« 棚倉藩・塩の道~塙~大津港線(塙町) | トップページ | 「県南地方元気づくり交流会」(県サポート事業発表会)が開催されました(棚倉町) »

『白河だるま』~もうすぐ だるま市 白河市~

以前こちらのブログでもお知らせいたしましたが(こちら)もうすぐ
だるま市の日が来ます。
もう少しだるまについて知りたいと思い先日まほろんで行われた講演会
『白河だるまについて』に行って来ました。

Img0023
終わった講演会のチラシをわざわざ載せたのは下のだるまの絵が白河
だるまの特徴が一目で分かるので載せて見ました。

1
達磨のとこを大きくしてみました。白河だるまの特徴が一目で分かり
ます。
一説によれば江戸中期元禄の頃に達磨大師の絵や起き上がり
小法師、疱瘡除け(現在の天然痘)の赤(当時、赤は疱瘡除けになると
信じられていた)などが一つにまとめられたのが現在のだるまの原型で
あると言われています。

Img_5681
ラクラスしらかわの入り口にあるだるまです。
では白河だるまはどこから来たのか?それを示す記事が昭和初期の新聞
記事にあるそうでそれによれば、言い伝えとして楽翁公の命により瓦屋
金七が武州川崎大師(現在の神奈川県)にてだるま作成の修行をしたと
されていて、また同時期に楽翁公より谷文晁の達磨の絵が絵柄の手本と
して与えられそれらによって白河だるまが作られたと言うことです。
この様なことから楽翁公の命により作られた白河だるまは分類的には関東
系とされています。

ところで、上の絵も写真のだるまもそうですが、宝船がだるまに描かれて
います、だるまに宝船を描くのは東北地方の特徴だそうで、なぜ、関東系
の白河だるまに東北地方の特徴である宝船が描かれているの?と言うこと
になるのですが、生まれは関東でも育ちは東北白河である白河だるまに
とってはごく普通のことなのかもしれません。

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 棚倉藩・塩の道~塙~大津港線(塙町) | トップページ | 「県南地方元気づくり交流会」(県サポート事業発表会)が開催されました(棚倉町) »

イベント情報」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/54857602

この記事へのトラックバック一覧です: 『白河だるま』~もうすぐ だるま市 白河市~:

« 棚倉藩・塩の道~塙~大津港線(塙町) | トップページ | 「県南地方元気づくり交流会」(県サポート事業発表会)が開催されました(棚倉町) »