« 古くから親しまれた「社八幡神社」(白河市表郷地区) | トップページ | 水郡線の駅と冬景色(矢祭町)~矢祭町 »

『狛犬たち』~その7 棚倉町ほか~

今回はこちらの狛犬からです。

Img_0484

Img_0495
茨城県との県境にある八溝山、山頂の八溝嶺神社の狛犬です。

Img_0493

Img_0497
周りを結構詳しく見ても設置年や石工さんの名前等が無いので詳しいことは分か
りませんが、1000㍍越えの山頂に永く置いてあったであろう事は狛犬の表面の荒
れ具合で想像がつきます。でも、その荒れ具合が結構良い味を出しています。

Img_1691

Img_16921
棚倉町、八槻都々古別神社の狛犬です。
ある意味、県南らしさが出ている狛犬ですね。

Img_1689

Img_1693
これが明治、大正時代の作品ならば寅吉、和平に影響を受けた作品の一つとして
見ることが出来るのですが、この狛犬は天保年間の作品で逆に寅吉、和平さんが
影響を受けたかもしれない作品です。

Img_1839

Img_1808

Img_1827
今回の最後は白河市東地区の国津神社の狛犬です。
作者は福貴作 梅澤敬明氏、ここで何回か取り上げた寅吉、和平氏と同じ時代を
生きた石工さんです。

Img_1812

Img_1824
彫刻を学んだ上で石工になったと言う異色の経歴を持った人だからでしょうか、
他の石工さんには見られない拘りを見ることが出来ます。

同じ事を何度も言ってしまうことになるのですが、寅吉、和平氏がいたことによっ
て生まれた県南地方特異の狛犬文化、でも、この狛犬文化は寅吉、和平氏だけ
が生んだ物ではなく、寅吉、和平氏の影響を受け、それを表現するだけの情熱と
技術を持った多くの石工さん達が居たからこそで、これからもそういった狛犬を
紹介できればと思っています。

棚倉町八溝山
棚倉町八槻
白河市東深仁井田

文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

|

« 古くから親しまれた「社八幡神社」(白河市表郷地区) | トップページ | 水郡線の駅と冬景色(矢祭町)~矢祭町 »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/58743960

この記事へのトラックバック一覧です: 『狛犬たち』~その7 棚倉町ほか~:

« 古くから親しまれた「社八幡神社」(白河市表郷地区) | トップページ | 水郡線の駅と冬景色(矢祭町)~矢祭町 »