« 『不動滝』~塙町 湯岐温泉にあるもう一つの滝~ | トップページ | 西白河郡・週末のお祭り情報(7月27日~28日) »

「第7回 宗祇白河紀行連句賞 連句募集」 のお知らせ

今年で7回目を迎えた『宗祇白河紀行連句賞』。
白河市では白河に縁のある室町時代の連歌師・宗祇にちなんで「連句」を募集しています。

Epson002

「連句」とは、

5・7・5の「発句」
7・7の「脇句」
5・7・5の「第三」

で構成された俳諧の連歌のことで、
正式には三十六句で区切りをつける「歌仙」と称されるものが基本になるようです。
また、連歌の発句が独立したものが「俳句」と呼ばれています。

やり方としては、はじめの句「発句」を元に、あとの句を考え連想ゲームのように詠んでいくものです。
(詳しくは連句協会のホームページをご覧ください。)

白河市は連歌の歴史が古く、1481年(文明13年)に白河城主結城政朝が鹿嶋神社の神前で、
一日10000句もの連歌興行を催したといわれています。

また、白河市旭町には「宗祇戻し」と呼ばれる碑が建てられています。

Dscn2978

Dscn2964_2

白河の鹿嶋神社で行われた連句会に参加しようとした宗祇が、からかい半分で地元の町娘に句を持ちかけたところ、
町娘は見事な返しの句を返し、驚いた宗祇は会には参加せずに帰ったという伝説もあるのですよ。
(詳しい内容は以前の記事をご覧ください。)

さて、その「連句」ですが
募集にあたって、発句は指定されている3つの句から選びます。

・夕立に 見ゆる木草の こころかな【夏】(宗祇)
・関山の 神みそなわす 青田かな【夏】(狩野康子)
・しらかわの 古歌を偲ぶや ほととぎす【夏】(狩野康子)

みなさんはどんな句を考えますか?

「興味はあるけど、どんなことを書けばいいのかよくわからない・・・」という方は、
ぜひ白河観光物産協会のホームページに掲載されている
昨年度の受賞者作品も参考にしてみてくださいね。

第6回 宗祇白河紀行連句賞受賞者:http://shirakawa315.com/news_archives/24_6.html

【第7回 宗祇白河紀行連句賞 連句募集】
募集期間:平成25年7月1日(月)~同年9月27日(金)
詳しい応募方法については白河観光物産協会ホームページをご覧ください。
http://shirakawa315.com/news/25_7.html

暦では8月に「俳句の日」という記念日もありますが、
今年はちょっと背伸びをして「連句」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 『不動滝』~塙町 湯岐温泉にあるもう一つの滝~ | トップページ | 西白河郡・週末のお祭り情報(7月27日~28日) »

イベント情報」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/52586533

この記事へのトラックバック一覧です: 「第7回 宗祇白河紀行連句賞 連句募集」 のお知らせ:

« 『不動滝』~塙町 湯岐温泉にあるもう一つの滝~ | トップページ | 西白河郡・週末のお祭り情報(7月27日~28日) »