« 矢祭町の子供たちと共に~東慶寺のケヤキ(矢祭町) | トップページ | 今年も登場!五合飯!~サンライズひがしフェスティバル2014(白河市) »

豊臣秀吉の奥州仕置と白河結城氏(白河市)

現在NHKで放送中の大河ドラマ「軍師官兵衛」では小田原攻め(天正18(1590)年)の後、天下を統一していく豊臣秀吉が描かれています。

一方白河地方は、鎌倉時代から安土桃山時代にかけて約400年間、13代にわたり白河結城氏が治めていました。

〈過去記事〉

白河 歴史散策(白川城・感忠銘碑)

南北朝時代の伝説が残る~新田義貞の墓(棚倉町)

白河結城家の13代当主、白河(小峰)義親はその頃仙台の伊達政宗に服属していました。
小田原攻めで政宗は秀吉の招集に遅れて参戦し、政宗に参戦を止められていた義親は招集に応じなかったということです。

小田原攻めにより北条氏が滅んだ後、秀吉は天正18(1590)年7月に宇都宮に入り、その後政宗の案内により奥州へ入りました。8月6日には白河へ入ったと言われています。

小田原攻めに参加しなかった奥州の領主へ、領地没収などの仕置を行って大名を統治し、秀吉の天下統一は完成しました。

白河義親は領地を没収、改易され、白河地方は会津領となりました。

また、改易の後1601年に政宗に召し抱えられたということです。

秀吉が奥州に入る際には奥州街道、現在の国道294号線を通ったと言われています。

Dscn6425

☆白坂宿跡

Dscn6421

☆観音寺

〈過去記事〉
2つの街道が交差する道 ~ 国道294号線

白坂宿はその際政宗により設置された、と言われているそうです。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 矢祭町の子供たちと共に~東慶寺のケヤキ(矢祭町) | トップページ | 今年も登場!五合飯!~サンライズひがしフェスティバル2014(白河市) »

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/57743100

この記事へのトラックバック一覧です: 豊臣秀吉の奥州仕置と白河結城氏(白河市):

« 矢祭町の子供たちと共に~東慶寺のケヤキ(矢祭町) | トップページ | 今年も登場!五合飯!~サンライズひがしフェスティバル2014(白河市) »