« 「第10回 ふるさと回帰フェア2014」に出展します。 | トップページ | 平成26年「そばの花見会&ミニコンサート」のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト(白河市) »

88年前にタイムスリップ!?「福島県白河町真景図」~松井天山の鳥瞰図(白河市)

以前、ラクラスしらかわのブログで白棚線の歴史をご紹介させていただきました。

記事:第二次世界大戦とともに消えた鉄道~白棚線(1)


この時、路線の有無を確認するために使ったのが「福島県白河町真景(しんけい)図」という鳥瞰図(ちょうかんず)です。今回は、この鳥瞰図にスポットを当ててみました。

Img_4793

鳥瞰図は、大正時代以降の鉄道の発達と共に起きた観光ブームの中で、観光マップとして数多く作成されました。
「福島県白河町真景図」の製作者である松井天山も、白河市だけでなく同じ県南地域の棚倉町や、静岡県・千葉県など東北や関東で63点の作品を残したといわれています。しかし、鳥瞰図絵師の一人として活躍したにも関わらず、彼の生涯は謎に包まれており、経歴や縁故者など詳しいことは分かっていません。

Img_4805

「福島県白河町真景図」を見てみると、右下に「大正15年2月7日写生 松井天山」と記載されています。大正15年は1926年なので、これは今から88年前の白河市の姿ということになりますね。

Img_4810

マイタウンしらかわがある本町付近を見てみると、様々な商店が所狭しと並んでいます。

Img_4807

道行く人の姿もきちんと描かれていて、城下町として栄えていた様子が伝わってきますね。

Img_4800

そして、名前から分かる通り、当時は「白河市」ではなく「白河町」でした。 昔の地図を見ながら現在の白河市を散策したら、タイムスリップした気分が味わえるかもしれませんね。


「福島県白河町真景図」は、白河商工会議所と白河戊辰見聞館で販売されており、1枚500円で購入できます。 貴重な資料としての使い方はもちろん、情緒あふれるデザインなのでディスプレイにしても素敵ですね♪(ちなみに、ラクラスしらかわでは額に入れて壁に飾っています。)

Img_4815

  ◆白河商工会議所
     住所:福島県白河市道場小路96-5
    業務時間:8時30分~17時15分
    電話:0248-23-3101 FAX:0248-22-1300
    ホームページ:http://www.shirakawa-cci.or.jp/main.html

   ◆白河戊辰見聞館
      ※在庫がない場合がありますので事前に電話でお問い合わせ下さい。
      住所:福島県白河市中町65(楽蔵内)
      営業時間:9時~17時
      定休日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜日休館)
      電話:0248-21-9395
      ホームページ:http://s-boshin-kenbunkan.jp/



文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 「第10回 ふるさと回帰フェア2014」に出展します。 | トップページ | 平成26年「そばの花見会&ミニコンサート」のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト(白河市) »

交通」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

真景図は 表は見ていますが
裏面の 広告欄は どうなっていますか?
分かれば その当時の 店や繁栄振りが
分かると思いまして
是非 見たいと 思います。
宜しく お願いします。

投稿: 白岩 栄英 | 2014年12月 2日 (火) 22時06分

こちらの真景図は復刻版で、残念ながら裏面に印刷はありません。裏面の広告欄の所在については、分かりませんでした。ご期待に応えられず、本当に申し訳ありません。(ま)

投稿: ラクラスしらかわ | 2014年12月 3日 (水) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/57200909

この記事へのトラックバック一覧です: 88年前にタイムスリップ!?「福島県白河町真景図」~松井天山の鳥瞰図(白河市):

« 「第10回 ふるさと回帰フェア2014」に出展します。 | トップページ | 平成26年「そばの花見会&ミニコンサート」のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト(白河市) »