« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

今年も一年お世話になりました。

月日が経つのは早いもので、平成25年も終わりを迎えます。

ラクラスしらかわは、以下の日程で年末年始休業致します。

☆ 年末年始休業 12月28日(土)~1月5日(日)

また、ラクラスしらかわでは動画などでも
福島県県南地域の魅力・情報などをお伝えしています。
こちらも合わせてご覧ください。

ラクラスしらかわ YouTubeチャンネル

楽しい福島県県南暮らし(楽南)

※ 県南地域の物件情報などは、ラクラスしらかわホームページをご覧ください。

それでは、良い年をお迎えください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地方、どれくらいの雪が降るの?

年末に向けて寒い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

白河市をはじめとする県南地方も、先日積もるほどの雪が降りました。(過去記事

ラクラスしらかわでは、移住を希望されている方の相談で
「福島県県南地方は、冬に雪がどれくらい降るのか」
というお問い合わせを頂きます。

それでは実際、県南地方はどれくらいの雪が降るのでしょうか?

ここでは、白河市の降雪・積雪量に着目してみましょう。

Yuki1_heikin_2

こちらは、気象庁のデータを基に出した
2012年から過去5年の年間降雪量と年間最深積雪量の合計を平均で表したものです。

「降雪量」とは、実際にその土地に降る雪の累計、
「最深積雪」とは、ある期間内における積雪の最大値を示すものです。
(各用語の詳細につきましては気象庁ホームページをご覧ください。)

白河市の降雪量は、都市部である東京都より雪が降り・積もる量は多いですが、
雪国として知られる北海道の函館市や、新潟県の新潟市、
そして、福島県で雪が多い会津地方の会津若松市と比べますと
比較的大雪に見舞われない地域であることが伺えます。

Yuki2_kousetu_6

また、2012年2月の白河市と各地域の降雪量に注目してみますと
白河市は、雪国地域(函館市・会津若松市)のようにほぼ毎日雪が降っているのではなく、
突然、10cmを超えるほどの雪が降ることがあるのだということがグラフからわかります。

上のグラフですと、2月25日が10cmを超える降雪にあたりますね。

Dscn2282

こちらが実際に10cm以上雪が多く降った時の様子です。
(撮影時:2013年1月)

Dscn2272

Dscn2279

県南地方は住む場所によって降雪・積雪量の差はありますが、
ある日突然、このような雪景色になったりしますので
雪が降った時のために、除雪器具の準備が必要になります。

Yuki3_sekisetu_2

また、同じく2012年2月の最深積雪量に着目してみますと
常に積雪量がある雪国地域に比べ、積雪量は10cm程度と少なく、
白河市は雪が積雪しても数日後には雪がなくなっているのがわかります。
(上のグラフだと、2月9日、11・12日、14~24日が積雪がない日となります。)

雪があまり降らない日でも、道が凍結し危険ですので、
徒歩や自転車などの方は転倒などに気を付けてください。

また車を運転される際は、スタッドレスタイヤにするなどして
雪道でも安全運転ができるように早めにご準備してください。

いかがでしたでしょうか?
今回は気象庁のデータによる、白河市の降雪・積雪量をご紹介しましたが、
県南地方へ移住を考えられている方は、
実際に足を運んでいただくことが大切になってきます。

雪が降るこの時期に、ぜひ県南地方に足を運んでみてくださいね。

<関連記事>

雪の日の運転について(過去記事)

福島県スキー場協会

那須地方のスキー場について〈SURF&SNOW(全国のスキー場情報サイト)〉

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グリーンツーリズムしらかわ」モニターツアー「そば打ち体験&酒蔵見学ツアー」開催のお知らせ

「グリーンツーリズムしらかわ」では来る平成26年1月25日(土)~26日(日)、福島県県南地域でモニターツアーを行うにあたり、参加者を募集しています。
(「グリーンツーリズムしらかわ」過去記事はこちら

Img032

※チラシPDF表面

※チラシPDF裏面

白河市の東地区を中心として地元のそば粉を使ったそば打ち体験や、試飲ができる酒蔵見学、狛犬見学ツアー(※参考記事)、温泉、餅つきなどを行い、県南地区の魅力を味わうことのできる2日間です。
ぜひこの機会に県南地区へお越しください。

「グリーンツーリズムしらかわ」モニターツアー
そば打ち体験&酒蔵見学ツアー

◆日時
 平成26年1月25日(土)~26日(日)

◆集合場所 
 新白河駅・芭蕉像の前に10時集合

◆参加料金
 大人~中学生   お一人様 5,000円(税込)
 小学生以下3歳まで       3,000円( 〃 )
 3歳未満              無料

 ※宿泊料金・体験料金・お土産代を含む。
   集合場所である新白河駅までの交通費はお客様負担になります。
 ※宿泊は、男女別の相部屋になります。
   5名様でお申し込みのグループについては、5名様で一室となります。

◆募集人数
 15名(定員になり次第締め切り)

◆募集締め切り日
 平成26年1月20日(月)

◆場所
 福島県県南地域(白河市・中島村)

◆お申し込み
 参加ご希望の方は、「グリーンツーリズムしらかわ」にご連絡下さい。
 
  ★電話でのお申し込み
    0248-23-8909 (受付時間  平日9時~18時)

  ★メールでのお申し込み
    shien2@e-piazza.net 
     
    申込者のお名前(フルネーム)と参加人数を記入してメールを送って下さい。
    なお、携帯電話からのメールは受付できませんのでご了承下さい。

◆お問合せ
「グリーンツーリズムしらかわ」
   〒961-0905
   福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F
   TEL:0248-23-8909
   ホームページ:http://shien.e-piazza.net/

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年越しのお祭り開催! ~「南湖大つごもり祭」開催のお知らせ(白河市)

来る12月31日から元旦にかけて、
白河市南湖公園にある屋外特設ステージにて
「南湖大つごもり祭」が開催されます。

Ootugomori

大つごもり』とは、古い言い方で ”大晦日(おおみそか)” を指します。
このイベントは、その『大つごもり』の夜に南湖公園で開催される年越しイベントです。

当日会場では飲食販売や、
白河市大信出身のシンガーソングライター・Yammyさんによるライブが行われる他、
振舞雑煮・甘酒、新春もちつきや新春大書ぞめなどが行われます。

会場の近くには、南湖神社がございますので、
「南湖大つごもり祭」と一緒に、初詣へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

『南湖大つごもり祭』
 日時:平成25年12月31日 午後9時 
      ~ 平成26年1月1日 午前2時
 場所:白河市南湖公園 屋外特設ステージ
 入場:無料
 主催:Shirakawa Fun humans
 お問合わせ:事務局(Mogmo Tree内)
          TEL:0248-24-2400

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんな笑顔で、『福』満開! ふくしま大交流フェア」が開催されました

平成25年12月23日(祝・月)に東京国際フォーラムにて「みんな笑顔で、『福』満開!ふくしま大交流フェア」が開催され、ラクラスしらかわが参加しました。

Dscn4655

P1070985

会場には福島県の各市町村や企業など114団体が参加し、県内の郷土料理、B級グメ、
展示販売、体験、相談コーナーなどが多数出展され、たくさんの来場者であふれました。
Dscn4649
グルメコーナーはどこも長蛇の列です。
特に「第8回 B-1グランプリ」で1位を獲得した「なみえ焼そば」は大人気です。

P1080036

Dscn4652
県南地区からは白河バーガーが出店しました。

P1070989

ステージでは、横浜DeNAベイスターズで監督を務める矢吹町出身の中畑清さんが来場し、福島県の佐藤雄平知事とのスペシャルトークショーを繰り広げて会場を沸かせました。

Dscn4693

P1070994

Dscn4679

また、いわきからはフラガールによるフラダンスショーや安積高校の合唱部による合唱、ふくしま八重隊やチームキビタンによるパフォーマンスなどが華やかに行われました。

Dscn4692

サブステージではゆるキャラショーも行われました。
こちらのステージでは、福島県内のテレビでおなじみのお笑いユニット・みちのくボンガーズが司会です。

Dscn4672

Dscn4681

会場には子どもたちに大人気のゆるキャラたちがたくさん。

Dscn4675

福島県出身のお笑い芸人・なすびさんも来場していましたよ。

Dscn4666

体験コーナーでは起き上がり小法師の絵付けや竹細工体験などが行われました。

Dscn4662

P1080013
こちらには、鮫川村の鮫川和紙を使ったランプシェード作りコーナーもありました。

P1070999

P1080071

県南地区からはラクラスしらかわの他に、「ふくしまDC県南推進協議会」、「しらかわ広域連携グリーン・ツーリズム推進協議会」、「矢祭町特産品開発協議会(もったいない市場)」が参加し、野菜や果物、特産品、加工品などの販売と県南地区のPRを行い、たくさんのお客様に足を運んで頂きました。

P1070995

福島県はまだ復興の途中ではありますが、たくさんの笑顔にあふれた一日になったのではないでしょうか。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三角点探訪』その7~三角点を探して~

平成25年最後の三角点はここからです。
Img_4283
中島村滑津二ツ山
地区にある三角点です。養蚕神社の境内の真ん中に
ぽつんと有ると言っても良い景色です。写真のほぼ真ん中の白い点が
三角点です。

Img_4277
近づいて見るとこんな感じです。今まで見てきた三角点は上部の何等
の文字も良く分からないくらい埋もれているのが多かったのですがこ
れは彫られている文字の量と同じくらい露出しています、結構びっく
りしました。

Img_4181
矢吹町根宿舘山の三角点です。
頂上の三峰神社の裏手にあります

Img_4184
通常でもこんな感じですから上の中島村の三角点がいかに露出してい
るかが分かると思います。

Img_5366
次は以前ご紹介し切れなかった几号水準点です。
泉崎村踏瀬地区にあります、石で出来た鳥居の足元に刻んであるとなっ
ていたのですが、恐らく先の震災で倒れてしまったのでしょう新しい
鳥居になっていました。
となると几号水準点は無くなったのかと近づいてみたら

Img_53641
鳥居の手前にあった石柱に見覚えのあるマークが有りました。

Img_53651
勝手な想像ですが地元の方がこの記号の歴史的な価値を理解していて
この部分だけ残してくれたのだと思います。地元の方々のご好意に
感謝です。


Img_5376
現在県南地区で存在が確認されている几号水準点の最後がこの矢吹町
北町にある下ノ地蔵です。
このお地蔵さんも地元の方に愛されていますね、この時期にこれだけ
のお花が添えられていました。

Img_5372
肝心の几号水準点ですが、添えられていた椿の葉っぱの裏側です。

Img_5374
まさか写真を撮るからといって地元の方がお供えしてくれたものをどけ
る訳には行かないのでチョット見づらいですが、記号の確認は出来ます。

三角点
中島村滑津二ツ山
矢吹町根宿

几号水準点
泉崎村踏瀬
矢吹町北町

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅や図書館に光が灯る ~白河駅・白河市立図書館(白河市)

P1070906

白河市では現在、白河駅・白河市立図書館で
イルミネーションの試験点灯が行われています。

P1070908

こちらは白河駅前のイルミネーション。
駅の出入り口から明るい光が灯っています。

見ているだけで、寒さが吹き飛びますね。

P1070923

そしてこちらは、白河市立図書館方面のイルミネーション。

図書館へ行く道がイルミネーションで飾りつけられています。
駅や図書館に行くのが楽しくなりそうですね♪

P1070927

このイルミネーションは、徒歩や自転車だけでなく
福島県道37号線 白河羽鳥レイクラインの車道からも見ることができますので、
お近くの通った際はぜひご覧ください。

また、来る12月23日(月・祝)には、
JR白河駅前イベント会場にて、点灯式が行われます。

『白河 ILLUMINATION ”iueur d'espoir ~希望の光~” 点灯式』
 日時:12月23日(月・祝) 午後5時~
 場所:JR白河駅前イベント会場
 料金:無料
 お問合わせ:白河市商工会連合会 0248-23-3101

点灯式には、白河市大信出身のシンガーソングライター・Yammyさんのライブも行われます。

これからますます寒くなりますが、
白河駅前周辺のイルミネーションを見ながら楽しんでみてはいかがでしょうか。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『恐竜が待っている』~まほろん 白河市~

まほろん(福島県文化財センター白河館)で『まほろんに恐竜がやって
きた!!』と題してアロサウルスの標本骨格の展示が行われています。Img_5320

Img_5314

平成26112日(日)には講演会『アロサウルスってどんな恐竜?』
も開催されます。

Img_5318

なにかと気忙しい時期ではありますが、この全身骨格を見ながら
15000万年前の世界に思いをはせてみてはいかがですか?

会場 まほろん プロムナードギャラリー
期間 平成25124日~平成2629日(日)

詳細はこちら

白河市 まほろん

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

御神楽を奉納~奥州一宮・八槻都々古別神社「霜月大祭」(棚倉町)

棚倉町・八槻都々古別神社で毎年12月の第2土曜・日曜に開催される、「霜月大祭」が、今年は12月14日(土)、15日(日)におこなわれました。

Img_1921 

14日には拝殿で、五穀豊穣を願う御神楽が奉納されました。

Img_1841_2

棚倉町ホームページによると「七座の神楽」、「太々神楽」という御神楽が奉納されるそうです。
「七座の神楽」では『扇舞、幣舞、白枚舞、弓舞、剣舞、神扇舞、撤舞、神子(獅子舞)からなる七座の神楽のうち2座~3座が演じられる』ということです。

Img_1851

本殿の神様にお供え物を奉納して御神楽が始まります。

Img_1866

Img_1867

Img_1871

こちらの御神楽は「福島県重要無形民俗文化財」に指定されています。

Img_1887

Img_1891

楽人も軽やかに舞います。

Img_1903

Img_1904

Img_1908

Img_1916

最後にも神様に祈りを捧げます。

Img_1935

両日とも参道では、ゆずとしょうがの市として知られる「八槻市」が開かれ、多くの人で賑わいました。

Img_1923_2

Img_1931

また、八槻都々古別神社では旧暦1月6日に「御田植祭」が行われ、御神楽が奉納されます。
こちらは国指定重要無形文化財に指定されています。是非一度ご覧ください。
棚倉町ホームページ

「楽南」による紹介記事

八槻都々古別神社
 福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮66

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市・雪到来 ~雪の小峰城~(白河市)

年末に向けて寒さが厳しくなる季節ですが、
白河市にもいよいよ雪が到来しました。

気象庁のホームページによりますと、
昨日(12/15)、白河市の降雪量は8cm、と例年よりも少し多く降りました。
気象庁ホームページ 白河市より

P1070928

そんな中、今回は白河市にある小峰城へ足を運んでみました。

P1070960

一面、雪に包まれた小峰城と城周辺の景色。

P1070964

P1070963

P1070958

三重櫓の上にも、雪が積もっていますね。

P1070934

小峰城は、東日本大震災による石垣崩落を受け、
現在、小峰城跡石垣修復工事を行なっています。

この日は、その石垣修復箇所の公開が行なわれ、
震災以降、石垣崩落の影響で一般の方はなかなか入ることが出来ない
小峰城跡石垣修復工事の様子を見学することができました。

P1070938

<こちらは、去る12月15日の様子です。>

P1070951

P1070950

この白河小峰城跡石垣修復箇所の公開は、毎月第3日曜日に公開されます。
(詳しくは、白河観光物産協会ホームページをご覧ください。)

これからの季節、白河市の冬を楽しむと共に、
小峰城が復旧していく様子を見学しに足を運んでみてはいかがでしょうか。


大きな地図で見る

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「グリーンツーリズムしらかわ」料理メニュー試食会が開催されました

「グリーンツーリズムしらかわ」では、福島県の県南9市町村(白河市・西郷村・泉崎村・中島村・矢吹町・棚倉町・矢祭町・塙町・鮫川村)でグリーンツーリズム全般に関する相談や支援を行っています。(以前の記事はこちら

グリーンツーリズムを行う際の地元食材を使ったメニュー開発も行っており、先日12月12日(木)、棚倉町の倉美館調理実習室にてメニューの試食会が行われました。

Dscn4625

この試食会には県南地域でグリーンツーリズムに取り組んでいる「しらかわ広域連携グリーン・ツーリズム推進協議会」に所属されている方を中心にお集まりいただきました。

メニュー作成にあたっては、西郷村で自然食の古民家カフェ「10an」を経営されている丸山さんと、棚倉町の農産物直売所「みりょく満点物語」に併設されているレストラン「山ぼうし」のシェフ、根岸さんをアドバイザーとしてお迎えしたということです。

今回は5種類のメニューが披露されました。

県内屈指のの収穫量を誇る、トマトを使用した炊き込みご飯「トマトご飯」。
(H25年度版 夏秋トマトの収穫量 2位矢吹町 3位白河市 5位中島村 参考:県南地方の農林業

Dscn4638

地元そば粉ともち米粉で作ったモチモチの団子がおいしい「だんご汁」

Dscn4631

Dscn4632

東白川郡名産のこんにゃくを串カツにした「こん串かつ」

Dscn4633

玉味噌をベースにした、味噌ソース、ヨーグルトソース、カレー味噌ソース、手作りマヨネーズと、4種類の「手作りソース」

Dscn4619

酒粕と豆乳の生地にリンゴのコンポートを入れて蒸した「りんごの蒸しパン」

Dscn4620

いずれも地元の食材を利用した料理です。

Dscn4637_2

開発にあたっては色々な意見をいただきながら直前まで試作を重ねたという事ですが、みなさんからは概ね好評を得ていました。

Dscn4640

参加されたみなさんからの感想では、意外性のある「トマトご飯」や「こん串かつ」などが特に印象に残ったようです。

「グリーンツーリズムしらかわ」では、今回の試食会の意見を参考にレシピをまとめ、今後はグリーンツーリズムの活動内に活用していただきたいということです。

「グリーンツーリズムしらかわ」
   〒961-0905
   福島県白河市本町2番地マイタウン白河2F
   TEL:0248-23-8909
   
   【開設日】
   月曜日~金曜日(土日・祝日・年末年始を除く)
   
   【開設時間】
    9時~18時

   ホームページ

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『八幡神社の狛犬』~矢吹町根宿~

ラクラスしらかわでは以前から県南地区の狛犬について何度か取り上げ
てきましたがここにも有りましたと言うことで一つご紹介させていただ
きます。
Img_4146
矢吹町根宿地区にある八幡神社の狛犬(
吽形(うんぎょう))です。
一見するとここでも何度か取り上げている小松寅吉氏、小林和平氏の
作風に似ています。

Img_4142
見事に飛んでいる
阿形(あぎょう)です。

Img_4141
ただ残念なのが恐らく先の震災で壊れたと思うのですが跳んでいる足
と尾の先が無いことです、これがあればなかなか見ごたえのある狛犬
と言えます。

Img_4139
台座の所に落ちていた足です。
先にも書きましたが、作風が寅吉、和平氏に似ています。ただ全体の
感じが寅吉、和平氏比べて躍動感に欠けると言うか、重厚感が足りな
いと言うか、寅吉、和平氏の作品と比べると物足りないものを感じます。

Img_4147
台座に有った作者の名前です、石川町小林登氏。少し調べてみたらこの
小林登氏は先の小林和平氏のお孫さんでこの作品(
吽形)は和平氏が亡
くなる2年前ということなので和平氏が自分の孫を指導しながら関わった
最後の作品と言われています。だから似ているけど違うなと感じたのか
もしれません、ただ、この様にして技術は伝承されて行くものなのだと
改めて思いました。

矢吹町根宿

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんな笑顔で、『福』満開! ふくしま大交流フェア」開催のお知らせ

昨年12月に開催され大盛況だった「ふくしま大交流フェア」が、
今年は平成25年12月23日(祝・月)、東京国際フォーラムで開催され、
ラクラスしらかわも参加いたします。
(当日、移住などの相談を受け付けております)

※前回の様子はこちら(過去記事

Dai001

Dai002

福島県の各市町村や企業などが参加し、県内の郷土料理、B級グルメ、
展示販売、体験、相談コーナーなどが多数出展されます。

今年は、横浜DeNAベイスターズで監督を務める福島県矢吹町出身の中畑清さんが来場され、
福島県の佐藤雄平知事とのスペシャルトークショーを開催いたします。

ステージイベントでは、大人気のスパリゾートハワイアンズ“フラガール”によるフラダンス、
ふくしま八重隊とキビタンチームによる福島県PR、郡山市・安積高校の皆さんによる合唱などが開催、

ご当地グルメコーナーでは、
去る11月に、B級グルメなどを使用した町おこし活動を競うイベント
「第8回 B-1グランプリ」で1位を獲得した「なみえ焼そば」や
「会津ソースかつ丼」、「喜多方ラーメン」、「福島円盤餃子」、
柳津町の名物菓子「あわまんじゅう」などがお目見えする他、
福島県県南地方からは白河市の「白河だるまバーガー」が登場しますよ。

また、ふくしまのご当地キャラクターが大集合する他、
木工クラフトやしめ縄づくりなどの体験コーナーも豊富です。

入場は無料です。
笑顔で元気なふくしまを体感しに、皆さまお誘いあわせの上ご来場ください。

「みんな笑顔で、『福』満開! ふくしま大交流フェア」

 日時/平成25年12月23日(祝・月) 11:00~17:00
 会場/東京国際フォーラム 展示ホール・地上広場
    東京都千代田区丸の内3丁目5番1号 JR有楽町駅より徒歩1分

 
 大きな地図で見る

 ※入場無料

 主催/福島県
 お問合せ/福島県観光交流課
        TEL 024-521-7287 FAX 024-521-7888

☆同日開催
「ふくしま避難者交流会」
 時間/14:00~16:45
 会場/東京国際フォーラム ホームD5

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の県南地方~堀川ダム(西郷村)

12月に入り、県南地方もいよいよ本格的な冬を迎えました。

Dscn4604

西郷村の甲子高原にある堀川ダムからの那須連峰です。

Dscn4610

きれいな雪景色です。スキー場のコースも見えますね。

Dscn4615

この日は天気も良く、白河市内方面を見渡すと、表郷地区の関山(標高618m)がくっきりと見えました。

Dscn4609

冬には冬の楽しみ方がある福島県ですが、雪の日の運転や歩行などにはお気を付け下さい。

雪の日の運転について(過去記事)

福島県スキー場協会

那須地方のスキー場について〈SURF&SNOW(全国のスキー場情報サイト)〉

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ソーシャルビジネス講座が終了いたしました』~NPO法人白河ふるさと回帰支援センター~

NPO法人白河ふるさと回帰支援センターが主催する『ソーシャルビジネ
ス講座』が11月10日の第1回目からの全3回の全日程が去る1207日を持
ちまして終了いたしました。
Img_4375

Img_4373
熱のこもった講義をしてくださった波多野先生、熱心に講義を聴く受
講生の方々です。

Img_4381
最終日に無事修了書をお渡しすることが出来ました。
受講生の方々からは『起業するための考え方が分かった』とか『自分
の思いを形にする方法が分かった』などの概ね満足行く講義だったと
評価を頂きました。

受講生の方々をはじめ関係者各位のご尽力に改めて感謝いたします。

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おひさまひろば「クリスマス会」が開かれました(白河市)

12月6日、白河市のマイタウン白河にある親子のひろば「おひさまひろば」で恒例のクリスマス会が開かれました。

「おひさまひろば」は0~3歳のお子さんを持つ家族の方と一緒に遊んだり、親子交流を支援するつどいの場です。

Dscn4538

クリスマス会にはたくさんの子どもさんが集まりました。

Dscn4536

Dscn4549 

スタッフの皆さんによるハンドベルから始まり、クリスマスのなりたちのお話や、あわてんぼうのサンタクロース人形劇などが披露されました。

Dscn4570_2

子どもさんと触れ合う親子手遊びコーナーでは、歌にあわせてたのしく体を動かします。

Dscn4553

Dscn4559

Dscn4566

雪玉が頭の上を通っていくとみんなおおはしゃぎです。

Dscn4578

そして…

Dscn4585

最後にはなんと、サンタさんがやってきましたよ!

Dscn4597

みんなに少し早いクリスマスプレゼントを持ってきてくれました。

Dscn4599

笑顔でいっぱいのクリスマス会でした。

Dscn4600_2

「おひさまひろば」
白河市本町2 マイタウン白河2F
TEL:0248-31-7595(NPO法人 しらかわ市民活動支援会)

〈ご利用日時〉
毎週月・火・木・金・土曜日
10:00~16:00
ホームページ 

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『阿武隈川と久慈川の分かれ道』~玉野堰 棚倉町~

分水嶺という言葉を一度位は聴いたことがあると思いますが、本来は分
水界(地理用語)と言うそうです。異なる水系に分かれる境界線を分水
界と呼び山岳地においては山の稜線と重なるために分水嶺とも呼ばれて
いるとの事です。

広い意味での分水嶺がここ県南地方にもあります。それが棚倉町天王内
地区にある玉野堰す。

Img_4795_2

玉野堰の全体像です。分かり難いですが手前に水門が二つ並んであり奥
に向かい合うように水門があります。


Img_4781

手前の二つ並んでいる水門です。この水門から取水される水は逆川方面
の農業用水として使われます。


Img_4773

二つ並んだ水門の上手にある水門です。この水門から取水された水が
この後絵木川、根子屋川、大草川と渡って久慈川に合流します。

一説によると1500年代後半の頃赤舘城を奪った佐竹氏に対して会津の
芦名氏が赤舘城を水攻めするためここに玉野堰を作り水路(確認は取
れていませんが通称棚倉掘と呼ばれているそうです)を掘って棚倉側
に回したのが始まりとされています。

人の手によってでは有りますがここで社川の流が一方は阿武隈川へも
う一方は久慈川へと異なる水系に別れる分水嶺(分水界)が出来たと
いう事です。

Img_4812

棚倉掘の川面です。

Img_4811

社川の川面です。

たとえ人工的作られた分水嶺だとしても、ここで社川に沿って直進すれ
ば阿武隈川に合流していく先は宮城県亘理市の河口から太平洋へ、一方
水門を潜ると棚倉町を経由して久慈川に合流し茨城県日立市の河口から
太平洋へとなります。その差は単純に直線距離にして約175kmも離れ
た所に行き着くことになります。

分水嶺という言葉を運命の分かれ道の例えで使うときがありますがこの
玉野堰で川の流れを見ているとよりその言葉の意味を理解できたような
気がします。





棚倉町天王内

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「戊辰戦争と司馬遼太郎」開催のお知らせ(白河市)

来る2月15日(土)、
白河市文化センターにて「戊辰戦争と司馬遼太郎」が開催されます。

Photo

当日は、司馬遼太郎著「街道をゆく」シリーズに登場した街道をを辿る、
「週刊朝日」の人気連載「「司馬遼太郎の街道『白河・会津のみち』の世界」の
著者・週刊朝日編集の村井重俊氏、
そして「白河口の戦い 戊辰の秘話」などの著者である
白河史耕会主宰の荒井忠秋氏をお迎えして、
「司馬遼太郎と戊辰戦争」や「戊辰戦争 歴史の裏通り」の講演や、サイン会を行います。

なお今回、講演の講師を務める村井重俊氏の著書、
「「司馬遼太郎の街道『白河・会津のみち』の世界」の
概要などにつきましては過去の記事をご覧ください。

「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました~司馬遼太郎が歩いた白河を辿る

「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました〈その2〉~司馬遼太郎が訪れた白河ハリストス正教会

チケットは現在、白河市内各所にて前売り券が販売されております。

司馬遼太郎番記者が語る司馬遼太郎の素顔と、
歴史研究家が語る戊辰戦争の秘話が聞ける機会はなかなかありません。

ぜひ、この機会に足を運んでみませんか。

 「戊辰戦争と司馬遼太郎」
    日  程:平成26年2月15日(土)
    会  場:白河市文化センター

大きな地図で見る

    開  場:12:30 開演:13:00
    入場料:前売り 1,000円(当日券 1,200円)

   主  催:NPO法人しらかわ歴史のまちづくりフォーラム

    問い合わせ先:白河戊辰見聞館(楽蔵内)
                             TEL・FAX 0248-21-9395

    ※チケット販売所につきましてはチラシをご確認ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回 しらかわアグリツーリズモ表郷ツアー が開催されました

平成25年7月20日に第1回目が行われた「しらかわアグリツーリズモ表郷ツアー」の第2回目が11月25日に、白河市表郷地区で開催されました。

このツアーは主に首都圏にお住まいの方を対象とし、「しらかわの農と食にふれる」をテーマとした、農業体験ツアーです。

今回のツアーでは募集定員を超える22名の皆さんにお集まりいただき、楽しい雰囲気のなか、日帰りで農家の方々と味噌と漬物作りを体験しました。

Img_3988

グリーンツーリズム協議会の滝田さんの指導のもと始まります。

こちらは味噌漬け作りです。

Img_4016

Img_4045

Img_4099

2週間ほどで完成するそうです。

続いて味噌作り。

Img_4110

Img_4129_2

Img_4150

味噌は、来年秋まで寝かせてから完成です。

続いて漬物を漬けて行きます。

たくあん漬け作りです。

Img_4197

鰹節を混ぜたぬかに、干した大根を漬けて、重石を載せて2週間ほどで完成。

Img_4224

Img_4236

Img_4249
白菜漬けは白菜を切り、塩をまぶして、重石を載せて2週間ほどで完成します。

Img_4275

今回作った漬物などは、それぞれ完成の時期に参加者に送られるということです。

楽南」の記事はこちらから

主催/白河市広域連携グリーン・ツーリズム推進協議会
   福島県県南農林事務所

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『滝川渓谷』~紅葉には遅すぎた?矢祭町~

矢祭町にある滝川渓谷は全長が約3.0kmで多くの滝が点在し季節ごとに
訪れる人を楽しませてくれる渓谷です。
行くならば紅葉の頃が良いだろうと思っていたのですがちょっとタイミ
ングを外してしまって紅葉の盛りというよりも終わり頃のこの時期にな
ってしまいましたが行って来ました滝川渓谷。

麓の第一駐車場に車を止めて滝川渓谷へと向かいます。

Img_4387
渓谷の入り口から振り返って駐車場方を見ると平日にも拘らず結構な
数の車が止まっています。

Img_4409
おぼろ滝です。この滝を始めに多くの滝を見ながら山頂を目指します。

Img_4426
おぼろ滝の次に現れるのがこの鋸歯の滝です。

Img_4626
幾つもの滝を見ながら進んでいき最後になるのがこの銚子の口滝です。
この滝までは渓谷と言う名に恥じない景色ですが、ここをすぎると。

Img_4634

Img_4657
風景が一変して穏やかな散策コースに変わります。
穏やかな風景をのんびり行くと。

Img_4652
この看板に出会えます。
ここで一休みして。

Img_4653
上の看板の反対側を確認して車を止めた第一駐車場に戻ります。今回は
滝と紅葉が目的で訪れたのですが、来る時期が少し遅すぎたせいで紅葉
なのか枯葉なのか分からないような状態でしたが、次回は早春の頃に青
葉と滝を楽しみに来て見たいと思いました。

遊歩道自体はよく整備されていますがなんと言ってもここは渓谷ですので。

Img_4542
木々の間を縫うように

Img_4556
川沿いを

Img_4677
崖のわきを

Img_4511
チェーンの助けを借りて

Img_4673
上の所を降りて振り返って見ると

この様な所もありますので、来春お越しのさいは足元には十分ご注意ください。
滝川渓谷遊歩道1201日から冬季閉鎖となりました)

東白川郡矢祭町大ぬかり地区

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »