« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

自然溢れる清水寺(白河市)

白河市表郷の清水寺(せいすいじ)にやってきました。

P6250051

木々が生い茂り、とても静かな場所でした。

P6250048

橋の下には綺麗な川も流れており、澄んだ空気を感じることが出来ます。

Img_9189

橋を渡ると見えてくるのが清水寺です。
こちらには、福島県の重要文化財に指定されている金銅装の笈(おい)があります。
笈とは、修験者などが仏具、衣服、食器などを収めて背負う箱のことだそうです。
清水寺にある笈は、仏具を飾る為に使用されていたようですね。
詳しくはこちらをご覧ください。→白河市ホームページ

Img_9190

白河市指定天然記念物の菩提樹もあります。
菩提樹に関してはこちらをどうぞ。→白河市ホームページ

P6250071

P6250076

清水寺のすぐお隣には近津神社という小社がありました。

P6250077

P6250087

今は青々としているもみじやいちょうも秋にはとても綺麗に色づく事と思います。
その時期にもまた訪れてみたいなと思いました。
きっとまた違った印象の清水寺に出会えそうですね。


<清水寺(せいすいじ)>
福島県白河市表郷金山字犬神地区



文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新白河駅周辺を散策してきました(西郷村)

Img_9156

東北の玄関口、新白河駅にやってきました。

新白河駅の東側、西側にそれぞれある公園に行ってみたいと思います。

P1170545

まずは駅の正面(東口)、ホテルサンルート白河の近くにある「道南東公園」に立ち寄りました。

Img_9141

P1170563

P1170564

あじさいがとても綺麗に咲いていました。

P1170579

次は駅構内を通り、高原口の方へと出てきました。

駅を出て、向かって右側に見えてくるのが「道南西公園」です。

P1170585

Img_9169

Img_9165

こちらの公園には遊具がたくさんあり、親子連れの姿が見られました。

東公園ではまったり休憩、西公園は元気に遊べる、そんな印象を受けました。

是非、お立ち寄り下さいね。

文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で作るとおいしいね~子どもと楽しむ食育セミナー~(白河市)

“食育”という言葉を耳にするようになって、自分だけでなく家族が口にする
食べ物を少しだけ気にするようになってきました。

しかし、言葉を知っているだけで食育とはどんなものかわからないでいました。

幼い頃、どうやって苦手な食べ物を克服してたかな?
そんなことを考えながら、去る6月19日(金)『子どもと楽しむ食育セミナー』に
お邪魔しました。

P1030644

セミナーの会場となった あったかステーション楽 に集まったのは3~6歳の
子ども達とおかあさん。
あったかステーション楽はお弁当やお惣菜の販売をしているお店です。

P1030566
みんなエプロンとバンダナで準備万端!


前半は、管理栄養士のすぎた先生から食べ物について学びました。
P1030572
「これは何の葉っぱでしょうか?」

手渡された葉っぱの匂いをかいだり、感触を確かめたりして答えを探します。

「匂いがキャベツだよー」
「にんじん!」

 など様々な答えが元気よく飛び交いましたが、答えは“セロリ”。

P1030576
本物の野菜に触れて実際に調理し、色や形、匂い、触感、味、調理の音などの
五感を育みます。

赤い食べ物は血や肉に黄色の食べ物は力の元に緑の食べ物は体の調子
を良くする

食べ物にはそれぞれに仕事があって、バランスよく食べないと病気になったり、
お腹の調子が悪くなったりしますよと先生。

P1030588

食べ物のことがわかってきたところで、さっそく何か作ってみましょう。
今回作るメニューはこちらです。
P1030615

野菜スープには子ども達が自分で型抜きをしたはんぺんが入ります。
P1030607

P1030609
スープに入れる具材を自分で選んで…苦手な食べ物も入れたかな?

P1030598
一つ一つの食材には栄養やどんな効果があるかがわかりやすく書かれていて、
子どもに説明しながらおかあさんも食材について再確認しているようでした。

フルーツヨーグルトに入れるバナナを切っていきます。
P1030624
なかなか上手な手さばき。
包丁ではなく、ナイフを使えば安全で楽しく調理できますね♪

砂糖は4種類の中から味見をして好きなものを入れました。
P1030595

P1030626

みんなできたら「いただきまーす!」

P1030627

P1030633
「おうちの味と違うけどおいしーい」

子ども達はみんなおいしそうにほおばっていました。
味の違いがわかることも楽しさに変わります。

苦手な物を食べることができた子は、どこか満足気な表情です。
自分で作ることで、苦手な物も食べられてしまう魔法にかかったのでしょうか。

P1030636_2

料理を作る楽しさが、食べる喜びを大きくしたことは間違いないようでした。


次回の時期は未定ですが、また開催するそうです。
お問い合わせ:株式会社 楽市白河 0248-27-1448

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初夏の大池公園~矢吹町~

Img_9128

矢吹町にある大池公園にやってきました。

Img_9112

大きな池には蓮の花やスイレンが見られました。

Img_9096_2

P1010025

とても綺麗ですね♪

P1010038

あじさいも見頃でした!

P1010047

子供達が喜びそうな遊具もありました。

周りにあるたくさんの木のおかげで日陰になっており、暑い日でも比較的涼しく遊べそうです。

池の周りを散歩したり、公園で遊んだり、ご家族などで出掛けてみてはいかがでしょうか?(^-^)


<大池公園>
〒969-0238 福島県西白河郡矢吹町大池





文責:M (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あじさいの花が咲きはじめました。~谷津田川せせらぎ通り(白河市)

白河市の谷津田(やんた)川沿いにある「谷津田川せせらぎ通り」に行ってきました。

Img_9033
(※写真撮影日 平成27年6月19日)

ここは通り沿いにあじさいの花が植えられていて、毎年とても綺麗な花を見せてくれます。

Img_9040_2

こちらはガクアジサイです。中央の青い粒がどことなく雨粒を連想させますね。

Img_9064

さらに通りを歩いていくと、白いあじさいも咲いていました。

Img_9085

Img_9083

白だけでなく、青やピンクのあじさいも見ることができます。

Img_9075

Img_9065

昨年は、6月下旬~7月はじめにかけて満開になりました。
今年の見ごろもそろそろです。とても楽しみですね♪

<過去記事:谷津田川にあじさいが咲きました。(2014年7月)>

Img_9088



文責:ま (ラクラスしらかわ 
http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湖面を彩る水の精~南湖公園の睡蓮~(白河市)

夏が目の前になると南湖の湖面の一部は淡い色~濃い色の清廉なピンクで
にぎわいを見せます。

そう、睡蓮の花です。

P1030540
☆平成27年6月22日撮影

外国では水の精にたとえられるこの花の開花期間は2~3ヵ月。
意外に長いですよね。
閉じているつぼみもたくさんありました。

花の集まりはまるで海に浮かぶ大陸のようです。
Img_8987

Img_8995

P1030538

南湖では、ピンクの他に白色の睡蓮も見ることができます。
この白い睡蓮は南湖の他に「日本庭園 翠楽苑」前の池にも咲いています。

Img_8966

P1030535
散り際のさつきとのコントラストが綺麗です。

開花時期も葉の形も似ていることから睡蓮と混同されがちな「蓮(ハス)」との
違いは、翠楽苑の古代蓮が咲いたら比べてみることにしましょう。

P1030549
水面から黄色い花弁をのぞかせているのはコウホネです。
コウホネの咲くスポットはわずかなので、南湖周辺を散策しながら探してみてください。

ヒントは過去記事の中に・・・(南湖公園で睡蓮の花が開花)


セミの鳴き声に夏の訪れを感じました。
P1030553

お花を楽しんだ後は、無料休憩所 楽楽『らくおう』(らら らくおう)で一息。
P1030498

こちらの 楽楽『らくおう』はセルフサービスのお茶が置いてあります。
持ち込みができるので、お弁当やお菓子を持って散策したいですね。

P1030494

P1030511

P1030487

福島県南地域の農産物や加工品の販売もしていて、現地まで行かなくても
県南9市町村のこだわりの逸品を手にすることができます。

P1030512

P1030638
奥には広々とした座敷があり、団体での利用も可能です。

ゆったりした気持ちで南湖の四季を感じに来てください。

<楽楽 らくおう>
営業時間 10:00~16:00
定休日 火曜日(7月は水曜日)
お問い合わせ 0248-23-3356
 ※事前のご連絡でイベントや宴会で座敷の貸出可能


しっとりと緑に包まれた6月の南湖公園でした。
P1030556

P1030557

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝ごはんを食べに行こう!~朝市 しらかわマルシェ開催のお知らせ~(白河市)

梅雨雲が頭上を行ったり来たり…気持ちまでジメジメしてしまいそうですが、
そんな気分を吹き飛ばしに朝市に出かけてみませんか?

来る6月28日(日)より、『朝市 しらかわマルシェ』が開催されます。
6月から11月までの間、毎月1回JR白河駅西側「白河駅前イベント広場」で
開催されるこの朝市には、毎回新鮮な農産物・加工品・特産品・手芸品・古着
やその場で食べられる物まで、数多くの品々が並びます。 

Img033

今年1回目の目玉は “贅沢朝ごはん!!” です。
この朝ごはんは1食200円で食べることができます。
8:30からの提供開始で、限定300食なので早めに会場へ行きたいところですね。
メニューの内容が気になりますが、何が出るかはお楽しみだそうです。

詳しくは、6月26日(金)の新聞折込チラシをチェックしてみてください。
チラシが配布されない地域の方は(公財)白河観光物産協会のホームページ
ご覧いただくか直接お問い合わせください。

<朝市 しらかわマルシェ>
 開催場所:白河駅前イベント広場
 開催時間:午前8時~正午まで(雨天決行 荒天中止)
 開催日:
  平成27年6月28日、7月26日、8月30日、9月20日、10月18日、11月15日
                                        ※開催日時は変更にある場合があります。
 主催:公益財団法人 白河観光物産協会
 お問い合わせ:公益財団法人 白河観光物産協会 0248-22-1147

また、『朝市 しらかわマルシェ』では7月以降の出店者を募集しています。
白河の朝市に出店してみたい!という方はコチラまで→

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏越大祓の茅の輪~南湖神社(白河市)

2015年に突入してから早くも半年が過ぎ、
県南地域では梅雨の曇り空が続いています。

さて、毎年6月になると南湖神社の境内に「茅(ち)の輪」
置かれるのはご存知でしょうか?

Img_8942

南湖神社の参道を進んでいくと、境内に大きな「輪」が鎮座しています。
これが「茅の輪」です。

Img_8945

茅の輪の隣にある看板には、

「水無月の夏越の祓する人は千歳の齢延ぶというなり」と
古来うたわれています。茅の輪を左・右・左と三度くぐりぬけて
魔よけの霊力を心身に宿し、無病息災・延命長寿にお過ごし下さい。


と、書いてあります。

Img_8949

神社などでは6月と12月に「大祓」(おおはらえ)と呼ばれる除災行事があり、6月の大祓は「夏越の祓」(なごしのはらえ)と呼ばれているそうです。この夏越の祓は、新しい年が明けてから半年が経ち、体に溜まった穢れや厄災を茅の輪をくぐることで祓い落として、残りの半年間を無事に過ごせるようにとの願いを込めて行われます。

南湖神社に来ていた観光客の方々も、境内の輪をくぐって無病息災を願っていました。

Img_8960

皆さんも茅の輪をくぐって今年の下半期に備えてみてはいかがでしょうか?

P1030531


<南湖神社>
〒961-0811 福島県白河市菅生舘2
ホームページ:http://nankojinja.server-shared.com/


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八幡神社の狛犬~八幡神社(塙町)

福島県県南地域には、様々な狛犬がいます。
小林和平や小松寅吉、野田平業などの名匠によって創り上げられた作品は石工たちに大きな影響を与え、県南地域に狛犬文化が花開きました。

<過去記事>
 ・『大信地区の狛犬』(2014年7月)
 ・「狛犬見学会」が行われました(2014年12月)
 ・『狛犬たち』~白河市(2015年3月)

今回も、個性的な狛犬に会うため、
塙町にある「八幡(はちまん)神社」に行ってきました。

Img_8836

石段を登りきると、鳥居と共に狛犬が姿を現しました。

Img_8839

こちらがその狛犬です。なんと後ろ足で立ち上がっています。

Img_8840

後ろから見るとこのような感じです。

Img_8843

反対側の吽狛も、後ろ足で力強く立っています。

Img_8863

その背後に回ると、狛犬の子供がちょこんとくっついていました!
とても愛らしいですね。

Img_8855

ちょうど小型犬くらいの大きさです。そしてこのポーズ。(台座と子供はしっかりくっついてるので実際は不可能ですが)手を伸ばして、ひょい、と抱っこできそうです。

Img_8861

後ろだけではなく、前方にも一匹いました。

Img_8856

こちらも、ちょこんとお座りをしている小型犬のようで可愛かったです。

Img_8860
<※八幡神社の狛犬  昭和9年 石工・・・後藤豊春>

それから、神社の奥にある本殿へ進もうとすると、ブンブンブンと不穏な音が耳に飛び込んできました。どうやら境内にある木の幹に出来た空洞に、蜂が巣を作っているようです。記者は上下ともに黒に近い色の服装だったため、これ以上行くのは止めました。(蜂は本能的に黒を敵だと認識して襲ってきます。)
訪問される方は充分にご注意下さい。

Img_8887

<八幡(はちまん)神社>
福島県東白川郡塙町常世北野八幡298


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来へ向かって走る子ども達~未来くるやぶき~(矢吹町)

3月に矢吹駅東口側にオープンした親子が遊べる運動場 『未来くるやぶき(みらくるやぶき)』 へお邪魔してきました。

P1030410

P1030476

『未来くるやぶき』は矢吹町屋内外運動場の愛称です。
この愛称は公募の中から決められ、「矢吹町にすてきな未来がくるように。子ども達が未来に向けてがんばるように」と名付けられました。 覚えやすい名前ですね。

P1030412

さっそく、施設の中をご案内していきましょう。

入り口を入ってすぐに施設の利用案内があります。お隣には体操のおにいさん・佐藤 弘道さんの直筆のメッセージが飾られていました。

P1030472

P1030473

施設を利用する前に、まずは受付で利用登録をしましょう。
利用登録の際に発行される利用カードのスタンプを集めると、オリジナル缶バッジが貰えます。
たくさん遊んでGETしてください!

P1030425

P1030469

受付が済んだらいよいよ中へ入ります。
荷物が邪魔な場合は受付の左手にコインロッカーが設置されているので、利用してください。(入れたお金が戻ってくるロッカーです)
P1030435

P1030431

床がはフローリングとマットで区切られていて、フローリングの場所でのみ給水ができるようになっています。遊具も清潔で安心安全です。

給水や休憩のために小さな机と椅子が置かれていました。
その他に、トイレには中の様子がわかるようにドアの高さが低いスペースがあったり、手洗い場も低く小さくできていたり、本当に子どものための施設だということがわかります。

P1030433

P1030428

授乳室やベビーベッドも完備されているから、赤ちゃんを連れたお母さんも安心ですね。

施設環境だけでなく、もちろん遊び場も充実していましたよ~♪

P1030414

ここはベビーコーナーです。
小学生以下のお子様が遊ぶことができます。

P1030416

施設内のどの遊具もしっかりできていると思っていたら、スタッフの方に大人も遊べる遊具だと教えていただきました。
そう、未来くるやぶきは親子で遊べる施設なんです。

P1030423
こちらは人気のエアキャッスルです。
空気で膨らんでいて、壁も高いので、どんなに飛び跳ねても安全です。
乗り心地はトランポリンのようでした。

P1030460

P1030440
壁側にはクライミングウォールがあり、上まで登ってみたり横に移動したりと自由に動くことができます。ゴールしたらベルを鳴らす仕組みで、目標を持ってチャレンジできそうです。

P1030446

P1030447
エアトラックでは、小さい子も大きい子も関係なく走り回っていました。
はいはいの赤ちゃんも行ったり来たりするそうです。

P1030441

P1030417

スタッフの 村上 達哉 さんにお話を伺いました。
「先生と呼ばれることがあるのですが、わたしたちスタッフは先生や指導者ではないんです。プレイリーダーといって子ども達と同じ目線で遊びながら子ども達を見守っています。先生よりも近い存在でありたいので、子ども達から名前で呼んでもらえるよう名前の腕章をつけたりしています」
と、お話を聞いているそばで走り回っていた男の子から「たっちゃーん」と呼ばれていました。
毎日通っている子もいるのだとか。
仲良くなることがお仕事なんて素敵ですね。

「遊びを通じて体の使い方や力の加減を覚えてほしいので、どうしたら危険なのかを自分で考える力を身につけられるように、叱ることや上から目線の指導はしていません。痛いことを覚えるのも勉強です」

P1030421

P1030439
例えば、これも人気のある遊具でサイバーボールといいますが、小さい子は中に入って回してもらうのを待っているのに対し、大きくなってくると自分で回ることを覚えていきます。
遊び方も成長と共に変化し、加減などもわかってくるようです。
固定されているサイバーボールには登ることもできます。自分の力で登った子は降りることが上手だそうです。
これが体で覚えるということなのですね。

P1030420

P1030456
「この施設の特長はとにかく走り回れること。みなさん遊びに来てください」
そう言って、さわやかな笑顔で子ども達の輪の中にあっという間に溶け込んでいった村上さんでした。

なるほど、これだけ楽しかったら毎日遊びに来たいです。
天候に左右されないことも嬉しいですね。

表のフットサルコートも午後5時まで子ども達の利用が可能です(無料)。
P1030450

取材したこの日は平日にもかかわらず、ざっと数えただけでも20人以上の子ども達が遊んでいました。
みんな目をキラキラさせて体を動かしていたので、躍動感のある写真を撮ることができました。

奥にひっそりとあった砂場のオープンはまだ先とのこと。こちらも楽しみですね♪
P1030457


未来くるやぶきは子ども達の笑い声があふれる魅力的な遊び場でした。
P1030437


<未来くるやぶき>
使用対象者:町内外の0歳から小学3年生までの児童(保護者同伴)

利用料金:無料

利用時間:《第1回》午前10時~午前11時30分
利用時間:《第2回》午後1時~午後2時30分
利用時間:《第3回》午後3時~午後4時30分   
                    (完全入れ替え制)

休館日:毎週月曜日・年末年始
      ※月曜日が祝日の場合、その翌日が休館日となります。

駐車場は施設より北側へ20メートルほど先の駅前東口第1駐車場をご利用ください。 

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成27年「ほたる探勝会 野出島の里~ナイトハイキング~」のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト(白河市)

Img051

今年も、白河市東地区(旧東村)の野出島地区で
「ほたる探勝会 野出島の里~ナイトハイキング」が開催されます。

野出島地域活性化プロジェクトが主催するこちらのイベントは、
ゲンジボタルが織り成す幻想的な光景と、ゴルフ場内を歩く
ナイトハイキングが楽しめる探勝会となっております。
さらに今年は先着200名様に地元の農産物・6次化商品プレゼント
(※一家族につき一つ)

夏の一夜を美しいホタルと一緒に過ごしてみませんか?

 <ほたる探勝会 野出島の里~ナイトハイキング>

 日 時:平成27年6月27日(土)午後7時から9時まで
 場 所:白河国際カントリークラブ駐車場集合
      (白河国際カントリークラブ内のホタル生息地
      及び付近の田んぼ散策)
 参加料:無料。
 その他:運動靴か長靴着用、長袖の衣類が良いかもしれません。
      お子様の参加を歓迎しますが、保護者が同伴して
      くださるようお願いします。
      先着200名様に地元の農産物・6次化商品のプレゼントが
      あります。(※一家族につき一つ)    

 連絡先:野出島地域活性化プロジェクト事務局 
      電話 090-4885-2924  本宮(ほんぐう)まで

 ※宿泊希望の方※
 1泊2食付 8,208円で白河国際カントリークラブロッジに宿泊可能です。
 下記連絡先に直接お申し込み下さい。

 白河国際カントリークラブ TEL 0248-34-2141


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第9回 白河の関 ほたるまつり」開催のお知らせ(白河市)

6月も中旬ですね。雨が憂鬱な季節でもありますが、この時期は夜に綺麗な光を出す”蛍”の時期でもあります。

日本の昔話でも『南北朝時代の武将が実戦で刀を使用した際、刃こぼれした刀に蛍が群がり刀を直した夢を見て、目が覚めて刀を見ると本当に直っていた』などの逸話があるほど、神秘的な印象を持つ蛍ですが、そんな蛍を近くで見てみませんか?

来る6月27日(土)、白河関の森公園にて恒例の「第9回 白河の関 ほたるまつり」が開催されます。

Img110

当日は、夜19時30分より「ほたる鑑賞会」の他、体験コーナー「星空観察(土星をみよう)」が行われます。

また夜だけでなく、日中12:00からは地場産品販売やイベントが行われます。

イベントでは、クイズ大会、民踊会、フラダンス、バンド演奏、和太鼓演奏、フルート演奏などです。
また、玉こんにゃく、から揚げ、フランクフルト、ロシアンピロシキなどの販売やフリーマーケット、竹とんぼ・竹細工コーナーなどもあります。

更にイベント恒例の「そうめん流し」が17時30分より開催されます!(※お一人様200円)

夜だけなく日中も楽しむことができる「第9回 白河の関 ほたるまつり」、ぜひお越しください。

詳しいタイムスケジュールはこちらをご覧ください。
白河観光物産協会ホームページより

 「白河の関 ほたるまつり」
  日時/平成25年6月27日(土)
      ※雨天の時は6月28日(日)
  時間/12:00より
  場所/白河関の森公園
  主催/白河の関ほたるまつり実行委員会
  ※6月28日に順延の場合には、一部内容の変更があります。

また、NPO法人白河ふるさと回帰支援センターでは、白河地域に避難されている方々を対象に、地元の方との親睦や白河地域の魅力を知っていただくため、「ほたるまつり」で行われる「そうめん流しイベント」に100名様(1家族2名まで)を無料招待いたします。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。

  ☆流しソーメン参加招待券配布について
   配布日:平成27年6月22日(月)~
   配布所:白河ふるさと回帰支援センター窓口(マイタウン白河2階)
   配布所:白河市本町2番地 マイタウン白河2階
   配布所:0248-24-1099(電話予約はできません)

   ※注:1家族2枚限り。避難元の市町村名をお知らせください。
       追加分は、当日会場にてお求めください(参加料:1人:200円)
       配布日は、都合により変更になることがありますのでご確認ください。

   ・当日の「そうめん流し」開始時間は、17:30頃からの予定です。
   ・なお、当日は、日中から夜までのイベントとなるため、
   ・現地集合、現地解散となります。

 お問合せ
 NPO法人白河ふるさと回帰支援センター
  TEL 0248-24-1099
  白河市中町2番地マイタウン白河2F

  楽南ホームページ みなもんだよりにも掲載されています
  

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久慈川のあゆ釣りが解禁になりました。~久慈川(矢祭町)

去る6月7日(日)、東白川郡の初夏の風物詩「久慈川のあゆ釣り」
今年も解禁になりました。

矢祭町の「新夢想橋」に行ってみると、あゆ釣り解禁を知らせる看板が出ています。

Img_8895
<写真撮影日:平成27年6月10日>

橋から久慈川を見てみると、平日にも関わらずたくさんの釣り人の姿がありました。

Img_8896

この日は、前日に降った雨の影響でじっとりした暑さに見舞われていました。そのせいでしょうか、久慈川に入って釣り糸を垂らす姿が非常に涼しげに感じられました。

Img_8900

Img_8904

ふと、橋のたもとを見ると・・・こんなところにも鮎がいました。

Img_8916

「あゆの里 あゆ」と刻まれています。橋の下を流れる久慈川の中を、鮎たちはこんな風に悠々と泳ぎまわっているのでしょうね。

Img_8917

さて、この季節は、久慈川の至るところで太公望の姿を見ることができます。
新夢想橋から久慈川沿いに北上したところにある堤防にも・・・。

Img_8918

Img_8919

塙町にほど近い「黒助(くろすけ)橋」でも・・・。

Img_8934

Img_8931

Img_8933

皆さん、思い思いのスタイルで鮎釣りを楽しんでいらっしゃいました。
昨年の解禁日の様子を掲載した過去記事も、ぜひ併せてご覧下さい。

<過去記事:東白川、初夏の風物詩

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市にご当地キャラクターが大集合!~「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」(白河市)

去る6月6日、7日の二日間にかけて、全国各地で活躍するご当地キャラクター達が白河市に集結するイベント「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」が開催されました。(過去記事

P1170314

当日の白河市はあいにくの空模様でしたが、開催時間が近づくにつれ、まるで全国からご当地キャラクターが来ることを待ち望んでいたかのように、良いお天気になりました。

P103029323

P1170413

3回目を迎えた今年は、白河駅周辺に「しらかわんステージ」、「キビタンステージ」、「小峰シロステージ」、「ダルライザーステージ」、「八重たんステージ」、「ウェルカムステージ」の6つのステージと、「ご当地キャラゾーン」、「萌えキャラゾーン」、「ご当地ヒーローゾーン」「ウェルカムゾーン」の4つのゾーンが設置され、会場は2日間で昨年の13万人を大きく上回る17万人の方が訪れました。(福島民報より

P1170406

イベントでは入口より全国各地、そして福島県内で活躍しているご当地キャラクター達が出迎えてくれました。

P1030245

P1030250

P1030262

P1030324

P1030334

P1030267

P1170457234

可愛らしく、親しみやすいキャラクターから、「おっ?!」と驚くようなユニークなキャラクターまで個性豊かなキャラクター達がお出ましです。

P1030291

P1170489

P1030299

P1170486

P1170357

P1170448

P1170473

P1170479

P1170321

前回、前々回に引き続き、今年も登場した北海道のゆるくないキャラ「メロン熊」。今回も訪れた皆さんの頭に噛みついていました。

P1170333

もちろん、福島県県南地域9市町村のキャラクター達も、ステージやブースなどで大活躍です!

P1170345

P1030246

「しらかわんステージ」では、熊本県のご当地キャラクター「くまモン」、そして千葉県船橋市非公認キャラクター「ふなっしー」がやってきて会場の熱気も最高潮です!

P1030288

P1170385

また「しらかわんステージ」「キビタンステージ」ではキャラクター大パレードが行われ、沢山のキャラクターたちが会場を練り歩きました。

P1030337

P1030347

P1030385

P1030380

P1030381

P1030373

P1030351

P1030345

P1030344

P1030368

P1030374

P1030357

P1030386

愛媛県今治市のキャラクター「バリィさん」がこんなに近くにきてくれましたよ!

P1030348

「ダルライザーステージ」では各地で活躍するご当地ヒーロー達によるヒーローステージが開催される他、「小峰シロステージ」では、白河市のご当地キャラ「小峰シロ」ショーや、各地で活躍する萌えキャラPR、「おかあさんといっしょ」で4代目体操のおねえさんを務めた、いとうまゆさんとのダンスが開催され、どのステージ、ブースも終始大盛り上がりでした。

P103032523

P103032323

P1170430

P1030314

また、白河駅近くにあるコンピエーニュ広場に設けられた「ウェルカムゾーン」では、白河発の、ミライをつくる全員参加型文化祭「ライブラリー白河」が同時開催され、「福島おもてなし隊」や、矢吹町のご当地アイドル「ShuN-R@n GIRLS☆(しゅんらんガールズ)」などが登場し、音楽やパフォーマンスで盛り上げていました。

P1030319

全国各地より魅力あるキャラクター達が集結した「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」は大盛況のうちに幕を閉じました。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

期間限定!足湯あります(西郷村)

JR新白河駅高原口の西郷村まちおこしセンターに足湯が設置されました。

P1030201_2

P1030209

駅の階段を降りた先に「足湯あります」ののぼりが立っています。
P1030205

P1030241
西郷村のご当地キャラ、ニシゴーヌちゃんがお出迎え。

近づいていくと、お客さんがいらっしゃいました。

P1030204

P1030213

「足湯があるとは思わなかった。新幹線の待ち時間に入れるのは嬉しいですね。とても気持ちいいです」
と、先客の会社員の方が笑顔で答えてくださいました。

同じ湯に足を浸す...駅前という場所だけに思いがけない出会いもありそうですね。

P1030223

P1030218
水深は30センチくらいでしょうか。
写真だとこれくらいの深さです。

足だけじゃなく、全身で楽しみたい! という方はもちろん西郷村の甲子温泉、新甲子温泉に足を運んでいただきたいのですが、なかなか行けないよ~という方には朗報です。
足湯のお隣、西郷村まちおこしセンターで西郷村に関するアンケートに答えると“甲子・新甲子温泉の素”がもらえちゃいます。

P1030312
おうちでも温泉気分を味わってください。

残念ながら取材させていただいた時間帯の通過はありませんでしたが、新幹線を眺めながら入れる足湯も珍しいのではないでしょうか。

P1030219

P1030232

少しぬるめのお湯で、ゆっくり浸かっていられました。
こちらの足湯は7月いっぱいまでの期間限定です。
利用時間 10:00~16:00

旅の疲れに、リフレッシュに、お気軽にご利用ください♪

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅チカに吹く異国の風~Sunny day sunday~(白河市)

日向と日陰の気温差に驚く季節になりました。

白河はよく風が吹く地域ですが、『Sunny day sunday』が開催された5月30日も風が強く吹いていました。

Img030

会場となった白河駅近くのコンピエーニュ広場は、フランスのコンピエーニュ市との姉妹都市交流を記念して造られた、市民の憩いの場として利用されている広場です。

異国情緒あふれるイベントとなった『Sunny day sunday』の雰囲気をお楽しみください♪

P1030095

P1030099

P1030101

P1030103

P1030115

ここは本当に白河!?と驚くほどの空間が広がっていました。

店先の木箱に詰められた野菜、カラフルなチョーク、赤いテントがはためく下では花々が並び、軽快な音楽が流れます。

P1030118

P1030121

P1030109

チョークアートやグラスアートの体験に参加されていた方々は、とても楽しそうでした。

P1030111_2

P1030106

P1030113_2
目の前で繰り広げられる色の世界。いつまでも観ていたかったです。


「大人の休日。」というテーマはありましたが、アートに触れられる機会は子ども達にとっても嬉しいものです。

こんなに素敵な空間で過ごせることもなかなかありませんよね。

今回逃してしまった方、このイベントは年に2回開催予定だそうなので、次回の開催をお待ちください。

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験教室『「雑穀のすすめ」 お話と試食会』開催のお知らせ(泉崎村)

来る6月24日(水)、泉崎村の「直売・カフェ こころや」にて、体験教室『「雑穀のすすめ」 お話と試食会』が開催されます。

Img108_2

雑穀とは、日本雑穀教会によりますと「日本人が主食以外に利用している穀物の総称」だそうです。(日本雑穀教会
その種類は豊富で、キビ、アワ、ヒエ、モロコシ、ハトムギなどイネ科作物の他、ソバ、アマランサス、キノア、ゴマ、ダイズやアズキなどのマメ類、また、普段食される機会の少ない玄米や発芽玄米などもあるとのことです。

当日は、ご家族で白河市に移住し、現在、同市東地区の野出島地域で地域活動をされている「野出島地域活性化プロジェクト」のメンバー・梨本朝子さんを講師にお招きし、雑穀の栽培から収穫までのお話を伺いながら、雑穀レシピの紹介、簡単な雑穀料理の試食が行なわれます。

参加費用は1000円、定員は10名で先着順の為、興味のある方はお早目にお申し込みください。

近年注目されている雑穀の魅力について触れる貴重な機会です。
皆さんもぜひこの機会に、参加してみませんか?

『「雑穀のすすめ」 お話と試食会』
 日時:6月24日(水) 14:00~16:00
 参加費用:1000円
 定員:10名 ※先着順

 お問い合わせ:
  直売・カフェ こころや
  TEL:0248-53-5568
  ※お申し込みは、こころやカフェ 石井まで。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教科書に載っていない地元の歴史を発掘!~「たなぐら歴活」(棚倉町)

去る5月22日、棚倉町の「まち工房たなぐら」で開催された、「第4回 たなぐら歴活」にお邪魔しました。

Img103

「たなぐら歴活」とは、棚倉町の棚倉城跡調査員として調査・研究を行っている茨城大学大学院生の皆さんが主催し、棚倉町の歴史について、自由におしゃべりしたり体験したりする気軽な場をつくることを目的に企画したイベントです。
学校の授業や講演会などで「難しそう」「堅苦しい」、「遠い昔の話」と思いがちの歴史を、楽しく気軽に発掘・共有していくことにより、本にも載っていないような棚倉町の知られざる姿を追っていこうという主旨で、今年の2月より毎月開催されています。

第4回目は「人物からみる棚倉」をテーマに行われるということで、会場には20名の方々がお越しになっていました。

2e492f_62006718cd334d9aaa62272048f9

参加された方は、町内だけでなく天栄村や須賀川市からお越しになられた方もいらっしゃいました。

前半は、「呼びかけ人(「※たなぐら歴活」で主催を務める茨城大大学院の皆さん)」の一人、栗原悠さんから「阿部正功(あべまさこと)の足跡を訪ねて~日本考古学創成期に携わったお殿様~」というタイトルで発表が行われました。

2e492f_362e190d2a4a4f549a9a65ec7d_2

阿部正功とは、戊辰戦争後に8歳の若さで、養父・阿部正静に代わって棚倉町(※当時はまだ棚倉藩)を治めたお殿様です。藩知事を辞職した後は子爵に列せられ、華族という身分になります。
もともと勉強熱心だった正功はその後、考古学という分野で才能を発揮します。坪井正五郎(明治から大正時代にかけて人類学・考古学の発展をつくしたといわれる人物)との出会いを機に興味を持ち、のちに棚倉町町内で弥生時代の「棚倉式土器」が出土した「崖ノ上遺跡」を発掘するなど、日本の考古学の誕生に携わる一人になるという、お殿様だけでなく考古学の世界でも名を残しました。

栗原さんの発表の中では、正功が書いた町内の遺跡の調査地点の見取り図や調査記録などが紹介されました。

P1170255

会場からは、「正功はどのくらいの時期まで棚倉にいたのか」「正功のお墓がある西福寺は関東大震災で被害に遭い、その後整理されるときに、東京・麻布の青山墓地に回収された」など、教科書に載っていないようなお話まで飛び交いました。
歴史をただ一方的に聞くだけでなく、お互いに発表し、質問しあえるのも「たなぐら歴活」の魅力の一つなのかもしれませんね。

また後半では、棚倉出身・ゆかりある人物にスポットを当てた「自由に歴史トーク」が行われ、会場は時間を忘れてしまうほど棚倉町の歴史的人物についての話で盛り上がりました。

今後も「たなぐら歴活」は開催されますので、棚倉町そして県南地域の歴史に興味のある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
次回の予定などにつきましては、「たなぐら歴活」ホームページをご覧ください。

「たなぐら歴活」
 ホームページ:http://tanagurarekikatsu.wix.com/tanagurarekikatsu
 棚倉町生涯学習課内 山川千博  TEL: 0247-33-0111

文責:す(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝統の祭りを後世に~大工町伝承館~(白河市)

白河提灯祭りで使われる山車(だし)や神輿を普段からも見学できるようにと建てられた『大工町伝承館』の落成式が、去る5月30日行われました。

白河提灯祭りは神輿の町内渡御や提灯行列が見られる日本三大提灯祭りの一つです。
( 昨年に開催されたお祭りの様子はコチラをご覧ください。 )

P1030079_2

P1030006

山車には各町の個性があり、装飾や佇まいが違います。
子ども達はこの山車に乗って太鼓の演奏をしたり、山車に繋がれた綱を引き回したりしてお祭りを盛り上げます。

P1030021

以前ブログでもご紹介した大工町ですが、この伝承館は白河駅からまっすぐ南に伸びている小峰通り沿いにあります。

大工町の山車の特徴はなんと言っても屋根の上の「うさぎ」ではないでしょうか。
P1030011

P1030051
子ども達もうさぎになって太鼓を叩いています。
なぜうさぎなのか聞いてみましたが、もう知っている方がいない、文献なども残っていないとのことで理由はわかりませんでした。

それほど歴史が古いのでしょうね。
伝承館の立て看板には、350年余りの歴史との記載がありました。
P1030066

白河市長をはじめ、大工町に隣接する町の代表者やお祭に関わる方々が挨拶。
P1030031_2

P1030036_2
町内の皆さんも続々と集まってきました。

P1030041_2

P1030044_2

お祝いの乾杯のあとには、餅まきが…
P1030055_2
餅まきはいつも争奪戦ですね!

P1030058_2
 …取れませんでした。 が、大工町の方にいただきました。


P1030068_2

P1030071_2
全員揃っての記念撮影の際もこの笑顔で、地域に愛されているお祭りだということがわかりますね。

P1030074

P1030075

P1030093



こちらは普段の様子
P1030184_2

P1030185
中を覗くと山車が見えます。

隔年開催のため今年はお祭りがない年ですが、お祭りの終了と共に解体されていた山車がいつでも見学できます。

今回紹介した大工町のように、白河市内には提灯祭りの山車や神輿が見学できる施設がいくつか点在しています。
落成式のようなお披露目などに出会う機会はめったにありませんが、これらの建物は市民から『山車会館』の愛称で親しまれていますので、まちなかを散策しながら探してみてはいかがでしょうか。

文責:こ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」開催のお知らせ(白河市)

来る6月6日、7日の二日間にかけて、白河市で「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」が開催されます。

In2015

この催しは、東北から全国に“笑顔”を発信することを目的に開催した、日本三大ご当地キャラクターイベントの一つ(滋賀県彦根市、埼玉県羽生市、福島県白河市)で、今年で第3回目を迎えます。

今年は、4月から6月まで開催の「ふくしまデスティネーションキャンペーン」に合わせて行なわれるとのことで、当日は、くまもん、ひこにゃん、ふなっしー、しまねっこ、バリィさんなど人気のご当地キャラクターをはじめ、北は北海道、南は長崎、そして海外からご当地キャラクター達が一同に介します。

もちろん、わたしたちがご紹介している県南地域のご当地キャラクターたちも登場しますよ!

また会場ではご当地キャラクターだけでなく、各地で活躍しているご当地ヒーロー、ご当地萌えキャラのブースも設けられます。

皆さんお誘いあわせの上、白河市にお越しください。

「ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ2015」

 開催日 6月6日(土)、7日(日)
 開催時間 9:00~15:30
 主催 ご当地キャラこども夢フェスタinしらかわ 実行委員会
 会場 小峰通り・白河駅前イベント広場・白河市役所裏駐車場 他
 ホームページ http://gotouchi-chara.jp/shirakawa2015/

 ※雨天決行(荒天・悪天候時は予告なく中止になる場合があります。)
 ※交通規制などにより会場付近へのお車の乗り入れが制限されます。
   会場へお越しの際は公共交通機関をご利用下さい。
 ※出演キャラクターの詳細は、当日会場で配布されるタブロイド紙をご参照ください。
 ※出演するキャラクターは予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

文責:す(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「福島県しらかわ地方いなか暮らしセミナー」を開催いたしました。

去る5月30日(土)、東京・有楽町にある「ふるさと回帰支援センター」の6階にて、 「福島県しらかわ地方いなか暮らしセミナー」を開催いたしました。

Img_6042

今年度からふるさと回帰支援センターのフロアが増え、従来の5階に加えて6階でもセミナーの開催が可能になり、昨年よりぐんとセミナーの開催数が増えました。
田舎暮らしを希望している方は、ぜひふるさと回帰支援センターのホームページをチェックしてみてください。(ホームページはこちらからどうぞ。)

Img_6064

ラクラスしらかわのセミナーでは、福島県しらかわ地方(県南地方)に移住を考えている皆様に、しらかわ地方の情報、地域情報、生活情報、観光情報、物件の状況について説明し、より多くの方にしらかわ地方を知っていただく事を主旨としています。

P1170301

☆福島県県南地方振興局、貝羽副部長より挨拶をいただきました。

Img_6049

今回は、東京都と福島県東白川郡鮫川村で二地域居住生活を営んでいる栗原さんご夫妻をお招きして、座談会という形式で様々なお話を聞かせていただきました。

Img_6075

栗原さんは、定年後に東京と鮫川村の二地域居住生活を始めました。「鮫川村を勝手に応援する会」を作り、田んぼオーナー制度を通して首都圏の人達との交流を行っています。

「二地域居住にデメリットはほぼないです。『良いとこ取り』なんですね。」と話す栗原さん。春から秋にかけては鮫川村で農作業や園芸などを楽しみ、雪が降るころ東京に戻ります。「鮫川村で色んなものを充電して、東京の家に帰るんです。」と、笑顔でおっしゃっていました。奥さんも、鮫川村にいる時は図書館で本の読み聞かせをしたり、文化祭に作品を出したりと積極的に地域の人たちと交流をしています。

東京と鮫川村の違いを聞いたところ、「一番の違いは四季ですね。鮫川村にいるとはっきり季節の移り変わりを感じます。」とのこと。また、地域のお年寄りが非常に元気だというお話もされていました。「80歳になってもみんな(農業の)現役ですよ。人生まだまだ長いんだって本当に思いますね。」という言葉に、参加者の方々も頷いていました。

Img_6070

今回のセミナー以外でもラクラスしらかわでは移住についてのご相談、
また物件情報についての相談を承っております。

しらかわ地方(県南地域)への移住をお考え・興味のある方は、
ぜひお問合わせください。

 福島県県南地方定住・二地域居住相談所 ラクラスしらかわ
  〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2階
     TEL/FAX 0248-29-8595
  URL http://rakuras.com/
 ※直接事務所へお越しになられる場合は、事前連絡をお願いいたします。

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダリア園がリニューアルされます~湯遊ランドはなわ(塙町)

塙町の「湯遊ランドはなわ」にあるダリア園が、
今年リニューアルされるそうです。

Img_8796

湯遊ランドはなわのダリア園と言えば、ダリアの名所として
毎年多くの観光客が訪れるスポットです。
多種多様なダリアが咲き誇る様は圧巻です!

Dscn5743  Dscn5769  

Dscn5807  Dscn5815_2  

Dscn5825_2  Dscn5830_2

Dscn5856  Dscn5858  
<写真撮影日:2014年8月19日>

リニューアルしたダリア園がどんな姿になるのか、とても楽しみですね♪
過去記事も併せてご覧下さい。

●過去記事:はなわのダリアが咲きました(2014年8月)

Img_8798

<はなわのダリア園>
福島県東白川郡塙町湯岐立石21(湯遊ランドはなわ内)
開園期間:8月1日~10月31日
入園料:200円

※ダリア園のその他の情報については
塙町観光協会ホームページをご覧下さい。


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »