« 未来への希望~震災復興音楽祭、キャンドルナイト~(白河市) | トップページ | 雪残る甲子トンネル(西郷村) »

「ふくしま復興を考える県民シンポジウム2016」が開催されました。(郡山市)

去る3月13日(日)、郡山市のホテルハマツで、
「ふくしま復興を考える県民シンポジウム2016」が開催されました。

Ytl1zhmx_2

福島県と福島大学が主催のこのシンポジウムは、復興の最前線の様々な角度から、
ふくしまの未来を考えます。
当日、会場には約700名の参加者が集まりました。

P3130427

挨拶の後、岩村明憲福島ホープス球団代表・選手兼任監督が講演を行い、その後、『一般社団法人ならはみらい』の西崎芽衣さん、二本松市の『株式会社 ななくさ農園』の関奈央子さん、生キャラメルで有名な『向山製作所』の織田金也社長がそれぞれの取り組みを発表しました。

そしてパネル討論では、『NEWS ZERO』でおなじみのニュースキャスター 村尾信尚さんをコーディネーターに、福島県の内堀雅雄知事、『ふたばの教育復興応援団』の小泉進次郎衆院議員、福島大うつくしまふくしま未来支援センター特任研究員 開沼博氏が、福島県の復興について意見を交わしました。

シンポジウムの内容と会場の様子については、福島民友さんのサイトをご覧下さい。
福島民友:福島の「未来像」議論 ふくしま復興を考えるシンポジウム

また、会場内のスクリーンで『みらいへの手紙~この道の途中から』が放映されました。

P3130437_2

これは10本の短いアニメーションで、ストーリーはすべて実話に基づき、登場人物にはモデルが存在しています。笑えるシーンや心がほっこりするエピソードが多めで、未来へ進んでいく力をもらえるアニメとなっておりますので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

<公式サイト:みらいへの手紙~この道の途中から

P3130439

会場の外では、シンポジウムにちなんだ展示が行われていました。

P3130434

P3130433

P3130435

震災以降、福島県は『復興』を掲げながら未来に向かって進んできました。今回のシンポジウムは、復興とは何なのか、自分たちがこれからしていかなれけばならないことは、自分たちにできることは何なのかを改めて考えるとても良い機会となりました。

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 未来への希望~震災復興音楽祭、キャンドルナイト~(白河市) | トップページ | 雪残る甲子トンネル(西郷村) »

セミナー・展示会・フェア参加」カテゴリの記事

震災・復興関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/64459840

この記事へのトラックバック一覧です: 「ふくしま復興を考える県民シンポジウム2016」が開催されました。(郡山市):

« 未来への希望~震災復興音楽祭、キャンドルナイト~(白河市) | トップページ | 雪残る甲子トンネル(西郷村) »