« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

今年も一年お世話になりました。(ラクラスしらかわより)

月日が経つのは早いもので『師走』と呼ぶのにふさわしく、いよいよ年末・年越しの時期を迎えようとしています。皆さんにとって、今年はどんな一年でしたでしょうか?

Img_0974

今年ラクラスしらかわは、県南地域内外で開催される数多くのイベントに参加させて頂いた他、今年4月にオープンした移住・交流情報ガーデンでセミナーを開催させていただき、移住を考えている方と直接触れあえる機会に多く恵まれました。

1年間、ホームページやブログを見てくださった皆様、本当にありがとうございました。
来年も、県南地方の魅力を伝えると共に、皆さんのお役に立てる相談所を目指していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ラクラスしらかわは、以下の日程で年末年始休業致します。
☆ 年末年始休業 平成27年12月26日(土)~平成28年1月3日(日)

そして来年の予定ですが、来る1月17日に東京ビックサイト西2ホールにて開催される「JOIN 移住・交流&地域おこしフェア」に参加させて頂きます。
イベントの概要につきましてはこちらをご覧ください。

それでは、皆様良い年をお迎えください。

- - - - - - - - - - - - - - -

ラクラスしらかわでは動画などでも福島県県南地域の魅力・情報などをお伝えしています。こちらも合わせてご覧ください。

ラクラスしらかわ YouTubeチャンネル

楽しい福島県県南暮らし(楽南)
※ 運営主体の白河ふるさと回帰支援センターのホームページはこちら
※ 県南地域の物件情報などは、ラクラスしらかわホームページをご覧ください。

- - - - - - - - - - - - - - -

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬直前の犬神ダム(白河市表郷)

福島県南地域にあるダムのひとつ、白河市表郷にある「犬神ダム」に行ってきました。
併せて過去記事もご覧下さい。(※過去記事

Img_2552_2

犬神ダムは、昭和46年に完成した、福島県管理の灌漑(かんがい)用水専用ダムです。
灌漑用水とは農作物の生育に必要な水のことをいいます。

Img_2555

表郷の田畑は犬神ダムのおかげで潤っているのですね。

Img_2548

また、ダム形式は、土を用いて台形状に造られたアースダムとなります。
アースダムは比較的小規模なものが多いということですが、実際のダムを目の前にすると、その大きさに圧倒されました。

Img_2556

近くには採石場がある為、ダムに通じる道はダンプカーが数多く往来しています。
行かれる方はお気を付けくださいね。


<犬神ダム>
白河市表郷金山




文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地キャラに年賀状を送ろう!

暮れも押し迫ってまいりましたが、年賀状の準備はお済みでしょうか?

もう書き終わった方もそうでない方も、ちょっと変わった人物に年賀状を送ってみませんか?

変わった人物・・・そう、県南といえばご当地キャラがたくさんいる地域。
 というわけで、各キャラクターの年賀状の送付先を参考になさってください。


P1020696
 ☆しらかわん☆
   白河市のご当地キャラ 公式サイト⇒しらかわん

 〒961-0905
  白河市本町69
   NPO法人しらかわ市民活動支援会


Photo
  ☆ニシゴーヌ☆  ※正式名称は省略させていただきました。
    西郷村のご当地キャラ 公式Facebook⇒ニシゴーヌ

 〒961-8501
  西白河郡西郷村大字熊倉折口原40番地
   西郷村役場


P1030893
  ☆なかじぞうさん☆
    中島村のご当地キャラ

 〒961-0192
  西白河郡中島村大字滑津字中島西11-1
   中島村役場


P1170153
  ☆やぶきじくん☆
    矢吹町のご当地キャラ Facebook⇒やぶきじくん

 〒969-0221
  西白河郡矢吹町大町181-1


P1060583
  ☆いずみちゃん☆
    泉崎村のご当地キャラ

 〒969-0101
  西白河郡泉崎村大字泉崎字新宿2
   泉崎村役場


Img_2349
  ☆たなちゃん☆
    棚倉町のご当地キャラ たなちゃんの部屋⇒たなちゃん

 〒963-6192
  東白川郡棚倉町大字棚倉字中居野33
   棚倉町役場 企画情報課


Photo_2
  ☆ダリちゃん☆
    塙町のご当地キャラ ダリちゃんのお部屋⇒ダリちゃん

 〒963-5405
  東白川郡塙町大字塙字桜木町388-1(道の駅はなわ内)
   福島県塙町観光協会


P1060474
  ☆ゆうきくん☆
    鮫川村のご当地キャラ

 〒963-8401
  東白川郡鮫川村大字赤坂中野字新宿39番地5
   鮫川村役場 農林課


P1170113
  ☆やまっぴー☆
    矢祭町のご当地キャラ

 〒963-5192
  東白川郡矢祭町大字東舘字舘本66
   矢祭町役場 自立総務課



年賀状を出される場合は、宛名にキャラクター名を必ず書いてください。

キャラクターへの思いはきっと届くはず!
お返事きますように♪


文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

村のファンが集いました~e-村民餅つき交流会~(泉崎村)

泉崎村はインターネットより登録可能な『インターネット村民=e-村民(イーそんみん)』の募集を行っております。
『e-村民』は泉崎村のファンづくりとして、年間を通してイベントを開催していて、泉崎村民でない方が登録でき、泉崎村との交流ができるので村を知るよい機会になっています。

去る12月19日(土)、餅つき交流会が行われました。

会場となった泉崎村中央公民館には50名を超える『e-村民』が県内外から集まり、餅つき体験を楽しみました。

Img_1512

道具の準備も万端です。
Img_1504

Img_1503

蒸かしたてのもち米が臼に入り、まずはつぶしこね。

Img_1526

つぶしこねを終えると、千本杵でつきはじめます。

Img_1539

Img_1538

民謡を歌いながら、つくタイミングを合わせていきます。

大勢でのつきかたが終わると、今度は横杵で力強くつきます。

Img_1547

スタッフによるデモンストレーションは、拍手が起こるほどの迫力でした。

子ども達も挑戦!

Img_1555

Img_1558

Img_1568



Img_1565
たっぷり野菜が入った汁もち、あんこ、きなこ、えごま、わさび、と種類も豊富で、泉崎村産のもち米で作られたお餅はほんのり甘くておいしかったです。
 ※いただいたお餅は機械でついたお餅です。

参加されたみなさんには、お餅と地元産の野菜がおみやげとしてプレゼントされました。

餅つきで交流されたあとは“さつき温泉”に向かいました。
記者は餅つき会場でお別れしましたが、『e-村民』のみなさんの“いい顔”が記憶に残りました。

こういったイベントを通して、地元の方と交流し、地域を知る。回数を重ねていくことでその地域の魅力が深くわかっていくのだと思います。

どんな場所でも、はじめからその土地に住む人の人柄や歴史を知ることはできません。
自分との共通点、やってみたいことがこの地でできるのかという見極めが非常に大切です。だからこそ、積極的に交流しにその土地に足を運んでほしいと思います。

この『e-村民』をきっかけに、実際に移住された方もいらっしゃるそうです。
泉崎村への切符は『e-村民』にあるのかもしれません。興味を持たれた方はぜひ登録してみてください。

WEBサイト⇒泉崎村インターネット村民『e-村民』

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一足早いクリスマス~おひさまひろば「クリスマス会」が開催されました。 (白河市)

12月11日(金)、白河市にある親子のひろば「おひさまひろば」で恒例のクリスマス会が開かれました。

P1040022

「おひさまひろば」は0~3歳のお子さんを持つ家族の方と一緒に遊んだり、親子交流を支援するつどいの場です。

例年はマイタウン白河の中で開催されているのですが、現在大規模な改装工事で閉館の為、今年は白河市北中野原にある白寿園さんの方での開催となりました。

早速ですが、こっそりお邪魔してみましょう。

P1040023

当日はあいにくの大雨で足元が悪い日でしたが、こんなにたくさんの子供たちが集まっていました。記者のカメラが曇ってしまうほど熱気がすごいです!

クリスマスのなりたちのお話から始まり、スタッフの皆さんによるハンドベルや、あわてんぼうのサンタクロース人形劇などが披露されました。

P1040037

P1040059

ハンドベルでは当日寝てしまう子供さんもいた程、会場がやさしい音色に包まれていました。

P1040040

親子で手遊びや体を動かすコーナーでは、歌や音楽にあわせて楽しそうに体を動かしていました。

P1040081

P1040088

P1040094

会場の中で雪に見立てた白いポンポンが降ってくるとみんなおおはしゃぎです。

P1040097

P1040113

楽しいクリスマス会が終わりを迎えたころ、鈴の音が聞こえてきて…

P1040116

なんと、サンタさんが会場にやってきてくれました!

P1040118

一足早いクリスマスに来たサンタさんから会場に来た子供たちに向けてプレゼントが手渡され、みんな大喜びの様子でした。

P1040122

いつもと違う会場での開催となったクリスマス会ですが、来場された親子の皆さんにとってまた一つ、思い出に残る日になったのではないのでしょうか。

「おひさまひろば」は、マイタウン白河が大規模改装工事の為、現在は白河市昭和町にある旧第二児童館につどいの場があります。
今回のクリスマス会以外にも、おひさまセミナー、お誕生会、発育・発達相談ができる「すくすくの日」などのイベントも開催されておりますので、子育てをしているご家族の皆さん、ぜひ子供さんと一緒に遊びにきてみてくださいね。

 「おひさまひろば」
  〒961-0971
  白河市昭和町69-13

  ・利用時間:毎週月曜日~土曜日 10:00~16:00
          (※毎月第一水曜日とカレンダーが赤い日はお休み)
  ・利用料金:500円/1年間(年1回の更新制)
  ・対象年齢:0~3歳

  詳細はこちらをご覧ください。
  http://shirakawa-shienkai.or.jp/ohisama_about

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「全国移住女子サミット2015-地方を選んだ女子の新しい暮らし方-」に参加しました。

去る12月12日(土)、東京で開催された「全国移住女子サミット-地方を選んだ女子の新しい暮らし方-」に参加してきました。

「全国移住女子サミット-地方を選んだ女子の新しい暮らし方-」はにいがたイナカレッジが主催するイベントで、いなか暮らしを実現した先輩移住女子9名をゲストに招いて、移住体験談や現在の暮らしの様子を聞いたり、自分の理想のいなか暮らしの実現についてゲストと参加者が一緒に考えるセッションなどがプログラムされています。

サミット当日、定員の60人を大幅に超える80人以上の参加者が集まりました。

Pc120283

さらに、地方創生担当大臣の
石破茂氏が会場にいらっしゃっていました。

Img_1314

その後、ゲストの移住女子9名がオープニングトークを行いました。農業、林業、漁業、出版業など、移住女子とひとことに言ってもそれぞれ地域との携わり方が違うことに驚きました。

Img_1325

約1時間のオープニングトークの後は、ゲスト9名がテーマ別に分かれてトークをする「トークセッション」が行われました。

Pc120307

どのテーマも、移住を考える女性にとってとても興味深いものばかりでした。ゲストたちは参加者に声をかけながらそれぞれのテーマに沿った体験談やアドバイスをし、とても有意義なやりとりが展開されました。

Pc120318

Img_1349

Img_1344

さらに、会場にはケータリング(顧客の指定する元に出向いて食事を配膳・提供するサービス業のこと)が用意され、今回ゲストに呼ばれた移住女子の住んでいる地域の食材を使った料理が振舞われました。

Img_1296_2

Pc120312

テレビ撮影のカメラが何台もあって、このサミットの注目の高さを感じました。今年、地方創生が始まって「移住」という言葉がすっかり定着しましたが、来年は「移住女子」が定番の言葉になるかもしれませんね。

Img_1323

<にいがたイナカレッジ>
 ホームページ:https://inacollege.jp/

<全国移住女子サミット>
 日程    2015年12月12日(土)(16:00~20:30) 途中退席自由
 場所    the-c(東京都千代田区内神田1-15-10)
 対象    移住女子の暮らしに感心のある方、地方での暮らしを考えている方
 参加費   2000円(フード・ドリンク付き)

 プログラム 16:00~ 開会
 プログラム 16:10~ オープニングトークセッション
 プログラム 17:50~ テーマ別トークセッション
 プログラム 20:30   終了


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚倉の中世城郭を歩く~寺山館ウォーキング(棚倉町)

先月の話題になってしまいますが、ラクラスしらかわのブログで告知させていただいた、11月30日に棚倉町で開催された「寺山館ウォーキング」にお邪魔しました。

寺山館(てらやまだて)とは、南郷(※現在の東白川地区にあたる場所)を支配したと言われる「佐竹氏(さたけし)」が奥州侵略の拠点にした場所と言われており、当時はお城としての役割を果たしていました。

当日は天気が良かったこともあり、約90名の参加者の方が集まりました。

P1030802

今回は スタート地点から棚倉町を歩き、お城の北口から本丸を目指してウォーキングします。

近年、お城に行くことを「城を攻める」と言われる方もいらっしゃるみたいです。
早速ですが、一緒に「寺山館」の城攻めを開始しましょう!

まずは、城攻めの為の準備運動です。今回は、足場が急な場所もあるのでここでしっかりと身体を柔軟していきます。

P1030804

スタート地点の駐車場から道なりに沿って歩いていきます。

P1030813

田園の稲刈りは既に終わっており、棚倉町もそろそろ冬を迎えようとしていました。

P1030815

さっそく城の中へ入っていきましょう。

P1030820

中に入ると山岳ハイキングのようなちょっとびっくりするような坂道が続いていきます。

P1030824

一見して見るとただの山登りのようにも見えますが、この登っている場所は寺山館の中です。

P1030825_2

P1030832

寺山館は、棚倉町の棚倉城や白河市の小峰城のような石垣や水堀が見えるお城ではなく、見た目がお城と判別しにくい「中世城郭」と呼ばれるお城になります。

一般的な特徴としては土塁を堀り積みして造られている山城形式が多いそうで、ラクラスしらかわでもご紹介している棚倉町の赤館や、白河市の白川城がそれにあたるそうです。

土塁は現在の姿を見るとただ土を掘り固めてあるかのように見えますが、それぞれ役割を果たしています。
こちらの平らに広がっている場所は「曲輪(くるわ)」といって、お城として機能していた時は本丸や二の丸のような建物が建てられていたのではないかと考えられている場所です。

P1030828

頂上の本丸に上がるにつれて撮影しながら歩いている記者も、息があがってきました。
城を攻められないための先人の知恵を学ぶとともに、昔の人々の脚力の強さに圧倒されますね。

P1030835

道中寺山館から見える綺麗な景色を眺めながら登っていきますと、本丸の「曲輪(くるわ)」に到着しました。

P1030842

本丸にあたるこの曲輪の大きさは、90名の人がいても大丈夫なくらいにとても広いスペースです。

P1030853

現在は雑木林が生えており、佐竹氏をはじめとする寺山館のお殿様が見たであろう町内の風景を見ることはできませんでしたが、ここから一望する棚倉町の景色も素敵だったのでしょうね。

P1030839

本丸では、お城の入口にあたる「虎口(こぐち)」など、お城の造りや歴史ゆかりの場所などを間近に散策して下山しました。

P1030851

P1030859

スタート地点近くまで戻ると、温かくて美味しいとん汁が参加された皆さんに振る舞われました。

P1030860

佐竹氏や県南のさまざまな武将たちが注目したと言われる「寺山館」。棚倉町の歴史・文化の奥深さを肌で感じる一日となりました。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうぶつ達と共に冬眠に入ります~聖ヶ岩ビジターセンター閉館作業~(白河市大信地区)

今年5年ぶりに山開きを行った『権太倉山』のふもとにある “聖ヶ岩ビジターセンター” の閉館作業をお手伝いさせていただきました。

Img_1439

公式サイト⇒聖ヶ岩ビジターセンター

(関連記事:権太倉山山開きと聖ヶ岩ふるさとの森ビジターセンターオープン

雪が降ると施設に通じる道が通行止めとなってしまうため、冬の間は閉館してしまいます。

12月13日に実施された閉館作業には白河山岳会や聖ヶ岩ふるさとの森を守る会のメンバー、大信地区の事業所、市役所の方々、公募で駆けつけた方など、総勢30名前後が集まりました。

ビジターセンター、バンガロー周辺、隈戸川付近に分かれて作業開始です。

Img_1376

こちらはビジターセンターの二階での作業です。
雨戸の羽目板をつけていきます。

Img_1377

羽目板は丈夫にできているので、
「これなら冬でも営業できそうだよね」なんて話をしながら作業していました。
 しかし、道は通行止めになってしまうのです… 


施設付近の隈戸川では、U字溝の撤去作業が行われていました。

Img_1405
軽々と持ち上がっていますが、実際はかなり重いはず…。


Img_1413
トイレにも板を張り、雪対策は万全です。



そして、一番大変だったのがバンガロー周辺の落ち葉清掃です。

Img_1383

Img_1411

他の作業を終えた方も合流して作業にあたり、2時間ほどでキレイになりました。

Img_1388
~清掃前~

Img_1424
~清掃後~

すっかりキレイになりました。


体を動かしたあとは、ビジターセンターに戻ってみんなでランチタイムです。

Img_1430
名物になりつつある “聖(ひじり)カレー

Img_1437

カレーだけでなく農家のおかあさん特製のお漬物もとてもおいしかったです!

食後の運動と言わんばかりに、ボルダリングをはじめるみなさん。
 本当に元気ですね…見習わねば…
Img_1443


今年から権太倉山の山開きを再開し、キャンプやバンガロー、施設内のボルダリングの利用もはじまったビジターセンターですが、12月21日から冬季休館に入ります。

来年は2016年4月1日からの開館で、4月24日には権太倉山の山開きを開催する予定となっております。
季節に応じたイベントも開催するとかなんとか…来シーズンも目が離せませんね♪

春が来るのが待ち遠しいです。


山の動物も冬ごもりの準備に忙しそうでした。
Img_1401

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きらめく県南!イルミネーション情報

近年では、個人でクリスマスのシーズンにイルミネーションの飾り付けをされるお宅も増えてきましたね。
まちの通りや公園、公共施設でもイルミネーションに力を入れています。
県南のイルミネーションを集めてみました。

まずは塙町のイルミネーションです。

塙町では、塙駅前に光の通りができていました。

Img_1028

Img_1032

来年は申年(さるどし)ということで、おサルさんのイルミネーションもありました。
一筆書きのようでおもしろいおサルさんです。
こちらでは、毎年干支を飾っているようですね。

塙町のイルミネーションは12月中楽しむことができます。

さらに、『塙町コミュニティプラザ』と『道の駅はなわ(塙町観光協会)』にはクリスマスツリーが輝いています。

☆塙町コミュニティプラザ☆
Img_1079

Img_1071

Img_1067

☆道の駅はなわ☆
Img_1019

Img_1026

おうちではなかなか飾れない大きさのツリーに、様々な色の飾りがキラキラとしていて、とてもキレイでした。
クリスマスツリーはクリスマスまでですので、豪華なツリーを見たい方は、お早めにどうぞ。



さて、お隣の棚倉町では、『時の鐘ポケットパーク』にて飾り付けがされていました。

こちらは棚倉町商工会青年部のみなさんが飾り付けを行い、去年よりパワーアップしているということでした。
Img_1036

Img_1038

Img_1039
棚倉町のご当地キャラクター“たなちゃん”も光っています!

青い時計台のようで幻想的でした。
こちらは1月11日まで楽しむことができるそうです。



続いては、鮫川村です。
鮫川村では地元の有志の方で飾り付けがされ、『山王の里』を輝かせていました。

Img_1271

Img_1274
トナカイがかわいいですね。

『真坂農村公園』でもイルミネーションを実施しているという話をききつけ、行ってみますと…
Img_1281
大きなおさるさんに出会えました。

Img_1285
この公園は県道25号線沿いにあり、迫力あるイルミネーションがとても目立っていて、地域の方の心意気が感じられました。



矢祭町は個人のおうちになってしまいますが、ご紹介させていただきます。
 中石井地区にあるKさんのお宅です。
Pc080246

Pc080252
個人宅とは思えない豪華さですね!

毎年実施されているとのことですが、あくまでも個人のおうちですので、観賞される場合は近隣の方の迷惑にならないよう、ご配慮お願いいたします。



最後にご紹介するのは、西郷村です。

Img_1354
『新白河駅 高原口』で点灯されているイルミネーションです。

Img_1356

Img_1362
ふるさとに帰ってきた人、これから都会へ向かう人、駅を利用する理由は様々ですが、イルミネーションの光はどんな人も変わらず照らしてくれます。


イルミネーションは点灯期間が伸びたり、逆に短くなることもありますので、現地に行ったら終わってた…なんてこともあります。その際はご了承ください。

冬の街に花を添えてくれる光の数々は今の時期にしか見ることができません。
ぜひ、県南のあちこちで楽しんでくださいね。

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「新潟・福島・茨城・栃木・群馬 5県合同移住相談会」が開催されました。

去る12月5日(土)、東京交通会館の3階グリーンルームにて「新潟・福島・茨城・栃木・群馬 5県合同移住相談会」が行われました。

Img_2505

これは「FIT構想」福島(F)・茨城(I)・栃木(T)の3県プラス北関東の新潟県、群馬県の5県が毎年開催しているいなか暮らしフェアです。
ラクラスしらかわは今年もブース参加させていただき、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。ありがとうございます。

P1030996

この合同移住相談会では、移住相談ブースの他にセミナースペースがあり、各県のPRタイムや移住体験談の発表イベントなどが行われました。

Img_2499

Img_2511

また、ご来場いただいた方に様々なノベルティグッズがプレゼントされました。

Img_2489

会場の奥には、参加団体のパンフレットが一同に集められたパンフレット置き場があります。ここで色々な土地のパンフレットを見るのも非常に楽しいですね。

Img_2492

Img_2493

今回も移住を考える多くのお客様が相談会に訪れ、各自治体から熱心に説明を受けていました。

P1030999

Img_2498

P1030993

今回の相談会以外でも、ラクラスしらかわでは移住についてのご相談、また物件情報についての相談を承っております。しらかわ地方(県南地域)への移住をお考え・興味のある方はぜひお問合わせください。
 

福島県県南地方定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ
  〒961-0905 福島県白河市愛宕町45(楽蔵内)
     TEL/FAX 0248-29-8595
   URL http://rakuras.com/
※直接事務所へお越しになられる場合は、事前連絡をお願いいたします。

FIT構想推進協議会
     URL http://www.fit-area.jp/

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「野出島の里 新そば交流会」が開催されました。~野出島地域活性化プロジェクト(白河市)

平成27年11月23日(月・祝)、白河市東地区の下野出島で
「野出島の里 新そば交流会」が開催されました。

Img_2385

こちらは、東地区で地域に根ざした活動を行っている野出島地域活性化プロジェクトが毎年開催しているイベントで、野出島地域で収穫されたそばの実で打った手打ちそばと、地場産品を使った天ぷら・煮物などが味わえます。この新そばを食べにわざわざ県外から来る方もいらっしゃるそうで、今年も午前・午後の部ともに各100食の前売券が完売だったそうです。

受付では一時、このような行列が出来ていました。大盛況ですね!

Img_2377

早朝から、野出島地域活性化プロジェクトの男性陣が総出でそばを打っています。

Img_2367

まさに「打ちたて」の手打ちそばですね。

Img_2366

手打ちそばだけでなく、野出島のなたね油でカラッと揚げた天ぷらも人気です。さつまいも・ごぼう・しゅんぎくの3種類があり、塩で食べても良し、てんつゆにつけて食べても良しです。なたね油なので胃がもたれることがなく、いくつでも食べられそうな逸品です。

Img_2375

そして今年も、会場では大正琴の演奏会が開かれ、参加者は懐かしいメロディーを聴きながら新そばに舌鼓を打っていました。

Img_2395

こちらは、手打ちそばのおかわり待ちの行列です。新そば交流会では、食事券1枚につき1杯分の手打ちそばおかわり券が付いています。なんとお客さんの中にはお金を払って3杯目のおかわりを頼む人もいるんだとか・・・!野出島のそばの美味しさがうかがえますね。

Img_2394

今年の「野出島の里 新そば交流会」も、大盛況のうちに終わりました。

野出島地域活性化プロジェクトでは、他にも様々なイベントを開催しています。
ぜひチェックしてみてください。

<参考:過去記事>
 ・野出島の里 菜の花鑑賞会
 ・ホタル探勝会 ナイトハイキング
 ・そばの花見会&ミニコンサート
 ・福島県県南地域の狛犬見学会

<野出島地域活性化プロジェクト>
 ・ホームページ  http://nodejima.org/


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まほろん感謝デーが開催されました~まほろん~(白河市)

去る12月6日、「まほろん感謝デー」にお邪魔してきました。

Img018_3

まほろんの正面玄関前にはアクアマリンふくしまの「移動水族館」が来ていました。

Dscn0637

Dscn0623_2

移動水族館は外に設置されていた為、風が冷たかったのですが、たくさんの家族連れで賑わう姿が見られました。

Dscn0630

アクアマリンふくしまのキャラクター「権兵衛(ごんべえ)」も来てましたよ。

Dscn0642

中に入るとさらにたくさんの人で賑わっていました。

Dscn0705

Dscn0706

こちらは、わくわクニイさんの「工作教室」です。
クリスマスのリースやアクセサリー作りが行われていました。

Dscn0683_2

きなこ挽きの体験もありました。
自分で挽いたきなこで食べるお餅は格別でしょうね。

Dscn0690

ヒーローショーもあり、子供達が所狭しと押し寄せ声援を送っていました。

Dscn0700

そして、この後に子供達が押し寄せたのはこちら、「まほろん×宝さがし まほろんの謎を追え!!」です。

Dscn0694

ポスターを見てみたら楽しそうだったので、私も子供達に紛れてまほろんの謎を追ってみました。

Dscn0696

館内のどこかにこういった宝箱やキーワードが隠されており、ヒントを元にそれらを見つけ出していくゲームでした。

Dscn0670

また、抽選会もあり、まほろん賞とワクワク賞合わせて80個の景品が用意されていました。
残念ながら私はどちらも当たりませんでしたが、一喜一憂する会場の雰囲気を楽しむことが出来ました。

抽選会の他にも屋外で様々なイベントが催されていました。

Dscn0653

Dscn0650_2

こちらは予約制の縄文カフェで、中ではコーヒーやクッキーをいただくことが出来ました。

Dscn0643

こちらは弓矢体験です。
やり方がわからない子には職員の方が丁寧に教えてくれていました。

Dscn0636_2

この日たくさんの人で賑わっていた「まほろん」は、福島県内の遺跡から見つかった土器や石器などを収蔵、展示している施設です。
展示品を見るだけでなく、勾玉作りなどの体験学習もいつでも出来ますので、ぜひ皆さまお誘い合わせの上お出かけくださいね。


<まほろん>
白河市白坂一理段86


文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「クラインガルテン下郷」を見学してきました。(南会津郡下郷町)

みなさんは「クラインガルテン」をご存知でしょうか。
「クラインガルテン」は、ドイツで200年の歴史を持つ「農地の賃借制度」のことを言います。日本では「滞在型市民農園」という通称があり、基本的に畑と滞在・休憩が出来る場所(小さなログハウスのような建物)を年単位で貸し出します。

福島県には、南会津郡下郷町に「クラインガルテン下郷」があります。

Img081

去る11月27日、こちらの「クラインガルテン下郷」の見学に行ってきました。
下郷町は会津地域ですが、県南地域にある西郷村の隣にあるので、車で約1時間で着きました。中央にあるクラブハウスの前が駐車場になっています。

Img_2416

入り口には、立派なトラクターが置いてあります。

Img_2413

クラブハウスの中にお邪魔すると、手描きの看板が置いてありました。あたたかい歓迎の言葉と一緒に描かれているのは、下郷町のご当地キャラ「しもごろう」です。

Dscn0388

この可愛らしい看板を描かれた、下郷町役場産業課の鈴木さんです。今回はこちらの鈴木さんにクラインガルテンを案内していただきました。ありがとうございます。

P1030798

クラブハウスは交流施設として機能していて、会議室や調理室などがあります。また、室内には薪ストーブがあり、寒い冬も部屋の中はポカポカなんだそうです。

Dscn0397

燃料に使う薪は、クラブハウスの外壁に沿って積んであります。ここにある薪の量で、なんとあと10年は余裕でもつとのこと。薪ストーブは、実はとても燃費がいい暖房器具なんですね。

Img_2479

さっそくクラインガルテン内を案内していただくと、整備された道沿いに、ロッジを思わせるような建物がいくつも並んでいます。

Img_2449

建物には畑が隣接しています。この建物が一棟と隣接する畑で、一区画になります。

P1030778

ここを利用している皆さん、思い思いの畑を作っていらっしゃいます。どの畑も綺麗に整備されていて、荒れているところは一つもありません。

Img_2447

12月ということで、冬季は雪が降るためほとんどの方が帰省してしまうそうですが、畑にはまだまだたくさんの立派な野菜が実っていました。

Img_2444

畑の隣に建っている30㎡のラウベ(休憩施設)は居間、キッチン、バス、トイレ、ロフト、テラス付きで、長期滞在が可能になっています。

P1030784

Img_2448

ラウベの中も見学させていただきました。少人数で滞在するのに丁度よい広さで、建物自体も新しくて綺麗です。

P1030763

ロフトにある窓からは、綺麗な星空が見えるそうですよ。農園作りだけでなく、天体観測にも最高の場所だそうです。

Img_0751

知らない土地に突然移住するのは不安・・・という方にも、年単位で滞在できるクラインガルテンは非常にお奨めです。まずはここに滞在して農業や庭作りをしながら、その土地の気候や住みやすさを感じ、地域の方々と交流を重ね、そのうえで本格的にその土地に移住するかどうかを決めることができます。
移住を考えている方は、ぜひクラインガルテンの利用を検討してみてください。
ラクラスしらかわの過去記事も、併せてご覧下さい。

<過去記事:週末は農園で

Dscn0411_2

最後に、下郷クラインガルテンでは現在2匹の迷い猫を保護していて、
飼い主を募集しています。どちらも若いメス猫で、とても人に馴れています。

★茶色ががった長毛の黒猫

Img_0761

★丸顔が愛らしい短毛の三毛猫

Dscn0379

★2匹でのびのび。
Img_2419

★スタッフが近づいても全く逃げず、撫でられるのを待っています。
Dscn0370

気になった方は、下郷町役場 産業課 農林係(℡:0241-69-1188)
又はクラインガルテン下郷管理室(℡:0241-69-3000)までお電話ください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

<クラインガルテン下郷>
 問い合わせ先
 下郷町役場 産業課
 〒969-5345 福島県南会津郡下郷町大字塩生字大石1000番地
 TEL:0241-69-1188
 FAX:0241-69-1167
 URL:http://www.town.shimogo.fukushima.jp/

<クラインガルテン下郷ブログ>
 http://www.town.shimogo.fukushima.jp/nouen/blog/

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みんなのヒカリ~駅前イルミネーション~(白河市)

冬の風物詩といえば、雪。…に続くのがイルミネーションだと思っているのですが、寒くなってきますとなかなか外へ出る気持ちも減ってきてしまいます。

そんなとき “明かり” をみると不思議と心が暖かくなりませんか?

去る、12月4日(金)白河駅前で、毎年恒例になりました白河駅前イルミネーション『みんなのヒカリ~駅前イルミネーション~』の点灯式が行われました。
Photo_2

点灯式を盛り上げる和太鼓の迫力ある演舞が披露されました。
カウントダウンに合わせて点灯スイッチが押され、一斉にイルミネーションが点灯されると周囲から歓声があがりました。
ゲストで駆けつけた白河のご当地キャラ“しらかわん”も一緒にスイッチを押しましたよ。
Img_0889

Img_0975
これからしばらく、白河の夜が華やかになりそうです。

今年は白河商工会議所青年部が地元の学生や企業、団体が力を合わせ、ペットボトルツリーを製作しました。
Img_0911

Img_0899

Img_0900
この一番大きなツリーは3メートルくらいあります。

Img_0967
昼間に見るとカラフルなツリーですが、夜はこんなに幻想的な雰囲気になりました。

ヒカリのトンネルも登場。
Img_0913

Img_0910
トンネルを通る人々はみんな楽しそうです。

こちらは『はたらくくるまイルミネーション』です。インパクトがあり、普段は目立たない作業をしているショベルカーが光で装飾され、輝いていました。
Img_0924


同時開催された『YEG 冬屋台祭』も大いに盛り上がりました。
 YEGとは、商工会議所青年部(Young Entrepreneurs Group)の略語です。
Img_0864_2

Img_0918

白河だけでなく、白河に縁(ゆかり)のある地域の商工会議所青年部のみなさんや店舗が出店しました。
○茅ヶ崎商工会議所青年部...らーめん達
○郡山商工会議所青年部...岸田食堂
○春日部商工会議所青年部...からあげ光苑
○福島商工会議所青年部...俺の窯
○白河商工会議所青年部...和(なごみ)、ラーメン英(はなぶさ)
○中心市街地チャレンジ枠...焼き肉ダイニング 蘭

Img_0919

Img_0920
のれんから立ち昇るごちそうの湯気や香りが食欲をそそり、あたたまった会場に来場者が吸い込まれていきました。

屋台イベントは翌日も開催され、北風が吹きはじめた白河をあたためていました。
白河では食べることのできない味を満喫することができたのではないでしょうか。


白河駅前イルミネーションは来月1月31日(日)までの期間、毎日17:00~24:00まで楽しむことができます。
そして、このイルミネーションはこれで完成ではないそうです。少しずつバージョンアップして、完成するのは12月下旬です。完成の際は、また何か催しがあるとか…楽しみですね♪

寒い夜は光あふれる白河駅前でほっこりしてみてはいかがでしょうか。

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わんぱく広場」と「きらっしぇ」に行ってきました~童里夢公園~(中島村)

先日、「童里夢公園(どりいむこうえん)」の紅葉を紹介しましたが(※過去記事)、今回は童里夢公園内の「わんぱく広場」、モニュメント広場に出来た直売所「KIRASSHE(きらっしぇ)」を紹介していきたいと思います。

わんぱく広場は、よかっぺ時計があるモニュメント広場とは反対側に位置しています。

Dscn0543

Dscn0538

写真では晴れているように見えるのですが、前日の雨で地面がぬかるみ空も曇っていた為、残念ながらこの日は人の姿を見ることは出来ませんでした。
晴れた休日などには元気に走り回る子供達で賑わっています。

Dscn0499

こちらが広場内の大型遊具です。

Dscn0501

Dscn0505

この大型遊具の後ろにはターザンロープもあります。

Dscn0515

こちらのターザンロープは人気があり、休日には子供達が列を作って遊ぶ様子が見られます。

Dscn0534

遊具がある広場の他に広い芝生もあり、こちらでも思い思いの遊びをすることが出来ますよ。

Img_0932

また、よかっぺ時計があるモニュメント広場の方には、直売所「KIRASSHE(きらっしぇ)」が10月にオープンしています。

Img_0937_2

中島村で採れた新鮮な野菜や特産物などを買うことが出来ます。

Img_0929

Img_0952

12月5日には併設するカフェもオープンし、童里夢公園はますます活気溢れる場所となりそうです。

Dscn0564

よかっぺ時計の周りは先月来たときには色づいていましたが、その葉も綺麗に落ちていて冬の訪れを感じました。
この枝が白く染まる日も、すぐそこまで来ています。


<童里夢公園>
西白河郡中島村滑津中ツ島


文責:M (ラクラスしらかわ 
http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅人の守り神、国境の神様~境の明神(白河市)

福島県と栃木県の県境にある「境の明神」に行ってきました。

20151111_104334
(※写真撮影日 11月11日)

境の明神は、旧奥州街道に面していて、陸奥(現在の福島県)と下野(現在の栃木県)の国境を挟んで神社がふたつ、建っています。


・福島県側にある神社
20151111_104911

・栃木県側にある神社
20151111_105037

ここの由緒は不明ですが、社殿については、文禄4年(豊臣秀吉が天下を統一していた時代)に、当時、白河を支配していた会津藩主「蒲生 氏郷(がもう うじさと)」によって建てられ、白河藩主「本多 忠義(ほんだ ただよし)」により改修されたという記録がありますが、現存する社殿は火災による焼失のため、弘化元年(江戸時代)に再建されたものだそうです。

ちなみに、会津にある鶴ヶ城は、蒲生氏によって改装された後、蒲生家の家紋が舞鶴だったことにちなんで鶴ヶ城と名付けられたそうですよ。


福島県側の神社は、鎮守の森の木漏れ日の中に厳かな雰囲気でたたずんでいます。

20151111_104613

20151111_104810

20151111_104749

反対に、栃木県側の神社は秋の青い空の下にあります。

20151111_104254

20151111_104431

境の明神は、奥州街道を旅する人々によって、道中安全の神として信仰の対象になっていったのだそうです。旅人たちが国境を無事に越えられるように、ずっと見守ってきたのですね。

20151111_104759

20151111_104455

<境の明神>
 福島県白河市白坂地内





文責:(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直売所のカフェオープンと国際交流協会講演会のお知らせ(中島村)

あたたかい飲み物が恋しい季節ですね。
おうちではなくお店でいただくコーヒーはまた格別です。

このほど、中島村にカフェがオープンするとのお知らせをいただきました。
Photo
“KIRASSHE きらっしぇ”は中島村の直売所として10月にオープンしました。

こちらの店舗に12月5日からカフェスペースができ、軽食や喫茶ができるとのこと。
写真を見ているだけでもおいしそうです。

オープニングイベンでは、中島村在住の口笛奏者 髙木満理子さんのコンサートやビュッフェの試食があります。

<きらっしぇカフェ オープニングイベント>
開催日時:12月5日(土) 午前10時~
場   所:中島村大字滑津字中ツ島33-1(童里夢公園なかじま内)
お問い合わせ:TEL 0248-52-3434


さらに、翌日12月6日には中学生による国際交流の報告会とタレントで元大相撲大関のKONISHIKIさんの講演会が行われます。
Photo_2

<中島村中学生海外派遣事業報告会>
開催日時:12月6日(日) 午後1時~2時
 海外派遣に参加した中学生が成果を発表します

<KONISHIKIが見たニッポン>
開催日時:12月6日(日) 午後3時~(午後2時30分開場)

報告会と講演会は同じ会場 『中島村生涯学習センター 輝ら里』 で開催されます。

今週末は中島村に足を運んでみてはいかがでしょうか。

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬用タイヤに換えましょう!~車の冬季の利用方法について

12月に入り、季節もいよいよ冬へと移ろいつつありますね。
この時期になると冬ならではの催し物も数多く見受けられるようになりますが、県南地域ではこんな標識も見るようになりました。

「冬タイヤへの交換はお早めに!!」

Fuyutaiya

「冬タイヤ」とは、「スタッドレスタイヤ」のことです。

今回は田舎暮らしに必要不可欠な車の冬季の利用方法について少し触れてみたいと思います。

県南地域では、積雪量はそれほど多くはありません。10~20㎝ほどの積雪が年に2~3回ある程度です。(過去記事)

Dscn4902

☆矢吹町・大池公園

屋根の雪下ろしなどは必要ありませんが家の周りの雪かきは、多少必要になります。

雪が無い日でも道路の路面凍結もあるので通常のタイヤでは危険です。
冬季は、スタッドレスタイヤ(冬用タイヤ)やチェーンなどが必要になります。

スタッドレスタイヤの取り換えは、各自宅やご自身で交換を行なう他、自動車ディーラー、車用品店、ガソリンスタンドで取り換えをお願いする方もいらっしゃいます。(過去記事

そして雪が降った時は車用の雪かきグッズがあります。
こちらはスノーブラシといって、これで窓やサイドミラーなどについた雪かきができます。

P1030690_2

他にも移住先の積雪量によってはスコップや古いタオルなども便利になる場合があります。詳しくはこちらも合わせてご覧になってみてください。(JAFホームページより

いかがでしたでしょうか?
田舎暮らしをする際には、現地に何度も足を運ぶことが大切になってきます。
ぜひこの機会に県南地域へお越しいただき、実際の積雪量を確かめてみてください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋色のじゅうたん~台宿薬王寺薬師堂~(塙町)

一日一日と寒さが増してきたように感じられ、季節が移り変わるデリケートな時期となりました。

11月は雨や曇りの日が多かったように思いましたが、そんな雨雲の隙をついたような晴れの日、塙町の大きなイチョウを見に行ってきました。

Img_0731
☆撮影日 平成27年11月24日☆

『台宿薬王寺薬師堂』です。
お寺については関連記事を参照ください。
 (関連記事:古くからの信仰の地「台宿薬王寺薬師堂」(塙町)

連日の雨で落葉の心配をしながら向かいましたが、やはり葉はだいぶ落ちてしまっていました。
Img_0684

Img_0693
塙町観光協会さんからお聞きしたところによると、樹木管理の剪定で今年の色づきはまばらになっているとのことでした。
落葉している枝が大半でしたが、まだ青を残している枝もちらほら。

先日取材させていただいた『川上の東浄寺』では、歩を進めるたびに銀杏の香りがしていましたが、こちらのイチョウは全く香りがしないので、どうしてなのか不思議に思っていました。
Img_0688
調べてみたところ、イチョウには雌の木と雄の木があり、実をつけるのは雌の木だったのです。

知りませんでした…そういえば並木道の街路樹に植えられているイチョウが臭ったことはないですね。
このことから、『台宿薬王寺薬師堂』のイチョウは雄だということがわかりました。
ちなみに、花粉は1km先までも風に乗って飛んで行くそうです。

広がった黄色のじゅうたんは踏むとやわらかく、風が吹くたびにまた降り積もります。
Img_0689


境内の裏手には楓の木が赤く色づき、小高い場所から“お仮屋”と呼ばれているお堂を見ることが出来ます。
Img_0712

Img_0715

お仮屋をふと見上げると、獅子や象がいました。
Img_0705

Img_0709
中に安置されている薬師如来を守っているのでしょうか。
“象”は珍しい感じがしますね。

12月に入りましたので、イチョウの葉は落ちてしまったかもしれません。
今年を逃してしまった方は、次のシーズンに秋色のじゅうたんを見に訪れてみてください。


<台宿薬王寺薬師堂>
 東白川郡塙町大字台宿字大久保53


大きな地図で見る

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »