり、この講座を待ち望んでいたことが伺えました。

P1000684

はじめに今回から新たにたなぐら歴活を担当する「呼びかけ人」からご挨拶がありました。

P1000680

今回のテーマは「地元アピールin棚倉」です。

「呼びかけ人」と参加された皆さんで「たなぐら歴活」2ndシーズンでどんなことがやりたいかなど、歴史に縛られず棚倉町の魅力についてブレインストーミングのような形で話しました。

・棚倉町町内の名所について深く掘り下げてほしい。
・時間の関係で途中になってしまった講座の続きが聞きたい。
・棚倉町と近隣地域との歴史的関わりについて。
・参勤交代の時、棚倉町のどのあたりを通ったのか。
・棚倉城には地下から通れる通路があるらしい。

などなど…

和気あいあいとした雰囲気の中、ここでしか聞けないお話が沢山あり、棚倉町の名所から、時代は古代から戦国まで、知れば知るほど奥が深い棚倉町の歴史を時間いっぱいまで話し合いました。

P1000686

次回のテーマは「流廃寺跡と古代官道」に決定致しました。
2ヶ月後の2017年4月下旬に棚倉町立図書館会議室で開催されるとのことです。
どんな内容になるか今から楽しみですね。

予約は不要ですので、皆さんもぜひ「たなぐら歴活~2nd season~」にお越しになってみてください。

 「たなぐら歴活~2nd season~」

    会場代:300円
  お問い合わせ 棚倉町生涯学習課内 塚野まで
  TEL:0247-33-0111 e-mail:tanagurarekikatsu@gmail.com

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県しらかわ地方の観光と物産展in日本橋ふくしま館「MIDETTE」が開催されました

去る2月26日、日本橋ふくしま館「MIDETTE」にて、「福島県しらかわ地方の観光と物産展」が開催されました。

Dscn5281

今回もたくさんの「おいしい」を届けて来ましたよ。昨年の様子はこちら→(※過去記事

Dscn5220

白河市から、白河産コシヒカリ、白河ラーメン、はと麦煎餅、バームクーヘンなど

棚倉町から、ブルーベリー果汁飲料、えごまドレッシング

塙町から、
刺身こんにゃく、豚の味噌漬け

鮫川村から、豆菓子、達者の味噌、えごま油など


本当にたくさんの地元特産品が並びました(o^-^o)

Dscn5214_2

Dscn5222

試食や試飲が出来るものもあり、そちらも大人気でした。

Dscn5273

Dscn5260

Dscn5276

お酒の試飲もありましたよ^^

Dscn5275
☆純米吟醸 五平どん 
☆特別純米 登龍


そして賑わいを見せていた試食がこちら「白河ラーメン」です。
出来上がる度にとてもおいしそうな匂いに包まれていた店内でした♪

Dscn5269

Dscn5238
☆白河ラーメン とら食堂

私達「ラクラスしらかわ」は、福島県しらかわ地方の魅力を詰め込んだパンフレットを配布させていただきました。
「隣の宮城県だよ」、「私、白河市出身なのよ!」などと気軽に声をかけて下さる方も多く、とても嬉しく思いました。

Dscn5278

当日は天候にも恵まれ、本当にたくさんの方にお立ち寄りいただきました。ありがとうございました。
また、福島県しらかわ地方の「おいしい」を届けに行きたいなと思いますので、その時は皆さまぜひ遊びに来てくださいね(o^-^o)


<日本橋ふくしま館MIDETTE>
東京都中央区日本橋室町4丁目3-16




文責:M (ラクラスしらかわ 
http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~開催されました。

去る2月25日(土)、東京都千代田区丸の内トラストタワーN館11階にて 東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~が開催されました。


日本政策金融公庫が東北6県との共催で、東北の創業・事業継承・就農・移住・定住を促進させようと初めて企画し、都内にて行われました。

告知記事はこちらから

Dscn2601_2



Dscn2581

山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行さんが「東北を『食』で元気にするには?」と題して基調講演を行いました。

会場は立ち見がでる程盛況でみなさん奥田さんの講演内容に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。



Dscn2610


基調講演のほかミニセミナーや東北6県の担当者が地域情報などをアピールしたり、さらに東北にUIJターンした起業家たちによるパネルディスカッションも大好評でした。

どのセミナーも、みなさん興味深々とお話しを聞いていました。


Dscn2591

セミナーの別会場では、創業や事業継承・就農・移住・定住などの相談ブースが東北6県ごとに設けられました。私たちラクラスしらかわは、移住・定住の相談ブースとして、今回はしらかわ地方の起業の相談として産業サポート白河と一緒にブース参加しました。創業相談として白河市商工課のみなさんも応援に駆けつけていただきました。

Dscn2604


P1000711


1人1人、移住や起業・創業と相談内容がいろいろとありました。

そしてラクラスしらかわとしても灌漑深いイベントになりました。

相談ブースに足を運んでくださいましたみなさま、ありがとうございました。

相談内容をふまえ今後も対応していきたいと思います。

また、ラクラスしらかわでは移住・定住・二地域居住の相談を承りますので

移住に興味がある方は、ラクラスしらかわまでお問い合わせくださいね。

福島県県南地方 定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ

所在地:福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F

電話・FAX:0248-29-8595

開設日:月曜日~土曜日

開設時間:9時~18時(日曜・祝日・年末年始を除く)

ホームページhttp://rakuras.com/





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「東北で創業・事業承継・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~」

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

    ~東北6県移住応援イベントin東京~

Img2091141100001



Img2091141310001


東北で暮らす、創業する、故郷を創生する。
“UIJターン”の様々な形を応援する、
東北6県移住・定住応援イベントが
開催されます。

食から地方創生を推進する、アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行氏の講演、
助成金活用や飲食店繁盛支援などの創業に役立つセミナーと各種相談、
パネルディスカッションなど、盛りだくさんの内容になっております。
東北での創業や移住定住に関心のある方はぜひ足をお運びくださいね。
ラクラスしらかわでは、福島県の相談コーナーにて移住・定住の相談に応じます。
また当日は、産業サポート白河も一緒にブースにて創業・起業の相談に応じます。
福島県県南地方の移住・定住と創業・起業のお話しが1つのブースで聞く事が
出来ますよ。ぜひお越しくださいね。


東北で創業・事業承継・就農+移住・定住
~東北6県移住応援イベントin東京~


日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F)

会場へのアクセス
◆JR:「東京駅」日本橋口より徒歩1分
◆東京メトロ:「大手町駅」B7出口より徒歩2分
         「日本橋駅」A3出口より徒歩4分



【講演ステージ】

ROOM1 ※講演ステージは要事前申込み

○基調講演(11:00~12:00)
「東北を『食』で元気にするには?」
 アル・ケッチァーノ オーナーシェフ 奥田政行 氏

○ミニセミナー(12:10~12:40)
「東北における助成金の活用」
講師:社会保険労務士法人 TMC 特定社会保険労務士
          葛西美奈子氏

○ミニセミナー(12:50~13:50)
「飲食店商売繁盛支援セミナー」
講師:一般社団法人日本フードアドバイザー協会
          創始者  宇井義行 氏

「東北6県からのアピールタイム」(14:00~15:30)

○パネルディスカッション(16:40~17:10)
「東北で創業・事業継承・就農+移住・定住」
〔パネリスト〕
 
青森県 栗谷川柳子 氏 (ノースビレッジ農園代表)
 秋田県 矢野智美 氏 (秋田ことづくり代表)

 山形県 黒田三佳 氏(人材育成アカデミーローズレーン代表)
 岩手県 三谷剛史 氏(おさんぽジャージー三谷牧場代表)
 宮城県 小松洋介 氏(NPO法人アスヘノキボウ代表)
 
福島県 稲福由梨 氏(福福堂代表)

〔コーディネーター〕

 日本政策金融公庫 総合研究所主席研究委員 村上義昭 氏

【相談ブース】
 ROOM2・3・4 ※11:00~17:10 予約不要 自由に入退室できます。

 ○東北6県ブース、事業承継、創業、就農、助成金、
    日本政策金融公庫の各相談ブースにおいて
    各種相談、アドバイス等を受けることが出来ます。

 ①WEBでのお申込み
    https://krs.bz/jfc_seminar/m/touhoku_uij2902
 ②FAXでのお申込み
 チラシ裏面の「FAX申込書」に必要事項を記入の上、
 FAX番号 022-263-5965 までFAXでお申込みください。
 ※チラシ・申込書のダウンロードはこちら(.pdf )をクリック


お問い合わせ

日本政策金融公庫 東北創業支援センター ℡:022-222-7004

東北で創業・事業承継・就農+移住・定住

~東北6県移住応援イベントin東京~

日時:平成29年2月25日(土)  11:00~18:00
場所:トラストシティカンファレンス(丸の内)
(東京都千代田区丸の内1‐8‐1 丸の内トラストタワーN館11F




文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の棚倉城跡(棚倉町)

棚倉町にある棚倉城跡にやってきました。

P1000643

棚倉城は、1625年(寛永2年)に築城され、戊辰戦争で落城するまでの240年あまりの間、8家16代の城主交代が行なわれました。
お堀に住む大亀が水面に浮かぶと決まってお殿様が転封されたということから、別名「亀ケ城(かめがじょう)」とも言われています。

P1000646

現在も、「十万石棚倉城まつり」をはじめとするイベント会場や憩いの場所として、町内の方に親しまれています。

P1000663

こちらは、福島県指定天然記念物にも指定されている「棚倉城跡の大ケヤキ」です。
樹齢約600年以上の歴史を持つケヤキも、今はまだ寒い冬を耐え忍んでいるように見えました。

P1000637

城跡内にある水辺を見ていますと、カモ達が気持ちよさそうに水遊びしていました。

P1000632

雪が降った時には、白い翼を持つあの鳥さん達もやってくるそうですよ。(過去記事

P1000633

棚倉城跡は、これから春になるとお堀の内外に植えられた約500本の桜が咲くのだそうです。今からとても楽しみですね。

P1000640

皆さんもぜひ、棚倉城跡に足を運んでみてください。

棚倉城跡(亀ケ城公園)

 〒963-6131
  福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字城跡
   (無料駐車場:約100台、大型バス駐車可)

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらかわの”おいしい”を頂いてみませんか?~「福島県しらかわ地方の観光と物産展 in 日本橋ふくしま館MIDETTE」(東京日本橋)

来る2月26日(日)、東京都中央区日本橋にある福島県のアンテナショップ『MIDETTE(ミデッテ)』にて、「福島県しらかわ地方の観光と物産展 in 日本橋ふくしま館MIDETTE」が開催されます。

Bandicam_20170201_154041254

Bandicam_20170201_154025709

当日は、東北最南端にある福島県しらかわ(県南)地方の「おいしい」が大集合します!

★白河ラーメン(白河市)
★えごまドレッシング(棚倉町)
★刺身こんにゃく(塙町)
★えごま油(鮫川村)       などなど…

他にも、はとむぎ煎餅やブルーベリー果汁飲料、豚のみそ漬、えごまパウダーなど各地の特産物がたくさん登場します!

また「白河ラーメン」「地酒」などの試食・試飲もありますよ!

さきほどご紹介した特産品の試食なども行われますので、気になるものがありましたら、お買い物をする前に味わってみるのもいいかもしれませんね(^^♪

しらかわ地方の魅力が”ギュギュッ”と詰まった物産展ですので、皆さんお誘いあわせの上お越しください。

また首都圏にお知り合いの方がいましたら、ぜひお声掛けをお願いします。

「福島県しらかわ地方の観光と物産展 in 日本橋ふくしま館MIDETTE」

  日時/平成29年2月26日(日)午前11時~午後6時
  場所/日本橋ふくしま館 MIDETTE(ミデッテ)
     (東京都中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1F)

  主催/福島県県南地方振興局
  お問い合わせ/(公財)白河観光物産協会 桜プロジェクト
              TEL:080-2820-9066

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本不動尊節分会(棚倉町)

去る2月3日に山本不動尊で節分会が行われました。
昨年も取材に行ったのですが、今年もお邪魔させていただきました。(※昨年の様子

Dscn5009

山本不動尊に着いてまずは、健康のご利益があるという大根ぶるまいをいただいてきました。
大鍋で煮込まれた大根はとてもおいしく、冷えた体も温まりました。

Dscn5017

大根ぶるまいを食べ終わる頃にお練り行列がやってきました。
豆をまく年男、年女の皆さんが、徳善院本堂から護摩殿に向かう行列をお練り行列といいます。

Dscn5036

Dscn5038

そしていよいよ豆まき式が行われます!

Dscn5051

Dscn5060

護摩殿の左右に設置された特設舞台から祈願者が福豆を投げます。

Dscn5061

Dscn5062

この福豆には福品が付いているということもあり、参拝者の皆さんは拾うのに必死です!
ケガのないようにだけ気をつけてほしいですね。
私も取材がてら参加し5袋程拾うことが出来ましたが、すべて外れでした。残念。

Dscn5065

当たった方は景品の引き換えになります。
おめでとうございます!

Dscn5033_2

Dscn5075

今年の節分会も寒さが吹き飛ぶ熱気溢れる豆まきでした。
また1年、皆さまにたくさんの福が訪れますように(o^-^o)


<山本不動尊>
棚倉町北山本小檜沢94-2





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も豊作でありますように「御田植祭」行われました。~棚倉町・八槻都々古別神社~

去る2月2日(木)、旧暦の1月6日に東白川郡棚倉町・八槻都々古別神社において、「御田植祭」が行われました。

「御田植祭」の告知記事はこちらから

国指定重要無形民族文化財の奥州一宮、八槻都々古別神社の「御田植祭」は昔から豊作を祈願し、古くから続く民族伝統行事です。


Dscn2363

「御田植祭」次第は以下のとおりになります。

田植えまでの17の過程を、能狂言風の簡単な所作やせりふで

模擬的に演じていく田遊びです。

1、神楽

 1-1、松舞

 1-2、巫女舞

 1-3、幣舞

2、堰検分

3、めばらい

4、田耕い触れ

5、田耕い

6、くろばおとし

7、水取り

8、代かき

9、畦ぬり

10、あしおとめ

11、お種祈祷

12、種蒔き

13、鳥追い

14、田植え触れ

15、田植え

16、水口祭り、天狐の舞い

17、中昼(飯)

最後に楽人全員で中飯中飯と言って切り餅を参拝者と参列者へ向かって投げくばります。


Dscn2375


御田植祭の見どころのひとつでもある舞の特徴は

せりふや擬音です。

めばらいの時は、餅鍬を使い「がり、がり、がり...」

くろばおとしは、畦を整える様子で、餅鍬を手に「さっく、さっく、さっく...」

水取りでは、「がぶ、がぶ、がぶ、...」「ごぼ、ごぼ、ごぼ...」

畦ぬりは「がんぶり、べたり、どろり、べったり、べった、べった」などの

作業の音を口で言いながら行われます。

とてもユーモラスで、時折参列者や、参拝者から笑い声があがりました。


Dscn2385


また、種蒔きでは、楽人が「わせ」「なかて」「おくて」「もち」と唱えながら、それぞれの種を蒔く所作を繰り返します。さらに参拝人が申し出た稲の品種を唱えながら蒔く所作を行いました。今年度は「こしひかり」「ひとめぼれ」「ミルキークイーン」などのリクエストがあり、品種を唱えながら種蒔きの所作を行いました。


Dscn2401


最後の舞は「天狐の舞」。狐の面をかぶった舞手が笛の音に合わせながら舞を踊ります。


Dscn2413

最後に楽人が全員で「中飯、中飯」と言いながら、三方にのせた切り餅を参詣人に向かって盛大に投げ配って御田植祭が終了します。


Dscn2427


Dscn2432

今年も豊作でありますように

Dscn2433



Dscn2435


≪御田植祭≫

棚倉町八槻都々古別神社
  福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮224
  【電話番号】0247-33-3505






文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/






| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧