« 「ふくしまの旬の食&ご当地キャラフェスタ~しらかわ・南会津・いわきの観光と物産展~」開催のお知らせ | トップページ | 西郷村イメージキャラクターの愛称(ネーミング)募集中です!(村民限定)~西郷村 »

『狛犬たち』~その5 泉崎村~

久々の狛犬たちはこちらからです。

Img_8797

Img_8809
泉崎村関和久地区の関和神社の狛犬です。作者は分かりませんが明治20年の
作品です。

Img_8805
足下の子供も丁寧に作られていて、そして愛嬌があります。

Img_8809_2

Img_8813
全体的な作りとそこから受けるイメージでいくとあの寅さんに近い物を感じます。

Img_8844
次は、同じ関和神社の本殿近くの狛犬です。

Img_8822

Img_8825

Img_8829

Img_8827
写真では分かり難いのですが実は結構小ぶりな狛犬なのですが、受けるイメージ
は結構迫力があります。でも、ここ福島県南地域ではそれほど珍しくもない狛犬と
言えるかもしれませんが、実は、この狛犬は文久三年作です。文久三年と言えば
いまから約150年前で会津藩主松平容保が京都守護職に就いた翌年であり、新
撰組はまだその名前は無く壬生浪士もしくは精忠浪士等と呼ばれていた頃です。

そんな時代にこれだけの物が作られていたと言うことは、無茶を承知で言わせて
もらえば、ここ県南地方にはこれだけのもを生み育む土壌が有ったと言うことでそ
れ故にこの後、小松寅吉、小林和平と言った名工が生まれてきたとも言えます。

Img_0305
次は白河市七番町の金比羅神社の狛犬です。

Img_0317

Img_0319

Img_0309

Img_0310
言わずもがなの小松寅吉です。明治32年の作です。

以前にも似た様なことを言った気がするのですが、県南地方では小松寅吉、小林和平
という名工が芸術と言っても良いほどの狛犬を作り上げています。だから、彼らの狛犬
が県南地方では狛犬の基準値となっています、このハードルの高い基準値は同じ時代
を生きた他の石工さん達にどの様な影響を与えたのだろうか?

その上を行こうとしたのか?あきらめたのか?そんなことを考えながら狛犬を見て歩くの
もその楽しみ方の一つになっています。

泉崎村関和久
白河市七番町

文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

|

« 「ふくしまの旬の食&ご当地キャラフェスタ~しらかわ・南会津・いわきの観光と物産展~」開催のお知らせ | トップページ | 西郷村イメージキャラクターの愛称(ネーミング)募集中です!(村民限定)~西郷村 »

文化・芸術」カテゴリの記事

泉崎村」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/58184305

この記事へのトラックバック一覧です: 『狛犬たち』~その5 泉崎村~:

« 「ふくしまの旬の食&ご当地キャラフェスタ~しらかわ・南会津・いわきの観光と物産展~」開催のお知らせ | トップページ | 西郷村イメージキャラクターの愛称(ネーミング)募集中です!(村民限定)~西郷村 »