« 東日本大震災から2年を迎えて | トップページ | 小峰城で梅が開花~花の王国ふくしま八重たんスタンプラリーのお知らせ »

梅若丸の伝説に縁の地~泉崎村太田川地区

歌舞伎などの演目の元になった話に、「梅若伝説」という伝説があります。

平安時代のむかし、比叡山の稚児だった梅若丸は信夫藤太という盗賊にさらわれてしまいます。
現在の福島県まで連れて行かれる途中で病気にかかり、隅田川で息絶えました。
隅田川のほとりでは地元のひとたちが手厚く葬り、現在も梅若塚、として残っているそうです。
その後、梅若丸を探しにきた母親はその死を知って絶望し、隅田川に身を投げて亡くなったといわれる悲劇です。

Dscn2572

☆太田川宿場跡

現在の泉崎村太田川地区に「喜藤太屋敷跡」という地名があることから、盗賊・信夫藤太の出身地が現在の泉崎村太田川だという説があるそうです。

Dscn2567

☆常願寺

村の人たちは梅若丸の供養にと、命日の旧暦3月15日に常願寺で念仏踊りを行うようになりました。
一時代この念仏踊りは途絶えましたが、近年になり復活したそうです。
(昨年は4月28日に行われました)

桜の季節の常願寺

奥州街道について

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 東日本大震災から2年を迎えて | トップページ | 小峰城で梅が開花~花の王国ふくしま八重たんスタンプラリーのお知らせ »

歴史」カテゴリの記事

泉崎村」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/50775837

この記事へのトラックバック一覧です: 梅若丸の伝説に縁の地~泉崎村太田川地区:

« 東日本大震災から2年を迎えて | トップページ | 小峰城で梅が開花~花の王国ふくしま八重たんスタンプラリーのお知らせ »