« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

雪の棚倉城址 ~ 棚倉城址(棚倉町)

棚倉町・棚倉城址を訪ねました。

Dsc09862

棚倉城は別名「亀ヶ城」とも呼ばれています。
お堀に住む大亀が水面に浮かぶと決まってお殿様が転封されたことから、その名がついたとのことです。

Dsc09864

元和(げんな)2年(1623年)、常陸国古渡より棚倉に移封された丹羽長重公は築城に着手し、
寛永4年(1627年)に完成。
以降240年余りもの間、棚倉城として栄えましたが、慶応4(1868)年の戊辰戦争で落城しました。

Dsc09865

本丸の四方は長さ約604m。
本丸内は東西約60m、南北約74mの広さがあります。
西側の外堀跡には、約160mにわたる石垣が残っています。

春には、約500本ものソメイヨシノがお堀に沿って咲き誇ります。
雪の城跡も素敵ですが、満開の桜でいっぱいの城跡もまた素敵ですよ。

現在、城郭は無く、跡地には棚倉町中央公民館と棚倉町立図書館が建てられています。
(中央公民館および図書館は、復旧工事中のため当分休館とのことです)

Dsc09870

過去のブログ記事を見ても、雪の棚倉町内を書くのは初めてです。
それだけ雪の少ない地域ということでしょうね。

数日前に棚倉城址を訪れた時は、おだやかに泳ぐ白鳥たちの姿が見られました。
残念ながら、いまだに棚倉城址で大亀を見たことはありません。

Dsc09822

あっ、目があいました。(*´Д`)

Dsc09815

冬季期間はこうした積雪もありますが、東白川郡は東北地方の中でも雪の少ない地域です。
冬でも気軽に遊びに来れる棚倉町へ、ぜひお越しください!

---

棚倉城址

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大きく実ることを願って ~ 御田植祭(棚倉町・八槻都々古別神社)

旧正月1月6日にあたる1月28日、棚倉町・八槻都々古別神社にて御田植祭が開催されました。

Dsc00040

八槻都々古別神社は農業神・味耜高彦根命(アヂスキタカヒコネノミコト)を祀る神社です。
御田植祭は八槻都々古別神社で豊作祈願として行なわれ、400有余年続く民族伝統行事です。
国指定重要無形民俗文化財にも指定されています。

流れは以下の通り。

1.神楽
  1-1.松舞
  1-2.巫女舞
  1-3.幣舞
2.堰検分
3.めばらい
4.田耕い触れ(たうないぶれ)
5.田耕い(たうない)
6.くろばおとし
7.水取り
8.代かき
9.畔ぬり
10.あしおとめ
11.お種祈祷
12.種蒔き
13.鳥追い
14.田植え触れ
15.田植え
16.水口祭り、天狐の舞い
17.中昼(飯)

松舞、巫女舞、そして弊舞の三曲本舞は、農事前ぶれから田植え終了までを表します。

Dsc00048

代かきでは、「べーこ、べこ」と呼びかけながら牛を探しては曳き出します。
牛の背中には御幣(ごへい)がつけられています。

Dsc00071

この祭りの特徴的な所は、こうした擬音の多さです。
くろばおとしは、「サック、サック……」
水取りは「がぶ、がぶ……」
畦ぬりは「がんぶり、べたり、どろり……」
一つ一つの擬音が能狂言風に発せられるたび、場内から笑いが起こります。

こちらは種蒔き。
古くから国造(くにのみやつこ、地方を治める役人)の種倉から分け与える種もみを借り受けて、
翌年倍にして礼賛する風習が残されていたといいます。
棚倉の名は、この「種倉」が由来となったともいわれています。

Dsc00086

天狐の舞いでは、狐面、半纏、白股引に足袋姿で踊ります。

Dsc00110

中昼(中飯)で舞台や参拝客に餅を撒いていました。

Dsc00171

昨年は震災を受けながらもたくさんのお米が実りました。(そしてモニタリング結果ではND(不検出)でした)
今年も、この種が大きく実ることを願っています。

---

八槻都々古別神社
Dsc00183


文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太巻き寿司を巻きましょう! ~ プロジェクトY(矢祭町)

来る2月10日(金)19時から、矢祭町山村開発センターにて「こみゅにけーしょん 太巻き寿司!」が開催されます。
栄養士の本多史子さんを講師にお迎えして飾り太巻き寿司をみんなで巻いていこう!という楽しいイベントです。

Dsc00031

サイト→プロジェクトY 案内PDF「2月10日料理教室募集チラシ」(プロジェクトYページより)

会費は500円で持参するのはエプロン。
対象は独身女性と矢祭町内の独身男性のみに限られてしまいますが、
みんなでわいわいお寿司を巻いていくだけですから楽しそうですよね。(*´Д`)

興味のある方は、2月7日(火)までに矢祭町役場自立総務課さんまでお申し込みください。

---

こみゅにけーしょん 太巻き寿司!
 日時 平成24年2月10日(日) 19時から
 場所 矢祭町山村開発センター
 会費 500円
 その他
   ・持ってくるもの エプロン
   ・対象者 独身女性と矢祭町内の独身男性
   ・申込み締め切り 平成24年2月7日(金)
 申込先
   矢祭町役場自立総務課
   TEL 0247-46-3131
   FAX 0247-46-3155
   mail project-y@town.yamatsuri.fukushima.jp

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水の豊かな川 ~ 強滝(鮫川村)

鮫川村・強滝(こわだき)を訪ねました。

Dsc09671

強滝は鮫川上流にある滝で、そばを国道349号線が走っています。

鮫川は古殿町やいわき市を流れ太平洋にそそぎます。
東白川郡内を流れる川としては珍しく、久慈川流域にない川です。
鮫川村には久慈川へ注ぐ渡瀬(わたらせ)川もあることから、村内に分水嶺があるのでしょうね。

Dsc09685

ご覧ください!
冬なのにこれだけの水量があります!
近くまで寄らなくとも、激しく流れる音を聞くことができます。

Dsc09688

日陰では、ところどころ凍っている箇所もありますね。

Dsc09690

強滝のそばには湧水もありました。

Dsc09677

「水一升 人一笑」と書かれてありました。
ハッスルハッスルですね♪o(^ω^)o

Dsc09676

市街地を流れる久慈川とは異なり、高低差のあるダイナミックな流れを見て楽しむことができます。
水の豊かに流れる鮫川村へ、ぜひお越しください。

Dsc09686

---

強滝

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の大草原 ~ 鹿角平高原(鮫川村)

鮫川村・鹿角平高原は雪一色となりました。

Dsc09886

積雪量は、およそ20cm。
取材日は訪れる人もなく、ただ白銀色の世界が広がっていました。

Dsc09893

Dsc09890
<道路も真っ白!>

天文台まで登ってみると、まるで北海道に来たかのような雪の大草原が楽しめます。
てっぺんからそりで滑ると、きっと気持ちいいでしょうね!

Dsc09892

ちなみに2、3日前に訪れた時は、風の吹き抜ける気持ちのよい草原を見渡すことができました。
こういう景色もまた見ていて飽きないですね。

Dsc09713

雪遊びのしたくなる鮫川村へぜひお越しください!

---

鹿角平高原

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市でも街コン開催!「街コンDEしらかわ」のお知らせ

「街コン」という言葉をご存じでしょうか。
街+合コン(コンパ)で「街コン」。

開催場所が「街」単位、およそ100人以上の参加人数で行われる巨大合コンの事です。
街ぐるみで開催されるため一つのお店にはとどまらず、開催地区の定められた複数の
飲食店を廻ることができます。
そのため出会いの場としてはもちろん、街の活性化に繋がるイベントとして近年注目
されています。

発祥は栃木県の宇都宮市と言われており、現在さまざまな都市が「街コン」を開催して
います。
そんな「街コン」がついに白河でも開催されます!

Img356

20歳以上の男女、同性2名~3名でのお申込みならどなたでもOK!とのこと。
なんと既婚・未婚は問いません。
募集人数も男女ともに300名という、名のとおり巨大合コンになる予定です。

一定の料金を払えば制限内の時間で食べ放題・飲み放題、というのも参加者に
とっては魅力のひとつですね。
白河の美味しいものをたくさん食べたい!という方も参加してみてはいかがでしょうか。

気軽に参加して、おいしいものを食べて、みんなで白河市を元気に!
「白河で飲んで食べて盛り上がろう!」

「第1回 街コンDEしらかわ」

開催日/平成24年2月25日(土)
時間/18:00~22:00

開催場所/白河市中心市街地

参加募集人数/男女ともに300名

参加費/(前金制)
   男性お一人様・6,500円
   女性お一人様・3,500円 

申込み締切日/2月10日(金)

参加店リスト、参加申し込みは
「街コンDEしらかわ」のホームページにて。
http://machicon-de-shirakawa.jp/shops

主催/白河市中心市街地活性化協議会
白河市道場小路96-5
TEL 0248-22-1300

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川の雪模様 ~ 東白川郡(棚倉町・鮫川村・塙町・矢祭町)

日本列島を襲った寒波は、県南地方内で比較的温暖な東白川郡にも雪を降らせました。
前回、西白河郡版をお伝えしましたが、今回は東白川郡内の雪模様についてお伝えします。

まずは棚倉町。
赤館公園の近くから市街地を眺めてみました。
道路の雪は融けていますが、一面の銀世界となりました。

Dsc09857
<棚倉町・赤館公園より>

一方、市街地といえば、落ち着いたたたずまいを見せていました。
なお、赤館公園は12月から2月まで閉鎖されていますので、ご注意ください。

Dsc09860
<棚倉町・市街地>

続いて、あぶくまの山々連なる鮫川村へ。

Dsc09875
<鮫川村・手まめ館&手まめ館カフェ>

山あいのところどころに民家が点在して、情緒あふれる冬の里山となりました。
鮫川村の標高は400m以上あり、積雪量は4町村でも一番多い地域です。
その分、空に一番近く空気が澄んでいる街とも言えそうです。

Dsc09877
<鮫川村・市街地>

Dsc09881
<鮫川村・国道349号線から見た里山>

こちらは塙町。
風呂山公園にのぼって市街地を一望してみました。

Dsc09901
<塙町・風呂山公園よりみた市街地>

塙町内で雪が降っているのは、あまり見たことがありませんでした。
調べてみたら、当ブログで塙町内の積雪を載せていたのは2年前のかっぱのすりばち以来でした。
それでもかっぱのすりばちが山間部にある片貝地区にあることを考えると、市街地での積雪は珍しいのかもしれません。

Dsc09897
<塙町・渡瀬川>

塙の市街地も撮影してみました。
どうやら、雪が積もっているのは屋根の上だけのようです。

Dsc09904
<塙町・市街地(本町)>

最後は矢祭町。
東北地方最南端というだけあって、雪が積もっていませんね。
田畑にはうっすらと雪が残る場所もありましたが、建物の屋根などを見渡してみても雨が降っているのと大差ありません。

Dsc09908
<矢祭町・市街地(東館地区)>

Dsc09907
<矢祭町・磐城石井駅>

Dsc09916
<矢祭町・あゆのつり橋と矢祭山公園>

福島で生活する場合、冬の積雪も考える必要があります。
実際に来られたことのない方でも、こうした写真で雪の量がある程度想定できるのではないかと思います。

なお、自動車での移動が欠かせない地域ですので、こちらの記事もご覧ください。
雪の県南地方~雪の日の運転について
県南地方のリアル生活情報 ~ スタッドレスタイヤ交換

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の県南地方~雪の日の運転について

1月21日、県南地方の天気は雪。
およそ10㎝~15㎝ほどの積雪になりました。

南湖も美しく雪化粧。

Dscn8279

Dscn8273

Dscn8283
雪の日独特の静かな景色です。

雪といえば、雪の小峰城もまたきれいですよ。

Dscn8285
今年は震災の影響で城郭内には入れませんが、
下から見上げる雪の小峰城もまた良いです。

ここ数年、温暖化の影響か積雪量は多くありません。
(10~20㎝ほどの積雪が年に2~3回)
県南地方では屋根の雪下ろしなどは必要ありませんが
家の周りの雪かきは、多少必要になります。

マイタウン白河3階より。

Dscn8290

そして雪の日の道路はこのような状態。

Dscn8293
これ以上に雪が降ると道路に圧雪があり
さらに慎重な車の運転をしなければいけません。

Dscn8295

白河市では雪が無い日でも道路凍結もあるので
冬季、スタッドレスタイヤやチェーンなどは必要になります。
チェーンの巻き方や雪道走行については
こちらのホームページなどを参考になさってください。

SNOW DRIVE

それから、みなさん車の中にはこのような車用雪かきグッズ
装備していますよ。

福島県内のライブカメラを集めたページ。
雪が降っているかどうかの確認などにどうぞ。
http://orange.zero.jp/zad23743.oak/livecam/

それではみなさま、雪道の運転にはくれぐれもお気を付け下さい。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月11日に「白河だるま市」が開催されます(白河市)

今年も2月11日の建国記念の日、白河市に於いて「白河だるま市」が開催されます。

昨年の様子はこちら

Dscn8268

白河市の目抜き通りに、だるまの露店をはじめとする約700もの出店があり、
毎年約15万人の人々が訪れます。

今年は中町の白河信用金庫周辺に復興交流エリアと称し、他県市町村との
交流エリアが設置されるそうです。
参加するのは茨城県大洗町、埼玉県川越市、三重県桑名市。
それぞれの特産品が販売されるとのこと。

駐車場は白河総合運動公園や白河中央中学校校庭など。
シャトルバスが運行され、より便利になりました。
詳しくは白河観光物産協会さんのHPをご覧ください。

白河だるまは眉毛は鶴、ひげは亀、みみひげが松と梅、あごひげは竹が施された
縁起物です。
今年はより復興への願いが込められるかもしれませんね。

白河だるま市

日時/平成24年2月11日(土)
  午前8時~午後9時

場所/白河市 天神町~中町~本町

お問合せ/
財)白河観光物産協会
福島県白河市郭内1-2 TEL 0248-22-1147

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土色と銀色 ~ 大池公園(矢吹町)

矢吹町・大池公園は、冬一色となりました。

Dsc09531

とはいえ、水が抜かれている状態での越冬です。
水を抜くと外来魚の防除や池底のゴミ除去活動につながるといわれますから、
水抜きする池はそれだけ地元住民の手で維持管理されているともいえます。

Dsc09509

Dsc09526

それでも北の六角堂周辺には水が残っており、氷結して銀盤のようにも見えます。

Dsc09523

Dsc09520

こうした寒い日でも、池の外周を元気にウォーキングする方達がいらっしゃいました。
寒いからとこもっていては、もったいないですね。

Dsc09516

なお場所によってはまだ復旧工事が行われています。
散策の際にはご注意ください。

Dsc09510

---

大池公園

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FITで田舎暮らし! ~ FIT田舎暮らしセミナーのお知らせ

来たる2月3日(金)、銀座ふるさと暮らし情報センター(東京都中央区)にて
「聞いて得する!!FIT田舎暮らし&いばらきさとやま生活セミナー」が開催されます。

20120203_semi

FITとは、福島県・茨城県・栃木県の頭文字を合わせた言葉です。
首都圏からほどよく離れた自然豊かなこの地域で、楽しい田舎暮らしを考えていらっしゃる皆様に向けたセミナーです。

当相談所からは、福島県県南地方の魅力をご説明いたします。
また実際に移住された方から、田舎暮らしの楽しさや苦労話など、聞いて得するお話もしていただく予定です。

詳しくは下記ページをご覧ください。
 > FIT田舎暮らしセミナー

---

「聞いて得する!!FIT田舎暮らし&いばらきさとやま生活セミナー」
 日時 平成24年2月3日(金)18:30~20:30
 場所 銀座ふるさと暮らし情報センター(東京都中央区銀座4-14-11 七十七ビル3階)
 TEL 03-3543-0333(担当 濱中さん)
 FAX 03-3543-0346
 mail ginza@furusatokaiki.net

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食品放射能測定はじめました ~ しらかわ・市民放射能測定所(ベク知る)

白河市本町・マイタウン白河内に「しらかわ・市民放射能測定所『ベク知る』」がオープンしました。

Dsc09606
<マイタウン白河2階。ラクラスしらかわのお隣です>

「ベク知る」は市民がボランティアで運営する放射能測定所です。
さっそく、予約を入れたうえで各地で汲んできた湧水をもって訪ねてみました。

Dsc09598
<サンプルは1.2kg以上必要です。>

鉛で覆われた装置で計測します。
ベラルーシ製でお値段は自動車1台が買えるくらいの金額だそうです。

Dsc09584

料金は1サンプル500円。
サンプルを提供し、待つこと25分。

Dsc09601

測定結果をみるとセシウム値は測定限界値以下で、問題なしとのことでした。
※グラフ左側の「こぶ1つ」は問題ではなく、むしろ「こぶ」が2つも3つもあると問題ありとのことです。

Dsc09604

お手軽に食品の放射能値を測定できてしまいました。

放射能とか内部被曝とかそういった言葉は知っていても、漠然としてよくわからないという方も多いと思います。
そうしたみなさんの疑問に対して、ベク知るさんでは様々な情報の提供や学習会も行なわれるとのことです。

Dsc09589

ぜひ、皆さんもご利用ください!

---

ベク知る(しらかわ・市民放射能測定所)
 白河市本町2番地 マイタウン白河2階
 稼働日:毎週土曜日曜 10:00~16:00(当面)
 料金 1サンプルあたり500円

 <注意>
 1.完全予約制です。
   問合せ先 0248-31-7595(マイタウン白河)
   問合せ受付時間 9:00~17:00

 2.指定された時間に食品サンプル1.2kgをご持参ください

 3.仕様
   測定時間 25分
   測定機器 ATOMTEX AT1320A
   測定限界 30ベクレル/kg
   測定可能品目 食品(市販のものも可)および飲料

 4.1回の予約はお一人様2個までです

 5.個人で消費される食品および飲料を想定しています。
   当測定所の測定結果を持っての販売等には使用しないでください

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナーを開催しました(ラクラスしらかわ)

去る1月15日(日)、東京・銀座のふるさと暮らし情報センターにて「がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催いたしました。

Dsc09619

前回のセミナーでは23名のお客様がいらっしゃいましたが、今回は4名のお客様をお迎えしての開催となりました。
復興途上、そして原発事故の余韻が残る今の時期においては、まさに我慢の時期といったところでしょうか。

とはいえ、4名ものお客様がいらしたことに、スタッフ一同とても感謝しております。
セミナーでは、当相談所から震災後の状況や不動産物件についての説明をいたしました。

Dsc09622
<移住希望者のみなさんと込み入ったお話ができました>

また福島県企業局さんからは、神奈川県から新白河ライフパークに移住された井川さんご夫妻をお招きして、移住者の生の声を皆様にお伝えしました。

Dsc09646

井川さんからは、地域のありのままの様子が語られました。
白河は官公庁の出先機関が多く各種申請がスムーズなところ、那須や裏磐梯などの景勝地に遊びに行きやすいこと、首都圏に比べて物価が安いこと。
それから、地域内の子供たちが知らない人にも挨拶をしてくれることに驚いているともおっしゃっていました。

記者自身はそれが当たり前という感覚でいたのですが、
首都圏から移住された方は子供たちの挨拶にみなさん驚かれるようです。

移住先として厳しいといった声も聞かれるなか、それでもお話を聞きたいと考えているお客様一人ひとりに真摯に地域の魅力をお伝えしていきたい、と強く感じさせられたセミナーでした。

次回セミナーは未定ですが、来る3月20日(火祝)、ふたたび東京地区に参ります。

「がんばろうふくしま!大交流フェア」
 日時 平成24年3月20日(火・祝)11:00~17:00
 場所 東京国際フォーラム(東京都千代田区丸の内)
  ※今回は池袋でなく千代田区での開催です

こちらもぜひ遊びにお越しください!

---

新白河ライフパーク
 http://www.lifepark.jp/

ラクラスしらかわ
(福島県県南地方定住・二地域居住相談所)

 〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2階
 TEL/FAX 0248-29-8595
 URL http://rakuras.com/
 mail rakuras@rakuras.com

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第17回中山義秀文学賞 受賞記念講演会~奈良・平城京を考える

第17回中山義秀文学賞は、昨年11月に発表されたとおり澤田瞳子(さわだ とうこ)さんの「孤鷹の天」が選ばれました。(以前の記事

受賞を記念し、来る1月21日(土)には、受賞を記念し、受賞者・澤田瞳子さんによる記念講演会が行われます。

Img354

受賞作「孤鷹の天」は、奈良時代に生きる憂国の若者達の群像劇とのことで、演題は「奈良・平城京を考える」。
入場は無料ですので、この機会に歴史と文学の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

「第17回中山義秀文学賞 受賞記念講演会」

日時/平成24年1月21日(土)午後1時開場
  ・午後1時30分 文学賞贈呈式
  ・午後2時   受賞記念講演会

場所/白河市立図書館 多目的ホール
    白河市道場小路96-5

※入場無料

主催/中山義秀顕彰会

お問合せ/中山義秀顕彰会事務局(中山義秀記念文学館内)
TEL0248-46-3614

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天空にある社殿 ~ 烏峠(泉崎村)

泉崎村・烏峠稲荷神社を訪ねました。

Dsc09569

修復工事もだいぶ終わってきたようですね。
無事に拝殿でお祈りすることができました。
いつも通りの厳かなたたずまいを取り戻しました。
(後ろの本殿はまだ修復中でした)

Dsc09561

Dsc09565

烏峠のもう一つの魅力が、眺望の良さ。
この季節は空気が澄んでいて、那須やあぶくまの山並みを望むことができます。

Dsc09567
<那須連山>

Dsc09557
<北方向(矢吹町方面)>

Dsc09559
<南東方向(棚倉町方面)>

なお、福島県県南地方の田舎暮らしセミナー明日1月15日13時30分から開催いたします。
入場無料で、もれなくおみやげ付きです。
当日の飛び入り参加もOKです!
ぜひ、ふるってご参加ください!!

・開催日時 平成24年1月15日 13時30分から(2時間程度)
・場所 東京都中央区銀座4-14-11 七十七ビル3F ふるさと暮らし情報センター
・参加費 無料

※がんばってます!けんなん 田舎暮らしセミナー (平成24年1月15日開催)
 ご案内URL http://www.furusatokaiki.net/event/2011/09/fukushimasouth.html

---

烏峠

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう少しでシガが見られます ~ あゆのつり橋(矢祭町)

矢祭町の久慈川にかかるあゆのつり橋を訪ねました。

Dsc09458

前回たずねたときは鮮やかな配色が見事でしたが、
今回はシックなモノトーン調となりました。

Dsc09469

川面には氷が張っていましたが、まだシガ(流氷現象)は見られませんね。
もう少し寒い日の朝には見られるかもしれません。

Dsc09465

なお、川沿いの遊歩道は整備されて歩けるようになりました。
山影部分も多いので、歩く際には足元にお気をつけください。

Dsc09464

---

あゆのつり橋

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山あいの小さなニュータウン ~ 宿ノ入団地(鮫川村)

鮫川村にある宿ノ入団地をたずねました。

Dsc09027

鮫川村中心部に近く、南隣には高齢者総合福祉センター「ひだまり荘」があります。

また、西隣は村営住宅があり、閑静な住宅街が広がっています。
日差しが十分に降りそそぎ、小さなお子様なら伸び伸びと育てられそうです。

Dsc09028
<分譲地、1筆あたり114~115坪での販売です>

鮫川村は東日本大震災があったにも関わらず岩盤が強固だったこともあって、
建物や道路に被害はほとんどありませんでした。

いよいよ残り3区画となりました。
お問合せは鮫川村役場さんまでどうぞ!

---

鮫川村 東日本大震災関連情報

 農林水産物モニタリング情報(鮫川村)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E9%AE%AB%E5%B7%9D%E6%9D%91

鮫川村 宿ノ入団地
 http://www.vill.samegawa.fukushima.jp/index.php?code=419

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄氷の湖 ~ 南湖公園(白河市)

朝晩の冷え込むこの季節に、白河市・南湖公園を訪ねました。

Dsc09414

南湖公園に薄く氷がはりました。
水面の氷が銀盤となって、日の光を反射しています。

Dsc09411

遠くには冠雪した那須連山を眺めることができます。

Dsc09427

少し視点を変えて、遊歩道を登ってみました。
那須と南湖を同時に眺めることができ、体全体で季節を感じることができます。

Dsc09418

Dsc09421

凛とした空気を感じに福島へ遊びに来ませんか?

なお1月15日(日)、東京・銀座にて「がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催します。
入場無料! そしておみやげ付きです。福島県県南地方の今をお伝えします。

まだまだ募集を受け付けております。
ふるってご参加ください!

※がんばってます!けんなん 田舎暮らしセミナー (平成24年1月15日開催)
 ご案内URL http://www.furusatokaiki.net/event/2011/09/fukushimasouth.html

---

南湖公園(白河市)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西白河の雪模様 ~ 西白河郡(白河市・西郷村・矢吹町・泉崎村・中島村)

ようやく平地にも積雪が見られ始めました。
今回は西白河郡(旧3村含む)をぐるっと見て回りましょう。

西郷村。
役場近くを撮影した1枚です。
場所によっては雪で踏み固められていますので、
訪れる際にはスタッドレスタイヤを履いた自動車でお越しください。

Dsc09274

Dsc09279

白河市大信地区。
田畑一面に雪が積もりました。
すべての時間が止まっていて、じっと春を待つかのようです。

Dsc09287

Dsc09291

矢吹町。
町内になる柿を撮影しました。
本来ならとっくに収穫されたはずの柿ですが、収穫されないままに残ってしまった柿の木が県内各地で見られます。

Dsc09296

泉崎村。
冬空と烏峠です。
田畑はうっすらと雪が積もっていますが、山肌はほとんど雪がついていません。

Dsc09305

中島村。
冬の童里夢公園です。
雪こそ積もっていますが、路面や建物は乾いてさえいます。
同じ西白河郡内でも積雪量は大きく異なりますね。

Dsc09310

Dsc09314

Dsc09313

白河市東地区。
白河市内に戻ってきました。
東風の台公園のような高台に登ると冷たい風を受け寒さを感じます。
写真手前のグラウンドは雪が積もっていますが、奥に見える田畑は積雪が見られません。

Dsc09318

Dsc09321

白河市表郷地区。
池は凍り、お地蔵様もじっと寒さに耐えているかのようです。

Dsc09326

Dsc09328

最後は白河市中心部。
上空の雲は白く、そして速く流れていきます。
小峰城内も真っ白で、松の木が元気よく育っているのが印象的です。

Dsc09334

私達はセミナーで「地域内の雪は、多くても20~30cm程度の積雪です」と説明しています。

同じタイミングで降った雪でも、場所によっては積雪量に差が出てきます。
それでも福島県県南地方においては、雪が多い地域でも1日何度も雪かきをするような地域ではありません。
当地方にお越しの際には、ぜひご参考ください。

なお1月15日(日)、東京・銀座にて「がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催します。
募集人数がいっぱいになるまでギリギリ受け付けております。
こちらもよろしくお願いいたします。

※がんばってます!けんなん 田舎暮らしセミナー (平成24年1月15日開催)

 ご案内URL http://www.furusatokaiki.net/event/2011/09/fukushimasouth.html
 入場無料!そしておみやげ付きです。福島県県南地方の今をお伝えします!

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白河市内ぶらさんぽ~本町(白河市)

白河市内を町名看板とともに巡るシリーズ。
今回は本町編です。

町の境界がわかりやすいマピオン地図を参考にどうぞ。

Dscn8117

本町は、江戸時代、参勤交代の際に大名が宿泊する「本陣」がありました。
道路向かいの脇本陣には戊辰戦争時、新選組も宿泊していました。
以前の記事をご覧ください)

Dscn8107
商家が並び、昔から栄えた町だったようです。
道路は、城下町特有のカギ型になっています。

本町には「ラクラスしらかわ」の事務所がある「マイタウン白河」があります。

Dscn8104
昔、この建物は商業施設(ヨーカドー)として使用されており、
賑わいの絶えない通りでもありました。

Dscn8105

昔から白河市内を知る人にはおなじみのお店も多いのではないでしょうか。

Dscn8129

Dscn8128_2

Dscn8153
今も昔も大人気の「山田パン」さん。
お昼どきはいつも混雑しています。

Dscn8131

「うばたま」というお菓子が有名な和菓子屋さんの「玉家」さん。
ステキな雰囲気の建物です。

Dscn8154 

お酒「白陽」の蔵元「大谷忠吉本店」さん。

Dscn8155
こちらは詩人・萩原朔太郎の妻の生家でもありました。

本町は、町屋風の建物が残る町でもあります。
天神町編 でもお伝えした「歴史的風致形成建造物
に指定されている建物もあります。

Dscn8136

Dscn8133

お茶の「渋木茶舗」さん。
現在修復中です。もう少しお待ちくださいね。

Dscn8138
金物店の亀平商店さん。こちらには裏手に8棟もの蔵があります。

Dscn8164_2

Dscn8112
柳屋脇本陣の建造物群も指定されていますね。
また「加藤せともの店」さんの建物は明治初期に建てられたものです。

(以前に行われた蔵ウォークの様子も参考にご覧ください)

Dscn8140_2
大谷忠吉本店さんの裏手の寺院「長寿院」。

Dscn8141
こちらは戊辰戦争時の西軍の墓があります。
当時の白河の人たちが敵味方なく手厚く葬った、という逸話が残っています。

本町には史跡やいわれのある場所に看板が掲げてあります。

Dscn6434

Dscn8121

Dscn8127_3

Dscn8134_2
全部で15ありますので、探してみるのもいいですね。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3回目の初詣 ~ 山本不動尊(棚倉町)

棚倉町・山本不動尊を訪ねました。
西暦807年、弘法大師が八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したといわれています。

今年も棚倉町は快晴に恵まれ、絶好の初詣日和となりました。

Dsc09376

山本不動尊といえば護摩壇へと続く130段の石段が印象的ですね。

Dsc09381

石段は急なので、結構登りにくいのです。
この石段を登っていく様子を動画で撮影してみましたので、ぜひご覧ください。

Dsc09389

また、付近を流れる宮川渓流はとても澄んでいて、薄く氷が張っていました。
これも田舎にある美しさかと思います。

Dsc09397

なお今月15日には、東京・銀座の「ふるさと暮らし情報センター」にて
がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催いたします。

震災後の状況や地元の放射線対策、不動産物件の相場情報やリフォームについて、
そして福島へのUターンや移住をお考えの皆様に個別相談も承ります。

入場無料、そしてもれなくお土産付きです。
どうぞこの機会にご参加ください。

また、この告知が今月発売の「田舎暮らしの本」2月号に掲載されています(91ページ)。
福島県の記事と併せてどうぞご覧ください。

---

山本不動尊

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災後に福島県へ移住された方々(産経新聞記事)

震災後、福島県へ移住された2家族についての記事が、
1月5日付けでyahooニュースに掲載されています。

「こっちの方が住みやすいみたい」福島移住の長谷川さん一家

福島県は厳しい状況下ではありますが、震災後fでも私たち「ラクラスしらかわ」
の窓口に移住に関する相談があります。

ぜひ参考に、ご一読ください。

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます(南湖神社)

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
昨年は震災・原発事故と、苦境に立たされた福島県ですが、
今年は少しでも明るいニュースが増える事を祈っております。

ということで、白河市の南湖神社へお参りに行きました。

Dscn8189
松平定信公を祀っている南湖神社。
例年どおり、定信公の像の前に鏡餅がお供えされています。

Dscn8190

震災により、南湖神社は、鳥居が崩れ、灯篭が倒れるなど、多大なる被害を受けました。
以前の記事

Dscn8193

鳥居は仮のものですが、灯篭や狛犬もほぼ元に戻っています。
早く鳥居も戻るといいですね。

Dscn8196

今年こそは良い年になりますように。

Dscn8199
そして皆様にとって幸多い年となりますよう、お祈り申し上げます。

南湖には白鳥もいますよ~。

Dscn8180

Dscn8187

今月15日には東京・銀座の「ふるさと暮らし情報センター」にて
がんばってます!けんなん田舎暮らしセミナー」を開催いたします。
震災後の状況や地元の放射線対策、不動産物件の相場情報やリフォームについて、
そして福島へのUターンや移住をお考えの皆様に個別相談も承ります。
どうぞこの機会にご参加ください。

また、この告知が今月発売の「田舎暮らしの本」2月号に掲載されています(91ページ)。
福島県の記事と併せてどうぞご覧ください。

Kiji

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もよろしくお願いします。~鹿嶋神社(白河市)

新年あけましておめでとうございます。
今年もよりよい情報を提供していきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今年もいいことがありますように初詣でからはじめたいと思います。

Dsc09371
<鳥居:左の灯籠は未修復です>

今回お邪魔したのは、白河地方の総鎮守でもある鹿嶋神社です。
白河地方はときおり小雪が舞い、境内をいっそう神聖な場所へと変えていました。

Dsc09350
<太鼓橋:白河提灯まつりでは、この橋の上を神輿が通ります>

Dsc09362
<本殿:さすがに参拝客はいませんでしたが、なかではお祓いが行なわれていました>

Dsc09361

3が日を過ぎお参りする方は少なかったものの、たくさんの絵馬が人々の想いを遺していたようでした。
今年は良い年になることを願うばかりです。

Dsc09356

---
鹿嶋神社

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »