« 「3.11 東日本大震災追悼祈復興祈念行事」「第5回 震災復興音楽祭」開催のお知らせ | トップページ | 地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~ »

現地で棚倉の国指定重要文化財を体感しよう!~「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」~(棚倉町)

来る3月12日(日)、棚倉町にて「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」が開催されます。

Img3061531400001

馬場都々古別神社(※馬場都々古和気神社とも呼ばれています)本殿は、2014年12月10日に国重要文化財建造物の指定を受けました。当時東白川郡内での建造物指定はこれが初めてだったとのことです。

本殿は「三間社流造(さんげんしゃながれづくり)」と言われる造りが特徴です。

Dscn0463
※写真は過去記事より抜粋しました。

この造りのものとしては県内最古であり、文禄3(1594)年、豊臣秀吉が佐竹義宣に造営を命じて建造された、と伝わっています。

造営された当初は現在の棚倉城跡にありましたが、江戸時代になり丹羽長重が築城するにあたって現在の場所に移されました。本殿は一度解体されて、再建されたそうです。

ラクラスしらかわでも過去に何度か取材で訪れたことがあります。こちらも合わせてご覧になってみてください。

棚倉町で神社仏閣めぐり・その2~都々古別神社
樹木の中に佇む~馬場都都古和気神社(棚倉町)
馬場都々古和気神社本殿、国重要文化財に(棚倉町)

説明会には、講師に工学院大学助教の小林直弘さんをお招きします。
どんなお話が聞けるのか楽しみですね。

集合場所は 棚倉町役場 北側駐車場 となります。
お申込みは不要、参加無料ですので、皆さんお誘いあわせの上お越しください。

 「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」

  日程:平成29年3月12日(日)
  集合場所:午後1時30分
           棚倉町役場 北側駐車場(棚倉町字中居野33)

  講師:工学院大学助教 小林直弘氏  

  主催:棚倉町教育委員会
  お問い合わせ:棚倉町教育委員会生涯学習課 TEL/0247-33-0111


※地図は集合場所の地図になります。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 「3.11 東日本大震災追悼祈復興祈念行事」「第5回 震災復興音楽祭」開催のお知らせ | トップページ | 地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~ »

東白川郡」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/69829104

この記事へのトラックバック一覧です: 現地で棚倉の国指定重要文化財を体感しよう!~「国指定重要文化財・馬場都々古別神社本殿~現地説明会~」~(棚倉町):

« 「3.11 東日本大震災追悼祈復興祈念行事」「第5回 震災復興音楽祭」開催のお知らせ | トップページ | 地方再生の視点と方法・移住促進の現場から~「阿武隈地域課題研究研修会」~コミュタン福島・三春町~ »