« 安珍の成仏を祈る踊り、市外に降り立つ~安珍歌念仏踊り(白河市) | トップページ | 『滝八幡社』~矢吹町 三十三観音公園~ »

「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました〈その2〉~司馬遼太郎が訪れた白河ハリストス正教会

週刊朝日6月7日号に今週も「司馬遼太郎の街道『白河・会津のみち』の世界」が掲載されています。

5月31日号の記事はこちら

Dscn3169

司馬遼太郎著「街道をゆく〈33〉奥州白河・会津のみち、赤坂散歩」の中では、白河市愛宕町にある白河ハリストス正教会についても触れられています。

Dscn3160

白河ハリストス正教会では日本人初のイコン画家・山下りん のイコンを見ることが出来ます。
司馬遼太郎もこのイコン画を絶賛したそう。

ハリストス正教会の最初の司祭は、坂本龍馬の親戚である沢辺琢磨という人物です。
また、日本にロシア正教を伝えたニコライ主教に日本語を教えたのはのちの新島八重の夫・新島襄だったとのことで、その不思議な繋がりについてもこの記事で触れています。
ぜひご一読ください。

これらのエピソードを知ってから白河を訪れると、また違った視点で見る事ができるかもしれませんね。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 安珍の成仏を祈る踊り、市外に降り立つ~安珍歌念仏踊り(白河市) | トップページ | 『滝八幡社』~矢吹町 三十三観音公園~ »

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/51808922

この記事へのトラックバック一覧です: 「週刊朝日」に白河の記事が掲載されました〈その2〉~司馬遼太郎が訪れた白河ハリストス正教会:

« 安珍の成仏を祈る踊り、市外に降り立つ~安珍歌念仏踊り(白河市) | トップページ | 『滝八幡社』~矢吹町 三十三観音公園~ »