« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

紅葉の甲子高原(西郷村)

西郷村の甲子高原の紅葉が今、見頃を迎えています。

Dscn1445

Dscn1451

美しい景観の「雪割橋」では赤や黄色がまじりあった
紅葉を楽しむことができます。

Dscn1444

遊歩道側に少し歩くと展望台があり、雪割橋を
見渡すことができます。

Dscn1467

続いて奥甲子温泉「大黒屋」さん。

Dscn1475

Dscn1480
甲子トンネルの手前はまさに絶景。
鮮やかな紅葉が楽しめます。

西郷村の文化財にもなっている「勝花亭」。

Dscn1488_2
紅葉の風景にとけこんできれいです。

Dscn1492

紅葉を見ながら温泉に入るのも贅沢な楽しみですね。

Dscn1501

甲子高原にはたくさんのお客様があふれていました。
写真には写らない紅葉の美しさ、ぜひ直接ご覧になってください。

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市の誇る食と職「がんばるぞ!白河 食と職の市」が開催されました(白河市)

去る10月27日(土)・28日(日)の2日間、白河市のおいしい食べ物と、
伝統の職の技術が披露されるイベント「がんばるぞ!白河 食と職の市」が
開催され、27日の様子を取材しました。

Dscn1437

Dscn1441

白河駅前広場は主に「食」をテーマとして開かれ、白河市の食の名店が並びました。

Dscn1423

Dscn1421

Dscn1425_2 

もちろん、白河ラーメンやおそばは大盛況です。

Dscn1432
今年は新たに「城下町白河の発酵食品」というテーマで、白河市の麹店、酒店などが
粕汁などを販売しました。

Dscn1422

ステージではフラダンスやバンド演奏が行われ、たくさんの人で賑わいます。

変わって、白河市立図書館では「職」をテーマとした会場になっています。

こちらは模擬上棟式。

Dscn1426

こども達が職業体験をできるコーナーや、板金体験コーナー、箸作りコーナーなど
普段はできないような体験コーナーが並びました。

Dscn1430

Dscn1428

その他、家具の展示や、民芸品の絵付けコーナー、萌えキャラの祭典でグランプリを
獲った白河市のご当地萌えキャラ「小峰シロ」ちゃんのグッズ販売もあり、大人から
子供までたくさんの人があふれていました。

Dscn1427

Dscn1431

白河市のご当地資源を発見するいい機会になったのではないでしょうか。

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源義経~白河の伝説(その2)

白河地区に残る義経の伝説。
次は源義経に仕え、忠義を尽くして散った佐藤継信、忠信兄弟に由来する場所です。

庄司戻しの桜<霊桜碑>(過去記事)

Dscn2205

白河市旗宿と表郷地区の境付近にある「庄司戻しの桜」。
佐藤兄弟の父佐藤元治は、平家討伐へ向かう2人を見送った際この土地で
「忠義を尽くせばこの桜の杖が生付くだろう」と、桜の杖をこの地に立てた
そうです。
佐藤兄弟は義経に忠義を尽くして兄弟共に討死してしまいますが、その後
この桜が立派に花開いたということです。現在の桜は焼失のため植え替えられたものです。

古から親しまれた「うたたね(転寝)の森」(過去記事)

Dscn2371

その佐藤兄弟の父、佐藤元治が旗宿で2人を見送ったあとに休息をとったといわれる
のが白河市鹿嶋の「うたたねの森」です。(諸説あり)
 うたたねの見残す夢やほととぎす いま一声を家づとにせん
と歌を詠んだと伝えられています。

人忘れずの山、新地山(過去記事)

Dscn2373_2

白河市借宿地区にある新地山。
山頂にある羽黒神社は、戦死した佐藤兄弟の冥福を祈り、その母が建てさせたものだと
謂われています。

この新地山からほど近く、川を挟んだ向こうの泉崎村関和久地区の「大網本廟跡」にも同じ伝説があります。

Dscn1403
佐藤兄弟の母が兄弟の冥福を祈り草庵を建てた、というものです。
その後この地にあった草庵は大網常瑞寺となり、江戸時代になり現在の白河市大工町
に移設されました。

Dscn1393
常瑞寺には佐藤家伝来の阿弥陀如来立像があるそうです。

不思議な言い伝えも多い義経の伝説。
1000年の昔。白河にはどんな縁があったのでしょうか。

参考:白河観光物産協会HP 白河に残る源義経伝説

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

源義経~白河の伝説(その1)

現在放映中のNHK大河ドラマ「平清盛」に登場している、「源義経」。
「判官贔屓」という言葉が生まれるほど世間から愛され、そのせいか
日本各地に伝説が残っています。

ここ白河地区にも義経の伝説が残っており、このブログ上でも何度か紹介
しました。
改めて過去記事をたどってみます。

白河の関には2つの伝説が残っています。
頼朝の挙兵により平泉から鎌倉へ向かう途中白河の関に立ち寄り、
戦勝を占うために弓矢を立てた、といわれる「矢立の松」(現在は株のみ)、
その際源氏の旗をかけたといわれる「旗立の桜」です。

「白河の関」にまつわる伝説・遺跡(過去記事)

※「旗立の桜」

Dscn2842

続いて白河の関からも近い「関山」。
山頂にある関山満願寺では戦勝祈願のため馬を奉納したと伝わるそうです。
この中腹にある「下馬の碑」は永承6(1052)年、武蔵坊弁慶が建てたと伝わります。

かの芭蕉も参詣した古刹 ~ 関山満願寺(過去記事)

Img_0466

白坂地区にある「金売吉次の墓」。(震災の為倒壊)
奥州で採掘される金を京の都で取引した大豪商と言われた人物です。
ここ白河市の白坂地区で強盗に遭い、墓が建てられたとされていますが、
謎と伝説に包まれた人物であり、白河でも金売吉次兄弟の墓(伝)、と
されている伝説の人であるようです。
平家に追われた義経が奥州藤原氏を頼る際に、手助けをしたと言われています。

謎の一大政商が眠る墓 ~ 金売吉次兄弟の墓(過去記事)

Img_3812

白河市向寺地区、羅漢山の麓にある「褜姫神社(えなひめじんじゃ)」。

Dscn1400
義経の師匠と言われる鬼一法眼の娘とも、養女とも言われる皆鶴姫が、平泉に向かった恋仲である義経を追ってこの地で亡くなり祀られた、とされています。
その死を悼んで植えられた「八房の梅」は今、新たに植えられた木になっています。

Dscn1398
この皆鶴姫の伝説で有名なのは、福島県内の会津地方や宮城県の気仙沼地方です。
するとこの神社はどういう謂れがあるのか、はたまた本当の伝説がこちらだったのか、
気になるところです。

また、義経に最後まで連れ添った常陸坊海尊が「束前」と名を変え、寺を建てたのが
現在の白河市の束前町という伝説があるそうです。

(その2)に続きます。

参考:白河観光物産協会HP 白河に残る源義経伝説

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「がんばるぞ!白河 食と職の市」が開催されます

白河市、秋の恒例イベントとなった「食と職の市」が今年も10月27日(土)・28日(日)
の2日間開催されます。

222_2 

昨年の様子はこちら

白河市のおいしい食べ物と、伝統の職の技術が披露されるこのイベント。

今年の「食」部門には白河ラーメンはもちろん、「城下町白河の発酵食品」というテーマも掲げられ、発酵食品を使った鍋などが登場する予定です。

「職」部門では今年も「『しらかわの匠と伝統の技』展」が開催され、市立図書館では昨年同様「白河地方ビジネスフェスタ」と「白河技能フェスティバル」の2部構成で開催されます。

こちらでは模擬上棟式や民芸品の絵付け、職業体験などが行われます。

その他、移動動物園やふわふわなどお子さんが楽しめるスペースもありますよ。

またステージイベントでは白河のヒーロー、ダルライザーも登場!
白河出身の歌手Yammyさんなどのステージも行われます。

恒例の公設市場解放デーは28日(日)の開催、シャトルバスも運行されます。

みなさんお誘いあわせのうえ、ぜひ白河に遊びに来てくださいね。

「がんばるぞ!白河 食と職の市」

開催日/2012年10月27日(土)~10月28日(日)
時間/午前10時~午後4時
場所/白河駅前イベント広場・白河市図書館(地域交流エリア)
お問合せ/しらかわ食と職の祭典実行委員会
白河市産業部 商工観光課 TEL 0248-22-1111(内線2214)


大きな地図で見る

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河フラワーワールドのコスモス(白河市)

白河市の「白河フラワーワールド」はコスモスの開花に併せて
10月28日まで開園しています。

Dscn1382

Dscn1338

Dscn1325

Dscn1335

一部コスモス以外の花も咲いていますが、春に様々な花が
咲いていた花壇は、ぜんぶコスモス畑です!

Dscn1341

Dscn1349

見渡す限りのコスモス。
その数10万株以上だそうです。

Dscn1357

Dscn1371

Dscn1376

こちらではコスモスの植え方が工夫されており、背が高くなりすぎない
ように、茎が地面を這うように植えられているものなどがあります。

Dscn1379

ここまでたくさん咲いていると壮観ですね。

Dscn1329_2

見頃はあと少しですので、お早目にお出かけください。
入場者にはお花の苗のプレゼントもありますよ。

白河フラワーワールド
 場所/福島県白河市南湖59番地
  電話/0248-23-2100
 営業時間/8時30分~17時30分
 定休日/開園期間中無休
 開園期間/10月28日まで
 料金/大人300円 子供無料 
 ホームページ http://www.flower-world.net/

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「歴史研究会創立54周年記念 第28回 全国大会奥州白河大会」が開催されます

全国の歴史愛好家が一堂に会する歴史研究会全国大会が、
今年は白河市で開催されます。

Img029

「歴史研究」を発行している「歴史研究会」が毎年各地で開催しているもので、今年で28回目を数えます。

当日は「ご子孫が語る戊辰戦争白河口の戦い」をテーマにパネルディスカッションと基調講演が行われます。

パネルディスカッションのパネリストは、二本松藩丹羽家第18代ご当主、忍藩松平家第16代ご当主、棚倉藩阿部家第22代ご当主という、過去白河藩にかかわった藩主の御子孫という層層たる面々。そのご当主を仕切るコーディネーターはなんと、阿部藩家老平田家第14代ご当主というユニークなパネルディスカッションです。

古代から歴史の要衝とされた白河市。
白河の歴史の貴重な意見を聞くことが出来る機会ですので、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

「歴史研究会創立54周年記念 第28回 全国大会奥州白河大会」

開催日/2012年10月19日(金)
会場/ホテルサンルート白河
参加費/2,000円(記念品、資料集込)

受付開始/午後12時30分
式典/午後1時30分~2時20分

基調講演(シンポジウム)/午後2時30分~3時30分
 「白河関跡周辺の歴史とロマン」
  講師:佐川庄司先生(白河市都市政策室長)

パネルディスカッション/午後3時40分~午後5時10分
 「ご子孫が語る戊辰戦争白河口の戦い」
  コーディネーター:
   阿部藩家老平田家第14代ご当主 平田重樹先生
  パネリスト:
   二本松藩丹羽家第18代ご当主 丹羽長聰先生
   忍藩松平家第16代ご当主 松平忠昌先生
   棚倉藩阿部家第22代ご当主 阿部正靖先生 

事務局/白河観光物産協会

歴史研究会HP

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷村からの那須山風景(西郷村)

今年は台風と雨の影響で、県内の稲刈りは例年よりおよそ一週間
遅れているそうです。

Dscn1286

西郷村でも稲刈りが始まっています。

Dscn1289
稲刈り後のわらの香りが秋を感じさせます。

Dscn1303

彼岸花も例年より少し遅いでしょうか??

Dscn1291

堀川ダム周辺は牧草が広がる風景を見る事ができます。

Dscn1298

堀川ダム。

Dscn1294

この日は那須山の山肌まできれいに見渡せますが、
どうやらここから見るところ、紅葉の見ごろまではまだのようです。

もう少し寒くなると、西郷村の雪割橋や甲子高原周辺で紅葉を
楽しむことができます。

福島県の紅葉情報 (福島の旅)

全国旅そうだん 紅葉情報

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塙町のシンボル「湯遊ランドはなわ ダリア園」(塙町)

塙町はダリアの美しい町として知られています。

Dscn1227
町の温泉施設「湯遊ランドはなわ」に併設されているダリア園では
今年も美しいダリアの花々が咲き誇っています。

Dscn1203

Dscn1194

Dscn1260

ダリアといっても様々な種類があります。

Dscn1239

Dscn1196

Dscn1205

こちらのダリア園ではなんと300種、5000株ものダリアが育てられて
います。

Dscn1218

鮮やかな花のイメージがありますが、淡い色のダリアもまたきれいです。

Dscn1224

Dscn1249

色も形も大きさも、こんなにたくさんの種類があるんですね。

Dscn1211

このダリア園は10月31日(水)までの開園となっていますのでお早目に
ご覧ください。

Dscn1246

Dscn1267

また、恒例の「はなわのダリア写真コンテスト」も作品を募集
しています。こちらは10月23日(火)必着。
詳しくはこちらをご覧ください。

「湯遊ランドはなわ ダリア園」

場 所/福島県東白川郡塙町大字湯岐字立石21
期 間/10月31日(水)まで
入場料/200円
※「湯遊ランドはなわ」宿泊及び宴会ご利用のお客様は無料でご利用出来ます。

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋を告げる花~戸津辺の彼岸花(矢祭町)

県南地方で最も早く桜が咲くといわれている、矢祭町の
「戸津辺の桜」。
この根本に今年の秋も彼岸花が咲いています。

Dscn1274

Dscn1272

この彼岸花は地元ボランティアの方が植えているそうです。

Dscn1270

春の、淡い桃色の桜とはまた違い、真っ赤で艶やかな彼岸花。
イメージは違いますが、それもまた美しいですね。

Dscn1279

Dscn1277

収穫時期を迎える里の風景を眺めるにもいい場所です。

Dscn1282

先日の台風の影響か、残念ながら茎が倒れているものが多くありました。
しかし、まだまだつぼみを持っていますので、見頃はこれからになりそうです。

Dscn1281

「戸津辺の桜」
  福島県東白川郡矢祭町大字中石井字戸津辺88


大きな地図で見る

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »