« 絆のライブ ~ 復興支援ライブ(県南地域絆づくり支援センター) | トップページ | 泉川のほとり、日本のふる里 ~ 泉崎村 »

県南地方の郷土料理、魅力再発見!~県南地方魅力発見隊

去る14日、ホテルサンルート白河にて県南地方の郷土料理試食会が開催されました。
今ではもう口にすることもなくなった県南地方伝統の料理を掘り起し、今後も
引き継いでいくことを目的とした試食会です。

Dscn8809

地元に住んでいてもわからない郷土料理の数々。
伝統的なものですが、今ではかえって新鮮にうつります。

各地方の御膳が再現され、その中から数品を試食することができます。
では早速各市町村の料理を見てみます。

Dscn8807

この絢爛豪華なお料理は旧表郷村(現在の白河市表郷地区)の「表郷村の婚礼膳」。

Dscn8768

Dscn8769
婚礼膳、というだけあって鯛の御頭つきや縁起のよい豆などが並んでいます。

つづいて白河市。

Dscn8772
こちらは白河市にあった本陣で出された料理です。
今回は白坂にあった本陣のメニューを再現しています。
向かって右側の精進料理は、身内に不幸があった人の為に出されたものだそうです。

つづいて旧大信村(現在の白河市大信地区)。

Dscn8774
福島県ではよく食べられる「むきさめ」の煮つけがふるまわれました。

試食はなかったものの、ひときわインパクトがあったのが
旧東村(現在の白河市東地区)。

Dscn8777
サンライズひがしフェスティバル」ではその力量が競われる「五合飯」。
お米はまごうことなき県南地区の名産品です。

西郷村は清流の流れる村らしく、岩魚料理。

Dscn8780
村内で栽培されている大豆を使用したがんもどきがふるまわれていました。

矢吹町にはかつて雉の御猟場があり、雉肉を使った雉丼がお目見え。

Dscn8783

Dscn8784
きじそばもおいしそうです。

棚倉町はかつての城下町。武家に伝わる「お事汁」がふるまわれました。
(写真右下)

Dscn8788
「ことはじめ」の際食されたそうです。
中にはするめと小豆が入っています。

矢祭町には名産のこんにゃくを使った煮着け料理がありますね。

Dscn8789
「こじはん」と呼ばれる農作業のあいだにおやつとして食べられる焼き餅が
ふるまわれました。余ったお米をこねて焼くそうです。

塙町では凍み大根、こんにゃく、にしんを使った煮物など。

Dscn8800
東白川郡の方では冬、軒下に大根がつるされている風景をよく見ます。
凍み大根と呼ばれる保存食です。
おなじみ、さしみこんにゃくもおいしいです。

鮫川村はぼたもち。

Dscn8802
ただのぼたもちではありません。鮫川村特産のじゅうねん(エゴマ)を
使った甘さ控えめのぼたちです。じゅうねんが香ばしいです。

最後に今回の試食会でアドバイザーになってくださった高橋さんからご挨拶。

Dscn8811
高橋さんは宮内庁で主厨長を勤めたという経歴をもっておられます。

主催の「県南地方魅力発見隊」山本さんから、来年度は高橋さんの意見を聞きながら、
白河地域で共通した料理を発表できるようにしたい、と抱負を述べられました。

あらためて、地元の料理や食材を見直す機会が生まれそうですね。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 絆のライブ ~ 復興支援ライブ(県南地域絆づくり支援センター) | トップページ | 泉川のほとり、日本のふる里 ~ 泉崎村 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

中島村」カテゴリの記事

塙町」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

泉崎村」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

矢吹町」カテゴリの記事

矢祭町」カテゴリの記事

西郷村」カテゴリの記事

鮫川村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/44490923

この記事へのトラックバック一覧です: 県南地方の郷土料理、魅力再発見!~県南地方魅力発見隊:

« 絆のライブ ~ 復興支援ライブ(県南地域絆づくり支援センター) | トップページ | 泉川のほとり、日本のふる里 ~ 泉崎村 »