« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

平成26年「そばの花見会&ミニコンサート」のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト(白河市)

来たる9月14日(日)、白河市東下野出島地区で「そばの花見会&ミニコンサート」が開催されます。 下野出島地区にある約1.7haのそば畑に、真っ白なそばの花が咲き誇ります!

Img011
 
また、東多目的研修センターでは「ひがし大正琴キッズクラブ」による大正琴の演奏と、日本各地で活躍中のトランペット奏者「Noby」さんのミニコンサートが開催されます。 終了後には「野出島地域活性化プロジェクト」さんの手打ちそばを味わうことができますよ♪(1人前500円)

野出島で、芸術と食欲の秋を思いっきり楽しんでみてはいかがでしょうか?


 ◆野出島の里 そばの花を観る会
     日時 平成26年9月14日(日) 9:30~
     場所 白河市東下野出島坂口地内 白河市東多目的研修センター
     料金  コンサート…無料 手打ちそば…1人前500円
     主催  野出島地域活性化プロジェクト
     お問い合わせ 090-4885-2924 本宮(ほんぐう)まで



 

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

88年前にタイムスリップ!?「福島県白河町真景図」~松井天山の鳥瞰図(白河市)

以前、ラクラスしらかわのブログで白棚線の歴史をご紹介させていただきました。

記事:第二次世界大戦とともに消えた鉄道~白棚線(1)


この時、路線の有無を確認するために使ったのが「福島県白河町真景(しんけい)図」という鳥瞰図(ちょうかんず)です。今回は、この鳥瞰図にスポットを当ててみました。

Img_4793

鳥瞰図は、大正時代以降の鉄道の発達と共に起きた観光ブームの中で、観光マップとして数多く作成されました。
「福島県白河町真景図」の製作者である松井天山も、白河市だけでなく同じ県南地域の棚倉町や、静岡県・千葉県など東北や関東で63点の作品を残したといわれています。しかし、鳥瞰図絵師の一人として活躍したにも関わらず、彼の生涯は謎に包まれており、経歴や縁故者など詳しいことは分かっていません。

Img_4805

「福島県白河町真景図」を見てみると、右下に「大正15年2月7日写生 松井天山」と記載されています。大正15年は1926年なので、これは今から88年前の白河市の姿ということになりますね。

Img_4810

マイタウンしらかわがある本町付近を見てみると、様々な商店が所狭しと並んでいます。

Img_4807

道行く人の姿もきちんと描かれていて、城下町として栄えていた様子が伝わってきますね。

Img_4800

そして、名前から分かる通り、当時は「白河市」ではなく「白河町」でした。 昔の地図を見ながら現在の白河市を散策したら、タイムスリップした気分が味わえるかもしれませんね。


「福島県白河町真景図」は、白河商工会議所と白河戊辰見聞館で販売されており、1枚500円で購入できます。 貴重な資料としての使い方はもちろん、情緒あふれるデザインなのでディスプレイにしても素敵ですね♪(ちなみに、ラクラスしらかわでは額に入れて壁に飾っています。)

Img_4815

  ◆白河商工会議所
     住所:福島県白河市道場小路96-5
    業務時間:8時30分~17時15分
    電話:0248-23-3101 FAX:0248-22-1300
    ホームページ:http://www.shirakawa-cci.or.jp/main.html

   ◆白河戊辰見聞館
      ※在庫がない場合がありますので事前に電話でお問い合わせ下さい。
      住所:福島県白河市中町65(楽蔵内)
      営業時間:9時~17時
      定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日休館)
      電話:0248-21-9395
      ホームページ:http://s-boshin-kenbunkan.jp/



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「第10回 ふるさと回帰フェア2014」に出展します。

来る9月21日(日)に、東京で行われる「第10回 ふるさと回帰フェア2014」に今年も参加します。

Img035

「ふるさと回帰フェア」は、主にふるさと暮らしを希望される方を対象としたイベントで、日本全国各地の自治体など移住に関する相談ブースが一同に介します。
昨年の様子

今年の東京会場は、有楽町にある東京国際フォーラムでの開催となります。

当日は会場内での「ふるさと暮らし相談コーナー」の他、全国の特産品を販売する「ニッポン全国ふるさと市場」、トークセッションや、合同就職面接会、企画セミナーなどが行なわれます。

詳しくは「ふるさと回帰フェア2014」ホームページをご覧ください。http://www.furusatokaiki.net/fair/2014/

今回も「ラクラスしらかわ」では相談ブースの他に「ニッポン全国ふるさと市場」において、福島県県南地方のグリーンツーリズム・農家民宿に関する相談・支援を行っている「グリーンツーリズムしらかわ」さんのご協力のもと、6次化商品などの販売を予定しています。

「ラクラスしらかわ」の相談ブースは  北29 
「ニッポン全国ふるさと市場」ブースは 市6  になります。(※看板表記は「グリーンツーリズムしらかわ」です。)

どうぞ皆様お誘いあわせの上お越しください。

 「第10回 ふるさと回帰フェア2014」
  東京会場/ 東京国際フォーラム
    日時:2014年9月21日(日) 10:00~17:00
    場所:東京国際フォーラム
       〒100-0005 東京都千代田区丸の内3−5−1
    入場:無料

主催/ 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター
     http://www.furusatokaiki.net/

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表郷地区の田園風景・残暑(白河市表郷地区)

8月も下旬になりましたが、
お盆を過ぎてもしばらく暑い日が続きました。

例年、白河市周辺では、お盆を過ぎると朝晩の風が涼しくなると言われています。
そんな気配も無いような日々でしたが、やはり風がそよそよとしてきました。

Dscn5904

白河市の表郷地区では関山のふもとに田園風景が広がります。

Dscn5902

暑い夏の風景に見えますが、稲穂がずいぶんと育っています。

Dscn5906_2

短い夏が終わり、少しずつ秋が近づいているようです。

白河市表郷地区

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第33回 しらかわ盆踊り大会」が開催されました。(白河市)

Img_8904

去る8月21、22日、白河駅前イベント広場にて、「第33回 しらかわ盆踊り大会」が開催されました。

Img_8930

この行事は白河市の夏の恒例行事で、しらかわ盆踊りや、こども盆踊りが開催される他、お楽しみコーナーとして、金魚すくい、ヨーヨーふうせん、かき氷、綿あめなど、さまざまな露店も出店しました。(詳細はこちらをご覧ください。 過去記事

Img_8913

当日はあいにくの小雨模様でしたが、たくさんの方がお越しになりました。

Img_8922

また会場には白河市のご当地ヒーロー・ダルライザーと、同市ご当地キャラクター・しらかわんがやってきて、ミニショーや握手・写真撮影など、みなさんとの触れ合いを楽しみました。

Img_8961
☆白河市長によるご挨拶

Img_8967
☆萩市長によるご挨拶

さらに21日には、山口県萩市の皆さんが戊辰戦争の戦場になった白河市を訪れるツアーが開催され、その一環として「第33回 しらかわ盆踊り大会」で地元の方々と一緒に踊る企画が行われました。

山口県萩市による戊辰戦争ツアーの概要はこちらをご覧ください。
FNNローカルTimeより
福島民友より

残念ながら時間が経つにつれ雨が酷くなり足元の悪い天候になりましたが、
ステージ上で、地元の方々と一緒に「しらかわ盆踊り」を披露してくださいました。

Img_8981

戊辰戦争では敵と味方に分かれた白河市と萩市。
白河口の戦いに参戦した長州藩の兵士が、お盆の時期に戦死者の慰霊のため白河の領民と一緒に踊った盆踊りを長州に持ち帰ったという歴史もあります。
今回の「しらかわ盆踊り」を通じて、より絆が深まる一日になったのではないでしょうか。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三角点探訪』その11~三角点を探して~

三角点を見たいと言う目的だけで藪をかき分け行ってきましたあの山この山。
今回はここからです。

Img_8335
鮫川村の殿山です。石碑の前にあります、こうしてみるとどちらが主役か分かり
ません。

Img_8343

Img_8346
結構埋まっていて、二等の文字がやっと確認出来るだけです。山にある三角点
としては結構埋まってる方です。

Img_8319
次は白河市五箇地区の角折神社の裏山にある三角点です。

Img_8320

Img_8327
今までの例でいくと山の上の三角点はこれぐらい露出しているのが普通です。
これだけ出ていると探すのにもそれほど苦労なく見つけることが出来ます。

Img_8862
次は泉崎村関和久にある三角点です。

Img_8863
これもほとんど埋まっています、側にいつもの三角点表示杭が有るので探すの
にはそれほど苦労ではありませんがこの杭が無かったら見つけるのは結構大
変なことになります。

Img_8868
周りの雑草を除くと本体が見えてきました、ここは、畑と竹林の境で竹林よりに
あるせいか、隣に立ち枯れた竹の子がありました。

Img_8881
今回最後は矢吹町の三角点です。
この三角点がある場所はその名も三角点公園と言うところにあります。国土地
理院の地図には表示されていませんが矢吹町発行の地図には『三角点公園』
と表示されています。

Img_8885

Img_8886
周りの雑草を除くと本体が確認できます、さらによってやっと二等の文字が確認
できます。

この三角点公園は、最近はほとんど公園としては機能してないようですが、三角
点公園の名前だけでも消えること無くいつまでの残っていてほしものです。

鮫川村赤坂西野
白河市五箇
泉崎村関和久
矢吹町牡丹平

文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はなわのダリアが咲きました~湯遊ランドはなわ ダリア園(塙町)

塙町の町の花、ダリア。
まちのシンボルとしても親しまれ、塙町ではこの季節「はなわのダリア祭り」も開催されます。

Dscn5737

Dscn5752

町の温泉施設「湯遊ランドはなわ」に併設されているダリア園では今年もダリアが咲きました。

Dscn5743

こちらのダリアは8月から10月までと、長い間楽しめます。

Dscn5740

Dscn5744

今年もたくさんの種類のダリアが咲き競っています。その数300種、5000株。

Dscn5753

Dscn5756

Dscn5759

Dscn5771_2

Dscn5778

牡丹の花のような大輪のものから丸い形、色もさまざまで同じダリアの種類か、と思うほどです。

Dscn5781

Dscn5793

Dscn5801

Dscn5854

Dscn5827

また、それぞれのダリアに付けられた名前も個性的です。

Dscn5745

Dscn5746

ダリアを見ながら、名前の由来を考えてみるのも楽しそうですね。

また塙町では、「はなわのダリア祭り」として先日紹介しましたダリアの写真コンテストの他、スタンプラリーなども行っています。詳しくは塙町のホームページをご覧ください。

「湯遊ランドはなわ ダリア園」
 場 所/福島県東白川郡塙町大字湯岐字立石21
 期 間/10月31日(金)まで
 入場料/200円

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『狛犬たち』~その3 白河市~

前回は白河市大信地区の狛犬をご紹介しましたが、今回はこれからです。
白河市東栃本地区の角折神社にある小林和平氏の狛犬です。

Img_7766

Img_8770
顔がそっくりに作られています、誰が見ても親子で有ることが分かります。

Img_7778

Img_8778
細かいところまで丁寧に彫られています、でも、その全身からは相当な迫力を感
じます、和平氏の力量の確かさを感じることが出来ます。

Img_7724
次は上の小林和平氏の師匠である小松寅吉の狛犬です。
これは、寅吉氏作としては有名な鮫川村赤坂西野の熊野神社のものです。

Img_7761

Img_7740
かたわらで遊ぶ子供の姿に愛らしさを感じます。

Img_7732

Img_7736
後ろ姿です、これほどの作品を作る人だからこそ当たり前と言えば当たり前で
すが、どこから見られても良いよと言う仕上がりです。

Img_7741
そしてこの迫力、さすが寅吉氏です。

Img_8031
次は白河市五箇地区の角折神社の狛犬です。
台座には 白河町 邊見嘉助 となっていました。

Img_8035
正面はもちろんですが、後ろ姿も丁寧に加工されています、さらに、偶然なの
か意図的なのかは分かりませんが背中の微妙な凸凹に筋肉の躍動感を感じ
ます。

Img_8039

Img_8040
口の中の歯まで作り込むという仕事ぶりにその丁寧さを感じます。

この狛犬は昭和三年のもです。と言うことは嘉助氏は小松和平氏と同じ時代の
人と言うことになります、同時代に石工となった嘉助氏にとって和平氏、そして、
その師匠である寅吉氏と言う存在はどの様なものだったのでしょうか?
今となってはそれを知る術はありませんが、もし自分が嘉助氏と同じ立場だった
らどうだろうなどと考えながら狛犬を楽しむのも一興かと思います。

白河市東栃本
鮫川村赤坂西野
白河市五箇

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塙町のダリアを撮ろう!~「はなわのダリア写真コンテスト」作品募集のお知らせ(塙町)

塙町では、現在「はなわのダリア写真コンテスト」が開催されています。

Img037

この写真コンテストは、塙町の町の花であるダリアが咲く時期に合わせて開催され、「町民の部」と「一般の部」の二部門で募集を受け付けています。

 ◆ 第1部 町民の部
   応募資格:塙町町民または塙町に通勤通学している方
   応募規定:サイズは2L以上とし、作品には応募票を添付し、
          1人2作品までとする。作品は町内で撮影したもので、
          「花単独」「人物と花」「花と風景」どれでも可。
          作品は、未発表のものに限る。

   応募先:〒963-5492
         福島県東白川郡塙町大字塙字桜木町388-1「道の駅はなわ」内
         塙町観光協会「はなわのダリア写真コンテスト」係
         TEL/0247-43-3400

 ◆ 第2部 一般の部
   応募資格:不問(プロは除く)
   応募規定:サイズは四つ切判(ワイドも可)、A4サイズも可とし、
          作品には応募票を添付し、1人何点でも可(入賞となる
          のはおひとり1点まで)。
          作品は湯遊ランドはなわダリア園を含む塙町町内各地の
          ミニダリア園(ダリアマップ参照)に関するもので、
          「花単独」「人物と花」「花と風景」どれでも可。
          作品は、未発表のものに限る。

   応募先:〒963-5533
          福島県東白川郡塙町大字湯岐字立石21番地
          湯遊ランドはなわ内「はなわのダリア写真作品募集」係
          TEL/0247-43-3000

 ※応募票は「はなわのダリア写真コンテスト」のチラシや、
   塙町ホームページのはなわのダリア写真コンテスト募集要項についています。

参加費はどちらの部も無料です。

皆さんもぜひこの機会に、塙町の綺麗なダリアを撮って、応募してみてはいかがでしょうか。

 「はなわのダリア写真コンテスト」  
  参加料:無料
  募集期限:平成26年10月20日(月)必着

  主催:塙町観光協会・塙町ふるさと産業おこし連絡協議会・株式会社塙町振興公社

  その他詳細は塙町ホームページをご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戊辰戦争の歴史に触れる盆踊り~「しらかわ盆踊り大会」開催のお知らせ(白河市)

来る8月21・22日、夏の終わりの白河市の恒例行事、
「第33回 しらかわ盆踊り大会」が白河駅前イベント広場にて、今年も開催されます。

Img024

会場では、しらかわ盆踊りやこども盆踊りをはじめ、白河市のご当地ヒーロー「ダルライザー」、同市ご当地キャラクター「しらかわん」と遊んだり、握手や記念撮影が出来る他、金魚すくいやかき氷、わたあめなどのお楽しみコーナーがあります。

また、21日には、「山口県萩市民としらかわ盆踊り」と題し、戊辰戦争の頃から「しらかわ盆踊り」とゆかりがある山口県萩市の皆さんがお越しになり、いっしょに踊ることができますよ。

「しらかわ盆踊り」は昔、戊辰戦争白河口の戦いに参戦した長州藩の兵士が、お盆の時期に戦死者の慰霊のため白河の領民と一緒に踊った盆踊りを、長州に持ち帰ったという歴史があり、140年以上が経った現在も、「白河踊り」という名前で山口県萩市をはじめとする各地域で踊られています。

しらかわ盆踊りの歴史につきましては、下記リンクも合わせてご覧ください。

(過去記事)
・長州藩兵士たちも踊った「白河踊り」~「しらかわ盆踊り大会」開催のお知らせ(白河市)
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-317c.html

(山口県萩市ホームページより)
・No.41 2008年9月15日号:https://www.city.hagi.lg.jp/site/shityoushitsu/h3345.html

(山口県萩市にある萩博物館のブログ「萩博ブログ」)
白河踊り考、その1:http://hagihaku.exblog.jp/10059426/

踊りや屋台だけでなく、今年は山口県萩市のみなさんと一緒に戊辰戦争の歴史にも触れることができる「しらかわ盆踊り大会」。
みなさんお誘いあわせの上、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 「第33回 しらかわ盆踊り大会」
  日  時:平成26年8月21日(木)~22日(金)
         午後5時より
         ※小雨決行 正午と午後5時に花火合図
  場 所:白河駅前イベント広場

  駐車場:白河駅北側駐車場、白河市民会館、白河市役所

  問合せ:しらかわ盆踊り大会実行委員会
       白河市中央公民館
          TEL:0248-23-3810

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷村の田園風景と五穀豊穣の願い~四柱神社(西郷村)

田舎暮らしといえば、田園風景を連想する人が多いのではないでしょうか。田植えの春・生育の夏・稲穂の秋と、季節の移り変わりを強く感じさせてくれますよね。

今回は、西郷村の夏の田園風景をご紹介します。

Img_4614

Img_4649
   
西郷村には白河甲子高原があり、酪農やじゃがいもが有名なのであまり田園のイメージはないかもしれませんが、平地には一面に田んぼが広がっているのです!
田んぼの中には、鳥よけの案山子(カカシ)も見えますね。

Img_4652


Img_4660

そんな田園風景の中に、五穀豊穣を願って作られた社があります。西郷村の小田倉(おだくら)にある四柱(しばしら)神社です。

Img_4592

明治の頃、水害などの天災が続いて充分な収穫ができなかった年に、
入植した人々によって建てられたそうです。

Img_4596

Img_4603

四柱とは、伏見(京都府)・豊川(愛知県)・笠間(茨城県)・竹駒(宮城県)のお稲荷様のことで、穀物・農業の神であるとされています。四柱神社は、豊作を願う人々の思いの象徴なのですね。

Img_4605

四柱神社以外にも、自然に囲まれた県南地域には、五穀豊穣の願いを込めた神社やお祭りがたくさんあります。自然と共に生きてきた、地元の方々の思いが伝わってくるようですね。





文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢祭町のイメージキャラクター大募集のお知らせ

矢祭町で、イメージキャラクターの募集が始まります!

2_r

応募資格は、個人・団体などどなたでも応募可能で、年齢や性別、プロ・アマを問いません。どなたでも応募できます。応募点数は1人(1グループ)で何点でも応募いただけます。

みなさんが考えたキャラクターが、矢祭町のゆるキャラになるかも!?
たくさんのご応募、お待ちしています。


 「矢祭町イメージキャラクター大募集」
    
  ◆ 募集テーマ
     ・矢祭町らしさがあり、矢祭町をPRするのにふさわしいデザインであること。
     ・多くの人から親しまれ、愛着が持たれるデザインであること。
     ・着ぐるみ等に活用しやすいデザインであること。

  ◆ 最優秀賞(1点)
     賞金5万円と副賞(特産品詰め合わせ)
     (受賞者が高校生以下の場合、同額の図書カードとなります。)

  ◆ 優秀賞(数点)
     副賞(特産品詰め合わせ)


    募集期間 平成26年8月18日(月)~平成26年9月19日(金)※必着

    応募・お問合わせ
      矢祭町役場 自立総務課企画財政グループ
       電話:0247-46-3131  FAX:0247-46-3155

  ※詳細についてはこちらをご覧下さい:矢祭町ホームページ   

文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒蔵を見学できます~千駒酒造(白河市)

以前「小峰シロ」のお酒を紹介させていただきましたが、今回は製造元の「千駒酒造」さんの酒蔵を見学させていただきました。

Dscn5712

Dscn5733


千駒酒造さんは大正12年「池島酒造店」として創業し、昭和51年に現在の「千駒酒造」となり日本酒を造り続けています。

Dscn5714

酒造りの水はこの井戸の地下水から汲んでいるそうです。

Dscn5726

酒蔵は昔ながらの姿を残しています。

Dscn5715

中に入ると巨大なタンクが姿を現すとともに、お酒の香りが香ってきました。

Dscn5722

真夏の今でも蔵の中は12℃と、ひんやりしています。

Dscn5719

杜氏さんが直接説明をしてくださいます。
酒の仕込みは11月から3月の寒さの厳しい時期に行います。
この時期に杜氏さんは泊まり込みで仕込みを行うそうです。

一年に出荷するお酒をこの時期に全部作るということで、責任のあるお仕事ですね。
手をかければ手をかけた分だけ、それに答えるようにおいしいお酒ができあがるそうです。

Dscn5717

夏の間はタンクの中のお酒を濾過する作業などをされるそうです。
濾過中のお酒を見せてもらいました。

Dscn5723

こちらは大吟醸で使用するお米だそうで、より澱粉質を抽出するために余分なものをギリギリまで削ってこの小ささになるそうです。
ここからお酒を造るのでどうしても高価になってしまうそうですが、それだけおいしいお酒ができるということなんですね。

さて、この千駒酒造さんでは直接お酒も販売しています。
酒蔵見学後はお酒を試飲しながら、お好みのお酒を選ぶこともできますよ。

Dscn5732

Dscn5727

シロちゃんのお酒やグッズはこちらでも販売しています。
パネルも展示されていました。

また、日本酒だけではなく日本酒で作った梅酒なども販売されており、中でも大吟醸を使用した贅沢な梅酒は人気商品だそうです(数量限定)。
日本酒でも夏限定の商品があり、この季節は贈り物の好適品として喜ばれそうですね。
オンラインショップもぜひご覧ください。

千駒酒造オンラインショップ
 http://senkoma.wn.shopserve.jp/

酒蔵見学の予約については千駒酒造さんにお問い合わせください。

「千駒酒造株式会社」
 住所/白河市年貢町15-1
 TEL/0120-35-3057
 ホームページ http://senkoma-shuzou.co.jp/

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地域の夏祭り紹介

お盆の季節になりましたね。
これから開催される県南地域の夏のイベント情報をご紹介いたします。

◆ 棚倉夏祭り

棚倉町恒例の夏の風物詩「棚倉夏まつり」が今年も開催されます。
今年は「棚倉大好き! 夏まつり」をテーマに、
棚倉から元気を発信するべく、様々な内容のイベント等を実施するとのことです。

会場では各商店会によるイベント、ステージライブ、第26回棚倉城YOSAKOIまつり、烈車戦隊トッキュウジャーショー、露店販売などが行われます。

 日時:平成26年8月14日(木) 15:00~21:00
     ※雨天決行
 場所:棚倉町町内
     (旧国道118号線浅川口交差点から古町宗田薬店までの大通り)

 お問合わせ: 棚倉夏まつり実行委員会(棚倉町商工会) 
            TEL:0247-33-3161

※その他詳細は、棚倉町ホームページをご覧ください。
http://www.town.tanagura.fukushima.jp/view.rbz?cd=669

◆ 第85回塙流灯花火大会

塙町で、昭和5年から先祖供養の行事として行なわれている「塙流灯大会」が今年も開催されます。
当日は露店・歩行者天国をはじめ、川上川に大型・小型灯ろうなど三千個が流れる「大型灯ろう流し」や花火打ち上げ、踊り流しが行われます。  

 日時:平成26年8月15日(金) 14:00~
 場所:塙町町内

 お問合わせ: 塙流灯花火大会協賛会(塙町商工会内)
            TEL:0247-43-0371

※その他詳細は、塙町ホームページをご覧ください。
http://www.town.hanawa.fukushima.jp/view.rbz?cd=372

◆ 第36回鮫川花火大会 ふるさとの鼓動

鮫川村商工会青年部主催の鮫川花火大会が開催されます。
当日は花火大会の他、奥州鮫川太鼓保存会による和太鼓演奏や、「みんなで踊ろう 鮫川音頭を広めよう!」、案山子(かかし)サマーコンサート、世界の口笛奏者 高木満理子さんの演奏が行なわれます。

 日時:平成26年8月15日(金) 18:00~
      ※荒天の場合、17日(日)に順延
 場所:打ち上げ場所/鮫川中学校下国道349号トンネル付近
     売店/田中ニット敷地内
     イベント会場/鮫川村保健センター駐車場

  主催:鮫川村商工会青年部

※その他詳細は、鮫川村ホームページをご覧ください。
http://www.vill.samegawa.fukushima.jp/page/page000965.html

ぜひこの機会に、みなさんお誘い合わせのうえお出かけください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『白棚線歴史バスツアー』~Shirakawa Week2014 白河市~

こちらのブログでも何度かご紹介しているSihrakawa Week2014(詳細はこちら
の内の一つ白棚線歴史バスツアーに参加してきました。

Img_8553
まずは小峰城にて三重櫓や石垣の復旧状況についてのお話を伺って。その後、
白河駅の移動して白棚線に乗車です。

Img_8562
白棚線に乗るのは初めてという方や日常的にこのバスを使ってる方、以前は
使っていたが今は使ってない方など色々な方を混ぜ合わせてのバスの旅の
始まりです。

Img_8567

Img_8576
向かった先は小丸山というバス停、ここから稲荷山へ向かいここで戊辰戦争の
白河口の戦いについてのお話を伺いました。

Img_8596
次は、白河市の名勝南湖公園です。

Img_8595

Img_8606
ここでも、南湖公園の持っている歴史的意味合いなどについての説明を受けま
した。

Img_8626
さらに白棚線は進んで、白河市表郷金山の金山バス停に向かいました。
ここでは、地元の正金寺さんで戊辰戦争にまつわるお話を伺いました。

Img_8637
金山バス停から白河駅に戻って今回のツアーは終了です。
今回は白棚線全線の内約半分の旅でしたが、初めて白棚線を使った方はもち
ろん、日常生活で使ってる方も途中下車をすることはなかなか無いので、自分
が日頃使っているバスの沿線に新しい発見や驚きが有ることを知って大変満足
されていました。

もう、何十年も前のこのバスは、夏のこの時期はとっても暑かったのに今は、
エアコンが効いていてとても快適なバスの旅でした。

白河市 白河駅前
文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『涼を求めて』~江竜田の滝 鮫川村~

毎日暑い日が続いていますが、こう言う時は涼しい所に、ということで行ってき
ました江竜田の滝。

Img_8396

Img_8404
江竜田の滝のメインとも言える二見ヶ滝です。
ご存じの通り江竜田の滝という名前の滝は無く総称して江竜田の滝
(詳しくはこちら)と呼称しているわけです。

Img_8426
二見ヶ滝の上流部にある虹ヶ滝です。
雨上がりに行ったわけでは無いのですが、水量が豊富でなかなかの迫力です。

Img_8439

Img_8437
こちらのそうめんの滝もその滝の姿がそうめんが流れている様なので、そうめ
んの滝言う名前になったと言うことですが、そうめんが流れていると言うには一寸
無理がある水量でした。

Img_8427
そして、滝を見ている頭上にはこの青葉達です。夏の強い日差しを苦も無く遮
るほどに折り重なって生い茂っています。

一服の涼を求めてと思い来てみましたが、この滝と青葉のコントラストが良くて
出来れば少しうたた寝がしたいと思うほど快適な時間を過ごすことが出来まし
た。

次回はこの青葉達が紅葉に変わる頃に又訪ねてきたいものです。

鮫川村渡良瀬

文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋葉原でシロちゃんのお酒が販売されています!~千駒酒造(白河市)

大人気の白河市の萌えキャラ「小峰シロ」。
その小峰シロちゃんがあしらわれたお酒が、2013年6月より販売開始されました。

このお酒は2013年9月に秋葉原で行われ、全国各地の萌えキャラをモチーフにしたお酒を一同に集めた「萌酒サミット」において、なんと人気投票1位を獲得しました。

Dsc_0504

このお酒を販売しているのが、白河市の造り酒屋「千駒酒造」さんです。

「小峰シロの清酒」「小峰シロの純米吟醸酒」をはじめ、「うめ酒」、ピンク色がかわいい「おとめ桜伝説・桜花・桃リキュール」が販売されています。

また、この夏小峰シロの変身バージョン「鏡花」をあしらった「おとめ桜伝説・鏡花・ブルーハワイリキュール」が販売開始となりました(写真右)。夏にピッタリのブルーが鮮やかなお酒です。

そしてこのたび、東京・秋葉原駅前で7月20日に再オープンした「秋葉原ラジオ会館」にて千駒酒造さんの常設ブースがオープンしました!

ラジオ会館1Fの、萌えキャラをモチーフとしたお菓子等を扱ったおみやげ屋さん「ギフトショップ The AkiBa」内で販売されています。

Theakiba

ここでは小峰シロちゃんのお酒5種類と、グッズが販売されています。
オープン初日は金箔が入った限定のお酒も販売され、たくさんのお客様が訪れ大盛況だったそうです。

シロちゃんのお酒は千駒酒造さんのオンラインショップや、白河市内の酒屋さんでも購入できます。
詳しくは千駒酒造さんのホームページをご覧ください。

「千駒酒造株式会社」
 住所/白河市年貢町15-1
 TEL/0120-35-3057
 ホームページ http://senkoma-shuzou.co.jp/

「秋葉原ラジオ会館」
 東京都千代田区外神田1-15-16
 (JR秋葉原駅 電気街口よりすぐ)

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Shirakawa Week シンポジウム」開催のお知らせ(白河市)

来る8月9日(土)、白河市図書館 地域交流会議室にて、「Shirakawa Week シンポジウム」が開催されます。

Shirakawaweek2014

このシンポジウムは、地元出身の現役大学生が中心となり活動している団体「Shirakawa Week実行委員会」が主催のシンポジウムで、
『「これから地元を離れます」VS「これからもずっと地元にいます」高校生と地元のアラサ―から考える白河の未来』をテーマに、”これから地元を離れる”高校生たちと、これからも白河にいようと考えているアラサー世代が、今後の地域について考えます。

当日は、白河市市長・鈴木和夫氏をはじめ、福井県鯖江市で、”鯖江市JK課”を立ち上げた若新雄純氏、地域間の問題を社会学の視点から研究、震災後は福島学構築プロジェクトリーダーとしても活躍する開沼博氏、情報発信に独自の手法で取り組み続けるNPO法人メディアージの根本総一郎氏をお招きし、高校生と地元アラサ―世代へのインタビューを基に、今後の地域について話し合い、パネルディスカッションを行います。

入場は無料、申込等の予約は不要です。

どなたでも参加できますので、ぜひご来場ください。

 「Shirakawa Week シンポジウム」
   日時:8月9日(土) 13:30~(開場13:00)
   場所:白河市立図書館 小会議室

   ※これから大学に進学する予定でシンポジウムに
     参加したい地元高校生も同時募集
     詳細は「Shirakawa Week」ホームページをご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「白河関まつり」と 「しらかわ魂80's」が開催されました。(白河市)

去る8月2、3日、白河市で恒例の夏祭り「白河関まつり」
同時開催の「しらかわ魂80's」が開催されました。
(イベントの概要はこちらをご覧ください。)

P1120536

両日ともとても良い天気に恵まれ、多くの方が足を運んでいました。

まずは2日より開催された「しらかわ魂80's」です。

Img_8287

会場では、金魚すくいや水ヨーヨーをはじめ様々な屋台が出店し、
1980年代を思わせるような懐かしい演出が散りばめられていました。

Img_8293

Img_8298

ステージでは、白河市のご当地ヒーロー「ダルライザー」のショーをはじめ、
各ステージイベントが会場を盛り上げていました。

Img_8344

また3日に開催された「白河関まつり」では、
「しらかわ伝統芸能フェスティバル」が行われ、
阿波踊りをはじめとする、各地の伝統的な踊りが披露されました。

P1120573

最後には、白河市内の事業所や各団体が全員で「白河踊り」を踊りました。

Img_8533

また、「ゆかたコンテスト」イベントをはじめ、各屋台も軒を連ね、
多くの人で賑わっていました。

そして、夜には 「平成26年度 白河関まつり市民納涼花火大会」が行われ、
5000発の花火が白河の夜を彩りました。

P1120864

今回のイベント限定で「景観グランプリメモリアルディ」が開催され、
その一環として白河駅のライトアップも行われていました。

白河駅の後ろで上がる、色鮮やかな花火が綺麗ですね。

訪れた皆さんは、白河市で思い出になる夏を過ごせたのではないでしょうか。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぶき夏まつりが開催されました~矢吹町

8月2日の土曜日、矢吹町東口イベント広場にて
「第14回やぶき夏まつり」が開催されました!

Img_4736

開催時間の午前11時、ステージに矢吹町のご当地アイドル
「ShuN-R@n GIRLS☆」が登場し、
お祭りのナビゲーターや
レポーターを務めました。

Img_4697_2

Img_4698

その後、ステージでは光南高校チアガールや県南レクダンス愛好会、
よさこいなどたくさんの催し物が行われ、会場を盛り上げていました。

Img_4700

Img_4702

Img_4705

Img_4711

露店もたくさん出て賑わっていました。

Img_4721_2

Img_4724

矢吹町のゆるキャラ、やぶきじくんをモチーフにした
「やぶきじくん焼き」も発見!

Img_4723

他にも、無料の「流しソーメン試食会」や子ども達が遊べる「ふわふわ」が
設置され、たくさんの人達が楽しい夏の一日を過ごしていました。
夜には、盆踊りや復興餅まきも行われたそうです。

Img_4728

Img_4734

<矢吹駅東口イベント広場>
 福島県西白河郡矢吹町中町





文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三角点探訪』その10~三角点を探して~

前回の時に次回は歩いて藪をかき分けながら行く三角点に行ってきますと言い
ましたが、実はそれはそれで結構大変なのですが行ってきました。

Img_7620
まずは、鮫川村渡良瀬地区にある山王山にある三角点です。

Img_7624
近くで見ると三等の文字がよく分かります。
三角点があるここはそうでもありませんが、ここへ行くまでが結構大変で本当に
藪をかき分けてになってしまった場所でした。

Img_7551
つぎは、棚倉町流の白山神社の裏山にある三角点です。

Img_7556
近くに寄ってみると四等の文字のバランスが妙ですが三角点の目的とは何ら
関係が無いので気にしないと言うことで。

Img_8053
次は白河市東釜子地区の三角点です。
見事なまでに草むらの中です。三角点表示杭とポールが立っているから分か
りますが、これが無かったら見つけることが出来たかどうか?です。

Img_8055
近くに寄ってみてやっと本体を見ることが出来ます。

Img_8058
まわりの草を除くと全体を見ることが出来ますが、結構埋まっているので、文字
までは確認できませんでした。

Img_8063
今回の終わりはこの三角点です。
場所は上と同じ白河市東釜子地区です。ただ、この三角点が今回ある意味で一番
苦労した三角点になります。見ての通り三角点表示杭が有るので場所は確認でき
るのですが。

Img_8065
近づいてみても三角点本体を見つけることが出来ません。
今回は本体が埋まっていて結局本体を見つけることが出来なかったと言うこ
とになるのかと思いながら周りの草を除いてみました。

Img_8068
三角点本体があると思われる場所に鉄の蓋がありました、まさかと思いながら
蓋を開けてみると。

Img_8072
蓋の下に三角点がありました。周りをコンクリートで囲った中に三角点があり
ます。
確かに、今までも道路の脇とか、田んぼのあぜ道などの平地の所の三角点
は埋まってしまってることが結構ありましたが、こうすればとりあえず埋まって
しまうことは避ける事が出来るのでこれは結構良いアイデアだと思います。

今回はここまでです。次回も藪をかき分けていった先にある三角点を探しに
行ってみようかと考えています。

鮫川村渡良瀬
棚倉町流
白河市東釜子

文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »