« 震災から一年を越えて~白河市・小峰城 | トップページ | 大盛況!ありがとうございました!! ~ がんばろうふくしま!大交流フェア »

まめで達者な村づくり ~ 鮫川村

豆の特産品で有名な鮫川村を訪ねました。

Dsc01229
<県道71号線のそばにて>

Dsc01239
<強滝にて>

Dsc01250
<鮫川市街地を望む>

鮫川村は、その大部分を阿武隈高地に囲まれていて、空がきれいに見える街です。
村南部に位置する鹿角平観光牧場(夕焼け)には鹿角平天文台があり、
35cm反射望遠鏡で星空を観察することができます。(要予約)

Dsc01285
<鹿角平観光牧場にて>

強滝江竜田の滝だけでなく、平地部分でも美しい風景が楽しめる街です。

Dsc01280
<里山の残雪>

Dsc01300
<江竜田の滝にて>

村自体の美しさもありますが、東京農業大学の学生さん達が里山景観保全活動を続けていることも
美しい風景が広がっている理由の一つかもしれません。

Dsc01270
<館山山頂から、里山景観保全活動が行なわれたあとのようです>

また、村役場の近くにある館山(標高482m、比高60m)には、かつての赤坂館(あかさかだて)がありました。

Dsc01266
<赤坂館跡>

赤坂館は室町時代から戦国時代にかけ鮫川一帯を領有していた赤坂氏の拠点でした。
城の防御を高めるために「郭(くるわ)」がたくさん造られました。

隣の「壇ノ岡館(だんのおかだて、現在の鮫川中学校)」とあわせて、
この地域の自然を生かした軍事拠点が構築されていました。

天正18(1590)年、赤坂館は豊臣秀吉の奥州仕置により破却されました。
また常陸太田城主佐竹義宣公の国替えに従って、
赤坂氏は慶長7(1602)年、秋田久保田城に移ったといわれています。

それから400年以上たった現在では、手まめ館や公民館、図書館など村民憩いの場になっています。
手まめ館では豆製品のほか、地元野菜や鮫川和紙が販売されていたり、
おしゃれなカフェがあったり希少なエゴマ鶏丼がいただけます。

Dsc01267

美しい里山でおいしい生活が楽しめる街・鮫川へ、ぜひお越しください!

---

鮫川村

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 震災から一年を越えて~白河市・小峰城 | トップページ | 大盛況!ありがとうございました!! ~ がんばろうふくしま!大交流フェア »

東白川郡」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

鮫川村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/44515848

この記事へのトラックバック一覧です: まめで達者な村づくり ~ 鮫川村:

« 震災から一年を越えて~白河市・小峰城 | トップページ | 大盛況!ありがとうございました!! ~ がんばろうふくしま!大交流フェア »