« 鮫川村の稲刈りと収穫体験。(鮫川村) | トップページ | 県南地域の秋祭り紹介 »

清水寺の菩提樹。(白河市)

以前、白河市表郷地区にある清水(せいすい)寺を
紹介させていただきました。

<過去記事:清らかな水が流れる寺~清水寺

今回は、このお寺の境内にある白河市指定天然記念物の
「菩提樹(ぼだいじゅ)」をご紹介したいと思います。

Img_5114

菩提樹は、釈迦がその木の下で悟りを開いたといわれる樹木ですが、
それはインドボダイジュ(クワ科)という別種で、日本で「菩提樹」と呼ぶものは
シナノキ科の中国原産の落葉高木です。これは臨済宗の開祖である栄西が、
中国から持ち帰ったと伝えられる植物で、高さは10mほどになり、6~7月頃に
淡黄色の花が開花します。

Img_5120

残念ながら菩提樹の花を観ることはできませんでしたが、
葉の緑と太陽の光が作り出すコントラストだけでも充分見応えがあります。

Img_5118

Img_5124

目の前にある沢のせせらぎを聞きながら菩提樹を見ていると、
時間を忘れてしまいます。本当にここは癒しのスポットですね。

Img_5131

沢沿いに並んでいる紅葉が赤く色づくころ、また来てみたいと思います。

Img_5111

  
  <白河市ホームページ:http://www.city.shirakawa.fukushima.jp

  <清水寺(せいすいじ)>
    福島県白河市表郷金山字犬神地区

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 鮫川村の稲刈りと収穫体験。(鮫川村) | トップページ | 県南地域の秋祭り紹介 »

季節」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/57612224

この記事へのトラックバック一覧です: 清水寺の菩提樹。(白河市):

« 鮫川村の稲刈りと収穫体験。(鮫川村) | トップページ | 県南地域の秋祭り紹介 »