西白河郡

矢吹町への移住を考えているご夫婦の皆さんへ~若者定住支援助成事業(矢吹町)

矢吹町では、町内に定住する意思がある平均年齢40歳以下の夫婦を対象とした支援制度「若者定住支援助成事業」を行なっています。

こちらは、次世代を担う若者が、町内に住まいを持ち定住することで、活気あふれるまちづくりの実現を目的として実施しているものです。

この事業では以下の条件を満たす方に、助成金を交付しています。

◆対象となる方

 次の要件を満たしている世帯であることが条件です。

 ・矢吹町に10年以上定住する意思があり、町内に住居を取得した夫婦

 ・助成金交付の最初に申請をしたとき、平均年齢40歳以下の夫婦

 ・夫婦どちらかが就職している世帯

 ※町に納入すべき税、使用料など、
   町に対する債務を滞納している世帯は、対象となりません。
  住宅を取得して1年以内の方のみ申請できます。

◆対象となる住居

 次の要件を満たしている住居であることが条件です。

 ・床面積が50m2を越え、玄関、トイレ、洗面所、台所、
  居室及び浴室を備えた一戸建ての住宅

 ・親子等の親族が共有で取得した場合、申請者の持分が2分の1であること。

 ※移築および増築は交付の対象となりません。
  また、住宅を取得して1年以内の方のみ申請を受付ます。

なお、この事業は平成31年度までの制度となっておりますので、矢吹町に定住しマイホームを建てることを検討されているご夫婦の方は、この制度を利用してはいかがでしょうか?

詳細につきましては下記をご覧ください。

>若者定住支援助成事業について | 矢吹町公式ホームページ http://www.town.yabuki.fukushima.jp/page/page000588.html

 お問い合わせ・お申込み先

  矢吹町役場 都市整備課 管理係
  TEL/0248-42-2116

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島県 中島村 移住定住体験ツアー」参加募集のお知らせ(中島村)

中島村では、来る12月2日(土)~3日(日)、40歳以下で移住を考えていらっしゃる方を対象に開催する「移住定住体験ツアー」の参加者を募集しています。

201710201155590001

こちらのツアーでは、

 ☆収穫体験
 ☆”保育料無料”の幼稚園・保育所
 ☆花卉(かき)栽培等
 ☆名物白河ラーメン

を体験、見学、堪能することが出来ます。

中島村への移住を希望されるみなさん、この機会にぜひお越しください。

【中島村 移住定住体験ツアー】   

 日程:平成29年12月2日(土)~12月3日(日)(1日2泊)
 旅行代金(参加費):無料(集合場所の新白河駅までの交通費は含みません。

 集合場所:福島県 新白河駅
        (集合場所までの費用は各自ご負担ください。)

 参加資格:40歳以下で移住を考えている方
        (ご夫婦、お子様連れでの参加希望の方には別途連絡します。)

 募集人数:6名(40歳以下)
 宿泊地:泉崎村カントリービレッジ
       1名1室(2名での申し込みの場合2名1室可)

 食事条件:朝食1回、昼食2回、夕食1回

 お申込み締切日:平成29年11月15日(水)
             ※定員になり次第締め切ります。

 参加の可否について:申込締切後、参加の可否を郵送にて通知します。

 詳細は中島村役場ホームページをご覧ください。
 >中島村移住定住体験ツアー参加者募集!!!| 中島村公式ホームページ

※ツアーの内容は、天候等の事情により変更となる場合があります。
※移動は全て中島村で用意する送迎車を使用します。

 お問い合わせ・お申込み:
 中島村役場 企画政策課 担当:圓谷(つむらや)
 TEL:0248-52-3487 FAX:0248-52-2170
 〒961-0192 中島村大字滑津字中島西11-1

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉崎村 天王台ニュータウン(泉崎村)

泉崎村には、泉崎駅から徒歩7分の場所に、行政分譲地『泉崎村 天王台ニュータウン』があります。

201708311002560001_2

こちらの分譲地で土地を購入すると、以下の奨励金や支援金を受けることができます。

201708311003110001

◆愛郷移住特別支援金制度
  5年以内に住宅建築に着手した場合、移住支援金として土地代金の20%を200万円限度に交付します。

◆住宅ローンスーパーサポート123奨励金制度
 泉崎村が分譲する天王台ニュータウン及び都橋住宅団地の土地を泉崎村から購入し、土地及び建物について25年以上のローンを設定した方で、借入額に対し、元利均等償還方式の年利1.23%の利子相当分を、返済開始日から15年間分について、300万円を限度に一括交付します。ただし、300㎡未満の土地については、土地代金の25%を限度とします。

◆安心保障しっかり奨励金制度
 泉崎村内の建築業者で住宅を建築した場合、建築延床面積1坪あたり1万円で、40万円を限度に交付します。

◆健康増進奨励金制度
 福島県県南地域のゴルフ会員権を購入した場合、ゴルフ会員権の購入経費30万円を限度に交付します。

※住宅ローンスーパーサポート123奨励金制度と愛郷移住特別支援金制度は併用できません。
※奨励金については、所得税法上の一時所得に該当しますので、確定申告が必要になります。

また泉崎村は子育て環境も充実しています。

◆保育所

 対象児:0歳児から就学前まで

 保育料:3歳未満児 4,900~36,000円/月
        3歳以上児 2,900~25,000円/月 

        第2子半額、第3子以降無料(所得制限あり)

 給食費:3歳以上 5,000円/月

 ※土曜日も実施

◆幼稚園

 対象児:3歳~5歳の3年保育

 保育料:無料

 給食費:無料

 バス代:無料

 <預かり保育> 
   保育料:3,000円/月

 ※土曜日も実施 

◆放課後児童クラブ

 対象児:小学1年~小学6年生まで

 使用料:3,000円/月

 ※土曜日も実施 

◆奨学金制度

 高校・大学など在学期間に貸付を行います。

 無利子:20,000円~40,000円/月

◆天王台ニュータウン周辺環境

 ●保育所          約2.0km
 ●幼稚園          約0.7km
 ●児童館          約4.0km
 ●泉崎村役場       約1.0km
 ●JR泉崎駅         約0.6km
 ●村立泉崎第一小学校 約1.0km
 ●村立泉崎中学校     約1.5km
 ●泉崎南東北診療所   約1.2km
 ●泉崎郵便局       約1.2km

福島県県南地方への移住を検討されている皆さん、ぜひ『泉崎村 天王台ニュータウン』を検討してみてはいかがでしょうか。

詳細は下記までお問い合わせください。

 泉崎村 天王台ニュータウン

 【お問い合わせ】

  泉崎村役場 事業課 産業グループ

   〒969-0101
   福島県西白河郡泉崎村大字泉崎字八丸145
   TEL:0248-53-2238
   FAX:0248-53-2958

  天王台ニュータウンホームページ:http://www.vill.izumizaki.fukushima.jp/tennoudai/

文責:suzuki (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域の魅力を動画で発信!~地域PR動画~

地域の魅力を発信するものの一つとして、近年では動画コンテンツも主流になってきました。

※こちらはラクラスしらかわがセミナー向けに作成した地域紹介動画です。

最近では、地方創生をきっかけに移住促進する動画もあるとのことですよ。
今回は、県南地域で作成された地域をPR動画をご紹介致します。

<白河市 公式Youtubeチャンネル>

白河市公式チャンネル

白河市の方で公募したシナリオを基に制作した30秒CMや、観光PR動画を配信しています。動画には全国わがまちCMコンテストで最優秀賞を受賞した作品もありますよ!

<西郷村 移住促進PR動画>

西郷村ホームページより

こちらは西郷村が村外からの移住・定住を促進するため、西郷村のプロモーション動画を制作したものです。

動画には西郷村のご当地キャラクター・ニシゴーヌも登場しますよ!

<泉崎村 紹介動画・移住交流促進動画>

泉崎村紹介動画「心豊かで元気あふれる村づくり」

泉崎村移住交流促進動画「いずみざきで始まる物語」

泉崎村では村の紹介動画「心豊かで元気あふれる村づくり」と、移住交流促進動画「いずみざきで始まる物語」を配信しています。

「いずみざきで始まる物語」では実際に移住された方のお話を聞くことができますよ!

<矢吹町 フロンティア絶好調! 開拓のうた>

フロンティア絶好調! 開拓のうた

矢吹町ではオリジナルソングに合わせ、開拓精神をテーマに制作されたショートムービーを公開しています。

動画には矢吹町出身で名誉町民第1号の称号を得られた中畑清さんが登場しますよ!

<棚倉町PR映像>

棚倉町ホームページより

こちらは棚倉町のPR映像です。
動画には棚倉町のご当地キャラクターたなちゃんも登場します!

日本語動画の他に、英語動画があるとのことです。

<鮫川村 ムービーシアター>

鮫川村公式ホームページより ムービーシアター 

鮫川村TVCM動画や観光案内リポート動画、景勝地紹介動画、観光イベント動画など、さまざまな動画が公開されています。

<塙町 観光PR動画>

塙町公式ホームページより 塙町の観光PR動画が完成しました

塙町ではふくしまDC県南推進協議会が作成した塙町の観光PR動画を公開しております。

また、矢祭町ホームページでは昨年4月に開校された矢祭町小学校の校歌を動画で配信しています。(矢祭町ホームページ)

そして、中島村でも移住・定住を促進するための動画とパンフレットを作成し、現在ホームページをご覧の方に向けて準備中とのことです。こちらも公開が楽しみですね!(中島村公式ホームページ)

各市町村で様々な動画が配信されておりますが、ラクラスしらかわでも県南地域の魅力をご紹介する動画を配信しています。

【YouTube】ラクラスしらかわのチャンネル

県南地域の景色などをご紹介していたりしていますので、こちらも合わせてごらんください。

いかがでしたでしょうか?田舎暮らしをするにあたって、どの地域に移住しようか迷いますよね。
県南地域の魅力ある動画が移住先を探すきっかけの一つになって頂けたら幸いです(^^♪

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のイベント情報をお届けします②(白河市、西郷村、棚倉町)

昨日のブログに引き続き、本日も4月のイベント情報をお届けします。

Img3271535060001

<西郷さくら祭り>

 日時:4月15日(土) 午前10時~午後1時
 場所:総合社会福祉施設太陽の国
 問合せ:西郷さくら祭り実行委員会事務局 TEL.0248-25-3020

当日は福島県立南光高等学校応援団チアリーダー部を始めとするステージがあります。
「第13回源流の郷観桜健康ウォーキング」、「パークゴルフ開講式」も同時開催されますよ。


Dscn5388

<十万石棚倉城まつり>

 日時:4月15日(土) 午前10時~午後6時
       16日(日) 午前10時~午後5時
 問合せ:十万石棚倉城まつり実行委員会 TEL.0247-33-3161

武者行列、町内の練り歩き、火縄銃の演武など見所が満載です。
お国替え駕籠競争では優勝賞金がなんと10万円です!ぜひご参加ください。


Img_9216

<権太倉山 山開き>

 日時:4月30日(日) 午前8時受付開始 ※雨天決行、参加費無料
 場所:聖ヶ岩ビジターセンター前
 問合せ:白河大信庁舎事業課 TEL.0248-46-3973
       聖ヶ岩ビジターセンター TEL.0248-46-2471

4月最後の日曜日には、うつくしま百名山「権太倉山」の山開きが開催されます。
先着200名様には記念バッジ(※500円)の販売や、聖ちゃんこ、杵つきお餅の無料配布などがあり、午後1時30分からはタレントなすびさんの講演会も行われますよ。
ぜひ春の山を体感してみて下さい。


*****************************************************************


●ラクラスしらかわよりお知らせ

平成29年4月3日(月)より、業務縮小に伴いまして、
更新作業が遅れることがあります。
ご了承ください。


文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「狛犬は芸術だツアー」が開催されました~桜プロジェクト(白河市)

去る3月18日(土)、「狛犬は芸術だツアー」が開催されました。

P3181143

福島県県南地区の狛犬文化は、信州・高遠藩(現在の長野県伊那市高遠町)を脱藩し、福島に移り住んだ石工・小松利平、その弟子、浅川町の小松寅吉、さらにその弟子である石川町の小林和平という3人の石工の物語がベースになっています。

この3人の石工を中心に、県南~県中地区には「狛犬」という概念を打ち破った狛犬が多く点在しています。今回開催されたのは、彼らの手から生み出された、まさに芸術作品と呼ぶにふさわしい狛犬を訪ねて回るツアーです。

ツアーの案内人として、郷土史家であり地元狛犬研究家である吉田利昭さんが同行しました。さらに、石工3人のルーツである長野県からの参加者もいらっしゃるという、狛犬好きにとって非常にスペシャリティな1日となりました。



★白河市の新地羽黒神社・小松寅吉の石柵

P3181159

吉田さんのお話によると、小松寅吉がこの石柵を作った理由は判明していますが、
なぜこういうデザインにしたのかは分かっていないそうです。

P3181197

P3181200

★中島村の川田神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181209

P3181217

★棚倉町の魅力満点物語「山ぼうし」で特別メニューの昼食

P3181231

★棚倉町の八槻都々古別神社・小松寅吉の狛犬

P3181255

P3181257

★鮫川村の熊野神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181282

P3181275

★鮫川村の熊野神社・野田業平の狛犬

P3181294

P3181300

P3181299

★古殿町の古殿八幡神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181310

P3181309

★石川町の石都々古和気神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181338

P3181348

P3181343

★白河市の鹿嶋神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181370

P3181387

★鹿嶋神社の隣の神宮寺で、お抹茶をいただいてほっとひといき。

P3181404

P3181399

★サプライズのおみやげ

サプライズのおみやげとして、白河市のだるま米と、
ツアー開催記念・特製狛犬しおりが渡されました。

P3211430

福島県の魅力的な狛犬を、これでもかというほど満喫できる
素敵なツアーでした。

密かなブームになりつつある「狛犬」は、
保護しなければ朽ちてしまう貴重な観光資源でもあります。
みなさんも機会がありましたら、ぜひ、
県南地域の魅力的な狛犬を見に来てくださいね。


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中古墳群へ行ってきました(矢吹町)

先日、矢吹町指定文化財史跡である「谷中古墳群」に足を運んでみました。

Dscn5326_2

Dscn5324_2

谷中古墳群は前方後円墳と推測され、古墳時代後期(6世紀末)頃に作られたとされています。

Dscn5338_2

広大な田園風景の中にひっそりと存在しています。

Dscn5333
●谷中古墳群から見える矢吹町の風景

近くには「鬼穴古墳群」「久当山横穴古墳群」、2011年9月の台風で折れてしまった「谷中の大榎」跡もあります。
併せて過去記事等もご覧ください。

鬼穴古墳群
久当山横穴古墳群
谷中の大榎

Dscn5328_4

阿武隈川の氾濫原であることから、古墳の封土(墳墓の盛土)が流出し、石室が露呈しています。
発掘当時、鉄鏃(てつぞく)や耳飾、埴輪の欠片などが見つかったそうですよ。

Dscn5336

Dscn5337

矢吹町に限らず、県南地域には文化財が多く存在しています。
歴史巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。


<谷中古墳群>
矢吹町谷中

文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はお花見!バスツアーで泉崎村へおいでませ♪(泉崎村)

福島県県南地方は、各市町村が花でいっぱいになる季節を迎えようとしています。

4月8日(土)、泉崎村で『泉崎村 春のお花見バスツアー』が開催されます!

Img3091103130001_3


泉崎村ってどんなところ?地域の人たちと交流してみたい!
 などなど、実際に参加して体感してください(*^_^*)

日帰りのこのバスツアーでは、お買い物をしたり、温泉に入ったり、パークゴルフを楽しんだり、珍しいナマズ料理を味わったりする自由時間が設けられています。
なんだか盛りだくさんで楽しそう!

昌建寺の見事なしだれさくらを眺めながらの交流会では、泉崎村の地酒“愛郷の輝き”をご堪能ください♪

これまでにラクラスしらかわでは泉崎村の魅力をたくさん紹介してきました。
その一部をご覧ください。※クリックで記事へ飛びます

 ☆泉崎村の桜並木(泉崎村)

 ☆昌建寺のしだれ桜と古山王の種蒔桜(泉崎村、矢吹町)

 ☆郷の秋~泉崎カントリーヴィレッジ(泉崎村)
 
 ☆紅葉に染まる烏峠(泉崎村)




さらに泉崎村では、『e-村民(イーそんみん)』というインターネットから登録ができる村のファン募集をしております。
年間を通して開催されるイベントの参加者の中には、移住やニ地域居住を実現した方も多くいらっしゃいます。
バスツアーで泉崎村が気に入った!という方、バスツアーには行けないけど泉崎村に興味がある!という方は登録してみてはいかがでしょうか。

e-村民のイベントの様子はコチラ⇒村のファンが集いました~e-村民餅つき交流会~


美しい桜と、ステキな村民に会いにこのツアーでぜひ泉崎村へ来てみてはいかがでしょうか。


<泉崎村 春のお花見バスツアー>


  開催日 平成29年4月8日(土)

  集合場所 東京駅 ※東京駅までの交通費は各自負担となります。

  参加費 2,000円(おみやげ付き)

  募集人数 15名

  申し込み締切 平成29年3月24日(金)

  ●お問い合わせ・お申し込み
   泉崎村役場 事業課産業グループ
    TEL 0248-53-2430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜を照らす灯り~旧水戸街道常夜燈(矢吹町)

矢吹町指定有形文化財の旧水戸街道常夜燈を見に行ってきました。

Dscn5282

Dscn5300

こちらの常夜燈は当時の近隣住民達によって、奥州街道中畑新田宿から水戸街道に分岐する道路上に、文化8年(1811年)に建てられました。

Dscn5293

常夜燈とは一晩中つけておく灯りのことであり、また、その建造物を指します。
ここが宿場町だった当時、夜間絶え間なく灯りをともし続けていました。

Dscn5288

電灯の発達により今ではあまり見られなくなった常夜燈ですが、「旧水戸街道常夜燈」のように町のシンボルとして今もなお親しまれている物もあります。

Dscn5295

当時の住民達の想いがこもったこの常夜燈、これからも大切に残していきたいものですね。



<旧水戸街道常夜燈>
矢吹町新町





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~

去る3月7日(火)、阿武隈地域課題研究研修会が、コミュタン福島(福島県環境創造センター交流棟)で行われました。

これなら、きっと うまくいく 失敗しない移住促進

今回のテーマは『移住促進』です。来年度の福島県の重要施策のひとつでもあり、注目したいテーマです。
阿武隈地域の課題は、福島県各地の課題にも通じます。阿武隈地域に限らず、地域おこし協力隊や復興支援員、NPO法人など、実際に地域づくりを実践している方を対象に研修会が行われ、当日は多くの方が研修会に参加しました。

Ijyuu_abukuma2017848x1200

コミュタン福島交流棟の入口です。キビタンが出迎えてくれます。

Dscn2693

Dscn2701_2


第1部では、「地方再生の視点と方法・移住促進の現場から」と題して講師にNPO法人秋田移住定住総合支援センター理事長 荒谷紘毅氏を迎え講演が行われました。

荒谷氏の講演は、秋田県での移住促進の取り組み・地方の人口減少の理由と推移・地方の受け皿を強化していくことや、地域の熱意の必要性など移住に対しての大切さや心構えをお話しくださいました。またいろいろなアイディアがありマニュアル通りの移住も大事ですが一人一人が違う移住に対する対応も改めて勉強になりました。

趣味で移住のお話しは、とても興味があり参加された皆さんも熱心に講演を聞いていました。



Dscn2717

第2部では、「阿武隈地域移住者の事例紹介」が行われました。

道の駅ひらた駅長 高野哲也氏による事例紹介がありました。

高野氏は1994年に農業を志し平田村に移住、就農されました。就農動機や就農地選定、農家での研修や資金など自身の移住のきっかけから現在までをわかりやすくお話しいただきました。東京都生まれ、3歳で埼玉県に引っ越し埼玉育ちの高野氏のお話しは、時間が忘れるほど興味もあり、農業に対しての想いを感じることもできました。

Dscn2726

続いての事例紹介は、福福堂 代表 稲福由梨さんです。

稲福由梨さんは、 東京生まれの東京育ち。管理栄養士と調理師の免許を持つ。小さい頃から料理が好きで高校時代から飲食業界で様々なアルバイトを経験する。学校栄養士として給食に携わる一方、農業に興味を抱き各地での農業体験に参加。滝根町にも田植えの手伝いで訪れる。2011年3月に結婚し、滝根町に移住。
(福福堂 プロフィールより抜粋)

移住のきっかけ、結婚、現在の活動など映像を交えてお話しいただきました。

何事もチャレンジする気持ちや稲福さんの人柄も現れるような事例紹介でした。

地域の方に愛される稲福さんの印象が強く残りました。

Dscn2731

事例紹介が終わり、登壇者との意見交換・質疑応答がありました。参加者からは質問が多くあり、参加者の熱意がここでも感じる事ができました。 


P1000752




Dscn2750

稲福さんの

「私たちの世代が引き継いでいく」

「福島だからこそ、できること、やるべきことが 見つかってくる」

とても良い響きですね。

本来福島県出身の私たちが気づかない福島県の魅力や力強さをそして人の温かさを

移住事例紹介により改めて考える機会をいただけました。

Dscn2751





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧