西白河郡

「狛犬は芸術だツアー」が開催されました~桜プロジェクト(白河市)

去る3月18日(土)、「狛犬は芸術だツアー」が開催されました。

P3181143

福島県県南地区の狛犬文化は、信州・高遠藩(現在の長野県伊那市高遠町)を脱藩し、福島に移り住んだ石工・小松利平、その弟子、浅川町の小松寅吉、さらにその弟子である石川町の小林和平という3人の石工の物語がベースになっています。

この3人の石工を中心に、県南~県中地区には「狛犬」という概念を打ち破った狛犬が多く点在しています。今回開催されたのは、彼らの手から生み出された、まさに芸術作品と呼ぶにふさわしい狛犬を訪ねて回るツアーです。

ツアーの案内人として、郷土史家であり地元狛犬研究家である吉田利昭さんが同行しました。さらに、石工3人のルーツである長野県からの参加者もいらっしゃるという、狛犬好きにとって非常にスペシャリティな1日となりました。



★白河市の新地羽黒神社・小松寅吉の石柵

P3181159

吉田さんのお話によると、小松寅吉がこの石柵を作った理由は判明していますが、
なぜこういうデザインにしたのかは分かっていないそうです。

P3181197

P3181200

★中島村の川田神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181209

P3181217

★棚倉町の魅力満点物語「山ぼうし」で特別メニューの昼食

P3181231

★棚倉町の八槻都々古別神社・小松寅吉の狛犬

P3181255

P3181257

★鮫川村の熊野神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181282

P3181275

★鮫川村の熊野神社・野田業平の狛犬

P3181294

P3181300

P3181299

★古殿町の古殿八幡神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181310

P3181309

★石川町の石都々古和気神社・小林和平の飛翔狛犬

P3181338

P3181348

P3181343

★白河市の鹿嶋神社・小松寅吉の飛翔狛犬

P3181370

P3181387

★鹿嶋神社の隣の神宮寺で、お抹茶をいただいてほっとひといき。

P3181404

P3181399

★サプライズのおみやげ

サプライズのおみやげとして、白河市のだるま米と、
ツアー開催記念・特製狛犬しおりが渡されました。

P3211430

福島県の魅力的な狛犬を、これでもかというほど満喫できる
素敵なツアーでした。

密かなブームになりつつある「狛犬」は、
保護しなければ朽ちてしまう貴重な観光資源でもあります。
みなさんも機会がありましたら、ぜひ、
県南地域の魅力的な狛犬を見に来てくださいね。


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷中古墳群へ行ってきました(矢吹町)

先日、矢吹町指定文化財史跡である「谷中古墳群」に足を運んでみました。

Dscn5326_2

Dscn5324_2

谷中古墳群は前方後円墳と推測され、古墳時代後期(6世紀末)頃に作られたとされています。

Dscn5338_2

広大な田園風景の中にひっそりと存在しています。

Dscn5333
●谷中古墳群から見える矢吹町の風景

近くには「鬼穴古墳群」「久当山横穴古墳群」、2011年9月の台風で折れてしまった「谷中の大榎」跡もあります。
併せて過去記事等もご覧ください。

鬼穴古墳群
久当山横穴古墳群
谷中の大榎

Dscn5328_4

阿武隈川の氾濫原であることから、古墳の封土(墳墓の盛土)が流出し、石室が露呈しています。
発掘当時、鉄鏃(てつぞく)や耳飾、埴輪の欠片などが見つかったそうですよ。

Dscn5336

Dscn5337

矢吹町に限らず、県南地域には文化財が多く存在しています。
歴史巡りをしてみるのも楽しいかもしれませんね。


<谷中古墳群>
矢吹町谷中

文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春はお花見!バスツアーで泉崎村へおいでませ♪(泉崎村)

福島県県南地方は、各市町村が花でいっぱいになる季節を迎えようとしています。

4月8日(土)、泉崎村で『泉崎村 春のお花見バスツアー』が開催されます!

Img3091103130001_3


泉崎村ってどんなところ?地域の人たちと交流してみたい!
 などなど、実際に参加して体感してください(*^_^*)

日帰りのこのバスツアーでは、お買い物をしたり、温泉に入ったり、パークゴルフを楽しんだり、珍しいナマズ料理を味わったりする自由時間が設けられています。
なんだか盛りだくさんで楽しそう!

昌建寺の見事なしだれさくらを眺めながらの交流会では、泉崎村の地酒“愛郷の輝き”をご堪能ください♪

これまでにラクラスしらかわでは泉崎村の魅力をたくさん紹介してきました。
その一部をご覧ください。※クリックで記事へ飛びます

 ☆泉崎村の桜並木(泉崎村)

 ☆昌建寺のしだれ桜と古山王の種蒔桜(泉崎村、矢吹町)

 ☆郷の秋~泉崎カントリーヴィレッジ(泉崎村)
 
 ☆紅葉に染まる烏峠(泉崎村)




さらに泉崎村では、『e-村民(イーそんみん)』というインターネットから登録ができる村のファン募集をしております。
年間を通して開催されるイベントの参加者の中には、移住やニ地域居住を実現した方も多くいらっしゃいます。
バスツアーで泉崎村が気に入った!という方、バスツアーには行けないけど泉崎村に興味がある!という方は登録してみてはいかがでしょうか。

e-村民のイベントの様子はコチラ⇒村のファンが集いました~e-村民餅つき交流会~


美しい桜と、ステキな村民に会いにこのツアーでぜひ泉崎村へ来てみてはいかがでしょうか。


<泉崎村 春のお花見バスツアー>


  開催日 平成29年4月8日(土)

  集合場所 東京駅 ※東京駅までの交通費は各自負担となります。

  参加費 2,000円(おみやげ付き)

  募集人数 15名

  申し込み締切 平成29年3月24日(金)

  ●お問い合わせ・お申し込み
   泉崎村役場 事業課産業グループ
    TEL 0248-53-2430

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜を照らす灯り~旧水戸街道常夜燈(矢吹町)

矢吹町指定有形文化財の旧水戸街道常夜燈を見に行ってきました。

Dscn5282

Dscn5300

こちらの常夜燈は当時の近隣住民達によって、奥州街道中畑新田宿から水戸街道に分岐する道路上に、文化8年(1811年)に建てられました。

Dscn5293

常夜燈とは一晩中つけておく灯りのことであり、また、その建造物を指します。
ここが宿場町だった当時、夜間絶え間なく灯りをともし続けていました。

Dscn5288

電灯の発達により今ではあまり見られなくなった常夜燈ですが、「旧水戸街道常夜燈」のように町のシンボルとして今もなお親しまれている物もあります。

Dscn5295

当時の住民達の想いがこもったこの常夜燈、これからも大切に残していきたいものですね。



<旧水戸街道常夜燈>
矢吹町新町





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~

去る3月7日(火)、阿武隈地域課題研究研修会が、コミュタン福島(福島県環境創造センター交流棟)で行われました。

これなら、きっと うまくいく 失敗しない移住促進

今回のテーマは『移住促進』です。来年度の福島県の重要施策のひとつでもあり、注目したいテーマです。
阿武隈地域の課題は、福島県各地の課題にも通じます。阿武隈地域に限らず、地域おこし協力隊や復興支援員、NPO法人など、実際に地域づくりを実践している方を対象に研修会が行われ、当日は多くの方が研修会に参加しました。

Ijyuu_abukuma2017848x1200

コミュタン福島交流棟の入口です。キビタンが出迎えてくれます。

Dscn2693

Dscn2701_2


第1部では、「地方再生の視点と方法・移住促進の現場から」と題して講師にNPO法人秋田移住定住総合支援センター理事長 荒谷紘毅氏を迎え講演が行われました。

荒谷氏の講演は、秋田県での移住促進の取り組み・地方の人口減少の理由と推移・地方の受け皿を強化していくことや、地域の熱意の必要性など移住に対しての大切さや心構えをお話しくださいました。またいろいろなアイディアがありマニュアル通りの移住も大事ですが一人一人が違う移住に対する対応も改めて勉強になりました。

趣味で移住のお話しは、とても興味があり参加された皆さんも熱心に講演を聞いていました。



Dscn2717

第2部では、「阿武隈地域移住者の事例紹介」が行われました。

道の駅ひらた駅長 高野哲也氏による事例紹介がありました。

高野氏は1994年に農業を志し平田村に移住、就農されました。就農動機や就農地選定、農家での研修や資金など自身の移住のきっかけから現在までをわかりやすくお話しいただきました。東京都生まれ、3歳で埼玉県に引っ越し埼玉育ちの高野氏のお話しは、時間が忘れるほど興味もあり、農業に対しての想いを感じることもできました。

Dscn2726

続いての事例紹介は、福福堂 代表 稲福由梨さんです。

稲福由梨さんは、 東京生まれの東京育ち。管理栄養士と調理師の免許を持つ。小さい頃から料理が好きで高校時代から飲食業界で様々なアルバイトを経験する。学校栄養士として給食に携わる一方、農業に興味を抱き各地での農業体験に参加。滝根町にも田植えの手伝いで訪れる。2011年3月に結婚し、滝根町に移住。
(福福堂 プロフィールより抜粋)

移住のきっかけ、結婚、現在の活動など映像を交えてお話しいただきました。

何事もチャレンジする気持ちや稲福さんの人柄も現れるような事例紹介でした。

地域の方に愛される稲福さんの印象が強く残りました。

Dscn2731

事例紹介が終わり、登壇者との意見交換・質疑応答がありました。参加者からは質問が多くあり、参加者の熱意がここでも感じる事ができました。 


P1000752




Dscn2750

稲福さんの

「私たちの世代が引き継いでいく」

「福島だからこそ、できること、やるべきことが 見つかってくる」

とても良い響きですね。

本来福島県出身の私たちが気づかない福島県の魅力や力強さをそして人の温かさを

移住事例紹介により改めて考える機会をいただけました。

Dscn2751





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村で『農村生活体験ツアー』が開催されました。(中島村)

去る3月4日(土)~5日(日)、福島県西白河郡の中島村で
『農村生活体験ツアー』が開催されました。

0001

中島村の村民生活を体験できるこちらのツアー、
両日共に晴天に恵まれ、中島村の気候の良さも
体感できる素晴らしいツアーとなりました。

<1日目>
初日の最初の行程は生涯学習センター輝ら里(きらり)で、そば打ち体験です。

P3040994

地元のそば打ち名人に指導を受けながら作業します。

P3040972

P3040979

P3040964

出来上がったそばはその場で茹でて、だいこんおろしと汁と一緒に
いただきました。風味が良くコシがあって、とても美味いおそばでした。
他にも、漬物やおこわのお稲荷さんも一緒にいただきました。

P3041018

P3041021

中島村の美味しい昼食を堪能し、続いて、花農家さんのところへ向かいました。

P3041028

ハウスの中、一面に広がる鮮やかな花に、感嘆の声が上がります。

P3041029

ハウスの中を見学しながら、土作りや出荷のタイミングなど、
花作りにまつわる様々な話を聞きました。こういうところを
見られる機会はなかなかありませんね。

P3041036

その後、別のハウスに移動し、
出荷する花のポットを選んでカゴに詰める作業を行いました。

P3041115

土が見えないくらい葉が茂っているのが、良い花だそうです。

P3041107

そして、花の向きをそろえてカゴに詰めます。
「楽しい!」と声が上がり、みなさんとてもわきあいあいとした
雰囲気で、作業を楽しんでいらっしゃいました。

P3041103

P3041097

P3041100


<2日目>
ツアー2日目は、シイタケを栽培している農家さんにおじゃましました。

P3051141

P3051143

こちらでは、苗床でシイタケを栽培していらっしゃいます。

P3051155

ハウスの中を見学しながら、シイタケの栽培について色々な話を聞きました。

P3051149

ハウスを見学した後は、シイタケの収穫体験を行いました。
苗床から生えているシイタケを摘んで、カゴに入れていきます。
こうして写真で見ると、まるでキノコの森みたいですね。

P3051195 P3051196

P3051197 P3051213

P3051199

シイタケをたくさん収穫した後は、ビニールハウスの中で休憩タイムです。

P3051235

みなさんにぜひ食べてほしい、と出されたのは、
シイタケのから揚げと酢漬けでした。どちらも大変美味しく、
特に酢漬けは絶品だと、みなさんとても喜ばれていました。

P3051229

シイタケの美味しさを堪能した後は、じゃがいもの種芋植え体験を行いました。
耕してふかふかになった畑に、ブロッコリーの苗を植えるための用具で穴をあけ、
そこに種芋を落として埋め込んでいきます。

P3051251

P3051269

続いて、ビニールハウスに移動して、しその種植え体験を行いました。
種まき機に種をセットし、耕した土の上を機械を押して歩きます。

P3051293

こうして、様々な農作業を体験した後は、
生涯学習センター輝ら里(きらり)で餅つき体験となりました。

大きな臼ときねを使って、思いっきり餅をつきます。

P3051317

ついたお餅に、あんこ・大根・納豆・じゅうねん(エゴマ)を絡めて完成です!

P3051376

福島県の郷土料理「いかにんじん」や、地元のお母さんたちが作ってくれた豚汁、つけもの、きんぴらごぼう、大根のあぶらいためなどと一緒にいただきました。農業が盛んな中島村の野菜はどれも本当に美味しく、全員で談笑しながら楽しい昼食の時間を過ごしました。

P3051421

その後、中島村の観光スポットを巡りました。

★汗かき地蔵
P3051452

★童里夢公園なかじま
P3051462

そして、なかじま産直館KIRASSHE(きらっしぇ)で地場産品の買い物をした後、
美味しいコーヒーとシフォンケーキをいただいきました。

P3051487

P3051486

こうして、中島村の農村体験ツアーは幕を閉じました。
農業が盛んで気候がよく、人が優しい中島村に興味をもたれた方は、
ぜひホームページもご覧になってみてください。

<中島村ホームページ:http://www.vill-nakajima.jp/sp/



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県しらかわ地方の観光と物産展in日本橋ふくしま館「MIDETTE」が開催されました

去る2月26日、日本橋ふくしま館「MIDETTE」にて、「福島県しらかわ地方の観光と物産展」が開催されました。

Dscn5281

今回もたくさんの「おいしい」を届けて来ましたよ。昨年の様子はこちら→(※過去記事

Dscn5220

白河市から、白河産コシヒカリ、白河ラーメン、はと麦煎餅、バームクーヘンなど

棚倉町から、ブルーベリー果汁飲料、えごまドレッシング

塙町から、
刺身こんにゃく、豚の味噌漬け

鮫川村から、豆菓子、達者の味噌、えごま油など


本当にたくさんの地元特産品が並びました(o^-^o)

Dscn5214_2

Dscn5222

試食や試飲が出来るものもあり、そちらも大人気でした。

Dscn5273

Dscn5260

Dscn5276

お酒の試飲もありましたよ^^

Dscn5275
☆純米吟醸 五平どん 
☆特別純米 登龍


そして賑わいを見せていた試食がこちら「白河ラーメン」です。
出来上がる度にとてもおいしそうな匂いに包まれていた店内でした♪

Dscn5269

Dscn5238
☆白河ラーメン とら食堂

私達「ラクラスしらかわ」は、福島県しらかわ地方の魅力を詰め込んだパンフレットを配布させていただきました。
「隣の宮城県だよ」、「私、白河市出身なのよ!」などと気軽に声をかけて下さる方も多く、とても嬉しく思いました。

Dscn5278

当日は天候にも恵まれ、本当にたくさんの方にお立ち寄りいただきました。ありがとうございました。
また、福島県しらかわ地方の「おいしい」を届けに行きたいなと思いますので、その時は皆さまぜひ遊びに来てくださいね(o^-^o)


<日本橋ふくしま館MIDETTE>
東京都中央区日本橋室町4丁目3-16




文責:M (ラクラスしらかわ 
http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~開催されました。

去る2月25日(土)、東京都千代田区丸の内トラストタワーN館11階にて 東北で創業・事業継承・就農+移住・定住~東北6県移住応援イベントin東京~が開催されました。


日本政策金融公庫が東北6県との共催で、東北の創業・事業継承・就農・移住・定住を促進させようと初めて企画し、都内にて行われました。

告知記事はこちらから

Dscn2601_2



Dscn2581

山形県鶴岡市のイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」のオーナーシェフ奥田政行さんが「東北を『食』で元気にするには?」と題して基調講演を行いました。

会場は立ち見がでる程盛況でみなさん奥田さんの講演内容に真剣に耳を傾けていらっしゃいました。



Dscn2610


基調講演のほかミニセミナーや東北6県の担当者が地域情報などをアピールしたり、さらに東北にUIJターンした起業家たちによるパネルディスカッションも大好評でした。

どのセミナーも、みなさん興味深々とお話しを聞いていました。


Dscn2591

セミナーの別会場では、創業や事業継承・就農・移住・定住などの相談ブースが東北6県ごとに設けられました。私たちラクラスしらかわは、移住・定住の相談ブースとして、今回はしらかわ地方の起業の相談として産業サポート白河と一緒にブース参加しました。創業相談として白河市商工課のみなさんも応援に駆けつけていただきました。

Dscn2604


P1000711


1人1人、移住や起業・創業と相談内容がいろいろとありました。

そしてラクラスしらかわとしても灌漑深いイベントになりました。

相談ブースに足を運んでくださいましたみなさま、ありがとうございました。

相談内容をふまえ今後も対応していきたいと思います。

また、ラクラスしらかわでは移住・定住・二地域居住の相談を承りますので

移住に興味がある方は、ラクラスしらかわまでお問い合わせくださいね。

福島県県南地方 定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ

所在地:福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F

電話・FAX:0248-29-8595

開設日:月曜日~土曜日

開設時間:9時~18時(日曜・祝日・年末年始を除く)

ホームページhttp://rakuras.com/





文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村「世話やき隊」養成講座が開催されました。(中島村)

去る2月25日(土)、中島村の生涯学習センター「輝ら里」(きらり)で、
中島村「世話やき隊」養成講座が開催されました。

P2250789

中島村が主催するこの講座は、移住希望者を地域で支援してくれる
「世話やき隊」の養成を目的としています。

最初に、NPO法人白河ふるさと回帰支援センターの渡辺理事長が、
講師として、田舎暮らし支援活動の状況を報告しました。

P2250808

今、地方創生により、全国で積極的な移住への取り組みが行われています。
その大きな動きによって、移住に関する支援はどんどん形を変え、
現在の移住支援は市町村単位ではなく、

 ”地域で移住者を受け入れて、
  様々な人達が連携して、
  移住希望者を支援する”


ことが主流となっています。

渡辺理事長からは、白河ふるさと回帰支援センターの取り組みを通して、
移住相談者の数が数年前の数倍に膨れ上がっていること、
移住支援というものがここ数年で急激に変化していることの説明がありました。

P2250812

数年前は、首都圏で年に50回ほどしか開催されなかった「移住相談セミナー」も、
現在は年に400回を越える回数が開催されており、
新たな集客の方法が求められています。

P2250816

続いて、講師・秋山詩子さんによる
待遇マナー・ビジネスマナー講座が行われました。

P2250831_2

移住希望者の人たちに安心して話をしてもらうために何が必要か?
思いやりをもって接するとはどういうことなのか?
それを、実践を踏まえながら、具体的な行動で分かりやすく教えてくださいました。

P2250827

参加者は、秋山さんと一緒に、笑顔や話の聞き方の実践練習を行い、
笑顔や笑い声がたくさん飛び交う、とても楽しい講習でした。
仕事だけに限らず、普段から心がけていたい内容のお話でした。

P2250840

こうして、なごやかな雰囲気で第1回目の講座は終了しました。

次回の講習は、野出島地域活性化プロジェクトの本宮氏を
講師に迎えて行われるそうです。
※参加者の日程の調整があり、日程は現在未定です。
  日程が決まりましたら追ってtwitterでお知らせさせていただきます。

P2250849

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷村の熊倉地区の狛犬たち~西郷村

福島県県南地域には、魅力的な狛犬がたくさんいます。
今回は西郷村の熊倉地区の狛犬たちをご紹介します。

まずは、妙見神社の狛犬です。

P2150581

こちらの狛犬は、白河市の石工・三国岩次郎氏の作品だそうです。
口を開けているので、こちらが「阿」の狛犬だと思うのですが、
子供たちが一緒にいます。

P2150565

県南地域では「吽」と一緒にいることが多い子供たち。
ここでは、「阿」の足元でまったり戯れています。

P2150567

子供たちを踏まないようにしているのでしょうか。足を上げています。

P2150570

後姿。しっぽの立体感と造形がとても美しいですね。

P2150573

こちらは、口を閉じているので「吽」になるのでしょうか。
どっしりとした佇まいで、何といいますか、重圧を感じます。

P2150550

足元の鞠の彫り込みが素晴らしいですね。

P2150551

目と牙に赤い塗料が残っています。何とも迫力のある横顔です。


P2150552

<妙見神社>
西郷村熊倉道場久保36

***********************************************************

続いて、古峯神社の狛犬です。

P2150619

大きな足ととがった耳がかわいらしく、シルエットも良い雰囲気なのですが、
少々彫りが荒いのが残念です。

P2150594

子供の狛犬もいます。ふっくら丸くて可愛らしいです。

P2150596

吽の正面からの顔。良い表情をしています。

P2150601

P2150602

この神社は、すぐ隣に駐車場があるので立ち寄りやすかったです。

P2150586

<古峯神社>
西郷村熊倉火打山48

***********************************************************

最後に、熊野神社の狛犬をご紹介します。
こちらの狛犬は・・・


ニコーッ!!


P2150634

ニコニコー!!

P2150639

見てるこっちが笑顔になってしまうニコニコ顔でお出迎えしてくれました。
味のある狛犬です。

P2150642

長い両手足に大きな耳と、ポップな雰囲気の狛犬です。
首もとの巻き毛も、巻きがきつすぎて何かのスイッチみたいに見えます。

P2150645

この熊野神社も、「阿」と一緒に子供がいました。

P2150628

後ろ足で立ち上がってじゃれついている子供を、
大きな両手で支えてあげています。心あたたまる描写です。

P2150636

しかし、美しい蒔き尾が欠けてしまっているのが痛々しいです。

P2150632

山の斜面にあるこの神社は、階段の途中に鳥居と石灯篭があります。

P2150658

神社の階段を上りきったところから見た、西郷村の熊倉地区の景色です。
この熊倉地区以外にも、西郷村には素敵な狛犬がいるので、
いずれご紹介できればと思います。

P2150663

<熊野神社>
西郷村熊倉大金塚1



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧