« 「FIT構想推進協議会 移住体験ツアー実務担当者勉強会」に参加しました。(白河市) | トップページ | 「いいね!地方の暮らしフェア」が開催されました。(池袋サンシャインシティ) »

沢山の人で賑わう恒例行事~白河だるま市(白河市)

去る2月11日(木・祝)、白河市の恒例行事、「白河だるま市」が開催されました。

P1040461

「白河だるま市」は約200年以上も続いている伝統行事で、昔は「市神様」「花市」などと呼ばれていました。昭和49年(1974年)からは、毎年2月11日の『建国記念の日』に行なわれています。(詳しくはこちらをご覧ください。)

例年ですと「白河だるま市」の頃が一番寒いといわれているのですが、お天気の方もこのだるま市を待ち望んでいたのでしょうか。今年は暖かい天候で、気温が上がるにつれ沢山の方がお越しになっていました。

主催者の白河まつり振興会によりますと、今年は例年より多い約17万人の人出で賑わったとのことです。(福島民友より

P1040451

今年はまず先に、天神町の「どんと焼き」に足を運んでみました。

P1040402

P1040405

白河だるま市の「どんど焼き」は、昨年願いを込めただるまや、正月飾りなどを天神町と本町の会場で燃やします。

P1040411

記者も、昨年お願いごとをしただるまをお焚き上げさせていただきました。
(※だるまは、お願い事をする時は写真とは逆の、向かって右側に目を入れます。目を入れる時はご注意ください。)

P1040406

本町のどんど焼き会場にも多くの人が足を運んでいました。

P1040432

こちらは天神町の植木市の様子です。

P1040424

P1040400

露店からはおいしそうな匂いが漂っており、食欲をそそられました。

P1040416

P1040453_2

白河だるま市といえば有名な露店の一つである、野村屋さんの「三笠焼(みかさやき)」。

P1040475

屋台では美味しい三笠焼が作られており、いまかいまかと待ち望む長蛇の列がならんでいました。

Img_4635

この催しのメインであるだるま売り場の会場も、だるまを買い求めにたくさんの人が訪れていました。

P1040474

「だるま」は一番大きいもので高さ75cm、最小は8cmと大小さまざまあり、よくよく見ると顔も一つひとつ違います。

P1040464

記者も今年のだるまを買おうと足を運んでみたのですが、これだけ沢山あると、どれにしようか迷ってしまいますね。

こちらでは、だるまの背中に願い事を書いてもらっています。金の墨で書くのですが、見ているだけでもご利益がありそうですね。

P1040466

人が絶えず賑わった白河だるま市。願いを込めた白河だるまといっしょに、今年も良い一年をお過ごしください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 「FIT構想推進協議会 移住体験ツアー実務担当者勉強会」に参加しました。(白河市) | トップページ | 「いいね!地方の暮らしフェア」が開催されました。(池袋サンシャインシティ) »

イベント情報」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/63912625

この記事へのトラックバック一覧です: 沢山の人で賑わう恒例行事~白河だるま市(白河市):

« 「FIT構想推進協議会 移住体験ツアー実務担当者勉強会」に参加しました。(白河市) | トップページ | 「いいね!地方の暮らしフェア」が開催されました。(池袋サンシャインシティ) »