« 泉崎村と矢吹町を結ぶ松の木(泉崎村、矢吹町) | トップページ | 秋のイベント情報のお知らせ »

防災セミナー『しらかわ地域を災害に強い街にしよう。』(白河市大信)

9月1日が“防災の日”であることをご存知でしょうか。

1923年(大正12年)に発生した『関東大震災』が9月1日だったことから制定された記念日で、全国で防災訓練が実施されています。そして、9月は防災月間でもあります。

しらかわ地域でも、防災意識を高めようと、9月3日(土)白河市大信の聖ヶ岩ビジターセンターで防災セミナー『しらかわ地域を災害に強い街にしよう。』が開催されました。

Img_5527


阪神淡路大震災の被災者からの「教訓」を伝える活動をしている“NPO法人プラス・アーツ” の村上 彩さんから、災害に遭ったときの生活についてを教えていただきました。

Img_5541

日本には地震がなかった年がありません。
地震だけでなく、台風や豪雨など、大きな災害は身近にものとなってきました。
だからこそ、いつ災害がきてもいいように備えておくことが一番の防災なのです。

Img_5549
(日本に震度4以上の地震が発生した年が書かれたものです)

「モシモ」ではなく「イツモ」。 これがキーワード。

Img_5553

災害がおきたら…

Img_5556

Img_5557


そして、準備しておくとよいもの10点。

○ポリ袋
○新聞紙
○からだふきウエットタオル
○ラップ
○カセットコンロとボンベ
○非常食
○水
○簡易トイレ
○LEDランタン
○口腔ケア用ウエットティッシュ


その他の物もあって困ることはありませんが、困ることといったら普段の置き場所ではないでしょうか。
どんなものがどのくらい必要なのか、家族構成から考えて備えておく必要がありますね。

詳しくはコチラ↓のサイトを参考にしてみてください
『地震ITSUMO.COM』  ※地震以外の災害にも参考にできます

書籍もありますので、停電してしまった場合でもそばにあると安心です。
『地震イツモノート』


非常食は事前に味のチェックをしておくとよいそうなのですが、普段食べている物で日持ちする物、例えばレトルト食品や缶詰などを入れておくと、食べ慣れている物なので非常時にも食べやすいのだそうです。

3~4日分を備蓄しておき、月に1度1食分を食べて、買い足すことで賞味期限を気にすること無く備蓄しておくことができます。これを“ローリングストック法”といいます。
以前は3日分の備蓄を推奨していましたが、現在は1週間分の食料の備蓄を推奨しています。しかし、1週間の食料を備蓄するのはとんでもなく場所を取ってしまいます。
そこで、最初に冷蔵庫や冷凍庫の中の物を食べてしまって、それから備蓄していた非常食を食べるという順序でいけば無理なく1週間持ちます。

Img_5585

食べ慣れている物、冷蔵庫にある物、これを聞いたときは目からウロコでした。


トイレも重要です。
簡易トイレは、4人家族で1週間に必要な最低枚数が65枚程になります。
かなりの数ですね。おうちにお庭がある方は穴を掘ったなどのお話も聞きました。
簡易トイレを使用する場合でも、元々の洋式便器に袋を被せて使えば取り替えるときに清潔で便利なので、袋もやはり必要なんです。


袋やラップは食器に被せて使うことで、洗い物ができない時に役に立ちます。
なんと、包帯代わりにもできるんです!

Img_5574

Img_5571
大切なことはメモメモ…みなさん真剣です。


食器は、紙を折ったもので代用することができます。実際に参加者で折ってみました。

Img_5604

Img_5610

袋を被せるとお味噌汁も入ります。
紙が薄い場合は同じものを2つ作って、重ねると丈夫になります。


怪我をした時の応急処置も実践しました。

Img_5612

出血している場合は感染予防のため、必ずビニール手袋かビニール袋をしてから処置をします。


Img_5617

骨折の場合は新聞、折りたたみ傘、ラップなど添え木になりそうな物をあてがい、ネクタイやバンダナを使って固定します。お買い物袋をちょっと切って三角巾の代わりにし、さらにネクタイなどで腕を固定すれば安定します。

このように、覚えておくと災害以外でも役に立ちそうなことばかりでした。


セミナーでいただいた“防災マニュアルBOOK”と“災害時の連絡ガイドブック”が一つになった蛇腹折りの冊子は、必要なことがわかりやすくコンパクトにまとめられていて持っていると安心です。この冊子はNPO法人プラス・アーツのサイトで購入することができます。

Img_5593


セミナーの講師をされていた村上さんは『レッドベアサバイバルキャンプ』 という親子で学べる避難生活体験プログラムを各地で実施しています。
楽しみながらどんな状況でもたくましく生き抜く知恵や力を身につけることができるプログラムです。
しらかわ地域でもぜひ実施してほしいですね。


座学のあとは、バーベキューサイトの炊飯棟でお昼ごはんを作りました。
メニューは豚汁と飯盒で炊いたごはんです。

Img_5635_2

Img_5632

Img_5693
飯盒はひっくり返して蒸らすということをはじめて知りました!

Img_5710

Img_5707
ごちそうさまでした^^


災害は“いつか”来るものではありません。“いつも”隣合わせであることを意識し、防災を続けることが安心につながるのだと感じました。

防災月間の9月は、ご家族と防災について話し合ってみてはいかがでしょうか。

参考になるサイトをもう一度掲載しておきますね。

『地震ITSUMO.COM』

『NHK そなえる防災』

それではみなさま、正しい防災を。

文責:コバヤシ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 泉崎村と矢吹町を結ぶ松の木(泉崎村、矢吹町) | トップページ | 秋のイベント情報のお知らせ »

地域づくり」カテゴリの記事

生活」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

震災・復興関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/67321010

この記事へのトラックバック一覧です: 防災セミナー『しらかわ地域を災害に強い街にしよう。』(白河市大信):

« 泉崎村と矢吹町を結ぶ松の木(泉崎村、矢吹町) | トップページ | 秋のイベント情報のお知らせ »