« 谷津田川にあじさいが咲きました。(白河市) | トップページ | 「白河の関 ほたるまつり」が開催されました(白河市) »

さわやか詩集と矢吹の詩人・大滝清雄~矢吹町図書館(矢吹町)

Img_3610

以前、ラクラスしらかわのブログでご紹介させていただいた
矢吹町図書館には、全国的に見ても珍しい、とある「詩集」が
置いてあります。

<過去記事:読書に親しむまち やぶき~矢吹町図書館(矢吹町)>

今回はその詩集にまつわるエピソードと、それに深い関わりのある
矢吹町出身の詩人「大滝清雄」氏についてご紹介させていただきます。



【大滝清雄(おおたき きよお)】
大滝清雄氏は、今から100年前の1914年(大正3年)、
西白河郡三神村(現在の矢吹町)で生まれました。

お寺の長男として生まれたため周囲は跡継ぎとして期待を
寄せますが、彼の文学への情熱はどうする事もできず、
清雄氏は昭和7年に上京。
日本大学芸術学部文芸創作科に入学します。

その後、第2次世界大戦が勃発。
兵隊として戦地に赴いた清雄氏ですが、出世をして陸軍大尉になっても
文学の志を忘れる事はなく、戦線で創作活動を続けていたそうです。

昭和20年に終戦を迎えたのち、清雄氏は故郷である矢吹町に戻り、
文学の研究に着手します。その2年後に三神村立三神中学校教諭、
さらに2年後には矢吹町立矢吹中学校教諭として、教壇に立ちながら
数々の詩集を創刊。日本詩壇詩集賞や福島県文学賞を受賞しました。

詩人であり、教師であり、軍人でもあった大滝清雄氏。
なんと、剣道は7段の腕前だったそうです。



【さわやか詩集】

1989年(平成元年)に矢吹町図書館が開館します。

その際、大滝清雄氏の功績を讃え、彼が開館の記念として寄贈した
蔵書を集めた「大滝清雄文庫」と、矢吹町内在住者・出身者の方が
出版した本を集めた「さわやか文庫」の2つが開庫されました。

この開庫を記念して、矢吹町内の小・中学校の児童と生徒から詩を募集し、
審査委員により各賞を決め表彰式を行い、さらに応募された全ての作品を
掲載した「さわやか詩集」が発行されます。

「さわやか詩集」の審査委員長には大滝氏が選ばれ、
最も優秀な作品には「大滝清雄賞」が贈られることになりました。

Img_4000

こちらが「さわやか詩集」です。
左側の青い冊子が平成元年に発行された創刊号で、
右側が最新の第25号です。今年の1月に発行された25号は、
大滝清雄氏生誕100年の記念号になっております。

創刊から25年。毎年欠かさず発行され、かつ応募作品が
全て掲載されている詩集はとても珍しいのだそうです。

Img_3994

大滝清雄氏は、平成10年に85歳でお亡くなりになりました。
教師として子ども達のことを綴った詩も多くあります。



平成元年の図書館開業以来、毎年欠かさず発行されている
「さわやか詩集」は、全て矢吹町図書館で読むことができます。
矢吹町の子ども達が純粋な感性で綴った詩の数々を、ぜひご覧下さい。

【矢吹町図書館】  

 所在地:福島県西白河郡矢吹町小松481  
 TEL:0248-44-3595  FAX:0248-44-3558  
 メール:tosyokan@town.yabuki.fukushima.jp  
 ホームページ:http://www.library-yabuki.jp/




文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 谷津田川にあじさいが咲きました。(白河市) | トップページ | 「白河の関 ほたるまつり」が開催されました(白河市) »

文化・芸術」カテゴリの記事

矢吹町」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/56568036

この記事へのトラックバック一覧です: さわやか詩集と矢吹の詩人・大滝清雄~矢吹町図書館(矢吹町):

« 谷津田川にあじさいが咲きました。(白河市) | トップページ | 「白河の関 ほたるまつり」が開催されました(白河市) »