« 直売所のカフェオープンと国際交流協会講演会のお知らせ(中島村) | トップページ | 「わんぱく広場」と「きらっしぇ」に行ってきました~童里夢公園~(中島村) »

旅人の守り神、国境の神様~境の明神(白河市)

福島県と栃木県の県境にある「境の明神」に行ってきました。

20151111_104334
(※写真撮影日 11月11日)

境の明神は、旧奥州街道に面していて、陸奥(現在の福島県)と下野(現在の栃木県)の国境を挟んで神社がふたつ、建っています。


・福島県側にある神社
20151111_104911

・栃木県側にある神社
20151111_105037

ここの由緒は不明ですが、社殿については、文禄4年(豊臣秀吉が天下を統一していた時代)に、当時、白河を支配していた会津藩主「蒲生 氏郷(がもう うじさと)」によって建てられ、白河藩主「本多 忠義(ほんだ ただよし)」により改修されたという記録がありますが、現存する社殿は火災による焼失のため、弘化元年(江戸時代)に再建されたものだそうです。

ちなみに、会津にある鶴ヶ城は、蒲生氏によって改装された後、蒲生家の家紋が舞鶴だったことにちなんで鶴ヶ城と名付けられたそうですよ。


福島県側の神社は、鎮守の森の木漏れ日の中に厳かな雰囲気でたたずんでいます。

20151111_104613

20151111_104810

20151111_104749

反対に、栃木県側の神社は秋の青い空の下にあります。

20151111_104254

20151111_104431

境の明神は、奥州街道を旅する人々によって、道中安全の神として信仰の対象になっていったのだそうです。旅人たちが国境を無事に越えられるように、ずっと見守ってきたのですね。

20151111_104759

20151111_104455

<境の明神>
 福島県白河市白坂地内





文責:(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 直売所のカフェオープンと国際交流協会講演会のお知らせ(中島村) | トップページ | 「わんぱく広場」と「きらっしぇ」に行ってきました~童里夢公園~(中島村) »

文化・芸術」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/62580892

この記事へのトラックバック一覧です: 旅人の守り神、国境の神様~境の明神(白河市):

« 直売所のカフェオープンと国際交流協会講演会のお知らせ(中島村) | トップページ | 「わんぱく広場」と「きらっしぇ」に行ってきました~童里夢公園~(中島村) »