« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

夏の終わりの風景~中島村

猛暑だった8月も終わりに近づきました。

Dscn3609

☆童里夢公園

Dscn3610
昼間にはまだセミの声が響き、残暑が続いていますが、
例年通り県南地方では、お盆過ぎから朝晩がぐっと涼しくなりました。

Dscn3638

田園風景が広がる中島村。
夏らしい風景ですが、よくみると稲穂がだいぶ育っています。

Dscn3646

黄色くなりはじめているところも、ちらほら見受けられます。

Dscn3660

あと1ヵ月もすれば収穫の時期を迎えます。

Dscn3643

まだ暑い日は続きますが、秋はもうすぐそこまで来ているようですね。

Dscn3662

中島村 童里夢公園

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南湖公園でお月見を楽しむ~「南湖公園 翠楽苑 十五夜月見会」のお知らせ(白河市)

来る9月20日(金)より3日間にかけて、
南湖公園 翠楽苑にて「南湖公園 翠楽苑 十五夜月見会」が開催されます。

Epson001_2

「南湖公園 翠楽苑 十五夜月見会」では
ライアー(古代ギリシアの竪琴)が奏でるハーモニーが楽しめる「ライアー アンサンブル アイニ」、
歌手 加藤登紀子の次女・Yaeさんによる「Yaeミニコンサート」、
日本古来の能の謡(うたい)をお月見と共に楽しめる「好謡会」、
南湖公園内にある秋水庵ではお茶のお点前を堪能することができるなど、
さまざまな催しが開催されます。

お月見の季節、南湖公園 翠楽苑の綺麗な景色とご一緒に、
音楽やお点前を堪能してみてはいかがでしょうか?

「南湖公園 翠楽苑 十五夜月見会」
 日時: 9月20日(金)~22日(日) 開場17時30分 開演18時
 場所: 南湖公園 翠楽苑

 ◇チケット販売・お問い合せ
   翠楽苑: TEL 0248-23-6888
   白河観光物産協会: TEL 0248-22-1147

 ※詳細やチケット情報などにつきましては、白河観光物産協会HPをご覧ください。
   http://shirakawa315.com/news/post_684.html

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『再訪、河童のすり鉢遊歩道』~塙町片貝地区~

以前こちらのブログでも紹介した河童のすり鉢遊歩道を訪ねてみました。
絵本『かっぱのすりばち』
(絵本の詳細はこちらの舞台でもあります。

Img_2518_2

Img_2519_2

遊歩道の入り口で迎えてくれる『かん吉』君、時間が経ってきたからか
風格も出てきたような気もします。

Img_24351_2

Img_24391_2

周りにはもみじを始め落葉樹が生い茂っているのでこれかの紅葉の季節が
楽しみです。

Img_2447_2

遊歩道終わりにある橋です。かっぱのすり鉢は遊歩道側からは見ることは
出来ませんので、この橋を渡って片貝川沿いを走る県道111号線に出て県道
側を下って行く途中にかっぱのすり鉢の観覧台があるのでそこで見ること
が出来ます。

Img_2515_2

Img_2507_2

写真で見るとそれほどの大きさには見えませんがすり鉢と言うくらいです
から結構の大きさはあります。
遊歩道側から入っていって県道側を戻ってくるルートをゆっくり歩いて大
1時間強の行程になります。絵本(
かっぱのすりばち)の世界観に浸れる
空間でした。


文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説家・田山花袋に縁のある「長久寺」(棚倉町)

「田舎教師」などで知られる自然主義派の小説家・田山花袋〈たやま かたい・1872~1930〉は、義兄が当時の東白川郡長だった縁で棚倉町に滞在していたことがあったそうです。

棚倉町においての自らの体験を基にした作品「小桃源」「ある訪問」を発表し、滞在中には町内の風景を歌に詠んだ「棚倉百勝詠歌」という作品を残しました。

Dscn3579

Dscn3557

Dscn3572 

棚倉町花園にある「長久寺」には、花袋が歌に詠んだ鐘があります。

Dscn3563

Dscn3564

「ほのぼのとあけゆく山に音すなり麓の寺のあかつきの鐘」

Dscn3560

鐘の側には歌碑が建っています。

花袋の歌碑は棚倉町富岡地区の「蔵光寺」の境内にも残されています。

Dscn3580

「かけほそきゆふへの月にうれしくも一こゑなのる山ほとときす」

また長久寺には、唯一現存する棚倉城の遺構である山門が残されています。

Dscn3577
これは宝永4年(1707年)、棚倉城主太田備中守資晴が長久寺本堂を建立した際に、棚倉城の南門を移築したものだそうです。

参考:広報たなぐら(平成21年1月号)

「長久寺」
 棚倉町大字花園字沢目176
 
棚倉町HP

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第32回 しらかわ盆踊り大会」が開催されました(白河市)

P1060595

去る8月22、23日、
白河市の恒例行事である「第32回 しらかわ盆踊り大会」が開催されました。

今年は白河駅前イベント広場で行われ、会場はたくさんの人で賑わいました。

Img_1117

しらかわ盆踊りがスタートすると同時に、人々が集まり踊り始めます。

P1060513

しらかわ盆踊り大会実行委員会の皆さんがお手本をみせてくれるで、
踊り方がわからない人でも、気軽に踊れそうですね。

Img_1073

また、白河のご当地ヒーロー・ダルライザーも参加し、
子供たちと握手や記念撮影をしたり皆さんといっしょに盆踊りを楽しんでいました。

Img_1071

Img_1159

会場では盆踊りの他に白河市長の挨拶や、
奥州白河太鼓の野外ステージが披露される他、
屋台では金魚すくいやかき氷、わたあめなどのお楽しみコーナーなどで賑わいました。

Img_1056

P1060506

Img_1060

P1060607

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木のぬくもりある図書館~棚倉町立図書館(棚倉町)

Img_0829

棚倉町にある、棚倉町立図書館にやってきました。

Img_0831_2

棚倉町立図書館は、棚倉城跡から磐城棚倉駅前に移転し、
今年7月1日にオープンしました。

P1050869

さっそく中に入ってみましょう。

P1050870

Img_0803

建物の外側は近代的な図書館ですが、
中に入ると外観とは一変して、木のぬくもりが感じられる造りとなっております。

Img_0798

この木材、福島県内産の木を組み合わせて作ったものだそうです。

Img_0817

座って本を読んでいるだけでも木のぬくもりが感じられ、
時間をわすれそうな空間ですね。

Img_0819

図書館の担当の方のお話しでは
町外の高校に通っている地元の高校生も、帰宅前にこちらの図書館を利用するそうです。
取材中にも親子づれの方が多く訪れ、地元の方に愛されている図書館なのがよくわかりますね。

館内には全体で約10万冊の本が蔵書されています。

P1060499_2

図書カードは、
棚倉町のご当地キャラクター「たなちゃん」が描かれたICカードとなっており、
図書館の本の自動貸し借りが可能になりました。

Img_0806

Img_0808

さらに、図書館内の書棚は免震になっており、地震の際、本の落下を防いでくれます。

P1050865

また、この棚倉町立図書館の施設全体がすべてバリアフリー構造となっております。

Img_0800

館内では、図書館の他に
ギャラリーや多目的ホール・会議室がある他、軽防音室も設置されております。

こちらの多目的ホールでは研修や講演会で利用出来る他、
軽防音室では、民謡教室などとして町内の方に利用されているのだとか。
本を読むだけでなく、会議など多方面で利用出来そうですね。

また、この図書館には太陽光発電設備や蓄電池を設置していますので
万が一災害があったがあったときなどには、避難する場所として活用されるそうです。

Img_0812

新しい棚倉町立図書館で、
木のぬくもりを感じながら本を読んでみてはいかがでしょうか?

棚倉町立図書館
 棚倉町大字棚倉字新町21-1
 TEL:0247-33-4342
 http://www.town.tanagura.fukushima.jp/view.rbz?cd=781(棚倉町ホームページ内)

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『三角点探訪』その3 ~三角点を探して~

今回は社川(やしろがわ)に関わる三角点です。社川は白河市旗宿地区か
ら始まり白河市表郷地区(旧表郷村)を横断して棚倉町、浅川町を経由し
て石川町新屋敷地区内で阿武隈川と合流する河川です。

Img_2125

白河市表郷深渡戸地区の社川の土手の法面の立ち上がり部にある三角点です。

Img_2129

前回の農道脇にある三角点同様白い杭(三角点表示杭)のお陰でそれほど
の苦も無く見つけることが出来ましたがこれも埋まっているといっても良
い状態です。

Img_2131

次は棚倉町天王内地区にある社川左岸の土手にある三角点です。写真中央
に白い杭がかすかに見えます、右側上部に見えるのは社川の川面です。

Img_2138

周りの草を除くと出てきた四等三角点の文字、此処はしっかり露出してい
ました。

Img_2142

全体像です。見ての通り草が生い茂っていて探すよりも先に此処まで行く
のが大変でした。

Img_2144

次は棚倉町堤地区の社川左岸の土手にある三角点です。こちらも白い杭が
目印です。本当にこの杭には助けられています。

Img_2152

草を除いてどうにか四等の文字だけは確認できます。これはどちらかと言
えば埋まっている方になりますね。

Img_2158

全体図です。当然これの社川の土手にありますので奥に社川の川面が見え
ます。

三角点を探して地図と睨めっこしていて偶然見つけた三角点三点ですが三
角点の性格を考えるとなぜに河川の土手にと思ってしまいます、楽観的に
考えれば社川がそれだけ穏やかな川である証と言えるかもしれませんが。



白河市表郷深渡戸
棚倉町天王内
棚倉町堤

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長州藩兵士たちも踊った「白河踊り」~「しらかわ盆踊り大会」開催のお知らせ(白河市)

来る8月22・23日
夏の終わりの白河市の恒例行事、「しらかわ盆踊り大会」が今年も開催されます。

Epson002

今年は白河駅前イベント広場で開催され、
会場では盆踊りだけでなく、奥州白河太鼓の野外ステージや
白河のご当地ヒーロー・ダルライザーと遊んだり、握手・記念撮影出来る他、
金魚すくいやかき氷、わたあめなどのお楽しみコーナーなどもあります。

また、しらかわ盆踊り・こども盆踊りに参加した人全員に景品配布もあるそうですよ。

実は、「白河踊り」が戊辰戦争に関わっていることをご存知ですか?
昔、戊辰戦争白河口の戦いに参戦した長州藩の兵士が、
お盆の時期に戦死者の慰霊のため白河の領民と一緒に踊った盆踊りを、長州に持ち帰り、
140年以上が経った現在も、「白河踊り」という名前で山口県萩市などで踊られています。

最近では明治維新140年記念事業 山口県萩市・白河市交流事業の一環として
白河市の白河民舞愛好会の皆さんをお迎えし、
明治維新140年記念白河踊りレセプションなどが行われました。
詳しくは山口県萩市ホームページをご覧ください。

歴史ある「しらかわ盆踊り」、ぜひ会場に足を運んでみてください。

 「第32回 しらかわ盆踊り大会」
  日  時 平成25年8月22日(木)~23日(金)
         午後5時より
         ※小雨決行 正午と午後5時に花火合図
  場  所 白河駅前イベント広場
  駐車場 白河市立図書館(りぶらん)、白河駅北側駐車場、
        白河市民会館、白河市役所
  問合せ しらかわ盆踊り大会実行委員会
        白河市中央公民館
         TEL:0248-23-3810

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『坂本観音の石像馬』~白河市東~

白河市東下野出島地区になかなか立派な石像馬がありますが、先の震災で
倒れてしまい、その後どうなったのかを見に行ってきました。

Dscn5661

まずは、震災で倒れてしまった石像馬です。足の所からぽっきりです。

Img_2163

みごとに復元されていました。お腹の所の補強材はご愛嬌ということで。
それよりも折れた足の部分は見事に修理がされていて一見した所ではど
こが折れたのか分からないくらいです。

Img_2165

Img_2180 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、口元に注目してくださ
い。
季節ですね、蝉の抜け殻が付いています。

Img_2167

もう一方の石像馬です。雌雄で一対になっています。先の石像馬が雌でこ
ちらが雄です。本来は明治期に一対で作られたものですが、雄の方が壊れ
てしまったので昭和初期に作り直されたので、雄、雌で製作時期も作者も
異なるので雌雄一体感には欠けますがこれはこれで見るべきものがあると
思います。

Img_2187

Img_2186

この石像馬が作られて、雄(高坂庄司氏 昭和10年作)の方で概算70年、
雌(小松寅吉氏 明治37年作)に到っては100年以上が経っていて更に
最低でも一回は倒れているにもかかわらず今こうして同じ場所に立って
いる二頭の馬を見ていると県南地方における馬文化の奥の深さを感じま
す。

話は変わりますが。

Img_2120

稲の花です。上の石像馬を見に行くときに見つけました。
今年も秋には豊作で美味しいお米が頂ける事でしょう。

白河市東下野出島

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/ 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「たなぐら夏まつり」が開催されました。(棚倉町)

去る8月14日、棚倉町にて「たなぐら夏まつり」が開催されました。

Tanaguramaturi

「たなぐら夏祭り」は棚倉町の中心街をメイン会場に歩行者天国を開放し、
各商店会や町商工会関係の出店が並ぶ他、各種演奏や歌謡ショー、ミニ競輪、
フラダンスやヒーローショーなどの各種パフォーマンスなどを繰り広げます。

P1050894

P1050939

会場では開会式が行われる他、
茨城県立大洗高校マーチングバンド「BLUE―HAWKS」が演奏し、
華々しいオープニングを飾ります。

P1050975

開幕と同時に、時間が経つにつれ、
屋台やステージなどにたくさんのお客さんが賑わいます。

P1050984

P1050991

P1050976

P1060283

「棚倉城YOSAKOI祭り」
県南地方で活動している方々を中心に、各団体がYOSAKOI踊りを披露していました。

P1060052

P1060279_2

<最後は参加団体全員で踊ります!>

P1060440

子供たちが参加する「棚倉ミニ競輪大会」
写真で見るよりとても早いスピードで、子供たちが三輪車を漕ぎます!

P1060411

P1050886

そして、この「たなぐら夏まつり」でお披露目された『たなちゃん焼き』
棚倉町のご当地キャラクター「たなちゃん」がかたどられた、たいやきみたいなものです。

P1050998

<表・うら、どちらから見ても可愛くて、食べるのがもったいないですね。>

P1060005_2

味は、小倉・クリーム・そして棚倉町特産のブルーベリーの3種類です。
多くの方が『たなちゃん焼き』に興味深々で購入されていました。

P1060489

夜になっても、終始賑わいが絶えない夏祭りとなりました。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四ツ谷にある怖~い?昔話(白河市)

今回は、昔むかし、あるところに・・・で、はじまるお話はいかがでしょうか?

P1050858

白河市一番町の国道294号線・旧陸州街道から
西にある細い路地を入ると白河市四ツ谷という所に行きます。

ここでは不思議な昔話があります。お話をご紹介しましょう。

-----

白河の城下町造成のとき、堀川から分水し、
四ッ谷から街の道路中筋の掘割に水を引きました。

水が溢れるときには、四ッ谷の杉の木立のところで、
逆川という水路に流し、大やんだ川に落としました。

大雨になるとここでは川音が激しく、
「アズキデモトギマショカ、ヒトデモクイマショカ
(小豆でも研ぎましょか、人でも食いましょか)」と騒ぎます。

これは杉木立のもとで、鬼が小豆を研ぎながら、
子供が流されてくるのを待っていたのだといいます。

(参考:みちのく怪道風まかせ より)

-----

鬼が川で小豆を研ぎながら子供を待っているなんて、なんだかちょっと怖いですよね。

それでは、お話の舞台になった場所を見に行ってみましょう。

P1050860

お話の舞台とは全く違い、今は四ッ谷の杉の木立も、川も見当たらないですね。

このお話しに出てくる「大やんだ川」とは、古くから上水道の役目を果たしている川です。
白河市には谷津田川の他に「大やんだ川(大谷津田川)」という川があります。
現在は暗渠となり、道路の下に水路があります。
(大やんだ川は、「大谷津田川」として過去の記事でご紹介しております。 過去記事

つまり、この四ツ谷にも「大やんだ川」に流す水があることが伺えます。

「四ッ谷の杉の木立」とは、現在火の見櫓がある所にあったのだそうです。
撮影した時には、残念ながら火の見櫓はありませんでしたが、
この道の分かれ目の所に「四ッ谷の杉の木立」があったのではないでしょうか?

また、このお話に出てくる鬼は、
白河観光物産協会公認 白河ご当地萌えキャラ・小峰シロちゃんの小説
おとめ桜の伝説~小峰シロの物ノ怪事件簿~」にも出ています。
…どんな形で現れるかは、ぜひ小説をご覧になってみてくださいね♪

白河市四ツ谷に伝わるちょっと怖いお話、
ぜひ白河の歴史と共にご覧になってはいかがでしょうか?

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『楮ヶ岳』~白河市東~

旧東村、現在は白河市東蕪内地区に楮ヶ岳(こうぞがだけ)はあります。
以前旧東村で一番高い山だと聞かされていたので機会が有れば一度行って
みたいと思っていたところです。

山頂の近くまで隣にある電波塔の管理用の道があることが分かり
これは結構気軽に行けると思い行って来ました。

登り口の側に駐車スペースがあるのでそこに車を止めて行きます。

Img_2237

行った時期が悪く草が伸び放題だったのでこの写真では入り口
が分かり辛いですが、現地ではそれほど苦も無く見つけられます。

Img_2240

入り口の雑草地帯をほんの数歩で抜けると後は整備された登山道
と言う名の階段を登っていきます。

Img_2243

夏真っ盛りの時期なので雑草はすごいですが、歩くのには支障が有りません。

Img_2246_2

頂上の近くにある東屋。此処までくれば頂上はすぐそこです。

Img_2250

山頂です。周りの木が立派に生い茂っているので眺望は無いといっても
過言ではありません。

Img_2252_01

鉄製の張り材で屋根が補強されています、地元の人たちの思いが伝
わってきます。

Img_2274

頂上からの眺望はありませんが登ってくる途中の風景です。方向的には
表郷から棚倉を見ています、こうしてみると確かに標高のある山だと言
うことが分かります。
今回は山頂の近くから登りましたが、麓からの登山道もあるので次の
機会が有ったら今度は麓からの登ってみたいものです。


白河市東蕪内

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熱帯夜のほとんどない福島県県南地方

P1050847

雨などで不安定だった天気が
一気に夏らしい気候になりましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?

気象庁によりますと、東北地方も8月3日ごろに梅雨明けの発表があり、
福島県県南地方も夏の陽気を迎えております。

関東地方などでは、連日の暑さが続き、熱中症などに気をつけたい所ですよね。

ラクラスしらかわでは「田舎暮らしセミナー」などで
「福島県県南地方の夏は涼しく過ごしやすい」と説明しております。

では、実際にどれだけ県南地方は涼しいのでしょうか?

気象庁のウェブサイトを元に、
過去3年8月の東京と、福島県県南地方(以下、県南地方)にある白河・東白川郡の
平均気温・最高気温・最低気温をグラフにしてみました。

__6

過去3年の平均気温差をグラフで比べてみますと、
県南地方は東京より気温が約3~4℃低く、
全体的に見て過ごしやすいことが伺えます。

それでは、最高気温の気温差を見てみましょう。

__7

過去3年の間では、近年の東京と県南地方(白河・東白川郡)の
最高気温の温度差はなくなってきています。

では、どこに「福島県県南地方の夏は涼しく過ごしやすい」要因があるのでしょうか?

それでは、ここで最低気温の差を見てみましょう。

__9

グラフで見ても、大きく差がありますね。
東京と県南地方では約3~5℃くらいの温度差があります。

つまり日中が暑くても、朝晩は涼しく過ごせるということですね。

それでは更に、 『熱帯夜』 にも注目して見てみましょう。

『熱帯夜』 とは、
日本の気象庁の用語で「夜間(夕方から翌朝まで)の最低気温が摂氏25度以上のこと」を指します。

ここでは夜間の観測にあたる気象庁の最低気温のデータを元に、
過去3年8月の東京と県南地方(白河・東白川)の最低気温25℃以上の日数を求めてみました。

Photo

ここから見ても、県南地方(白河・東白川)は
東京に比べて「熱帯夜」と呼ばれる日がほとんどないことがわかりますね。

また、気象庁のデータを元に、2012年8月全日の各時間の夜間平均気温を出してみました。

Photo_2

※2012年8月1日~8月31日(翌日9月1日含)より
※気象庁では夜間は「8時頃から翌日の午前6時頃まで。」と定めている

こちらで見ても、県南地方は東京と比べ各時間温度差は約3~5℃低く、
夜間中、25度を越えることがほとんどありません。

以上の二つの表から見ても、県南地方(白河・東白川)の夜は涼しく過ごせる事が伺えます。

昼間暑くなっても、夜間は比較的寝苦しくなく過ごすことができる。
これが、「福島県県南地方の夏は涼しく過ごしやすい」ひとつの要因なのですね。

また、ラクラスしらかわを運営している
白河ふるさと回帰支援センターのブログ「shirakawa-photo」では、
昨年8月の東京と白河市の温度差などを比較する記事を掲載しております。
こちらも合わせて見れば、よりわかるかもしれませんよ♪

<関連記事>
夏の東京と白河の気温の差
検証!東京と比べて、白河の朝夜は本当に涼しいの?

これから益々暑くなる時期ですが、
猛暑などの暑さなどには気をつけて、夏をお過ごしくださいね。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「しらかわハンサムウーマン 起業家セミナー」 開催のお知らせ

来る8月24日(土)より、ホテルサンルート白河にて、
「しらかわハンサムウーマン 起業家セミナー」が開催されます。

Epson001

「しらかわハンサムウーマン 起業家セミナー」とは、
創業など新しい事業を考えている女性を対象とし、
講義を聴くだけの講座ではなく、毎回それぞれのテーマ実現に向けた課題を持ち帰り、
全5日間で起業家をめざす集中プログラムのセミナーです。

少数型の講座ですので、講師が個別対応でアドバイス、『ビジネスプラン書』を作成、
講座以外のインターバル期間にも個別相談に対応するなど、
より実践的に起業家を目指す内容となっております。

やりたいことや夢を起業に結びつけたい!と、考えている方は、
まずはこのセミナーから、はじめてみてはいかがでしょうか?

「しらかわハンサムウーマン 起業家セミナー」
受講対象者
 ○創業/新しい事業を考えておられる女性
  ※ある程度事業分野を決めていられることが理想です。
  ※将来起業したい人も含みます。
 ○(やむをえない理由を除き)
  出来る限り全回出席可能な女性

受講料 3,000円
定 員 20名
期 間 平成25年8月24日(土)~9月29日(日)
時 間 1日3時間×全5日
場 所 ホテルサンルート白河
講 師 波多野 卓司 氏(中小企業診断士・CTI認定コーチ)

主 催 福島県商工会連合会
共 催 西白河郡南部地区商工会広域連携協議会
   (西郷村商工会、表郷商工会、大信商工会、ひがし商工会)
後 援 白河市、西郷村

その他、カリキュラムや申込み方法などの詳細はこちらをご覧ください。
http://www.keiei.do-fukushima.or.jp/seminar/824.html(福島県商工会連合会ホームページ)

申込み締切 平成25年8月19日(月)

申込・お問合せ先
    セミナー事務局(西郷村商工会内)
    〒961-8091
    西白河郡西郷村大字熊倉字折口原69番地3
    TEL 0248-25-1266
    FAX 0248-25-1269

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『西郷村地場産業商工祭』~西郷村~

以前お知らせいたしました西郷村地場産業商工祭(詳細はこちら
が例年は秋に行われていましたが今年は夏祭りとして0810日に
行われました。

Img_2278

開催セレモニーでは関係者によるテープカットも行われました。

Img_2282


Img_2289


Img_2286


Img_2291

関係者の方は猛暑といってもいいこの時期の開催に人出を心配
されていたそうですがその心配が気憂に終わるほどの賑わいを
見せていました。

Img_2321

以前、この地方(県南地区)はもちまきが好きだよね、何かと
言うともちまきをしているような気がするよね。と言われたこ
とが有りますがそのもちまきもありました、しかも景品つき。
当たりのもちを拾った方はお餅の他に景品もゲットしていました。

Img_2343

昨年の秋には食べられなかった山椒ラーメン、今回は食べること
が出来ました、醤油味のスープに山椒ペーストがよく絡まって、
ほど良い辛味と山椒の香りが食欲を誘ってくれます。

Img_2374

一緒に販売されていた、山椒オリーブOIL。炒めものなどに良く
合うということなので早速茄子の油炒めに入れてみたところ、
これもなかなか乙な味でした。

尚、上記二点とも現在は市販されておらず、イベント等でしか手
に入れる事は出来ませんが、関係者の方が鋭意市販に向けて努力
中で近いうちに実店舗、ネット等で気軽に手に入れる事が出来る
様になるとの事です。もう少し待っていただければこの味を試せ
ると思います。


西白河郡西郷村

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ひびくらの滝』~棚倉町、山本不動尊の奥へ~

やっと梅雨もあけこれから夏本番というこの時期に又しても滝です
目指すはひびくらの滝

山本不動尊の駐車場に車を止めて

Img_1927

お参りをしないでその奥に進む訳にはいかないので、まずはお参りです。

Img_1899

何時きても思うのですが、この階段長いし急だしほんと大変です。
Img_1935

山本不動尊の奥にあるキャンプ中に向かう橋の上から一枚、奥に見
えるのは滝ではなくて砂防ダムからの落水なのですが、これはこれ
でなかなかの見ごたえです。

Img_1957

Img_1946

キャンプ場に向かう道をさらに奥に進みます、道としては車一台分
ぐらいの幅がある川沿いに進む一本道なのでまず道に迷うことはあ
りません。

Img_1961

ひびくらの滝です、落差はそれほどありませんが、見ごたえの
ある滝です。

Img_1966

少し角度を変えて見ると、滝つぼがかなり深そうです。

Img_1970

きれいな緑色をした滝つぼです、近くまで行って見たかったのです
が、近くに川に降りられる場所が見つからなかったので今回はあき
らめました。

山本不動尊のキャンプ場から2030分、先にも書いた通り川沿いの
一本道です。滝を見に行くぞと思うとちょっとがっかりするかもし
れませんが、森林浴の目的地として行く位の方が楽しめると思います。

棚倉町 山本不動尊(山本不動渓流)

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第9回 ふるさと回帰フェア2013」に出展します

来る9月8日(日)に東京の早稲田大学構内で行われる「第9回 ふるさと回帰フェア2013」に今年も参加します。

「ふるさと回帰フェア」は、主にふるさと暮らしを希望される方を対象としたイベントで、日本全国各地の自治体など移住に関する相談ブースが一同に介します。

昨年の様子

Img021

キャンパス内でのふるさと暮らし相談コーナーの他、外会場で行われる「ニッポン全国ふるさと市場」では全国の特産品の販売が行われます。

今回も「ラクラスしらかわ」では相談ブースの他に「ニッポン全国ふるさと市場」において、矢祭町さんと「農業法人でんぱた」さんのご協力のもと、野菜や加工品などの販売を予定しています。
どうぞ皆様お誘いあわせの上お越しください。

会場内では移住者を迎えたトークセッション(要申込)や、新規就農、地方への就職などの情報を得られる「テーマ館」、ゆるキャラショーや野良着ファッションショーなども行われる予定です。
詳しくは「ふるさと回帰フェア2013」ホームページをご覧ください。
http://www.furusatokaiki.net/fair/2013/

「第9回 ふるさと回帰フェア2013」
東京会場/早稲田大学(東京都新宿区西早稲田)
 日時 2013年9月8日(日) 10:00~17:00
 場所 早稲田大学大隈講堂、8号館
 入場無料

主催/認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター
http://www.furusatokaiki.net/


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棚倉町のひまわり畑~「珈琲館ポピー」(棚倉町)

棚倉町の118号線沿い、石川郡浅川町との町境にある珈琲店「珈琲館ポピー」さんでは、今年も一面のひまわり畑が楽しめます。

Dscn3487_2

ようやく梅雨明けを迎えた県南地方。

Dscn3464
夏らしい風景にピッタリのひまわり畑です。

Dscn3473

一面に咲いたひまわり畑は圧巻ですよ。

Dscn3468

ポピーさんでは、希望される方に無料で切り分けてくださるそうです。

Dscn3480

今年はもう見頃を少し過ぎてしまったそうで、お盆期間には畑を畝る可能性があるということですので、お早目にご覧ください。

Dscn3491

また、ポピーさんのサイフォンで淹れるおいしいコーヒーも是非どうぞ。

Dscn3477

「珈琲館ポピー」
 福島県東白川郡棚倉町大字玉野字東宅地33
 0247-33-6125


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教育を通して、現役大学生と子どもたちの交流を~Shirakawa week 14days(白河市)

白河市で、現役大学生が教育を通して子どもたちと交流を行う「Shirakawa week 14days」が開催されています。
この取り組みは白河出身の大学生が企画し、昨年に続いて2回目の開催です。

小中学生を対象とした勉強や宿題などの学習支援、ワークショップによる交流、まちなか探検ツアー、地元高校生との交流などが行われ、最終日には白河市長を招いたシンポジウムが開催されます。

「Shirakawa week 14days」
メイン会場:マイタウン白河(白河市本町2番地)

<スケジュール>

【学習支援】勉強や宿題などの支援) 
8月9日(金)まで 13:00~16:00
<対象>
小学4年~中学3年

【まちなか探検ツアー】
8月7日(水)・8日(木)10:00~12:00
地元出身の大学生としらかわ地域の小学生と一緒に市内を探検し大学生と小学生の双方の視点が入った地図の作成。
<対象>
小学4年~小学6年(15人)

【白河歴史ツアー】
8月11日(日)
白河市役所文化財課の方の案内で白河の歴史に触れるツアーを行う。
<対象>
高校生以上

【東北未来フォーラム】
2013年8月12日(月)~16日(金)のうち2日間開催予定 14:00~17:00
場所:福島県白河市市立図書館、マイタウン白河
東北や東京で被災地支援を行う学生団体を集め今までの活動や今後の活動を見直す機会を作る。等

【高校生との交流機会】
8月12日(月)~8月16日(金)
地域での活動や仕事や団体等を高校生に知ってもらう。等

【白河市図書館シンポジウム】「白河の未来―教育・人生・進路」
8月18日(日) 13:00~
<登壇者>
鈴木和夫様(白河市長)
高橋正人様(県立白河高校校長)
吉川徹様(大阪大学)
開沼博様(福島大学)
遠藤健(司会:SW実行委員長)

参加募集は終了しましたが、これからのお申込みについてはHPにてお問合せください。
詳しい内容はホームページをご覧ください。
http://www.shirakawa-week.jp/

Dscn3455
☆学習支援(マイタウン3階)

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市・夏の祭り開催!~「白河関まつり」&「しらかわ魂2013」が開催されました。(白河市)

P1050298

去る8月3、4日、白河駅前にて、
恒例の夏祭り「白河関まつり」と同時開催の「しらかわ魂2013」が開催されました。

「白河関まつり」は、露天や出店が並ぶ他、
白河関の踊りながしなどの踊りや花火大会が行われ、
同時開催の「しらかわ魂2013」では、フードコート、縁日コーナーの他、
各イベントステージ・ショーが行われました。
(詳しくは過去記事をご覧ください。)

Img_2022

当日は、少し天候が崩れることがありましたが、両日共に多くの人でにぎわいました。

P1050268

P1050322

P1050500

イベントステージでは、白河市内外で活躍されている各団体・音楽家などが
ステージを盛り上げ、

Img_0473

屋台では白河市にゆかりあるお店をはじめ、
水ヨーヨーや金魚すくい、わたあめ、おばけやしきなどが軒を連ねました。

P1050271

Img_0511

両日に行われた白河のヒーロー「ダルライザーショー」には子供から大人まで
多くの方が集まり、ショーに魅入っていました。

P1050295

4日に行われた、歩行者天国「夏・元気・踊り三昧」では、
約20ちかくの団体が、各会場にてYOSAKOIや阿波踊り、白河踊りなどを披露していました。

P1050345

観客の皆さんも踊りを真似するなどして踊りを見ていました。

そして、夜にはお楽しみの「市民納涼花火大会」です。

P1050723

今年の花火大会も小峰城・城山公園内で行われ、街中や駅前広場から間近で花火を見ることができます。

P1050682

P1050759

また、福島県白河市の情報をインターネットで配信する番組「Ust白河」では、
この夏祭りの模様をを全国に配信し、県外などで行けない方に白河の夏祭りをお届けしていました。

P1050548

市内だけでなく市外・県外の方も、白河の夏のお祭りを堪能できたのではないでしょうか?

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川郡・お盆のお祭り情報(8月14日~15日)

8月に入り、お盆のシーズンを迎えます。
お盆に行われる東白川郡のお祭り情報をお知らせします。

☆棚倉夏まつり(棚倉町)

日時/8月14日(水) 15:00~21:00
会場/棚倉町町内目抜き通り
お問合せ/棚倉夏まつり実行委員会(棚倉町商工会) 0247-33-3161

歩行者天国、YOSAKOI踊り、露店など

☆第35回 鮫川花火大会(鮫川村)

日時/8月15日(木) 18:30~21:00
会場/鮫川村大字赤坂中野字巡ヶ作地内
お問合せ/鮫川村商工会 0247-49-2171

鮫川村恒例・約1,000発の花火が打ち上げられます。

☆第84回 塙流灯花火大会・歩行者天国(塙町)

日時/8月15日(木) 灯ろう流し19:00~
会場/(花火)川上川・久慈川の合流地点
  (歩行者天国)栄町通り・本町通り
お問合せ/塙流灯花火大会協賛会(塙町商工会内)0247-43-0371

町内歩行者天国、踊り流し。
川上川に大型灯籠が流れます。

花火大会特集2013(ジョルダン)

☆塙流灯花火大会・ビアガーデン(塙町)

日時/8月15日(木)
会場/道の駅はなわ2F(塙町大字塙桜木町388-1
お問合せ/道の駅はなわ 0247-44-0123

道の駅はなわの屋上で花火を見ながら、ビアガーデンが楽しめます。
(要予約)

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『矢祭山きんぺん』~梅雨の晴れ間に(そのⅡ)矢祭町~

先の夢想滝から夢想滝不動尊に向かいます。

Img_1782

滝つぼに向かう橋を渡り、そこにある階段を登っていきます。

Img_1785

遠目で見るとこんな感じになります。左隅の所にかすかに手摺が
見えるかと思いますが、鉄で出来たちょっと急な階段を上ります。

Img_1774

夢想滝不動尊です。
此処は、弘法大師が護摩を焚いた場所とされ古くは弘法護摩壇と
呼ばれていた場所で
今はこの不動尊がおかれています。

Img_1825

右に行くと夢想滝に向かう橋の所にある急な坂道で、しかも途中
落石も有るという道を登っていくと乙女観音に行けます。

Img_1806

最初は近くまでいけると思って行ったのですが、実際は崖を挟んだ向こう
側に有ります。肉眼で見ても見え方にそれほどの差はないかと思います。

Img_1807

持って行ったカメラの目一杯のズーム映像です。
側にあった案内板によると、昭和26年に今設置されている所の近く
で発見されたとの事です。江戸時代初期の作品と推定され、柔和な
顔立ちから乙女観音と名付けられたとの事です。

Img_18551

帰る道すがらあゆのつり橋から久慈川を一枚、こちらはさすがに
いつもよりは濁り目の水でさすがに鮎つりの釣り人はいませんで
した。

 

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »