« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

今年もありがとうございました。~年末年始のお知らせ(ラクラスしらかわ)

P1090453_2

☆塙町の花・ダリア

月日がたつのは早いもので、2017年まであと数日。いよいよ年末・年越しの時期を迎えようとしています。今年は皆さんにとって、どんな一年でしたでしょうか?

今年、ラクラスしらかわでは、県南地域内外で開催される数多くのイベントに参加させて頂いた他、『福島県けんなん地方いなか暮らしフェア』『出張!移住カフェラクラス ふくターン女子、移住のいろは 交流会』を開催させていただきました。

来年の予定ですが、1月15日(日)に東京ビックサイトで開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に参加させて頂きます。イベントの概要につきましてはこちらをご覧ください。

Img_1685

※2016年「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」

また、今年もブログやイベントなどを通じてたくさんの素敵な方々との出会いがありました。
地方創生をきっかけに、移住や田舎暮らしが注目されている今、福島県県南地域の良さを改めて感じています。

さて、年末年始のお知らせです。
ラクラスしらかわは、事務所があるマイタウン白河の休館に伴い、以下の日程で年末年始休業致します。

 ☆ 年末年始休業 平成27年12月28日(水)~平成28年1月4日(水)

1年間、ホームページやブログ、SNSをご覧になってくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も、県南地方の魅力を伝えると共に、皆さんのお役に立てる相談所を目指していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様、良い年をお迎えください。

- - - - - - - - - - - - - - -

ラクラスしらかわでは動画などでも福島県県南地域の魅力・情報などをお伝えしています。こちらも合わせてご覧ください。

ラクラスしらかわ YouTubeチャンネル
楽しい福島県県南暮らし(楽南)

※ 運営主体の白河ふるさと回帰支援センターのホームページはこちら
※ 県南地域の物件情報などは、ラクラスしらかわホームページをご覧ください。

- - - - - - - - - - - - - - -

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『来て。ふくしま大交流フェア』が開催されました。

平成28年12月23日(金・祝)、有楽町にある東京国際フォーラムで
「来て。ふくしま大交流フェア」が今年も開催されました。

Dscn1948

福島県の魅力がたくさんつまったこちらのフェア。 ラクラスしらかわは今年も、福島県しらかわ地方の紹介と移住相談のブースを出展し、本当にたくさんの方々にお立ち寄りいただきました。ありがとうございます。

Img_8041

ブースのパーテーションを利用して物件情報を展示させていただいたところ、たくさんの方が足を止めて見てくれました。物件のお問い合わせもいただきました。

Pc230575

また、今年は泉崎村と隣同士のブースで出展させていただきました。
どうもありがとうございました。

Dscn2022

泉崎村の「天王台ニュータウン」は、購入すると様々な支援が受けられる分譲地です。
移住を考えている方はぜひ下記リンクをご覧になってください。

<リンク:泉崎村 天王台ニュータウン

P1090473

他にも、様々なブースがフェアに出展し、福島県の魅力をPRしました。

★福が満開、福しま暮らし情報センター
Img_8037_2

★白河市
Img_8027

★棚倉町
Dscn1973

★矢祭町
Dscn4671

「体験コーナー」では、赤べこの絵付けなど様々な体験ができるブースが置かれ、
小さいお子さんをはじめ終始たくさんの人たちで賑わいを見せていました。

Img_7975

福島県の伝統工芸などをを気軽に体験できるということで、
毎年大人気のコーナーです。

Dscn4687

Img_7983

ご当地グルメブースも、あちこちで行列が出来ていました。

Dscn4653

もちろん福島県のご当地キャラも、たくさん登場しましたよ。

★「ふくしまから、はじめよう。」キビタン
Img_8021

★しもごろう
Img_8023

★あいづじげん
Img_8029

若松っつん
P1090551

ラクラスしらかわのブースには、福島県県南地方振興局の「みなもん」が、
応援に駆けつけてくれました!

Dscn2058

さらに、ステージイベントで福島県しらかわ地方のPRもしました。

P1090578

P1090580

今回のフェアは、福島県の各市町村や企業など100を超える団体が参加し、県内の郷土料理、展示販売、体験、移住相談コーナーなどが多数出展され、来場者数は1万3千人に達し、大盛況で幕を閉じました。
本当にたくさんの人達が「来て。」くださったのですね。

Img_8011_4


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「平成28年度 農家民宿研修会」に参加しました。

去る12月20日(火)、福島県県南農林事務所主催の「平成28年度 農家民宿研修会」が棚倉町の倉美館を会場に開催されました。

こちらは福島県県南地方におけるグリーンツーリズムの受入れ体制の整備とおもてなしの向上を図ることを目的とした実践研修会です。

当日は、県南地方で農家民宿や観光等に関わりがある団体が集まり行われました。

第一部では、農家民宿おもてなし研修会が行われ、ホテル&コテージせきのさとの皆さんより、『宿泊するお客様に対しての気遣いと心配りについて』のお話と実践的な『お茶やお料理の出し方、接客について』教えていただきました。

Dscn4582_2

研修では県外から見る福島県の印象、そしてなぜ農泊民宿を選ぶのかなど貴重なお話を沢山伺いました。

Dscn4589

また実践では、お茶出しやお料理の出し方を学ぶ他、講師よりアドバイスをいただき、普段なかなか聞けない接客・作法などを学べる機会となりました。

そして第二部では、グリーンツーリズムしらかわが主催する農家民宿おもてなし料理研修会『農家民宿おもてなし料理の提案』が行われました。

Dscn1923

◆ グリーンツーリズムしらかわとは? ◆

福島県県南地方のグリーンツーリズム全般に関する相談や支援依頼を受ける窓口です。県南地区のグリーンツーリズムを利用したい方と、体験受け入れをしている事業者を結びつけるコーディネートや、グリーンツーリズムの情報提供と各種支援をしています。

また、グリーンツーリズムを行う際の地元食材を使ったメニュー開発も行っております。

詳しくはこちらをご覧ください→http://shien.e-piazza.net/

Dscn4617

試食会では、まず始めに、同じ炊飯器で炊いたお米の食べ比べをしてほしいとのことで、早速頂いてみました。

P1090462_2

上から

①ひとめぼれ
②コシヒカリ
天のつぶ

という品種とのことです。どれも県南地方で採れたお米です。一見同じに見えますが、食べてみると味わいが少しずつ違ってとてもおいしかったです。

試食会に出された料理は、どれも身近にあってすぐ作り置きが出来るものとのことで早速味わってみましょう。

P1090459

こちらは白河関の森公園にある『関守亭』のシェフに教わった「白菜のサラダ」です。

Dscn4622

他にも「さつま揚げ風」や「高野豆腐肉巻き」、「とうふアイス」などが出ましたが、どれも身近な食材で作ったとは思えないほど、華やかで食欲をそそられる料理がたくさんありました。

Dscn4626

Dscn1937

最後には、意見交換会ということで各自挨拶などを行いました。

Dscn1946

今回の研修会では、農家民宿の魅力や、県外から見る福島県の印象などを学ぶ貴重な機会になりました。

この研修会で得たことを、田舎暮らしをお考えしている皆さんにお伝えできればと思っています。

主催の福島県県南農林事務所、並びにグリーンツーリズムしらかわの皆さん、そして今回ご参加した皆さんありがとうございました。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塙工業高校和太鼓部による演奏会のお知らせ(塙町)

県内外で迫力の演奏を披露している塙工業高校和太鼓部から、演奏会のお知らせをいただきました。


2

<塙工業高校和太鼓部 第2回定期演奏会>
 
 開催日 平成28年12月25日(日)
 会場 棚倉町文化センター『倉美館』
 
 開場時間 12:30
 開演時間 13:00

 入場無料

 ☆演奏終了後に餅の振る舞いがあります☆

 お問い合わせ 塙工業高校 和太鼓部 TEL.0247-43-2131

Dsc_3619

3部構成になっており、20曲ほど演奏します。

普段のイベントでは時間の関係で演奏できない曲や、新曲も披露!!


P8140148
こちらは今年の夏、棚倉町のお祭りでの様子です。


高校生達のエネルギッシュな演奏を聴いて、新しい年への活力にしてくださいね(*^_^*)



会場地図

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生まれ変わった復興のシンボル~大正ロマンの館~(矢吹町)

県南地方に現存する、数少ない大正時代の建物の一つ、矢吹町の『大正ロマンの館』がリニューアルオープンされたということで、矢吹町にやってきました。

Img_7947

Img_7940

ラクラスしらかわで何度かご紹介しましたことがありましたが、外観のみで内部に立ち入ることはできませんでした。

東日本大震災で大きな被害を受け、取り壊しになる予定だったこちらの建物を復興のシンボルとして蘇らせようと立ち上がったのは、矢吹町を愛する地元の団体『mulberry fields(マルベリーフィールズ)』の方でした。

リニューアルオープンし、1階は「Tea tree cafe(ティーツリーカフェ)」というカフェスペースになりました。

Img_7889

Img_7920_2

管理されている団体の代表、大木さんは、矢吹町が大好きで、地元で生産された野菜を使った食事を提供したかったんです、と話してくださいました。

Dsc_1394
 ※こちらは週替りランチメニューの一例です

Dsc_1250

“大好き”という思いが伝わてくるメニューは、カラフルで見た目にもおいしく、体に良い食材が使われています。
週替りでデトックスや抗酸化作用のある、おいしくて健康につながるランチメニューが味わえます。

そして、矢吹町が“食育”として取り組んでいる“田んぼの学校”の授業で収穫されたお米が特別に使用しています。
矢吹町に移住された方のインタビューの中にも登場した“田んぼの学校”。
詳しくはWEBサイトを参照ください。

田んぼの学校公式サイト

矢吹町 移住者インタビュー



大木さんから、「昔のまま使っているところもありますよ」と教えていただきました。

例えば、ドアや窓枠の一部。

Img_7913

昭和40年代まで医院として使われてきた建物には、名残が残っています。

Img_7887

ここで患者さんに薬を渡していたそうです。


Img_7927

このドアは両面で色が違います。


それから各部屋の天井も素晴らしく、全てが違った模様の天井になっています。

Img_7901

Img_7841

Img_7921

紹介した写真以外にもお部屋があるので、ぜひ確かめてみてください!


エントランスの壁は元々漆喰が塗られていたそうなのですが、塗る前段階の木摺り(キズリ)と呼ばれる下地をあえて表現しているそうです。

Img_7885

壁には、地元の方から寄贈された写真が飾られています。

その中には、医院時代のお医者様の写真もあります。
どれがその写真なのかはお店のスタッフに聞いてみてくださいね♪

エントランスでは無農薬野菜の販売もしていました。

Img_7892



リニューアルオープンする際の準備期間に、光南高校や矢吹町の小中学校の生徒達が、家具を手作りしました。
製作者の名前が表示されている机もあります。

Img_7932

Img_7915

大正ロマンの館の2階には、誰でも無料で利用することのできる学習スペースがあります。
家具を作った生徒達もきっと利用しているのでしょうね。

Img_7839

Img_7866

窓からは、大木代吉本店が見えました。


さらに、2階には貸し会議室もあり(要予約:無料)、こちらには襖がありました。

Img_7829

日本と西洋の文化が混ざっていて、不思議な空間です。


バルコニーも見せていただきました。

Img_7951

外から見るとこの部分ですね。

眼下に奥州街道が続いています。

Img_7852_2

Img_7846

バルコニーを見上げるといらっしゃる鳥のレリーフは修繕中…やぶきじくんではないですよ~

小さなお子様も利用するので、バルコニーは普段開放していないそうです。


Img_7856

家具類も残されていた物を利用しています。
なんとなく時間が止まってしまったような錯覚をしてしまうのは、長い月日を経た物達に囲まれているからでしょうか…

Img_7875

Img_7837

Img_7824

以前は外からしか見ることのできなかった建物の中には、どこを撮っても絵になってしまう素敵な空間が広がっていました(*^_^*)


Img_7821

<大正ロマンの館>

 1階 「Tea tree cafe(ティーツリーカフェ)」
   営業時間 10:00~19:00
   定休日 火曜日

 2階 学習スペース、貸し会議室
   開館時間 9:00~19:00
   定休日 火曜日
    ※貸し会議室は要予約(無料)

 お問い合わせ
  福島県西白河郡矢吹町本町161-7
  TEL 0248-21-8883
  ホームページ http://mulberry-f.jp
  Facebook 大正ロマンの館 https://www.facebook.com/yabuki.roman/
         Tea tree cafe https://www.facebook.com/mulberryfields.yabuki/

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「あたたかな光。イルミネーション」~棚倉町・塙町~

今年も残りわずかですね。

年末に向けて慌しくお過ごしと思います。

先日は白河駅前のイルミネーション 点灯式をお伝えしましたが、本日は棚倉町の「時の鐘」のイルミネーション塙町のイルミネーションをご紹介しますね。

昨年の県南のイルミネーション(過去記事はこちらから

Dscn1893

「時の鐘」のイルミネーションは棚倉町の時を刻んでいるようです。

Dscn1888

棚倉町は、1866(慶応2)年、ときの棚倉藩15代城主・松平周防守康英公が武蔵国川越藩に国替になりました。現在は、棚倉町と埼玉県川越市は友好都市になっています。

「時の鐘」は、平成15年、町の中心市街地活性化事業整備により建設されました。友好都市、川越市の「時の鐘」を模したもので、棚倉町の中心にあります。

《時の鐘の鐘の音》 1日5回(8時・10時・15時・17時・19時)鐘の音が城下町に響き渡ります。
《歴史の小道》 時の鐘の周りに、歴代の棚倉城主の説明板が整備され、棚倉の歴史を学ぶことが出来ます。

Dscn1882_2

Dscn1886

トナカイのイルミネーションがやさしく出迎えてくれます。

Dscn1884

なんと「たなちゃん」 も大活躍です。棚倉町に癒しの光を注いでいるようです。

「時の鐘」の場所は棚倉小学校の近くにあります。

夕方5時に点灯しますので小学校の帰りの児童をあたたかく見守っているようですね。

「時の鐘」の下にはベンチもありますので、ゆっくり散策しながら城下町の風情を感じてくださいね。

地域のみなさんのお力で今年も癒されました。


≪時の鐘イルミネーション≫
2017年1月10日頃まで楽しめます。

続いて塙町の駅前もイルミネーションで飾られていましたよ。

2017の光を見ると今年の反省と来年の抱負が頭をよぎりました。

Dscn1851_2

来年は酉年ですね。
12月いっぱいまで塙駅前を彩りますよ。

塙町の方より情報をいただきとある場所に車を走らせました。

なんということでしょう!!

まさかの個人宅ですが、すごいイルミネーションです。

今回特別に許可をいただきましたので紹介しますね。


Dscn1860_2



Dscn1858



Dscn1868



Dscn1869


Dscn1875


本当にすごいです。

Dscn1878




Dscn1872

写真では伝えきれない感動と美しさがあります。

お話によるとTVでも放送されるそうです。塙町の広報にも記載されるみたいですよ。

個人宅になりますので見学時はマナーを守ってくださいね。

《地図のみご紹介します》

木枯らしの夜、イルミネーションのあたたかな光に癒されてみては、いかがですか?

県南地方にはまだまだたくさんのイルミネーションがあります。

県南地方をイルミネーションめぐりをするのも良いですね。

夜は気温も下がり道路も凍結する場合もありますのでくれぐれも車の運転はご注意くださいね。








文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「来て。ふくしま大交流フェア2016」~開催のお知らせ~東京国際フォーラム

お待たせいたしました。

『来て。ふくしま大交流フェア』が12月23日(金・祝)に国際フォーラムにて開催されます。

(昨年の様子はこちらから

Photo

 

Photo_2

 

『来て。ふくしま大交流フェア』
首都圏の皆さま!もちろん福島県の皆さまも
ふくしまのぜんぶを、見て・食べて・触れて、体感して!くださいね。
ふくしまがぎっしりつまっていますよ。
《ステージ》
◎スペシャルトークショー
13:10~13:40
福島県知事    ラクビー日本代表     エアレース・パイロット
内堀雅雄  ×  大野均    ×   室屋義秀
◎トークステージ
15:00~15:20
橋本まなみ × ふくしま若旦那プロジェクト
◎ふくしま応援シェフ実演
12:30~12:50
◎スパリゾートハワイアンズダンシングチーム特別公演
 1回目、11:10~11:40  2回目、16:20~16:40
◎「ネバーギブアップ!福島」ステージ
11:50~12:10
タレント なすび   シンガー Shimva
◎まこみなステージ
14:00~14:20
双子ダンスのカリスマ まこみな

《グルメコーナー》
ロサンゼルスで全米一美味しいラーメン決定戦2連覇
◎熟成味噌肉盛 福島鶏白湯
   福島ラーメン組 獅子奮迅隊

極太麺とうまみたっぷり濃厚ソース
◎なみえ焼きそば

会津グルメの代表格
◎会津ソースカツ丼

他にもふくしまのおいしいものが大集合しますよ!

《SAKE BAR》

全国新酒鑑評会金賞受賞酒を中心に、厳選した地酒を楽しくリーズナブルに飲み比べ!

■金賞受賞酒 飲み比べセット
国権酒造・国権 特選大吟醸や曙酒造・一生青春 別撰大吟醸など

■県内日本酒 飲み比べセット
金賞受賞蔵の日本酒など約60銘柄をご用意

■単品でのご注文もOK

《ふくしま ヒトコトカフェ》

福島県に移住された方によるマルシェ(飲食・雑貨・アクセサリーなど)を開催します!

また、移住者さんによるトークイベントも開催!

地域の暮らし、起業、就職、住まいなど多様な相談にも応じます。

お笑いコンビ、ペンギンナッツも参加します。

おいしいコーヒーが飲めるカフェもオープン!



《体験コーナー》

◎赤べこ絵付け体験
◎張り子絵付け体験
◎和紙すき体験
◎革のチャーム作り
◎コースター織り体験
◎木工体験

☆ふくしまファンクラブ会員のみなさまへ☆

当日会場で利用できる500円割引券プレゼント!(会員証を忘れずに!!)

まるごと「ふくしま」が楽しめる「来て。ふくしま大交流フェア」にぜひ足を運んでくださいね。

私たち、ラクラスしらかわは、福島県県南地方の紹介・移住定住相談で出展します。移住定住コーナーにて皆さまのお越しをお待ちしています。

「来て。ふくしま大交流フェア」   入場無料

日時:2016年12月23日(金・祝)

時間:11:00~17:00

場所:東京国際フォーラム ホールE

〒100-0005  東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
       ※JR有楽町駅より徒歩1分

 ホームページ:http://www.fukushima-daikoryu.jp/ 

主催:福島県観光交流課
    〒960-8670  福島県福島市杉妻町2-16
    TEL 024-521-7286   FAX 024-521-7888

文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「赤穂義士「中村勘助」とその妻」~関川寺(白河市)

朝晩の冷え込みが年末に向けて一層厳しくなりましたね。

みなさんは、この時期になると  何を思い浮かべますか?

テレビでは年末特番(歌番組やお笑いなど)が放送されていますが、時代劇では

忠臣蔵 」をモチーフにしたドラマの放送が定番ですね。

12月14日は、赤穂浪士 討ち入りの日です。 

「白河義士会」の情報をいただき関川寺に行ってきました。

その赤穂四十七士 の1人「中村勘助」の妻の墓所が、白河市関川寺 にあります。

Dscn1842_2

関川寺は、古くは関銭院と称し関所の通行料を徴収する任を担っていたと伝えられています。当初は天台宗だったとされていますが(現在は曹洞宗)、中世の白川城主で一帯を支配した結城宗廣 が中興開山し寺号を「関川寺」に改称しました。
天正9年(1581)に現在の場所に移りました。



関川寺につきましては(こちらから



Dscn1824

赤穂四十七士の1人「中村勘助」の父は、白河藩士だった事もあり、家族を討ち入り前に白河にいた親戚に預けました。息子である忠三郎は連座して流罪となりましたが、後年に釈面され白河で僧になったといわれています。

関川寺の境内には「中村勘助」の妻の墓所があります。

Dscn1823

「中村勘助」の妻の墓は、長年無縁でありましたが郷土研究家(元関川寺 世話人)により昭和46年12月に市内共同墓地に埋もれていたのが発見され、関川寺先住(四十八世)と協議し檀家の有志の方々の協力も得て、「白河に因縁のある義士の妻のお墓を供養したい」ということで「白河義士会」が昭和52年に発足しました。翌53年3月初旬に「中村勘助」の妻の墓を関川寺境内の一隅に安置しました。

発足以来今年で40回目。毎年12月14日には、お経と焼香をあげて故人を偲んでいます。

月例会(毎月14日、特例月もあり)でいうとなんと今月で480回です。一度も休むことなくおこなってきました。

行事を継続することは、一言では言えないたくさんの苦労もあると思います。

「義士会」のみなさんには、これからも続けて欲しいと思います。



P1090401

白河の「そば」は名物であり、討ち入りに義士がそばを食べた故事から毎月14日(但し8・9月は7日)に「そば会」(手打ち)が行われています。

義士の道徳を偲ぶと共に社交の場として交友を広め、暫しの清談にうち寛ぐことも必要であろうとの趣旨に添って、住職の一口咄、会員達の所感などを気軽に話し合われて、そばを舌鼓ながら和やかな雰囲気に包まれていました。


Dscn1830

関川寺境内には、戊辰戦争の戦死者の墓や棚倉藩士小池理八の供養塔もあります。


Dscn1845

町のなかにあるお寺ですが、近世では小峰城の南方の防衛ラインを呈していました。春には桜(結城桜)・秋には紅葉で四季折々の姿で楽しませてくれます。

ぜひ関川寺に足を運び古(いにしえ)の歴史のロマンを味わってくださいね。

なお、寺拝観の時はマナーをお守りくださいね。


≪関川寺≫

福島県白河市愛宕町94

≪白河義士会≫

毎月14日(但し8・9月は、7日)

午前11時 そば打ち

正午から午後1時 住職一口法話、会員卓話等黙禱、詩吟朗詠、会食(精進料理)

※12月は時間変更になります。

会費:6ヵ月 男性5千円 女性4千円

入会ご希望の方は

関川寺内「白河義士会」電話0248-23-3538まで

お問合せください。

文責:ひ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「平成28年度 県南地方元気づくり交流会」が開催されました。(福島県県南地方振興局)

去る12月13日(火)、棚倉町文化センター倉美館にて、福島県地域づくり総合支援事業(サポート事業)の成果を発表する「平成28年度 県南地方元気づくり交流会」が開催されました。

Img_7817

この「福島県地域づくり総合支援事業(サポート事業)」は、地域づくりや地域活性化に多く役立てられており、この取り組みを周知していただくために毎年、事業の成果発表と交流会が行われています。

最初に、福島県県南地方振興局長からご挨拶がありました。

Img_7688


【第1部 成果発表会】

続いて、平成27年度サポート事業の成果発表が行われました。

●NPO法人表郷ボランティアネットワーク
 「ふくしまにおいでよ!写真プロジェクト」

Img_7696

日本で最初のバス専用道路を持つ”白棚線”で地域を活性化したいという思いから始まったプロジェクトで、「とるたび しらかわ」「案山子コンクール」等で様々な成果を上げました。


●塙町東河内(ひがしごうと)二区
 「山・水・花ふるさと花街道づくり事業」

Img_7707

塙町の東河内地区が数年かけて取り組んだプロジェクトで、地区内に3軒の東屋を設置し、さくらやつつじの植栽を行いました。


【第2部 事例発表会】

第2部は、地域おこし協力隊の取り組みの発表が行われました。

 ◆地域おこし協力隊とは◆

 人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、
 地域外の人材を積極的に受け入れ、地域協力活動を行ってもらい、
 その定住・定着を図ることで、意欲ある都市住民のニーズに応えながら、
 地域力の維持・強化を図っていくことを目的とした制度である。(wikiより)


●白河市 地域おこし協力隊の大石さん 

Img_7731

白河市の東地区を拠点に活動する大石さんは、似顔絵を描くことで地域の人達と繋がりを作りました。現在は、空き家を活用したカフェの運営を計画しているそうです。


●塙町 地域おこし協力隊の川村さん

P1090358

川村さんは、塙町の花であるダリアの栽培を通した地域おこし活動をしています。

P1090389

交流会の参加者にはもれなく、惜しくも出荷に至らなかったダリアの花がプレゼントされました。出荷できないのが信じられないほど、どの花もとても綺麗に咲いていました。



●二本松市 地域おこし協力隊の武藤さん

Img_7793

二本松市の旧岩代町を担当している武藤さんは、地区の活性のために派遣されました。地域の人たちや行政とはマメで密に連絡を取り合うことが大切だとお話されていました。


【第3部 意見交換会】
最後に、地域おこし協力隊と行政担当者による意見交換会が行われました。

Img_7805

●矢祭町 地域おこし協力隊の森田さん

P1090378

●塙町 地域おこし協力隊の有村さん

P1090379

●鮫川村 地域おこし協力隊の本郷さん

P1090380

外から来た地域おこし協力隊と、内部で地域を支えている行政。
全く違う視点で語られる、有意義な意見交換会となりました。

*************************************************************

「福島県地域づくり総合支援事業(サポート事業)」とは「地域の課題を踏まえ、地域の特性を活かした魅力ある生活圏づくりを推進していくため、住民が主役となった個性と魅力ある地域づくりの支援をする」ものです。

サポート事業についての詳細は、福島県県南地方振興局 企画商工部 地域づくり・商工労政課(白河市昭和町269 電話0248-23-1546)までお問合せください。

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あたたかな復興の輪~復興応援!歳末福幸市~(白河市

白河市表郷地区で活躍されている、NPO法人表郷ボランティアネットワーク が東日本大震災の復興支援と風評被害払拭、地域に元気と美味しいものをお届けすることを目的に、平成25年から不定期で開催されている『福幸市』が、“復興応援!歳末福幸市”と題して、12月11日(日)開催されました。

Img_7676_2

会場となった表郷地区の地域密着型スーパー ビーライフうおいちの駐車場には、東北3県からおいしいものが届いていました。

Img_7677


岩手県大槌町からは…

Img_7628

Img_7627

なんと!大きな新巻鮭が!!
切り身になっているので自分で捌かなくてもいいのが便利ですね。

Img_7631

ホタテの浜焼きもありました。


宮城県南三陸町からは…

Img_7653

三陸ワカメやコンブが販売されていました。
これからの季節に重宝しそうです。


福島県内からは川内村金山町が出店。

Img_7638

Img_7640

干し椎茸を売る元気な声が印象的でした。


募金ブースでは、募金された方に南三陸町のふのり入りの特製みそ汁を提供していました。

Img_7647

ステージでは、様々な演奏やPRが行われていました。

Img_7632



Img_7643

主催のNPO法人ボランティアネットワークは磯辺焼きや豚汁などを販売していました。
お餅を見ると年末が来たなぁと思うのは記者だけでしょうか…



白河市内を実際に走っているレトロバスの展示もありましたよ♪

Img_7624

Img_7667

普段、自家用車での移動が多いので間近で見たことがなかったのですが、座席の一部が木製で出来ていて、柔らかな黒い皮の光沢になんとも言えない味わいを感じました。

いわき方面から来たというお子さんが制服を着せてもらって、バスの運転手を体験していました。

Img_7665

とっても楽しそうでしたよ(*^_^*)


各地域の頑張りとつながりが伝わってきて、心温まるイベントでした。

小さな復興の声は大きな復興の声になっていきます。
東北から全国へ元気が伝わっていくといいですね。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガッツリ系?ダブルプレイス系? あなたはどっちで移住する?~新潟・福島・茨城・栃木・群馬 5県合同移住相談会(東京交通会館)

12月10日(土)、東京交通会館3階のグリーンルームで「新潟・福島・茨城・栃木・群馬 5県合同移住相談会」が開催されました。

Dscn1773

この催しは、都会から近い田舎、新潟・福島・茨城・栃木・群馬…いづれも東京から近く、好アクセスだからこそできる移住での暮らし方を提案する相談会です。(詳細はこちらをご覧ください。)

今回の相談会のテーマは、「ガッツリ移住系、ダブルプレイス系 あなたはどっち!?」です。

 ★ 「ダブルプレイス」とは? ★
 「田舎」と「都会」など、2つの地域に仕事や暮らしの拠点を置き、
 その2カ所を行き来する「二地域生活」というライフスタイルのことを指します。

当日は各県より、ガッツリ移住向きのまち、ダブルプレイスがしやすいまち、全30団体が参加し、まちでの暮らしをご紹介しました。

P1090315

P1090320

ラクラスしらかわも福島県の方にブース出展しました。お越しになった皆さん、ありがとうございます。

Dscn1758

会場内では移住セミナーも開催され、月刊『ソトコト』副編集長・小西威史さんによる講演会、そして今回のテーマである「ダブルプレイス系」「ガッツリ移住系」で暮らす先輩移住者達のトークセッションが行われました。

P1090336

「ガッツリ移住系」トークセッションでは、白河市東地区に移住し、現在「梨本あぶらや」を経営している梨本清太さん、朝子さんご夫妻が登場し、移住までの経緯などをお話しました。

Dscn1786

田舎暮らしと聞きますと、移住した後はその土地で暮らし、働き、悠々自適に生活する「ガッツリ移住系」のみをイメージしていましたが、今回の相談会で、東京からのアクセスが良い地域では「ダブルプレイス」で生活する方法もあるということを学びました。

お越しになった皆さんにとっても、移住の選択肢が広がる一日になったのではないでしょうか?

今回の相談会以外でもラクラスしらかわでは、田舎暮らし相談を受け付けております。
ぜひこの機会に、東京駅から新幹線で80分で行くことができる福島県県南地域にも興味を持って頂けたら幸いです。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お山の冬支度~聖ヶ岩ビジターセンター クローズイベント~(白河市大信)

各施設から冬季休業の便りがちらほら届いていますが、白河市大信地区にある『聖ヶ岩ふるさとの森ビジターセンター』 の管理人さんからも、冬季休業のお知らせと共に、“クローズイベント”のお知らせをいただき、早速行ってきました。

Photo_2


昨年の様子も併せてご覧ください。
どうぶつ達と共に冬眠に入ります~聖ヶ岩ビジターセンター閉館作業~


Img_7528

大信地区へ向かう途中の電光掲示板の温度は「1℃」
雪が舞う中、聖ヶ岩まで向かいます。

Img_7533

権太倉山もうっすら白くお化粧していました。
聖ヶ岩ビジターセンターはこの山のふもとにあり、一本道なのですが、大信方面から向かう県道58号線は雪が降ると通行止めになってしまいます。さらに、今年は大信方面が平日でも道路工事で通行止めだったため、羽鳥方面からやってきたという方もいたようです。

来年は通りやすくなるといいですね(^ ^)



Img_7543

施設に到着しました。

12月10日(土)、“クローズイベント”に集まったのは、聖ヶ岩ふるさとの森を守る会、白河山岳会、白河市役所の職員、それから、権太倉山と聖ヶ岩(と管理人?)のファンの面々。


役割分担をして、それぞれの作業に取り掛かります。

記者は主にビジターセンター館内の作業をお手伝いしました。

Img_7550_2

今年も聖ヶ岩の美しい姿を眺めることのできた二階に、雪除けの板をはめ込んでいきます。

Img_7556

Img_7573

新聞で隙間なく。

Img_7576

Img_7577

Img_7581

Img_7599

ガラスを磨き、蜘蛛の巣を払い、薪を割り…
親子でお手伝いに来ていた男の子はとても働きものでした!



バンガロー周辺では、落ち葉の片付けをしていました。こちらが一番重労働です。

Img_7541

朝は雪で見えませんでしたが、雪の下はかなりの量の落ち葉です。

Img_7562

Img_7565

Img_7592
きれいになりました♪


そして、お昼の時間は名物『ひじりカレー』

Img_7619

Img_7612

ビジターセンターで働くおかあさん達の手作りお漬物とこんにゃくの煮物つき!

Img_7609

和気あいあいとした雰囲気で、みなさん作業後のお腹を満たしました。

いつもより食べすぎてしまったという方が続出。
おいしいご飯は、おいしい空気の中で食べると食べすぎてしまうのかもしれません…

Img_7623

そして、やはりボルダリングをはじめるみなさん。
なぜそんなに元気なんですか…
ここに来ると健康になれそうですね!


青空にそびえる聖ヶ岩、夏でも涼しい木々の陰、迫力ある隈戸川の流れ。
来年はどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。

Img_7544

聖ヶ岩ふるさとの森 聖ヶ岩ビジターセンター
 閉館期間 12月21日~3月31日



新たな出発から2年が経とうとしている聖ヶ岩と権太倉山、また春にお会いしましょう(*^_^*)

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスがやってきた!~おひさまひろば「クリスマス会」(白河市)

クリスマスの季節になりましたね♪

12月9日(金)、ラクラスしらかわの事務所があるマイタウン白河では、白河市にある親子のひろば「おひさまひろば」主催の一足早い『クリスマス会』が開催されました。

P1090015

  ★ おひさまひろばとは? ★
  0~3歳のお子さんを持つ家族の方と一緒に遊んだり、
  親子交流を支援するつどいの場です。

例年、マイタウン白河を会場に開催されているのですが、
今年はリニューアルオープンしてはじめての『クリスマス会』となりましたxmas

どんな雰囲気なのかわくわくしますね。早速、お邪魔してみましょう♪

P1090016

当日は、お出かけにぴったりの天気に恵まれたからでしょうか。
小さいお子さんをもつご家族の方がたくさんあつまりました。

P1090020

白河市長からご挨拶があり、新しいマイタウン白河のことや、風邪をひかないようにとお話しされていました。

P1090034

おひさまひろばのスタッフによるハンドベルでは、会場中が優しい音色に包まれました。

P1090057

クリスマスのお話や、かわいいうさぎさんやサンタさんが出てくる「ペープサート」、エプロンを舞台に見立てて人形などを使っておはなしをする「エプロンシアター」、歌や音楽にあわせての手遊びや体をつかって遊ぶコーナーなど、楽しいプログラムがたくさんありました。

P1090073

P1090095

P1090082

P1090202

白いポンポンを雪に見立てた「雪ぼんぼん」がくると子供たちも大はしゃぎです!!

P1090205

楽しいクリスマス会が終わりの時間になったころ、鈴の音が聞こえてきて…

P1090231

なんとびっくり!サンタさんとトナカイさんがやってきました!!

P1090235

サンタさんから会場に来た子供たちに向けてプレゼントが手渡され、みんな大喜びでした。

P1090291

新しくなったマイタウン白河で、はじめての開催となったクリスマス会。
来場された皆さんにとって、思い出に残る一日になったのではないのでしょうかconfident

「おひさまひろば」は、マイタウン白河2階にあります。

P1090299

今回のクリスマス会以外にも、おひさまセミナー、お誕生会、発育・発達相談ができる「すくすくの日」などのイベントも開催されておりますので、子育てをしているご家族の皆さん、ぜひ子供さんと一緒に遊びにきてみてくださいねhappy01

 「おひさまひろば」

  〒961-0905
  白河市本町2番地

  ・利用時間:毎週月曜日~土曜日 10:00~16:00
          (※毎月第一水曜日とカレンダーが赤い日はお休み)

  ・利用料金:500円/1年間(年1回の更新制)
  ・対象年齢:0~3歳

  詳細はこちらをご覧ください。
  http://shirakawa-shienkai.or.jp/ohisama_about

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとロマンチック?な狛犬~春日神社(白河市)

今回は、久しぶりの県南地域の狛犬のご紹介をさせていただきます。
白河市の大信地区にある「春日神社」の狛犬です。

Pc050458

<阿狛>
Pc050465

<吽狛>
Pc050469

狛犬は、敵を威嚇するかのように凛々しく大口を開けている「阿(あ)」と、口を閉じて優しい表情を浮かべている「吽(うん)」が対になっています。また、吽の狛犬と同じ台座に小さな子供の狛犬が一緒にいることが多いので、阿がオスでお父さん・吽がメスでお母さん、というイメージもあるんでしょうね。

しかし、こちらの狛犬は阿の口が閉じています。
というか、花のようなものをくわえています。

Pc050460

何かをくわえている狛犬というのは珍しいですね。
向かい側の吽狛に、愛の告白をしているのでしょうか?(*^.^*)

Pc050466

吽狛は、少しだけ口を開けています。足元の大きな花が美しいですね。

Pc050472

右足の付け根にも大きな花がついていて、まるで花飾りのようです。

Pc050482

その花飾りの下に、子供の狛犬がいました!

Pc050485

Pc050487

成人のこぶしの大きさくらいの頭で、可愛らしいのですが、
顔の半分の造形が荒いのが気になります。

Pc050488

花をくわえていたり、大きな花飾りをしていたりと、
ちょっとロマンチックな春日神社の狛犬でした。
(もしかして神社の名前にひっかけて、花の装飾をしているのでしょうか?)

こういう素敵な狛犬がいると、神社の格が上がりますね。

Pc050455

過去記事も併せてご覧下さい。

<過去記事:『大信地区の狛犬』


文責  ま(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月第2週目もイベントがありますよ♪(白河市)

まずご紹介するのはおひさまひろば「クリスマス会」です。
こちら(↓)は昨年の様子です。

P1040031

たくさんの親子連れでいっぱいですね。
ハンドベルの演奏や紙芝居、親子遊びなどで大盛り上がりでした。
詳しい様子はこちらからご覧ください。→※過去記事
おひさまひろばの会員の方はもちろん、会員ではないけれど行ってみたい!と思ったお母さんも、皆さまぜひお越しくださいね。
クリスマス会当日に会員登録をしていただければ、どなたでも参加可能です^^
おひさまひろばについて詳しくは、こちらをご覧ください。→

おひさまひろば クリスマス会

開催日:12月9日(金)

時  間:10:30~(30分程度)

会  場:マイタウン白河 地下会議室2(地下会議室1よりお入りください)

問合せ:おひさまひろば TEL.0248-31-7595


<マイタウン白河>
白河市本町2




Imgz011142050001_2

続いては、たんぽぽサロン 「クリスマス会」のご紹介です。
たんぽぽサロンは子育て家庭を応援する場として活動をしています。詳しくはこちらをどうぞ。→
当日は親子遊びや工作、大型絵本の読み聞かせなどがあり、他にもプレーカーが来たり、カレー販売があったりと盛りだくさんの内容となっています!
昨年の様子はこちら(↓)。

Img_0030

素敵なプレゼントも貰えますので、ぜひお誘い合わせの上お起こしくださいね^^
尚、参加希望の方は、下記問い合わせ先まで事前にご連絡ください。
1家族500円の参加費が必要となります。

たんぽぽサロン クリスマス会

開催日:12月10日(土)

時  間:10時~11時30分

会  場:高山コミュニティセンター

参加費:1家族500円※キャンセルの場合返金はありませんがプレゼントは差し上げます。

問合せ:たんぽぽサロン TEL.0248-21-3773


<高山コミュニティセンター>
白河市新白河2丁目212





Imgz011139130001

そして最後にご紹介するのは、白河市表郷で開催される「復興応援!歳末福幸市」です。
当日は、岩手県大槌町や宮城県南三陸町、福島県川内村などのブースで、県内外のおいしい海の幸、山の幸が販売されます。
レトロバスやリヤカーの展示ブースもあり、表郷のご当地キャラおもてんくんも遊びにきますよ!
12月ということもあり、太鼓サンタや、ラジオ福島のリヤカーサンタなども来場するようですので、ぜひ遊びに行ってみて下さいね^^

復興応援!歳末福幸市

開催日:12月11日(日)※小雨決行

時  間:午前10時~午後2時

会  場:ビーライフうおいち駐車場

問合せ:080-5557-7072


<ビーライフうおいち>
白河市表郷金山下ノ内47





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

“e-村民”でいい村民。~e-村民そば打ち交流会~(泉崎村)

泉崎村では、インターネットから登録することができる『インターネット村民=e-村民(イーそんみん)』の募集を年間を通して行っています。
『e-村民』は泉崎村のファンづくりとして、村民との交流イベントを毎年開催しており、村外の方が村を知ることのできるよい機会になっています。

12月3日(土)、泉崎村保健福祉総合センターで開催された“e-村民そば打ち交流会”には、県外、村内外からおよそ30名の方が参加されました。

Img_7523

Img_7445

ご当地キャラクターの“いずみちゃん”がお出迎え♪


参加者のみなさんが集まったところで、まずはそば打ちの先生のデモンストレーションからです。

Img_7453

この日のそば打ちの先生は、泉崎カントリーヴィレッジで「名人そば」を提供している方々。

見事な手つきに、そば打ち経験のある参加者から質問が飛びかいました。
「打っている間に乾燥することはないんですか?」との質問に、「1時間も2時間も打ってるわけじゃないから大丈夫ですよ」と笑顔で答えていました。

Img_7465
生地の硬さを確認中…

4班に分かれて、いよいよそば打ち開始です。
泉崎産のそば粉を使い、10割そばを作っていきます。

Img_7469_2

お湯を入れて、みんなでこねこね。


Img_7481

玉にしたら、少し寝かせてからのしていきます。


Img_7477

子ども達は興味津々!


Img_7491

先生がのしていく様子を見ていると、簡単そうに見えましたが、いざ自分でやってみると難しいようでした。

Img_7487

Img_7497

Img_7506

茹でる前のおそばに個性が光りますね(*^_^*)

茹でれば出来上がりです。

Img_7511

Img_7513

村で採れた野菜の天ぷらや漬物、ごま和えは村民の方の手作り!
自分で打ったおいしいそばに、大人も子どもも会心の笑顔を見せていました。

Img_7520

最後に先生方の打った“名人そば”がお土産でプレゼントされ、「次回のイベントが楽しみですね」と参加者からは、また参加したいという声が上がっていました。

Img_7510


移住したい、二地域居住をしたいという思いを抱いている方は、地域や人柄を知ることが大切です。こうした地元の方と交流できるイベントは絶好の機会ではないでしょうか。
全く知らなかった土地から、お互いを知っている地域へと変えるのはあなた自身です。
『e-村民』で、泉崎村を知るきっかけを作ってみませんか?

WEBサイト⇒泉崎村インターネット村民『わっはっは!泉崎村e-村民』

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来へと続くヒカリの道~白河駅前イルミネーション、YEG冬屋台~(白河市)

12月に入り、雪の降りそうな夜が続いていますが、みなさんどんな夜をお過ごしでしょうか。

冬の夜といえば…そう、イルミネーションの季節がやってきましたね☆

12月2日(金)、白河駅前イベント広場で『白河駅前イルミネーション みんなのヒカリ2016~未来へと続く道~』の点灯式が行われました。

Img_7362
しらかわんもお手伝いです(*^^*)

イベント広場に設置されたたくさんのペットボトルツリーや、駅前ロータリーの木々、そしてヒカリのトンネルに一斉に光が灯され、辺りが幻想に包まれました。

Img_7372

Img_7375

Img_7431

Img_7324

ペットボトルツリーはカラフルな色合いで、昼間でも楽しめますが、やはり明かりが灯ると素敵に輝きますね♪


Img_7385
昨年話題を呼んだ“はたらくくるまイルミネーション”は今年も開催!


平成21年から続く白河駅前のイルミネーションは今年で8回目。
今年は白河文化交流館コミネスの開館を記念して、白河駅前からコミネスまでの街路樹に、LEDが取り付けられました。

Img_7393

Img_7399

Img_7400

Img_7407

~未来へと続く道~を歩きながら、あたたかな光に心にも明かりがともったのではないでしょうか。


そして、12月2日と3日の2日間、イベント広場イルミネーションのすぐそばで『YEG冬屋台』が開催されました。

Img_7428

Img_7334

湯気の立ちこめるテント内は満員で、来場者は熱燗やあつあつのおでんなど、屋台ならではの体も心も温まるメニューと屋台の雰囲気を楽しんでいました。

Img_7417

主催の白河商工会議所青年部はもちろんですが、縁のある各地の商工会議所青年部を代表する店舗が並びます。
お店のラインナップは告知記事を参照ください。
 (告知記事:12月上旬のイベント情報(白河)

Img_7339 Img_7338
Img_7336 Img_7343
Img_7342 Img_7344
Img_7345 Img_7330

青森から出店された方が本格的な津軽三味線の演奏が披露され、張りのある三味線の音に、冬の海の情景が思い浮かびました。

Img_7422
とてもかっこよかったですよ!

今年も大盛況でした。


Img_7440

これから寒さが厳しくなるシーズンを迎えますが、白河駅前を通るたびにあたたかな光に癒されそうですね♪


<白河駅前イルミネーション みんなのヒカリ2016~未来への道~>
 場所 JR白河駅前~白河文化交流館コミネス
 期間 平成28年12月2日(金)~平成29年1月31日(火)
 時間 17:00~24:00

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

交流創造空間「新生マイタウン白河」をご紹介します!(白河市)

ラクラスしらかわが『マイタウン白河』へ移転をして、もうすぐ一ヶ月が経とうとしています。

オープニングセレモニーなどの様子は先日お伝えしましたが、リニューアルされたマイタウン白河の施設を改めてご紹介します。
(関連記事:マイタウンがリニューアルオープンしました(白河市)


Img_7213

クリアなガラス張りの近代的な外観です。
本町側(東側)が正面入口になります。

Img_7290


☆総合受付☆
Img_7273
正面入口から入って、すぐ右側に総合受付があります。
ベンチに座りながらパンフレットなどをゆっくり手に取ることができます。
施設や観光案内については、こちらの総合受付でどうぞ。


☆ららマルシェ☆

Img_7239
総合受付の隣りの売店『ららマルシェ』では、文房具や食品などを取り扱っています。


☆フリーマーケットボックス☆

Img_7282
正面入口を入って、左側(総合受付の向かい側)のフリーマーケットボックスは以前のマイタウンから引き続き設置されています。
掘り出し物がみつかるかもしれませんね(*^_^*)

フリーマーケットボックスから奥に進みますと小さな店舗が続きます。

☆ハンドメイドセレクトショップ パオパオ☆
Img_7276

Img_7277
手作り雑貨を扱っているお店です。作家さんは15人ほどいらっしゃるそうなので、好みのテイストが必ず見つかりそうです。

☆アートギャラリー桜☆

Img_7294

Img_7295
日本画を描かれている方が店主となり、地元や那須方面のアーティストの絵画、木工作品を展示販売しているお店です。
身近に感じられる小さな美術館のようですね。価格もお手頃になっているそうです。


☆リンパケアサロン ’Olu’Olu(オルオル)☆

Img_7271
リンパケアのお店です。
美容効果以外にも効果が期待できるリンパケア。どんな施術をしていただけるのか気になりますね…。

1階の一番奥には広いギャラリースペースがあり、様々な作品展を開催しています。
ふらりと立ち寄って、心に響く作品に巡り会えたら素敵ですね。

常設展示はありませんので、行事予定は下記の連絡先にお問い合わせください。


さて、リニューアルして、大きく変わったことの一つが“大工町側入口”です。
Img_7217

Img_7216

大工町側(西側)から地下1階に入ることができるようになりました。


☆Cafe りとる・える☆
Img_7218

Img_7219
パンの良い香りがする地下1階フロアには、エル白河が運営するカフェがあり、コーヒーやエル白河で作っているパン(一部)を提供しています。

購入したパンはカフェでも地下のフリースペースでも食べることができますよ♪

Img_7228


☆Carino(カリーノ)☆
Img_7297

Img_7299
さらに、こちらのお店は12月1日にオープンしたばかり。
メニューはスープやピアーダという小麦粉を薄く焼いた生地に野菜や加工肉などをはさんだイタリアの料理などが中心です。

寒い季節にはありがたい地下1階ですね。


Img_7222

Img_7267

階段とエレベーターが建物の中央に位置し、地下1階~4階まで吹き抜けになりました。
自然光が多く入る吹き抜けは開放的で、建物全体を明るくしています。


続いて2階に行ってみましょう。

正面玄関から見えていたガラス張り側は、フリースペースになっています。
Img_7244

Img_7242
フリースペースの隣りには、子ども達が遊べるスペースにキッズテントが登場。


同じフロアには“おひさまひろば”がありますので、小さなお子さんはこちらで思う存分遊んでくださいね!
Img_7261

赤ちゃんの駅、シルバーカーやベビーカー置き場、オムツ替えスペースなどなど、至る所に子どもやお母さん、高齢者に配慮したスペースが設けられているのもこの施設の特長です。
Img_7251

Img_7252

Img_7263

Img_7250


大工町側へ降りるスロープも広くなっていました。

Img_7215


2階の奥には各団体の事務所があります。

Img_7275
左のドアから、“白河市老人クラブ連合会”“NPO法人しらかわ市民活動支援会”そして、“ラクラスしらかわ”です。


施設内に設置されている自動販売機は白河市を代表するキャラクター“しらかわん”とご当地ヒーロー“ダルライザー”でラッピングされていました。
Img_7249
※当たりが出てもしらかわんのぬいぐるみは出てきませんのであしからず。


3階は平成29年4月に開校する“しらかわ介護福祉専門学校”になります。


最上階の4階にやってきました。

こちらは多目的スペースです。フリースペースとして開放しています。
Img_7260

撮影した日は、どのフロアも学生で賑わっていました。

Img_7258
同じフロアにある小さな多目的スペースは貸出ができるようになっています。

調理室もあり、10人程度のお料理教室を開催することも可能です。

新しくなったマイタウン白河には、会議室やギャラリー、多目的スペースに和室と、大小様々な貸しスペースを目的に応じて利用することができます(有料)。

Img_7241
こちらの会議室はじゅうたんが敷かれているので、ヨガの練習などにも使えそうですね。


明るく開放的で、居心地のいい空間に生まれ変わった『マイタウン白河』
くつろぎの空間として、学習の場として、個性を発揮するスペースとして、あなたが輝ける使い方を見つけてみてはいかがでしょうか。


<マイタウン白河>
 開館時間/9:00~21:00
 休館日/年末年始(12/28~1/4) ※平成28年12月現在
 施設使用料/入館は無料 貸しスペースは有料
 駐車場/マイタウン白河周辺の専用無料駐車場
       常陽銀行駐車場
        (総合受付に駐車券持参で無料券を発行しています)

 お問い合わせ
  株式会社 楽市白河
   〒961-0905 白河市本町2(マイタウンしらかわに同じ)
   TEL 0248-31-7595

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の準備はお済みですか?~県南地域の冬支度~

11月下旬に降った雪はもうすっかり解けてしまいましたが、本格的な冬を目前に、県南地域では様々な準備がされています。


先月の初雪の様子です。(白河市内)

S__418868

S__418869

雪を見ていたら寒くなってきました。ブルブル(。>﹏<。)

家の中の準備で欠かせないのはこたつやストーブなどの暖房器具。
引っ張り出したはいいものの、使えなくなっていた…なんてこともあるようです。

Img_7292

暖かい日に事前に点検をして、寒さに備えましょう。
暖まったお部屋の乾燥はインフルエンザを引き起こす原因になりますので、加湿器もあるといいですね。


防寒着もたくさんあって困ることがないのがこの地域。
コート、ダウンジャケット、手袋、マフラー、ストール。寒い期間が長いからこそ防寒着でおしゃれを楽しみたいところです♪


そして、車での移動が多くなるのもこの季節ですね。
雪はもちろんのことですが、霜や凍結の対策もしておきましょう。

まず雪や霜の対策として、スノーブラシや霜取りのアイススクレーパーがあると便利です。

Img_7284

Img_7286

解氷スプレーもあると有効ですよ(*^_^*)

その他にも、冬用のワイパーブレード、直接車を覆ってしまうカバーなど、気候や積雪量によって様々な対策ができます。標高が高いほど雪の量が多いことを知っておきましょう。

Img_1801_2
こちらは昨年の西郷村雪割橋付近の様子。

そして、忘れてはいけないのが冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)です。
雪がない日でも路面の凍結が心配されるので、溝が深い冬タイヤが必要になります。
溝が浅くなってしまったり、経年でゴムが劣化してしまったタイヤは凍結した路面でスリップしてしまう可能性があり大変危険です。交換時期に確認して、必要であれば新しい物に取り替えましょう。

Img_7289

冬季に県南地域にちょっとだけ遊びに行きたいんだけど…という方には、タイヤチェーンがおすすめです。最近では簡単に装着できるものもありますので、カー用品を取り扱う店舗へ相談してみてくださいね。

いざという時に便利なのが、小さめのスコップと使い古しのタオル・毛布です。
雪にはまってしまって動けなくなってしまった時に使えるアイテムですが、雪以外の困った場面でも使えそうですね。
JAFのホームページでも対策が紹介されていますので、併せてご覧になってみてください。
JAFホームページ 雪道を走る前に準備しておきたいものとは?


移住やニ地域居住を希望されている方は、ぜひ県南地域の冬を体感しにいらしてください。冬の準備をバッチリしていれば、寒さに負けずに県南の冬の魅力を発見することができますよ~♪

冬でも県南地域は元気いっぱいです!!


文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »