« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

白河の夏祭り開催!~「白河関まつり」「しらかわ魂80's」開催のお知らせ(白河市)

来る8月3日、毎年恒例の白河市のお祭り「白河関まつり」が開催されます。

同時に 「しらかわ魂80's」 が8月2日、3日の2日間にかけて開催されます。

P1120519

このイベントは白河商工会議所青年部が主催で、
今年は1980年代の賑わいを食・遊び・ステージを通じて表現するとのことです。

会場ではステージイベントの他に、「縁日魂80's」と題して
フードコート・ドリンクブース、縁日コーナー(射的、金魚すくい、輪投げほか)が行なわれます。

また、翌日の8月3日(日)には、 「白河関まつり」 が開催されます。

Img033

当日、日中からは「しらかわ伝統芸能フェスティバル」が行われ
小峰通りと白河駅前各所にて白河関の踊り流し、相馬盆踊り、
高円寺ほか阿波踊り、安珍歌念仏踊りなどで賑わいます。

そして夜には「平成26年度 白河関まつり市民納涼花火大会」が開催され、
5000発の花火が白河の夜を彩ります。

今週末はぜひ、にぎやかな白河市へお越しください。

◆ しらかわ魂80's

 日時:8月2日(土)、8月3日(日) 正午~午後9時
    ※雨天決行
 会場:JR白河駅イベント広場

 お問合わせ:白河商工会青年部事務局
            TEL:0248-23-3101

 ※詳細は白河市ホームページをご覧ください。

◆ 白河関まつり

  『しらかわ伝統芸能フェスティバル』

   日時:8月3日(日) 午後2時~6時
   会場:小峰通り(白河駅白坂線)、JR白河駅前イベント広場 

  『ゆかたコンテスト』

   日時:8月3日(日) 踊り流し終了後~午後7時まで
   会場:小峰通り本部前
   対象:・当日、本部テントにて受け付け後、踊り流しに参加していただいた方
   対象:・踊り流し参加団体から推薦された方

  『平成26年度 白河関まつり市民納涼花火大会』

   日時:8月3日(日) 午後7時30分~8時45分
      ※荒天の場合は4日(月)に順延
   打上場所:小峰城 城山公園(白河市郭内)
   観覧地:白河駅北側駐車場 ※無料シャトルバス運行
   交通規制:周辺交通規制あり(午後6時~10時まで)

 主催/お問合わせ:
   白河まつり振興会(白河観光物産協会内)
   TEL:0248-22-1147

 ※詳細は白河観光物産協会ホームページをご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲子高原の夏模様~雪割橋(西郷村)

東北地方もいよいよ梅雨明けを迎えました。
夏らしい、暑い日が続いています。

涼を求めて、西郷村の雪割橋に行ってきました!

Img_4619

道路に設置されている気温計は30度。高原でもやっぱり夏は暑い…と思いながら車を降りてみると、びっくりするような涼しさ!日向にいても、ちっとも暑さを感じません。絶えず吹いてくる爽やかな風のせいでしょうか?

さっそく雪割橋を渡ってみました。

Img_4620

Img_4616

写真だと非常に暑そうに見えますが、実際は汗も出ないくらい涼しかったです。
もりもり育つ葉っぱの、折り重なった緑がとても綺麗ですね。

Img_4621

Img_4623


天気がよかったので、座頭ころばし展望台にも寄ってみました。

Img_4633

少しもやがかかっていますが、晴れ渡っていたので
遠くまで見渡すことができました。そして、涼しいです!

Img_4635

Img_4636

柵のすぐ側の葉っぱにトンボがいました。
風に揺られて気持よさそうです♪

Img_4640

どこまでも爽やかで涼しい、白河甲子高原の夏模様でした。
過去記事も併せてご覧下さい。

<西郷村・甲子高原の紅葉(2013年) >
<展望台からの雪景色(西郷村) >

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「雪割橋」
 西白河郡西郷村大字鶴生字由井ヶ原

「座頭ころばし展望台」
 西白河郡西郷村大字真船

  西郷村観光協会  TEL 0248-25-5795

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地元出身大学生によるイベント「Shirakawa Week 2014」(白河市)

Shirakawa Week」とは現役大学生が中心となり活動している団体「Shirakawa Week実行委員会」が主催し、
夏休みに白河市で主に大学生が地元中高生との交流を軸に行われるイベントで、2012年より始まりました。

白河市を中心とする福島県南地域で高校卒業後、県外に進学した学生達が地元に戻ってくる夏休みに、
「家にいるだけではなく、都市での様々な体験、
  広がった知見、増えた友人、獲得した能力、それらを地域に還元したい。」
「貴重な時間を、地域のことをもう一度知る時間にしたい。」
「自分の育った地域のために、という意識で動いてみたい。」
そんな市内出身の在京・在仙大学生達が、人との繋がり・交流のために活動しています。

Img_0618

なお、Shirakawa Week 実行委員会の昨年度までの活動につきましては、
過去記事や、東日本大震災で避難されている方々のための福島県県南地域の住宅相談窓口や取材情報を掲載している「楽しい福島県県南暮らし(楽南)」にも掲載されておりますので、こちらも合わせてご覧ください。

<関連記事>
Shirakawa Week14 2013 ~白河の未来~
Shirakawa Week 14 days 白河探検ツアー 開催 1日目(白河市)

3年目となる今年は「情報発信」を軸に考え、参加者が楽しく活動し、企画者・地域住民・参加者の誰もが新しい知見を得て、県南地域に関係する人が成長し、地域の再発見と課題解決に結びつくことを目指したプログラムになっているとのことです。

その中でも特に力を入れているのは、
『おさんぽかるたワークショップ』『シルクスクリーンワークショップ』『シンポジウム』です。

『おさんぽかるたワークショップ』は、日本全国に多数ある“市営施設”をテーマにした市営施設探訪マガジン「しのそのへ」編集者と、Shirakawa Week実行委員会が主催しています。

Photo

参加者の皆さんが白河市内を見て、触れ、各々独自の白河の魅力を詰め込んだオリジナルカルタを作ります。

また、制作したカルタは、来る8月3日、白河関まつり内で出店される『オルタナティヴ・マツリ・スペース』にて、お披露目、プレイすることができます。

『オルタナティヴ・マツリ・スペース』とは、「Shirakawa Week」の企画・協力の一つである、地域団体「XacX」が作る20代が中心に集えるブースです。

どちらも老若男女・県内外どなたでも参加できますので、ぜひお越しください。
カルタを通じて、新たな白河市を発見してみるのも良いかもしれませんね♪

   『おさんぽかるたワークショップ』
    日時:8月2日(土)午前10時~
        (※終了は午後5時を予定)
    場所:白河市立図書館 小会議室
    申込締切:7月31日(木)必着
    ※チラシより募集期間が延期されました。    
    ※申込方法はShirakawa Weekホームページをご覧ください。

   『オルタナティヴ・マツリ・スペース』
    日時:8月3日(日)
    場所:白河関まつり会場 そば店・蕎太郎付近路上
                   http://shirakawa315.com/news/84_25.html
        (詳細は当日会場でご案内します)

『シルクスクリーンワークショップ』は、中高生を対象にマイタウン白河にて開催されるワークショップ企画です。

白河旭高校OBが代表を務める仙台のデザイン集団「Wired Axis」とShirakawa Weekがプロデュースし、
「シルクスクリーン」と呼ばれる印刷技術で、オリジナルシャツやトートバック、缶バッチを作ることが出来ます。

   『シルクスクリーンワークショップ』
    日時:8月5日(火) 午前10時~
    場所:マイタウン白河2F
    持ち物:筆記用具・シルクスクリーンで印刷したい布製品
    対象参加者:中高生
    申込方法:申込不要

『シンポジウム』は、来る8月9日、白河市立図書館にて、
『「これから地元を離れます」VS「これからもずっと地元にいます」高校生と地元のアラサ―から考える白河の未来』と題し、各種専門の方々と白河市長を交えてパネルディスカッションを展開します。

こちらは申込不要ですので、どなたでもご参加ください。

この他にも、

◆高校生×市役所1年生職員
◆白棚線歴史バスツアー (8月6日(水)開催)
◆白棚線ラウンドテーブル (8月6日(水)開催)
◆白棚線フィールドワーク  (8月7日(木)・12日(火)・13日(水)開催)

などの地元を新たに見つめ返す企画が盛りだくさんとなっており、
こちらも現在参加者の申込みを受け付けております。

詳細は「Shirakawa Week」ホームページまたはフェイスブックをご覧ください。

今年の夏は「Shirakawa Week実行委員会」の皆さんと一緒に、
白河市をはじめとする福島県県南地域で新しい魅力を発見してみてはいかがでしょうか?

「Shirakawa Week」
ホームページ:http://www.shirakawa-week.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/shirakawaweek14days

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中島村のイメージキャラクター、お披露目!~いきいきフェスタINなかじま2014(中島村)

以前、このブログで告知させていただいた
「いきいきフェスタINなかじま2014」に行ってきました!

Img_4587

この日は晴れたり曇ったりと天気が不安定でしたが、記者が会場入りしたとたん大粒の雨に見舞われてしまいました…しかし!来場者は急ぎ足で帰ることもなく、傘をさしてステージやアトラクション、屋台を楽しんでいました。

Img_4555

こちらは「レッドベコーズ」の口笛演奏ステージです。
大ヒット中の「アナと雪の女王」主題歌や「ルパン三世のテーマ」などが披露され、口笛とは思えない迫力ある演奏に会場から大きな拍手が起こりました。

Img_4557

口笛奏者の高木満理子さんは中島村在住。
2011年に行われた全日本オープン口笛コンクールで
日本人最高位の準グランプリを受賞しました。

Img_4558

会場のすぐ隣にある中島幼稚園では、子供向けの無料アトラクションが行われていました。

Img_4540

Img_4544_2

Img_4549

こちらのロードトレインきらら号は、見た目のかわいさとは裏腹になかなかのスピード!線路がないので、360度ターンやS字など自由自在に走ります。

Img_4541

Img_4552

Img_4554

他にも、たくさんの屋台や麦茶の無料配布、抽選会など様々な催しが行われました。
家族連れがとても多かったのは、大人も子供も楽しめる素敵なイベントだったからでしょうね♪

Img_4578

Img_4565

Img_4585

そして!中島村のイメージキャラクター「なかじぞうさん」がお披露目されました!

Img_4561

頭には村の花「サツキ」と特産品のトマトと「よかっぺ時計」、
胴体には中島村の村章が入っています。

後ろ姿もかわいいですね♪もう子供たちの人気者になっていました。

Img_4562

いきいきフェスタの各所看板にも登場したりと、さっそく大活躍のなかじぞうさん。
今後の活躍に期待ですね!





文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やぶきじくん焼きが登場~軽食&居酒屋 矢吹宿 宝夢(矢吹町)

矢吹町中町にオープンした「軽食&居酒屋 矢吹宿 宝夢(ほーむ)」さんでは矢吹町のゆるキャラ、やぶきじくんをモチーフにした「やぶきじくん焼き」が人気を呼んでいます。

Dscn5689

Dscn5690

味は、あんこ、クリーム(各130円)、お好み焼き(180円)、の3種類。
お好み焼というのが珍しいですね。

Dscn5679

お好み焼きを早速頂きましたが、結構ボリュームがありました!
小腹がすいた時にピッタリです♪
包み紙もかわいいですね。

Dscn5686

宝夢さんは午前10時から営業し、午後5時からは居酒屋として営業されています。

昼の部ではおいしいカレーがメインです。

Dscn5677

こちらは矢吹町民に愛されつつ閉店した、今は無きカレー屋さんのカレーだそうで、
このたび宝夢さんで復活しました。
この味を懐かしんで来店される方も多いそうですよ。
野菜の味がとけこんだ、スパイシーかつまろやかなカレーです。

夜の部は居酒屋メニューに変わるということです。 

大人気のゆるキャラやぶきじくん。
「やぶきじくん焼き」でさらに話題になりそうですね。

入り口は矢吹町中町「やぶき復興まちづくりセンター」の脇より入ります。
このやぶきじくんが目印です。

Dscn5691


「軽食&居酒屋 矢吹宿 宝夢(ほーむ)」

矢吹町中町
TEL:0248-21-7555
定休日:月曜日

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚倉町を見守るお地蔵様~伊野地蔵尊(棚倉町)

県南地方で「お地蔵様」といえば、中島村の「汗かき地蔵」が有名ですね。
高さ約2メートルの、とても堂々としたお地蔵様です。

その大きさに負けず劣らずのお地蔵様が、
棚倉町にいらっしゃるのはご存知でしょうか?

Img_4457

こちらが、棚倉町の「伊野地蔵尊(いのじぞうそん)」です。
蓮家寺から少し歩いたところにある墓地の中にいらっしゃいます。

道路から見るとこんな感じです。

Img_4445

壇石も含めたその高さ、約3メートル60センチ!大きいですね!

Img_4456_2

Img_4459

伊野地蔵尊は、またの名を「伊野草分(いのくさわけ)地蔵尊」といい、
棚倉の地を切り開いて農業を確立した塩伊乃己(しおいのこ)
自直命(じのあたいのみこと)を祀ったものだそうです。

残念ながら、この地蔵尊に関する資料が乏しく、
由来などは分かっていないそうですが、
棚倉町のサイトに由来についての考察があるので、
下記リンクからご覧になってみて下さい。

<棚倉町ホームページ:伊野草分地蔵尊由来記>

Img_4455

この墓地には、推定樹齢300年以上の大きな桜の木もあります。
毎年、春になると美しい花を咲かせるそうです。

お地蔵様と一緒に、地域の人々を温かく見守ってくれているようですね。

Img_4465

<伊野草分地蔵尊>
所在地:福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字北町
お問い合わせ:棚倉町観光協会
TEL:0247-33-7886



文責:ま(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「いきいきフェスタINなかじま2014 明るく楽しく 心ふれあう なかじま」開催のお知らせ

来る7月27日(日)、中島村生涯学習センター輝ら里周辺にて
「いきいきフェスタINなかじま2014 明るく楽しく 心ふれあう なかじま」が開催されます。

Img032

会場は、メイン会場の他に中島幼稚園にあるキッズゾーン、
福祉センターにある健康・文化ゾーン(福祉まつり)の3会場で開催されます。

メイン会場では列車戦隊トッキュウジャーショーやバイクショー、
子どもみこし、さくらまち太鼓の演奏が行われるほか、
お茶会体験コーナー、麦茶サービス、焼き鳥・焼きそばなどの
模擬店各種やフリーマーケットも出展いたします。

また、いわき市出身の歌手・紅晴美さん、いわき市を中心にジャグリング・マジックなどの
パフォーマンス活動をしているパフォーマー悠雲(ゆうも)さん、
中島村在住の口笛奏者・高木満理子さんと喜多方市在住のアーティスト・細川佳那枝さんの
ユニット「レッドベコーズ」など、村内・県内ゆかりの方々のイベントショーも開催されます。

さらに、オープニングセレモニーでは、
先日募集した中島村のイメージキャラクターの発表も行われます。
(詳細は過去記事をご覧ください。)
どんなキャラクターなのか、今から待ち遠しいですね♪

中島村で開催される「夏」のイベントへ、皆さんもぜひ足を運んでみてください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『大信地区の狛犬』~白河市大信地区~

白河市大信地区(旧大信村)に一寸変わった狛犬が居ると言うことなので行って
みました。

Img_7841
大信上小屋地区の春日神社の狛犬です。

Img_7806
何か植物を咥えています、口に何かをくわえている狛犬を初めて見ました。

Img_7808
何かの花なのでしょうけど今ではよく分かりません。

Img_7814
こちらも花(おそらく牡丹かと思いますが)と花の間に子供が居るという一寸変
わったデザインです。

Img_7816
顔の表情は迫力があります、ここを守るのは自分の役目だと言ってるようにも
見える表情です。

Img_7867
続いては大信大高内の熊野神社の狛犬です。
不審者が来たらいつでも飛びかかれる様に準備しているようです。

Img_7873

Img_7877

Img_7880

Img_7882
丁寧に仕上がられていて見事と言える狛犬ですが、躍動感というところでは
一寸足らない物を感じます。思うにこの石工さんは仕事の丁寧さをその心情
としているのかとも思えるほどです。

Img_7956
次は大信増見の八幡神社の狛犬です。
こちらの狛犬も春日神社の狛犬同様何かを口に咥えています。

Img_7958

Img_7978
牡丹の花を咥えた狛犬です。

Img_7980

Img_7984
こちらは子供が咥えています、おそらくは牡丹の蕾を咥えているのではないかと
思います。

この三対の狛犬はデザインや表面の仕上げ具合から同じ石工さん(この石工さん
についてはこちら)による物と思われます。

ここ福島県県南地方にはかの小松寅吉の作品が多くありその作品に刺激を受け
た石工さんも多く居るものと思います、この石工さんもきっとその一人でしょう、
寅吉の作品に刺激を受けながらそこに自分の思いも込めて寅吉風ではない独自
の狛犬を作り上げいき、これが自分の狛犬だと言ってるようにも思えます。

白河市大信地区
文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の大池公園(矢吹町)

矢吹町の大池公園では睡蓮が見頃です。

Dscn5667

震災後に立入禁止になっていた桟橋も新しくなり、睡蓮がより間近で見られるようになりました。

Dscn5658

Dscn5642

Dscn5643

Dscn5672

六角堂付近が一番美しいポイントです。

Dscn5665

Dscn5673

淡いピンクの睡蓮もありますが、写真を撮った日にはまだつぼみでした。
これからが見頃になりそうです。

Dscn5663_2

今はあじさいもきれいですよ。

Dscn5641

日本庭園のハスは見頃を終えてしまいました。

Dscn5638

Dscn5640

毎年多くの人を楽しませている大池の大賀ハスですが、残念ながら今年は花を持つことがなかったそうです。
来年はまた美しい花が見られるといいですね。

Dscn5647_2

大池公園では遊具も新しくなりました。
周辺を散策しても自然が楽しめますよ。
ぜひお越しください。

(撮影:7月15日)

大池公園
 矢吹町大池

矢吹町ホームページ

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まちなか空き店舗見学ツアー」開催のお知らせ(白河市)

来る7月26日(土)、白河市で「まちなか空き店舗見学ツアー」が開催されます。

Img025

この催しは、白河駅周辺の空き店舗を見学しながら
まちなか(白河市中心市街地)を巡るツアーです。
(白河市中心市街地の場所につきましてはこちらをご参照ください。 過去記事

白河市まちづくり推進課のブログ「白河市まちづくりブログ」によりますと、
ツアーでは、一般に公開されていない物件などを見学することができる他、
家賃補助制度の説明やまちなかに出店した方の体験談なども聞くことができるそうです。

白河市中心地市街地の空き店舗への出店を検討されている方、
市内でお店を始めたい、いつか自分のお店を持ちたい、とお考えの方であれば、
市外、県外の方、どなたでもご参加できます。

事前予約制・先着順となっておりますので、
興味のある方はお早めにお申し込みください。

白河市でお店を始めたい、移住先でお店を構えたいとお考えの皆さん、
ぜひこの機会に「まちなか空き店舗見学ツアー」に参加してみてはいかがでしょうか。

「まちなか空き店舗見学ツアー」

 日  時:7月26日(土)13:40~15:30
         JR白河駅前 13:30集合

 定  員:15名程度(先着順)
 参加費:無料

 ※その他詳細は、白河市まちづくり推進課のブログ「白河市まちづくりブログ」、
  白河市ホームページをご覧ください。

 主  催:白河商工会議所、白河市

 お申し込み先
 白河商工会議所 TEL/0248-23-3101 FAX/0248-22-1300
             E-mail/cci@shirakawa-cci.or.jp

 白河市まちづくり推進課
                 TEL/0248-22-1111(内線2744)FAX/0248-24-1844
                 E-mail/machi@city.shirakawa.fukushima.jp

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏空の下、木陰で一休み~秋葉神社のケヤキ(棚倉町)

大型台風がようやく去り、 県南地域に
久しぶりの真っ青な空が現れました!

Img_4479

Img_4466
 
今回訪ねたのは、棚倉町の「秋葉神社」です。
静岡県秋葉山の秋葉大権現の御分霊と伝えられている
この神社は、棚倉小学校のグラウンドのすぐ側にあります。
子ども達の元気な声が、境内に響いていました。

Img_4478

秋葉神社には、福島県の「緑の文化財」に登録されている
ケヤキがあります。

<参照元:秋葉神社のケヤキ>

推定樹齢は200~299年、高さ28mという
とても大きな木なので、神社の敷地の半分が
このケヤキの木の枝に覆われていました。

Img_4480

取材に行ったこの日、棚倉町の気温は30度!
歩いているだけで汗が出る暑さでしたが、秋葉神社の境内は
ケヤキの木が作る木陰のおかげでとても涼しかったです♪

Img_4487

夏の景色を楽しみながら、涼を求めて散策するのも楽しいですね♪
(※帽子や水分など、熱中症対策を十分にしてお出かけ下さい。)


<秋葉神社>
  所在地:福島県東白川郡棚倉町棚倉字北町地内
  お問い合わせ:棚倉町観光協会
  TEL:0247-33-7886
  アクセス:水郡線磐城棚倉駅より車で3分


文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『今は無き言い伝えを一つ』~天神乳銀杏 白河市大信~

以前紹介した源八山龍澤寺の龍の骨(詳細はここ)のように医療に関する
言い伝えが結構一杯有りますが今回もその一例です。

Img_7861
白河市大信隈戸地区にある天神乳銀杏・天神モミです。
写真中央やや右寄りにあるのが天神乳銀杏です、左手にあるのが天神モミ
です。両方とも樹齢500年を超え幹周りは6メートルを超える巨木で共に白河
市の天然記念物に指定されています。

Img_7860
真っ直ぐ上を向いている天神モミです。

Img_7854
この枝に下がっているこぶが女性の乳房に見えることから乳銀杏と呼ばれ
ています。
その呼び名から昭和初期の頃まではこの銀杏の皮を煎じて飲むとお乳の出
が良くなると言われていたそうです。

Img_7853
今でこそそのような風習はなくなりましたが、明らかに何か刃物で削り取られ
た跡は残っています。

今ほど医療制度が整っていない時代には今の時代から見たら、え?と思うよ
うなことも信じられていたと言うことです。

白河市大信地区
文責  <A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

県内16年ぶり開催の男子ゴルフツアートーナメント!~「ダンロップ・スリクソン福島オープン」開催のお知らせ(西郷村)

7月に入り、海や山などのアウトドアが楽しめる季節になりましたね。

ところで皆さんは、県南地域をはじめとする福島県には、
魅力ある多彩なゴルフ場が数多くあることをご存じでしょうか?

P1120462_3

白河市観光課が発行している新白河駅近郊ゴルフ場ガイド「ゴルフタウンしらかわ」によりますと、
JR新白河駅を中心とする「しらかわエリア内」には16のオススメのゴルフ場があり、
中には東京駅から最短で2時間以内にティーグラウンドに立てるゴルフ場もあるとのことです。

さて、そんなゴルフも楽しめる福島県県南地域では、
来る7月31日(木)より4日間にかけて、
西郷村のグランディ那須白河ゴルフクラブにおいて、
「ダンロップ・スリクソン福島オープン」が開催されます。

Img022

この催しは 過去19年間、福島県プロゴルフ会、福島中央テレビなどで構成する
実行委員会によって開催された「福島オープンゴルフ」に、
ゴルフ用品やテニス用品として有名なダンロップスポーツ
日本ゴルフツアー機構(JGTO)が主催者に加わり開催される
男子ゴルフツアートーナメントです。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」のホームページによりますと、
男子ツアートーナメントの福島県県内での開催は16年ぶりとなるそうです。

当日は、6月に県内各地で開催されたプロ予選会・アマチュア予選会、
そして7月15日に行われる最終予選会に選ばれたゴルファー(上位プロ10名、アマチュア5名)が「ダンロップ・スリクソン福島オープン」にチャレンジします。

皆さんもプロ・アマチュアゴルファーのプレーを観に会場へ足を運んでみてください。
そして、県南地域各地にある魅力的で多彩なゴルフ場にお越しください。

「ダンロップ・スリクソン福島オープン」
 日程:2014年7月31日(木)、8月1日(金)、2日(土)、3日(日)
 場所:グランディ那須白河ゴルフクラブ

 ホームページ:http://fukushimaopengolf.fct.co.jp/
 ※チケットなどの各詳細につきましては、チラシまたは
   「ダンロップ・スリクソン福島オープン」をご覧ください。

 お問合わせ:大会事務局 TEL/024-933-3190

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関山のふもと~硯石磨崖三十三観音(白河市)

以前白河市表郷地区の石崎磨崖三十三観音をご紹介しましたが、表郷地区にはもう一つ三十三観音が存在します。

Dscn5553

Dscn5579

Dscn5555

関山のふもとにある硯石磨崖三十三観音です。

Dscn5594_2

Dscn5560

三十三観音信仰はあの世に召されてから、現世での罪を問われることなく極楽往生するための信仰だということで(石崎磨崖三十三観音の記事はこちら)、江戸時代に流行したそうです。

Dscn5567

写真には写っていませんが、臨終の際、極楽浄土へ導いてくれる来迎阿弥陀が彫られているものがあるそうです。

Dscn5569

石崎磨崖三十三観音と同じく、こちらも江戸時代に作られたものです。

Dscn5570

杉と緑の中に埋もれており、今の季節は見づらくなっていますが、美しい観音様を拝むことができます。

Dscn5577

以前「歴史学びの会」で教えていただきましたが、「硯石」というのは地名ですが、下の写真の大きな石は弁慶の使用した硯、という伝説があるそうです。

Dscn5558

源義経はその昔関山に登ったという伝説があるので、そこから由来しているのかもしれません。史跡の「大きい物」には弁慶の伝説がつきものなんだそうですよ。

関山には古来から伝説や信仰の名残があります。
周辺を散策しると新たな発見があるかもしれません。

Dscn5595

このような道標もいくつか残っています。

Dscn5563

あわせて美しい田園風景もぜひご覧ください。

硯石磨崖三十三観音
 白河市表郷番沢字硯石

白河市ホームページ

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清らかな水が流れる寺~清水寺(白河市)

白河市の表郷地区にある「清水寺(せいすいじ)」を訪ねました。

Img_4162

清水寺には、福島県の重要文化財に指定されている
金銅装の笈(おい)があります。笈とは、修験者が諸国を
廻る時に仏像や衣服などを入れて背負った箱のことで、
清水寺にあるものは仏像を飾るために使ってたそうです。
(詳しくは、白河市のホームページをご覧下さい。)

お寺の中を見る事はできませんが、
静かでとても雰囲気の良い場所です。

Img_4160

お寺の隣に神社がありました。
「小社 近津神社」と書かれています。

Img_4158

Img_4166

境内の目の前には、お寺の名前が示す通り
とても綺麗な水が流れていました。

Img_4164

Img_4165

沢に沿うように紅葉の木が並んでいて、
まるで京都を思わせる佇まいです。

Img_4106

木と石で出来た橋が景観によく合っていて、
いつまでも眺めていたい気持ちになりました。

Img_4104

みなさんも、ぜひこの素敵な場所を訪ねてみて下さい。
国道289号線から犬神ダムに向かう道の途中にある
この看板が目印です。 

Img_4114

Img_4112

境内には、市指定天然記念物の菩提樹もあります。
そちらもぜひご覧下さい。

<白河市ホームページ:http://www.city.shirakawa.fukushima.jp
 
<清水寺(せいすいじ)>
  福島県白河市表郷金山字犬神地区




文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「戊辰戦争史跡めぐりと宿坊体験」ツアーが開催されました(白河市)

以前にお知らせした「白河観光物産協会 桜プロジェクト」主催による「戊辰戦争史跡めぐりと宿坊体験」が、第一回目は6月28日~29日、第二回目は7月5日~6日にかけて白河市内で行われ、歴史やお寺に興味がある方が参加されました。

Img_2593

このツアーは市内の史跡を巡ったあと、きつねうち温泉で温泉と精進料理を楽しみ、お寺に宿泊した翌朝には座禅や写経を行うというツアーです。

Img_2633

第一回目では龍興寺、

Img_2658

Img_2620

Img_2631

第二回目は関川寺に宿泊しました。

Img_7402

Img_7404

白河市内の史跡は新選組隊士と小原庄助さんのお墓や、ハリストス正教会、常宣寺、南湖公園、小峰城、白河市大名家墓地など史跡を巡りました。

Img_7242

Img_7262

Img_7312

Img_7385

関川寺では仏様の絵を写す「写仏」が行われました。

Img_7414

Img_7411_4


1回目ではあいにくのお天気でしたが、それでも多くのお客様が参加していました。
白河市の歴史を肌で感じていただけたのではないかと思います。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小峰城の大改修の安全を願った「作事稲荷」(白河市)

P1120167

白河市郭内にある「作事稲荷(さくじいなり)」に訪れました。

P1120174

寛永6年(1629年)より初代白河藩主・丹羽長重は、白河小峰城の大改修を行いました。
その際、城内の三の丸には作事方役所(建築・修理などの工事を受け持った下役の役所)が置かれ、櫓や門などの建築を担当しました。

この「作事稲荷」は、作事方役所内の大工や石工の安全を祈願して祀られたもので、
昨年(平成25年)4月に白河市 市指定史跡に認定されました。

白河市のホームページによりますと、
現存の社殿は江戸時代に建てられ、
現在の場所に移転したものと推測されているそうです。
作事稲荷 【さくじいなり】 (※白河市ホームページ)

P1120169_2

こちらを撮影したのは6月の梅雨の時期でしたが、
青空の下、「作事稲荷」の近くでは、
白いあじさいが寄り添うように咲いていました。

P1120182

東日本大震災により崩れてしまった鳥居なども、ほぼ修復されています。

P1120179

現在、小峰城は震災の影響による修復作業などが行なわれておりますが、
もしかすると、この「作事稲荷」もお城の外から
修復に携わっている人々を見守っているのかもしれないですね。

ぜひこの機会に、「作事稲荷」をはじめとする小峰城の歴史にも触れてみてください。

作事稲荷
  白河市郭内

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「白河の関 ほたるまつり」が開催されました(白河市)

去る6月28日(土)、今年も白河関の森公園にて「白河の関 ほたるまつり」が開催されました。

Img_6990

昼間から屋台が立ち並び、食べ物の販売やステージイベントなどが行われました。

Img_6997

Img_7009_2

Img_7014

Img_7024

Img_7030

Img_7031

午前中はなんとか持っていたお天気も、

Img_7045

Img_7071

午後からはあいにくのお天気になってしまいました。

Img_7096

「白河の関 ほたるまつり」恒例の流しソーメンも行われましたが、
残念ながら雨模様…。

Img_7018

そこで今年はテントの下、例年より短い竹筒で行われましたが、それでもたくさんの人が流しソーメンを楽しんでいました。

Img_7114

Img_7127

Img_7134

今年も「NPO法人白河ふるさと回帰支援センター」では、しらかわ地方に避難されている方100名を流しソーメンに無料招待いたしました。
多くの皆様にお集まりいただき、ありがとうございました。

暗くなってからメインイベントほたるの鑑賞が行われ、ほたるの光に人々が歓声をあげていました。

もうしばらくはほたるが楽しめるようなので、みなさんもぜひ自然豊かな関の森公園へお越しください。

「白河関の森公園」
  福島県白河市旗宿白河内7-3


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さわやか詩集と矢吹の詩人・大滝清雄~矢吹町図書館(矢吹町)

Img_3610

以前、ラクラスしらかわのブログでご紹介させていただいた
矢吹町図書館には、全国的に見ても珍しい、とある「詩集」が
置いてあります。

<過去記事:読書に親しむまち やぶき~矢吹町図書館(矢吹町)>

今回はその詩集にまつわるエピソードと、それに深い関わりのある
矢吹町出身の詩人「大滝清雄」氏についてご紹介させていただきます。



【大滝清雄(おおたき きよお)】
大滝清雄氏は、今から100年前の1914年(大正3年)、
西白河郡三神村(現在の矢吹町)で生まれました。

お寺の長男として生まれたため周囲は跡継ぎとして期待を
寄せますが、彼の文学への情熱はどうする事もできず、
清雄氏は昭和7年に上京。
日本大学芸術学部文芸創作科に入学します。

その後、第2次世界大戦が勃発。
兵隊として戦地に赴いた清雄氏ですが、出世をして陸軍大尉になっても
文学の志を忘れる事はなく、戦線で創作活動を続けていたそうです。

昭和20年に終戦を迎えたのち、清雄氏は故郷である矢吹町に戻り、
文学の研究に着手します。その2年後に三神村立三神中学校教諭、
さらに2年後には矢吹町立矢吹中学校教諭として、教壇に立ちながら
数々の詩集を創刊。日本詩壇詩集賞や福島県文学賞を受賞しました。

詩人であり、教師であり、軍人でもあった大滝清雄氏。
なんと、剣道は7段の腕前だったそうです。



【さわやか詩集】

1989年(平成元年)に矢吹町図書館が開館します。

その際、大滝清雄氏の功績を讃え、彼が開館の記念として寄贈した
蔵書を集めた「大滝清雄文庫」と、矢吹町内在住者・出身者の方が
出版した本を集めた「さわやか文庫」の2つが開庫されました。

この開庫を記念して、矢吹町内の小・中学校の児童と生徒から詩を募集し、
審査委員により各賞を決め表彰式を行い、さらに応募された全ての作品を
掲載した「さわやか詩集」が発行されます。

「さわやか詩集」の審査委員長には大滝氏が選ばれ、
最も優秀な作品には「大滝清雄賞」が贈られることになりました。

Img_4000

こちらが「さわやか詩集」です。
左側の青い冊子が平成元年に発行された創刊号で、
右側が最新の第25号です。今年の1月に発行された25号は、
大滝清雄氏生誕100年の記念号になっております。

創刊から25年。毎年欠かさず発行され、かつ応募作品が
全て掲載されている詩集はとても珍しいのだそうです。

Img_3994

大滝清雄氏は、平成10年に85歳でお亡くなりになりました。
教師として子ども達のことを綴った詩も多くあります。



平成元年の図書館開業以来、毎年欠かさず発行されている
「さわやか詩集」は、全て矢吹町図書館で読むことができます。
矢吹町の子ども達が純粋な感性で綴った詩の数々を、ぜひご覧下さい。

【矢吹町図書館】  

 所在地:福島県西白河郡矢吹町小松481  
 TEL:0248-44-3595  FAX:0248-44-3558  
 メール:tosyokan@town.yabuki.fukushima.jp  
 ホームページ:http://www.library-yabuki.jp/




文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津田川にあじさいが咲きました。(白河市)

白河市の中心市街地を流れる川、谷津田川(やんたがわ)にやってきました。

この白河市役所そばの谷津田川沿いには
「谷津田川せせらぎ通り」という通りがあります。

P1120300

川を見ながら徒歩や車などで行き来できるこの場所では、
梅雨の時期にぴったりのあじさいを見ることができます。

(撮影:2014年7月1日)

P1120271

このあじさいは、妙関寺近くから市役所近くまで、
川沿いに途切れることなく植えられています。

P1120330

撮影したときは、紫・青・ピンクなど、
さまざまな色のあじさいが出迎えてくれました。

P1120248

P1120375

P1120391

あじさいには、ホンアジサイやガクアジサイなど
数多くの種類があります(Wikipediaより
皆さんはどのあじさいが好きですか?

P1120262

P1120327

川のせせらぎの音を聞きながら見るあじさいは、
とても涼しげで暑さを忘れてしまいそうですね。

撮影中もせせらぎ通りを歩きながら
あじさいを見る人の姿が見受けられました。

P1120348

谷津田川のあじさいは、今見頃の時期を迎えています。
白河市にお越しの際は、ぜひ足を運んでみてください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅雨明けと夏の訪れ~神宮寺とその周辺(白河市)

梅雨が続く県南地域。短い梅雨休みの間に見つけた、
今の季節にピッタリのさわやかな場所をご紹介します。

Img_4007

(※写真撮影日 6月25日)

白河市の東地区、下野出島にある「神宮寺」です。
満開の紫陽花が出迎えてくれました。とても綺麗ですね。

Img_4011

Img_4010

階段を上ると、本堂があります。

Img_4096

Img_4019

向かって右手に進むと、小松寅吉氏の傑作狛犬がいる「鹿島神社」の
鳥居の前に出ます。今回はそちらに行かないので、過去の記事で
神社の様子をご覧下さい。

<過去記事:白河東地区の「鹿島神社」(下野出島地区)

さて、本堂の前を左手に進むと、竹やぶの間に細い小道がありました。

Img_4089

竹に挟まれたその道を下りていくと、グミの木がありました。
真っ赤に熟した実が、いっぱいぶら下がっています。

Img_4034

Img_4033

この木の先が、目的の麦畑でした。

Img_4038

近づいてよく見ると、穂にはもう実がいっぱい付いています。
それを狙ってなのか、スズメがたくさん畑の中を飛んでいました。

Img_4065

Img_4070

麦畑の間にあるあぜ道を進んでいくと、目の前いっぱいに
田園風景が広がっていました。5月に植えられた苗が大きく
伸びて、辺り一面を緑色に染めています。

Img_4087

涼しい風が、田んぼと麦畑の上を通って行きます。

Img_4082

季節の移り変わりを感じる、とてもさわやかな場所でした。
みなさんもぜひ、季節の移り変わりを感じてみて下さい。




文責:ま (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地域の魅力勢ぞろい!~「朝市 しらかわマルシェ」(白河市)

P1120193

去る6月28日(土)、白河駅前イベント広場にて、
「朝市 しらかわマルシェ」が開催されました。

P1120200

こちらは福島県地域づくり総合支援事業の一環で、6月より毎月1回、
朝7時から青果物・特産品・切花・飲食・古着などが販売されるイベントです。
(イベントの概要はこちらをご覧ください。)

P1120197

当日はあいにくの曇り空でしたが、多くの人が会場に足を運んでいました。

P1120229 P1120203

各ブースには、かき氷などの屋台やフリーマーケットをはじめ、
白河市中町でパンを作っている地域生活サポートセンター「エル白河」さん、
同市東地区にある「東ふれあいの里直売所」さん、
泉崎村の「直売 カフェ こころや」さんなど、地元に馴染み深い店舗が出展し、
訪れた皆さんは買い物を楽しんでいました。

P1120210

会場では他にも当日限定の抽選会や、
県南地域をはじめとするご当地キャラクターたちの
「ご当地キャラクターPRタイム」が行われました。

P1120218

PRタイム前後には、キャラクターたちとふれあうコーナーが設けられ、
来場した皆さんは好きなキャラクターとの握手や記念撮影を楽しんでいました。

P1120205

P1120206

P1120191

また会場近くでは、「プレDecoraしらかわ」オープンカフェが開催され、
ゆったりのんびりとモーニング・ブランチを楽しんでいる人々の姿が見られました。

この「朝市 しらかわマルシェ」は、11月まで毎月1回開催されます。
次回は、7月26日(土)です。

皆さんもぜひこの機会に会場へ足を運んでみてくださいね♪

「朝市 しらかわマルシェ」
  開 催 日 :平成26年 7月26日(土)、8月30日(土)、
  開 催 日 :平成26年 9月20日(土)、10月18日(土)、11月8日(土)

 時   間:午前7時~午前11時まで
        ※雨天決行 荒天中止

 開催場所:白河駅前イベント広場

 お問合せ:白河観光物産協会 TEL/0248-22-1147

 ※「朝市 しらかわマルシェ」出店者 随時募集中
   詳細は、「朝市 しらかわマルシェ」チラシをご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »