« 自然に囲まれた温泉「湯遊ランドはなわ」(塙町) | トップページ | 県内の酒蔵が大集結!~福島地酒飲み比べ及び即売会 in 白河(白河市) »

『まちゼミ』~落語入門講座 白河市~

まちなかゼミナール、略してまちゼミが白河市で行われました。
まちゼミとは何かというと、まちなかの商店主の皆さんが腕に覚えのあ
る技術や知識、プロのこつを少人数制の講座で教えてくれると言う講座
です。

そんなまちゼミの中の『落語入門講座』に参加してきました。

Img_5781
今回の『落語入門講座』の講師は白河市年貢町にある石倉煎餅店店主
の石倉康三郎さんです。

石倉さんは福島県立白河高校落語研究会(通称、白高落研(おちけん)
1980年代半ばごろ部員不足のため廃部)のOBでまちゼミの本来の趣旨か
ら少し外れるかもしれないが少しでも落語に親しむ人が増えればと言う
思い出でこの講座を始めることにしたそうです。

Img_5787

落語の歴史から始まり、落語には面白おかしく庶民の生活を描いた
『時そば』『湯屋番』などの滑稽噺や親子、夫婦の情愛を描いた
『文七元結』『火事息子』などの人情噺、幽霊や怨念などを描いた
『怪談牡丹灯篭』『
真景累ヶ淵』などの怪談噺などがあることや小
道具の使い方など落語をより楽しむための豆知識を面白おかしく教
えていただきました。

Img_5788

手に持っているのは日本手ぬぐいです。これは落語の世界では
『まんだら』と言い使い方によって財布になったり手紙になったり
するそうです。

Img_5789
高座扇と言う扇子です。こちらは『かぜ』と言うそうで、こちらも、
お箸に筆、金槌と落語の中ではいろんな物として使われるそうです。

Img_5783

石倉煎餅店のお煎餅です。

講座終了後に今回のまちゼミの実行委員長でもある石倉さんとお話をさ
せて頂いたのですが、今回のまちゼミは初めてと言うことで各商店主さ
んたちもドタバタの中で大変だったということです、今後のことについ
ては今回の経験を基にどうするかをこれから相談するとの事ですが、今
回まちゼミに参加させていただいた素直な感想は是非よりパワーアップ
した第二回まちゼミを開催してほしいでした。

白河市年貢町

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 自然に囲まれた温泉「湯遊ランドはなわ」(塙町) | トップページ | 県内の酒蔵が大集結!~福島地酒飲み比べ及び即売会 in 白河(白河市) »

地域づくり」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/54989372

この記事へのトラックバック一覧です: 『まちゼミ』~落語入門講座 白河市~:

« 自然に囲まれた温泉「湯遊ランドはなわ」(塙町) | トップページ | 県内の酒蔵が大集結!~福島地酒飲み比べ及び即売会 in 白河(白河市) »