« 4月末からゴールデンウイークにかけてのイベントをご紹介します。(白河市、鮫川村) | トップページ | 黄色い花に包まれて~「野出島の里 菜の花まつり」が開催されました。(白河市東地区) »

あのSLがラッピングされて大復刻!~白棚線 SLラッピングバス(白河市・棚倉町)

福島県県南地域には、「白棚線(はくほうせん)」という路線があります。

P1040104
(※路線写真は過去に白棚線バス車内で撮影したものです。 過去記事

「白棚線(はくほうせん)」とは、東北本線の白河駅と水郡線の磐城棚倉駅を結んでいた鉄道路線です。
1916年(大正5年)より白棚鉄道として開業され、国有化後は戦争激化に伴い運休、レールを撤去された歴史があります。
現在はその路線跡を、JRバス関東が運営するバスの専用道路として利用されています。

P1040090

☆詳しい歴史につきましてはこちらをごらんください。

第二次世界大戦とともに消えた鉄道 ~ 白棚線(1)

白棚鉄道の本来の姿 ~ 白棚線(2)

よみがえる白棚線 ~ 白棚線(3)

そんな深い歴史を持つ白棚線ですが、今年4月から、開業60周年を記念して”とある”ラッピングバスが運行しているとのことです。どんなラッピングバスなのでしょうか?早速見てみましょう。

Dsc_0173_1

これは…まさか、車道を走るSL!?
いえいえ、これが開業60周年を記念してデザインされた「SLラッピングバス」です。

Dsc_0178_2

福島民友さんによりますと、このラッピングバスは、かつて白棚線を運行していたSLをデザインしたとのこと。
こんなにレトロでかっこいいSLが白河市と棚倉町を行き来していたのですね。

Dsc_0175_2

ラッピングバスは1年間、1日2往復程度運行する予定とのことです。
皆さんもお見かけの際はぜひ白棚線SLラッピングバスをご覧になってみてくださいね♪

<参考記事>
「SLラッピングバス」運行へ 白棚線でジェイアールバス関東白河:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 4月末からゴールデンウイークにかけてのイベントをご紹介します。(白河市、鮫川村) | トップページ | 黄色い花に包まれて~「野出島の里 菜の花まつり」が開催されました。(白河市東地区) »

交通」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/70443065

この記事へのトラックバック一覧です: あのSLがラッピングされて大復刻!~白棚線 SLラッピングバス(白河市・棚倉町):

« 4月末からゴールデンウイークにかけてのイベントをご紹介します。(白河市、鮫川村) | トップページ | 黄色い花に包まれて~「野出島の里 菜の花まつり」が開催されました。(白河市東地区) »