« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

『三角点探訪』その2 ~三角点を探して~

三角点を探して二回目です。
今回もそれほど足を伸ばせなかったので近場になってしまいました。

Img_1169

白河市双石地区にある三角点です。見ての通り田んぼの土手
にあります。

Img_1170

四等三角点です。そこにあるというより埋もれていると言った方
が良いような状態でした。

Img_1181

Img_1178

こちらは白河市舟田地区にある三角点です。こちらも、田んぼの
土手にある四等三角点です。上の双石もそうなのですが、すぐ側
に三角点を示す白い杭が打ってあったので直ぐに見つけられまし
たが、そうじゃなかったら探すのが大変だったかも知れません。

次は山頂編です。

Img_1013

Img_1017

白河市表郷金山地区鶴子山山頂の四等三角点です。こちらは
上の田んぼ編とは違って結構露出しているので近くまで行け
直ぐに見つけられます。

Img_1109

Img_1113

白河市借宿地区新地山の四等三角点です。本殿の裏にありま
す、探す方向を間違えて結構奥まで行ってしまいましたが落
ち着いて探せば直ぐに分かります。

最後にちょっと残念な三角点です。

Img_1160

Img_1164

白河市搦目地区にある四等三角点です。ある民間企業の所有
地内にあります。四方をフェンスで囲われていて入り口には
鍵の掛かったドアがあります。業務でこの三角点を使う方は
中に入れてもらえるのでしょうがまさか写真を撮るだけのた
めに連絡して人を呼んで鍵を開けてもらうわけにも行かない
のでフェンス越しの撮影となりました。

フェンス越し、雑草が一杯と悪条件が重なりましたが、例の
白い杭のおかげで何とか位置は確認できました。

今回はこれまでです。

白河市舟田、借宿地区
白河市搦目、双石地区
白河市表郷金山地区

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇迦神社にまつわるもうひとつの昔話、神様がくれた水の恵~大清水池(棚倉町)

むかし、むかしあるところに・・・からはじまる昔話。

棚倉町には宇迦神社に関する昔話があり、過去にラクラスしらかわでもご紹介させていただきました。
宇迦明神さまは白蛇だった ~ 宇迦神社(棚倉町)

棚倉町福井地内には大きな池があります。それは「大清水池」です。

P1040862

実は、この「大清水池」には、もう一つ宇迦神社にまつわる昔話があります。
お話をかいつまんでご紹介しましょう。

~~~~

夢の中で白髪・長髭の老人に頼まれたお百姓さんは、
東国を目指して旅をし、逆川までたどり着きました。

長旅の道中でお百姓さんの身体は疲労と汚れが目立っていたので
宿をとろうにも断られたりしたのですが、
福井地内の方で、お百姓さんの姿に気の毒に思った人の家に泊めてもらいます。

そしてその晩、お百姓さんは再び白髪・長髭の老人が現れ
「この土地こそわたしの縁(ゆかり)の地だ。
この家の近くにきれいな清水が湧いているから、そこにわたしを祀ってくれ。
この地の人が親切にしてくれたから、お礼に水を出して日照りに困らないようにしてあげよう。」
という夢を見ます。

お百姓さんは次の日、その地を探して神様を祀ろうと皮籠(かご)の蓋をあけると、
白蛇が金色に輝きながら野原に姿を消してしまいました。 

これを見た宿の人が驚いて尋ねると、
お百姓さんは今までの夢物語の一部始終を話しました。

この話を聞いた里の長者や農民の人々はびっくりして新しい神棚を造り、
宇賀神社を祀って一心込めて朝夕拝むようになりました。

すると、清水はどんどん湧き出て水があふれ、今の「大清水池」となったのです。
このため、この福井地内では水に不自由しなくなり、来る年も来る年も豊年が続いたそうです。

※棚倉町「たなぐらの昔話」より
 詳しいお話の内容はこちらをごらんください(棚倉町ホームページより)。

~~~~

そんな昔話が残っている「大清水池」ですが、実際はどんな風景なのでしょうか?
さっそく一緒に見てみましょう。

P1040823

P1040857

「大清水池」の周りを見てみると、池の北側に田園風景が広がっております。
地図などで見ると、北側の水路と「大清水池」がつながっていています。
(詳しくはマピオン地図をご覧ください。)

昔話と照らし合わせてみると、田んぼが「大清水池」の恩恵を受けているように見えますね。

P1040833

池の周りを散策していると、この時期にぴったりなアジサイも咲き始めていました。

P1040820

また、昔あった「宇迦大明神跡」が「大清水池」の西側にあります。

P1040830

棚倉町に伝わる昔話、たどってみるとこのような素敵な場所にめぐりあうのかもしれませんね。

   大清水池
     福島県東白川郡棚倉町福井

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南湖の睡蓮が開花(白河市)

南湖公園の睡蓮の花が今年も咲き始めました。

Dscn3229
ピンク色の睡蓮と葉の緑のコントラストが綺麗です。

Dscn3223

今年は昨年よりも遅い開花のようです。

Dscn3227
まだつぼみをたくさんもっているので、しばらく花を楽しむ事ができそうです。

Dscn3225

昨年は南湖十七景「有明崎」で「オゼコウホネ」(※諸説あるようです)という貴重な水生植物を見ることができましたが、今年はその姿を見つけられませんでした。
昨年の記事

このオゼコウホネは北海道を除く本州では尾瀬と月山(山形)と南湖でしか見られないといわれています。
(南湖神社ホームページ

植物と生物が豊かに分布する南湖公園にぜひ遊びにに来てくださいね。

白河観光物産協会HP
http://shirakawa315.com/sightseeing/nanko.html
南湖公園
 白河市五郎窪


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第7回 白河の関ほたるまつり」開催のお知らせ

来る6月29日(土)、白河関の森公園にて恒例の「ほたるまつり」が開催されます。

Img015_3

当日は朝10時より野菜などの地場産品販売や、消防団の音楽隊による演奏や歌謡ショーなどのイベントが行われます。

ほたるの鑑賞会はは夜19時30分より始まりますが、その前に17時30分からは恒例のお楽しみ、ソーメン流しが行われます(お一人様200円)。昨年の様子

幻想的なほたるに、ぜひ会いに来てくださいね。

第7回 白河の関ほたるまつり

日時/平成25年6月29日(土)
   雨天の場合は30日(日)※順延の場合は一部内容変更あり

場所/白河関の森公園

☆当日のスケジュール

10:00 オープニング
10:20 音楽隊/白河市消防団音楽隊
11:00 太極拳演舞/簡化24式太極拳愛好会
11:30 チアリーダー/江南高校チアリーダー部
12:10 歌謡ショー/泰楽五郎
13:30 フラダンスショー/リリアフラスクール白河
14:00 バンド演奏/鈴木ヘンドリックス
15:30 和太鼓演奏/奥州白河太鼓
16:00 フォークソング/あつかん
17:30 流しソーメン(会費200円)
18:30 フルート演奏/福田茂
19:30 ホタル観賞会
 ※星空(土星)観賞(お帰りの際にどうぞ)

☆地場産食品コーナー

野菜・玉こんにゃく・菓子類・ポンポンつり
コロッケ・ハムカツ・焼き鳥・から揚げ
フランク・ウインナー串
ロシアンピロシキ・かき氷・ジュース
杵つき餅・地粉手打ちそば・竹とんぼ・竹細工
フリーマーケット・相撲道場の利用とちゃんこ鍋


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しらかわの農と食にふれる・アグリツーリズモツアー(白河市表郷地区)参加者募集のお知らせ

白河市表郷(おもてごう)地区において、首都圏にお住まいの方を対象に、農業体験と野菜料理を学びながら食べられるというツアーが平成25年7月20日(土)に開催されます。

このツアーでは採ったばかりの野菜を、元皇室の料理人・高橋恒雄さんの指導のもとに調理し、地元の農家の方と交流しながら食べるというものです。
しらかわの農と食に触れ、自分で採った野菜を食べてみませんか?

Img014

平成25年度 第1回
しらかわアグリツーリズモ 表郷ツアー

当日の日程 ※天候等により一部変更となる場合があります
9:20 JR新白河駅集合(参考:東京7:44発 新白河9:09着)
10:00 バスで表郷地区へ移動し農作業開始 (レタス、トマト、キュウリ、トウモロコシ、枝豆等の野菜を収穫予定)
11:00 地域の農家の庭先で調理(調理指導:高橋恒雄氏)料理名人がおいしい採れたて野菜の調理を伝授します!
12:30 出来た料理を食べながら地元農家と交流会
14:00 地元のお祭りに参加(深渡戸熊野講)
15:00 関の里に移動して入浴休憩
16:00 白河市の直売所見学(り菜あん予定)
18:00 JR新白河駅で解散(参考:新白河18:22発 東京19:44着)

日時/平成25年7月20日(土)※日帰り・現地集合・お土産付

場所/福島県白河市表郷地区

参加費(保険料込)/大人(中学生以上)2,000円 小学生1,000円 未就学児無料

持参するもの/汚れてもよい服装、帽子、タオル、軍手、雨具
         ※農機具、ゴム手袋はこちらで用意します

募集定員/15名 定員になり次第締め切ります

申込み・問合せ/
福島県県南農林事務所企画部 TEL0248-23-1527 FAX0248-23-1590
NPO法人 しらかわ市民活動支援会 TEL0248-31-7595

主催/しらかわ広域連携グリーン・ツーリズム推進協議会                 
    福島県県南農林事務所
協力/NPO法人 農商工連携サポートセンター(東京都千代田区)           
    NPO法人 しらかわ市民活動支援会(白河市)

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天狗さんに会いたくて』~白河市表郷天狗山へ~その2

天狗山編後半です。

Img_0888

Img_0891

頂上です。福島国体の記念行事を表したステンレス製の標柱が
立っていました。

Img_0893

国体記念の反対側です。天狗山山頂の文字が見られます。旧登山道
から登ってくるとこちら側を先に見ることになります。

Img_0884

Img_0887

頂上からの風景ですが、多少伐採はされていますので見晴らしが
悪いとは言いませんが視界に立ち木が入ってしまいます。

Img_0900

帰りは旧登山道を使って降ります。20m位降りるとかなり眺望
の良い展望台に出ます。眼下に旧表郷村の金山、番沢地区が望
めます。

Img_0909

ふもとの天狗山球場、丁度、野球の試合があって応援の声が
ここまで聞こえました。

Img_0917

金山地区の方向です。右手中央に見える山が鶴子山です。

Img_0934

Img_0937

Img_0940

旧登山道です、こちらも、きちんと整備されています。
頂上から麓まで少しずつ景色が変わっていくので結構楽しいの
ですが傾斜が結構きついので下り道としては注意が必要です。

Img_0944

旧登山道の入り口です。砂利道の林道を数分歩くと最初の分かれ
道に出ます。新登山道にある駐車場までここから10分位で着きます。

もうお分かりでしょうが新旧二つの登山道があるのでそれを使う
と頂上を中心に二つの風景が楽しめます。

所要時間 頂上まで3回の休憩と各所での写真撮影込みで約60分。
下りは駐車場までの移動、写真撮影込みで約40分合計1時間40分。
山登りをした言う充実感を味わえるのは確かです。

 

白河市表郷 天狗山

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天狗さんに会いたくて』~白河市表郷天狗山へ~ その1

白河市表郷にある天狗山、名前は知っているけど行った事がある
のはふもとの表郷天狗山球場までかな?


と言う訳にもいかないので天狗山です。

Img_0951

この分かれ道を右に行くと駐車場と登山道があります。
左に行くと旧登山道に行きます。

Img_0960

登山道入り口の看板、この看板の奥に34台は楽にとめられる
駐車場があります。

Img_0788

駐車場ある案内板、ここから登り始めて天狗のお庭、千年の森、
天狗の清水などを経由して頂上を目指し旧登山道を使って山を
降りてここに戻ってくると言う予定です。

Img_0818

Img_0833

よく整備された登山道を約20分位行くと天狗のお庭に着きます。

Img_0845

Img_0840

天狗のお庭にある雲板、試しに叩いてみたら板の材質が良かった
のか、地形が良かったのか、それともその両方なのかは分かりま
せんがかなりいい音がしました。

Img_0852

Img_0862

Img_0865

千年の森を過ぎて天狗の清水へと行きます。時期的なものなのか清水
は出ていませんでした。

Img_0870

天狗の清水をすぎたあたりから上り坂が急に成りだしてこの炭焼き窯
の跡をすぎるとはっきりと急坂を登ると言う感覚になってきます。

Img_0872

案内板によりますと八合目付近になりますここを登りきれば後は頂上です。
今回はここまでです、頂上から下りは次回までお待ちください。

白河市表郷 天狗山

 

文責:<A>(ラクラスしらかわhttp://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しいパンフレットができました~「福島県県南地方で田舎暮らしをしてみませんか?」(ラクラスしらかわ)

「福島県県南地方 田舎暮らし相談所・ラクラスしらかわ」では、
新しいパンフレットを作成しました。

Kennantihoude_pamp1_2

福島県県南地方で田舎暮らしをしてみませんか?」です。

こちらのパンフレットでは、福島県県南地方の魅力の紹介や、
福島県県南地方へ移住された方の体験談を掲載する他に、
「いなかぐらし 夢をかなえるQ&A」がついています。

「いなかぐらし 夢をかなえるQ&A」では、4コマイラストと解説で、田舎暮らしのヒントを紹介しています。

Kennnanntihou_pamp2_2

<山林での田舎暮らし、ここでの落とし穴とは一体・・・?>

田舎暮らしを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パンフレットは、ラクラスしらかわの事務所がある「マイタウン白河」をはじめ、
東京・有楽町にある「ふるさと暮らし情報センター」や、
同じく東京都・八重洲にある「福島県八重洲観光交流館」などで置かせていただいています。

福島県県南地方に興味がある方や田舎暮らしをお考えの皆さんはもちろん、
興味をお持ちを皆さん、ぜひお手に取ってご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷頼母が宮司をつとめた、歴史ある馬場都々古和気神社(棚倉町)

棚倉町にある馬場都々古和気神社。
ここでは意外な人物が宮司をつとめていたことがあります。

Dscn3204
会津家老であり、戊辰戦争・白河口の戦いにおいて白河口総督も務めた西郷頼母です。
明治維新後の明治8年に保科近悳(ちかのり)の名前で3年間宮司をつとめました。

Dscn3215

神社の入り口に案内板が設置されました。

案内板によると、宮司をつとめたあとは日光東照宮の禰宜になりなりましたが、その時の宮司が松平容保公であったとのことです。
2人の間に様々な思いが去来したことでしょう。

Dscn3207

馬場都々古和気神社は、八槻の都々古別神社と並んで陸奥国一宮とされている由緒ある神社です。

Dscn3211
この度、馬場都々古和気神社の本殿が室町時代末期から安土桃山時代のものであることが、町の調査により判明しました。
「三間社流造(さんげんしゃながれづくり)」と言われる造りで、この造りのものとしては県内最古とされているそうです。

Dscn3212

そもそも馬場都々古和気神社は現在の棚倉城址にありましたが、1625年、棚倉藩主の丹羽長重が棚倉城を建築する際に現在の場所に移しました。

Dscn3201

棚倉城址の大ケヤキは神社の名残と言われています。

Dscn3205

馬場都々古和気神社の本殿は文献から1594年に造られた可能性が高いそうで、これは神社の移転前に建てられていたということでしょうか。

馬場都々古和気神社についてはこれからも調査がされるそうです。

馬場都々古和気神社
 福島県東白川郡棚倉町大字棚倉字馬場39

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『新地山』~結城氏の防衛拠点として見ると~

人忘れずの山と呼ばれ古来より歌枕として親しまれ、また、みごと 
としか言いようがない狛犬が迎えてくれる場所でもある新地山
(歌枕、狛犬の詳細はここ)。
そんな風流な側面とは別に、新地山には結城氏が佐竹氏の侵攻に
備えての防衛拠点として活用していたと言う説が根強くある場所
で今回はそんなことも考えながら頂上の 羽黒神社まで行ってみ
ました。

Img_1045_2_2

Img_1056_2_2
狛犬を横目で見ながら長い石段を登り切ると道が右側に回り尾根
伝いに山頂を目指すのではなく、尾根の側面を渡っていきます。

Img_1135_2

最初の長い急な階段を登ると後は緩やかな坂道を登るといった
感覚で歩けます。

右下が本殿まで続く道で左上は意図的(人を隠す為の)に作ら
れたと思われる平地になっています。

Img_1077_2

拝殿にむかう最後の階段です。
Img_1124

階段を登って振り返るとこんな風景になります。道を挟んで両側が
階段状の平地になっています。

Img_1084_2

拝殿です。

Img_1095_2

Img_1090_2

本殿です。決してよく手入れがされてるとは言いがたいですが、
木組みの感じや透かし彫りを見るとかなり手の込んだ物である事
は十分に理解できます。

Img_1105_2

本殿の裏側はかなり急な斜面になっているのですが、ここも、所々
に不自然な平地があり、そういう目で見るとそうなのかなと思える
所です。

素人がここは防衛拠点であると言う思いで全体を見ると確かに随所
に自然に出来たとは考えにくい平地や筋掘りがあり、下から攻め
入ってくる敵を迎え撃つための準備は出来ていると思える場所でした。

 

白河市借宿

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラを見ながら、避暑地で楽しむ~道南東公園(新白河駅前)

6月に入り、雨や日差しなどで少し蒸し暑い陽気になっていますね。
そんな時には、こんな場所で楽しんでみてはいかがでしょうか?

P1040604

新白河駅を降りてすぐ、ホテルサンルート白河の近くにある「道南東公園」です。
こちらでは毎年6月頃に色とりどりのバラが咲きます。

P1040608

園内の通路沿いには計3ヶ所のアーチが設置されていて、
公園の入口ではバラのアーチが出迎えてくれるんですよ♪

P1040613

バラには、赤・ピンク・黄・オレンジ・白と様々な色があるそうですが、
こちらでは、ほとんどの色のバラを見ることができます。

P1040611

P1040624

P1040645

P1040650

P1040647

P1040634

また園内には噴水や、公園・休憩所などがありますので、
お子様づれの方は子供といっしょに日陰で遊んだり、
水のせせらぎを聞きながら少し休憩する…など、避暑地にはピッタリの場所ですね。

P1040639

これからさらに暑くなる陽気ですが、公園で涼みながらバラを楽しんでみてはいかがでしょうか?。

 道南東公園
  福島県西白河郡西郷村道南東

 ホテルサンルート白河   
    〒961-0856
  福島県白河市新白河駅前
  ホームページ:http://sunrouteshirakawa.jp/

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『鶴子山山頂』~鶴子山と言えば公園だけか?~

白河市表郷の鶴子山と言えば鶴子山公園を思い浮かべますが、
今回は公園(公園の詳細はこちら)ではなく鶴子山の山頂を
目指します。

Img_0969

公園の駐車場から見える、植木で作られた『つるこやま』
の文字良いですね。

Img_0972

右側の階段を登って遊具のある広場へ向かいます。
さらにその奥に向かっていくと今回の目的地鶴子山山頂です。

Img_0985

広場からさらに進んで振り返った所、上のかすかに見える
柵は広場の柵です、右手の建物はトイレです。

Img_0989

さらに向きを変えて、進みます。
車両進入防止柵を越えてこの道を一気に登れば頂上です。

Img_1003

山頂です。

頂上まで結構大変なことになるような書き方でしたが実は
何てことない山なのです、山と言うより丘と言ったほうが
いいところです。標高364m、公園の駐車場が標高350m、
(駐車場の標高はタブレットのアプリで計測)その差わず
14m、道のりとしてはもうちょっとありますが、公園に
遊びに来たついでにちょっと寄り道と言った気分で行くの
もよろしいかと。

白河市表郷金山

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歴史ある教会にバラが咲き誇る~白河ハリストス正教会(白河市)

P1040653

白河市愛宕町(あたごまち)にある「白河ハリストス正教会」にやってきました。
こちらでは、6月頃にバラを見ることができます。

「白河ハリストス正教会」は大正4年(1915年)に建設された教会で、福島県指定重要文化財に指定されています。
教会内には、日本人最初のイコン画家・山下りんをはじめとする聖画像が展示されている他、
新島襄や坂本龍馬の従兄弟・沢辺琢磨ゆかりの歴史ある所でもあります。

(関連記事  『白河ハリストス正教会 一般公開』 ~白河ハリストス正教会~

また、司馬遼太郎が、著書『街道をゆく 白河・会津のみち』の中で
「野バラの教会」「山下りん」と題して紹介した教会でもあります。

(関連記事  「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました〈その2〉~司馬遼太郎が訪れた白河ハリストス正教会

P1040655

「野バラの教会」という名前にふさわしく、教会内には赤・白などのたくさんのバラが咲いていますね。

P1040660

P1040661

普段は一般公開の時にしか教会の中に入れませんが、
バラの美しさと歴史を感じに、ぜひ訪れてみてください。

 白河ハリストス正教会
   白河市愛宕町

P1030134

また白河市には、国指定史跡の「白河小峰城」内にも、
約4000株ものバラが見ることができる「白河バラ園」があります。

しかし、震災の影響で、現在園内に入場出来ない状態となっています。

詳しくは下記のリンクからご覧ください。
小峰城・三重櫓、バラ園見学見合わせと城山公園内施設のご案内について(白河観光物産協会ホームページより)

小峰城の復旧作業が完了した際には、ぜひこちらのバラも見てみたいですね。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市東地区・野出島の里 ホタル探勝会のお知らせ~野出島地域活性化プロジェクト

白河市東地区(旧東村)の野出島地区にはゲンジボタルが生息しており、毎年6月下旬にきれいな光を見せてくれるそうです。

野出島地域で地域活動をされている、「野出島地域活性化プロジェクト」さんでは6月22日(土)に「ホタル探勝会 ナイトハイキング」を開催します。

美しいホタルの光をぜひご覧ください。

Img013

日時/平成25年6月22日(土) 午後7時から9時まで

場所/白河国際カントリークラブ駐車場集合
   白河国際カントリークラブ内のホタル生息地及び付近の田んぼ散策

参加料/無料

その他
 1.懐中電灯を各自ご準備ください
 2.運動靴か長靴着用、長袖の衣類が良いかもしれません
 3.お子様の参加を歓迎しますが、保護者が同伴してくださるようお願いします。

お問合せ/野出島地域活性化プロジェクト事務局 高久様
     電話 0248-34-3185

野出島地域活性化プロジェクトさんではこのほかにも9月にそばの花の鑑賞会や、11月には新そば交流会を予定しています。
また、過去には狛犬講演会なども企画されています。

このたび野出島地域活性化プロジェクトさんからパンフレットが発行されました。
「自然豊かな 野出島の里散策マップ」

Dscn3185

Dscn3188

四季折々の野出島地域の見どころが網羅されています。
マイタウン白河やラクラスしらかわの事務所にも設置しておりますので是非お手にとってご覧ください。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催しました。

去る6月9日(日)、東京・有楽町にある「ふるさと暮らし情報センター」にて、
「がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催いたしました。

P1040553

このセミナーでは、福島県県南地方に移住を考えている皆様に、
県南地方の情報、地域情報、生活情報、観光情報、物件の状況について説明し、
より多くの方に福島県県南地方を知っていただく事を主旨としています。

今回は20名ものお客様にお集まり頂き、
県南地方の田舎暮らしに関する説明などを聞いてくださいました。

P1040561

ラクラスしらかわからは、県南地域の紹介をはじめ、
震災後の状況やモニタリングポストの設置についてなどを説明させていただきました。

P1040573

福島県企業局からは、白河市の宅地分譲地「新白河ライフパーク」や
現在の状況について紹介・ご説明していただきました。

P1040590

また今回は、白河市の観光名所を案内している観光ボランティアガイド「ツーリズムガイド白河」の佐藤さんをお招きし、
戊辰戦争をはじめとする白河市に関する歴史をお話しいただきました。

また、セミナー終了後には個別相談を希望されるお客様も数組おり、好評の内に終了致しました。

ラクラスしらかわでは、今回のようなセミナーの他に、移住についてのご相談、
また物件情報についての相談を承って参ります。
田舎暮らしや移住・福島県県南地方に興味ある方は、ぜひご相談ください。

  福島県県南地方定住・二地域居住相談所
 ラクラスしらかわ
   〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2階
  TEL/FAX 0248-29-8595
  URL http://rakuras.com/

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島県白河市の情報発信番組「Ust白河」で、県南地方の魅力を動画でお届けします!~ラクラスしらかわよりお知らせ

福島県白河市の情報を発信しているインターネット番組「Ust白河」。

毎週木曜日の20時から、インターネットライブ中継ができるサービス「USTREAM」にて生中継で配信され、
白河近辺の情報や、情報提供者などゲストを招いたトーク、白河のお店や美味しいものなどの紹介をしています。

(詳しい詳細などにつきましてはこちらをご覧下さい。 白河のまちなかからライブで情報発信!~Ust白河

ゲストには、白河市長や白河市のご当地ヒーロー・ダルライザーをはじめ、
地域で活動するさまざまな方が出演しており、ラクラスしらかわも過去に何度かゲストとしておじゃましております。

その「Ust白河」番組内で、ラクラスしらかわが福島県県南地方の魅力を伝える新コーナーが始まりました。

P1040502

タイトルは「ラクラスしらかわのふくしま県南さんぽ」。

コーナーでは、動画と共に説明などを交えながら福島県県南地方の魅力を映像でお伝え致します。

毎月「Ust白河」の最終週に、県南地方の魅力をお届け致しますので、ぜひご覧下さい。
(次回のコーナー放送日は、6/27の予定です。)

ちなみに初回の5/30は、NHK大河ドラマ「八重の桜」でも登場すると言われている、
戊辰戦争・白河口の戦いで最大の激戦地である「稲荷山」をご紹介いたしました。
ぜひ福島県白河市の情報を発信しているインターネット番組「Ust白河」ホームページをご覧ください。

また、インターネット動画配信出来るサービス「YouTube」内にあるラクラスしらかわのチャンネルでも
「Ust白河」放送後に「ラクラスしらかわのふくしま県南さんぽ」でご紹介した動画を上げております。

ホームページ・ブログや写真だけでなく、動く映像でも
福島県県南地方の魅力をご堪能ください。

 「Ust白河」
   毎週木曜日 午後8時より配信
   ホームページ http://ustshirakawa.jimdo.com/
   配信ページ http://www.ustream.tv/channel/ustshirakawa

 Ust白河スタジオ
   福島県白河市中町69 野村屋3F

 ラクラスしらかわのチャンネル(YouTube内) http://www.youtube.com/user/rakuras01

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世良修蔵とゆかりのある「遊女 志げ女の碑」(白河市)

NHK大河ドラマ「八重の桜」では、いよいよ会津・白河が戦争の舞台になっていきます。

白河市女石の旧街道沿いに、ドラマにも登場した世良修蔵とゆかりのある「遊女志げ女の碑」があります。

Dscn3179

世良修蔵は長州生まれで、戊辰戦争では奥羽鎮撫総督府下参謀として奥羽の征討に派遣されました。

仙台藩や米沢藩は会津救済の為の嘆願書を出しますが、仙台藩が入手した世良修蔵の密書に『奥羽皆敵』という文言があったことから、仙台藩士と福島藩士により福島城下の宿で襲撃され、のちに斬首されたといわれています。

それから間もなく奥羽列藩同盟が結成され、これらのことが新政府軍との戦争の引き金になったともいわれています。

Dscn3176

世良修蔵は襲撃される前に白河入りしており、その際白河の妓楼で遊女・志げと情を交わしましたが、この地が危険と察知し白河を離れました。

ところが戊辰戦争終戦後の明治2年、とある会津藩士が「世良を逃したのは志げだ」と怨み、志げを殺害してしまったそうです。

しかし、その会津藩士も妓楼の下男に仇討されてしまいました。
その仇討の地が女石だったということです。

「待つ間なく 人の出入りや 花盛り」という志げの歌が残されています。
享年22歳。

戊辰戦争にまつわる悲劇として語られています。

遊女 志げ女の碑
 白河市女石

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の城と歴史をより深く知るサミット~「第一回 全国城サミットふくしま大会」が開催されます。

今、 NHK大河ドラマ『八重の桜』で
戊辰戦争に関連した歴史・史跡が注目されていますが、
現地で舞台になっている場所や城を見たい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

Epson001

来る6月27日(木)より3日間にかけて、
福島県会津若松市で、歴史ある福島県の魅力を伝えると共に、
観光交流・人的交流を深めるイベント「第一回 全国城サミットふくしま大会」が開催されます。

当日は、会場全国の城郭関係者、城下町振興関係者、城や歴史が好きな方々を対象としたシンポジウムや、
お城が好きな各著名人による対談、県内城バスツアー、伝統武道披露、武将隊パフォーマンスなどを行ないます。

また、白河市にある「小峰城」や、棚倉町にある「棚倉城跡」などのお城をめぐるバスツアーコースもあります。

福島県並びに県南地方の歴史やお城を、より深く知ることが出来るのではないでしょうか。
興味のある方は、ぜひこの機会に足を運んでみてください。

【第一回 全国城サミットふくしま大会】
 開催期間:2013年6月27日(木)~29日(土)
 開催地:福島県会津若松市
 ホームページ:http://shirofukushima.com/

イベントの詳細や申し込み方法につきましては、
第一回 全国城サミットふくしま大会」ホームページをご覧ください。

文責:す (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『西の郷遊歩道』~西郷村 梅雨前の滝を訪ねて~

関東甲信越地方まで梅雨に入ってきたので梅雨前にと思い行って
きました西の郷遊歩道、今回は遊歩道をゆっくり散策すると言う
よりいくつかの滝を中心に行ってきました。

0569

一休みの滝、なぜこんな名前がついたのか不思議に思うのですが、
一休みと言う名前の似合わないなかなか迫力のある滝です。

Img_0593_2

夫婦滝そばにはいけないので遊歩道からです、ふた筋の流れが
よく見えます。

Img_0601_2

そばにはこんな滝見台がありますが側溝のふたに使われる
グレーチングを大きくしたようなもので下が見えるのはい
いのですがかえって怖いような気もします。

Img_0640_2

おろちが滝これもなかなか豪快な滝です。この日はちょっと風
が強めの吹いていたことも有って、近くによると水しぶき
が掛かりました。

Img_0670_2

水の踊り場おろちが滝の下流の流が緩やかな所です、この流の
先が夫婦滝になります。

どの滝もそれほど落差がある訳ではないのですが、それでも
見ごたえ十分な滝でした。

西郷村鶴生 西の郷遊歩道

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『女子ライダーミーティング』~白河市旗宿~

東北の玄関口 白河の関、そこにあるライダーズピット白河関
(白河関の森公園 そば処:関守亭)の主催で女子ライダー宿泊
ミーティングが開催されました。
女性限定ということで始めの方だけご一緒させていただきました。

Img_0763

関守亭わきの相撲道場で和気藹々とミーティングが開かれ
ました、大半の方は首都圏、福島県内の方の参加でしたが、
遠い所では石川県からの参加もあり大変盛り上がっていました。

Img_0775

皆さんが乗ってこられたバイク達です。

Img_0769

おやつにいただいた手作りの玉こんにゃく、出汁が良く滲みて
いておいしかったです。

この後は女性限定でそば打ち体験や、石釜を使ってのピザ作り
などが行われました。

ライダーの皆さん県南にお越しのさいはライダーズピット白河関
に行って見てください、きっと、新しい発見がありますよ。


白河市旗宿 白河関の森公園(そば処 関守亭)

 文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »