« 空 ~ 中島村 | トップページ | 戊辰戦争白河口の戦い~西軍の墓(白河市長寿院・鎮護神山) »

みんなに福を ~ 白河だるま市(白河市)

Dsc00274

去る2月11日(土祝)、白河市中心市街部にて白河だるま市が開催されました。

Dsc00276

簡単におさらいすると、だるま市として始まったのは昭和38年。
それ以前は「花市」「市神様」と呼ばれていたようです。
2月11日の建国記念日に開催されるようになったのは、昭和49年からです。

Dsc00296

ひゃ~、前に進むだけでも大変です。
昨年は13万人の人出でしたが、今年は震災後にもかかわらず15万人もの人出がありました。(白河まつり振興会調べ)

Dsc00278
<マイタウン白河1階では手づくり甲冑の展示が行なわれました>

今年のだるま市では、白河だるま販売店は赤い屋根のテントで統一されていました。

Dsc00344

大小さまざまなだるまが販売されます。
一番高いもので高さ75cm、最小は8cmと18種類のだるまがあります。
露店で販売されるだるまは、大きいものから「一番」「二番」「三番」「大 い」とはじまり、その後「い」からいろは歌で「る」と続き、最後は8cmの「小」となります。

Dsc00342

Dsc00350

だるまさん。
眼が白いですがこれでいいんです。
祈願のために目を入れる時は左目(向かって右側)を先に入れ、
成就したあかつきには右目(向かって左側)にもいれて開眼させてくださいね。

Dsc00336

正確には「白河鶴亀松竹梅だるま」というようですね。
眉毛は鶴、ヒゲは亀、耳ヒゲは松と梅、あごヒゲは竹を表しているといわれています。

Dsc00331
<残念ながら、このだるまは非売品でした>

最初は小さいものから買い始め、年々大きいものを買いそろえていくと、末広がりで縁起がいいとされています。

なかには、だるまに文字を入れてくださる絵師さんもいました。
金色の塗料でお好みの文字を入れてくれるんですよ。

Dsc00355

こちらはどんど焼き。
天神神社の参拝者とどんど焼きをする人で長い行列ができていました。
記者も並びましたが、30分かかりました。

Dsc00300

Dsc00304

Dsc00307

屋台にはだるまだけでなく縁起物や露店も並びます。
近年は厚木シロコロホルモンや富士宮やきそばなどご当地B級グルメの出店も多くみられるようになりました。

Dsc00322

楽蔵内には福島空港ブースも出店されていました。

Dsc00363

そういえば来年のNHK大河ドラマは「八重の桜」ですね。
新島八重の活躍した幕末に戊辰戦争が起こりました。
戊辰戦争当時、白河は激戦地でもありました。(白河口の戦い

Dsc00366
<震災時には全国の皆さまに本当にお世話になりました。ありがとうございます。>

白河駅前には小峰シロブース。
こちらではシロちゃんグッズが販売されていました。
なお、ラクラスしらかわではシロちゃん応援も兼ねてポスターを貼っています。

Dsc00273

白河信用金庫本店前は交流スペースになっていました。

Dsc00383
<この方の着ている甲冑は本物です。わざわざ塙町からお越しいただきました。>

Dsc00295
<よいしょ~ぉ!>

最後はやっぱりダルライザー
かっこよく締めていただきましょう!

Dsc00386

---
白河だるま市
Dsc00358

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 空 ~ 中島村 | トップページ | 戊辰戦争白河口の戦い~西軍の墓(白河市長寿院・鎮護神山) »

季節」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/44098810

この記事へのトラックバック一覧です: みんなに福を ~ 白河だるま市(白河市):

« 空 ~ 中島村 | トップページ | 戊辰戦争白河口の戦い~西軍の墓(白河市長寿院・鎮護神山) »