« 廃線した場所をバスで追う旅 ~白棚線 | トップページ | 「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました~司馬遼太郎が歩いた白河を辿る »

『仏様の顔に癒されて』~矢吹町 三十三観音磨崖仏群~

磨崖仏(まがいぶつ)を手軽に鑑賞できる場所ということで矢吹町の三十三観音史跡公園があります。ここは、三十三観音磨崖仏群、滝八幡社を含む一帯を公園として整備してあり、近くに来たからといった感覚で磨崖仏を見ることが出来ます。

Img_0274

駐車場の脇には綺麗なトイレと水のみ場があります。トイレの脇には園内の案内図と三十三観音磨崖仏群、滝八幡社を説明した掲示板があります。

ここから右手に進むと三十三観音磨崖仏群、左手に行くと滝八幡社に行くことが出来ます。

で、今回は磨崖仏なので右にちょっと行って階段で降りるか、階段の脇にあるゆるい坂道を使って隈戸川の岸辺に下ります、そして上流に向かっていくと三十三観音磨崖仏群があります。

Img_0278

この先に三十三観音磨崖仏が在ります。
ところどころにアール方の窪みが見えますがこの窪みに一体づつ仏様が彫られています
Img_0312

一部を正面から見るとこんな感じです。

Img_0286

Img_0293_2

ここの磨崖仏を見ていたらこの仏様の顔がなぜか心に残りました。作風などから18世紀後半の造立と推定されていますから、少なく見積もっても200年以上の風雪に晒されて来たにもかかわらず、この穏やかな顔立ち。造立からこの顔立ちだったのか200年の時間がこの顔立ちを作ったのかは分かりませんがこれを見つけたときにふっと心が和んだのはたしかです。

矢吹町滝八幡
    三十三観音史跡公園

文責:<A>(ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 廃線した場所をバスで追う旅 ~白棚線 | トップページ | 「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました~司馬遼太郎が歩いた白河を辿る »

歴史」カテゴリの記事

矢吹町」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/51677707

この記事へのトラックバック一覧です: 『仏様の顔に癒されて』~矢吹町 三十三観音磨崖仏群~:

« 廃線した場所をバスで追う旅 ~白棚線 | トップページ | 「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました~司馬遼太郎が歩いた白河を辿る »