« 「第8回 ふるさと回帰フェア2012」に参加しました | トップページ | 実りの秋と烏峠(泉崎村) »

「白河口の戦い」の地で「第13回 全国新選組サミットinふくしま」が開催されました

新選組ゆかりの地などで毎年開催されている「全国新選組サミット」が9月21日、22日に福島県内2カ所で開催されました。

今年は白河~会津の両地にて開催され、9月21日(金)には白河市の鹿嶋ガーデンヴィラにてパネルディスカッションと交流会が開催され、新選組隊士の御子孫や各地の同好会やファンの方々が多数集まりました。

テーマは「戊辰白河口の戦いと新選組」。

Dscn1098

パネラーは新選組副長・土方歳三の御子孫で、東京都日野市の土方歳三資料館
館長でもある、土方愛さんと、福島県在住の歴史作家、星亮一さん。

御子孫と、歴史作家であるお二人の観点から貴重なご意見を多数聞くことができました。

Dscn1105

土方愛さんからは土方歳三の人物像について、厳しいイメージがあるが、地元・日野では少年時代など人間味あふれるエピソードが残っている、など御子孫ならではのお話を聞くことができました。

また、激戦地でありながらこれまであまり取り上げられることのなかった戊辰戦争・白河口の戦い。
その理由について星亮一さんは、白河の戦いでは大敗を喫し、会津にとっては触れたくない部分だったからではないか、とのお話が出ました。

Dscn1101

土方歳三はケガの為、白河の地で戦ってはいませんが、その代理として元新選組三番隊長・斎藤一が白河の地で戦っています。
新選組は実戦経験が豊富なので、白河の戦い初めに行われたゲリラ戦では勝っているそうです。新選組が実際に白河の地を踏んだと考えると、胸が躍りますね。

また、白河の関は平安の昔から、突破されると戦争に負けるなど、重要な玄関口であった
というお話なども聞くことができました。
そして白河には西軍・東軍どちらの墓もあり、また山口県には「白河踊り」が今でも伝わっていることから、白河の人は敵味方分け隔てなく接したのだろう、と言われています。

23日には新選組サミット、白河小峰城での天然理心流演武、戊辰戦争の史跡めぐりなどが行われ、最後は会津若松市の阿弥陀寺にて斎藤一をしのんだそうです。

福島民報新聞の記事

来年のNHK大河ドラマは戊辰戦争時の福島が舞台の「八重の桜」。
その中で白河口の戦いも登場する予定といわれています。
改めて戊辰戦争の史跡を巡ってみるのもいいかもしれませんね。

22日の様子は「楽南」のページをご覧ください。

以前の記事

戊辰戦争白河口の戦い~西軍の墓(白河市長寿院・鎮護神山)
戊辰戦争「白河口の戦い」
新選組も宿泊した「白河宿脇本陣柳屋旅館跡」(白河市)

-------------------------------------------------
福島県県南地方被災者等生活再建支援定住促進事業
 ◆楽南
 ◆らくめし
-------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 「第8回 ふるさと回帰フェア2012」に参加しました | トップページ | 実りの秋と烏峠(泉崎村) »

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/47193634

この記事へのトラックバック一覧です: 「白河口の戦い」の地で「第13回 全国新選組サミットinふくしま」が開催されました:

« 「第8回 ふるさと回帰フェア2012」に参加しました | トップページ | 実りの秋と烏峠(泉崎村) »