« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

第9回こたがわ新そば交流会(白河市)

去る11月27日、白河市小田川地区の小田川集会所にて「第9回こたがわ新そば交流会」が開催されました。

Dsc08731

小田川地区以外の方もみな、鶏そば、十割そば、十一そばと三種類のそばが楽しめました。

Dsc08713

Dsc08716

Dsc08718

大勢の方々の笑顔があった1日でした。

Dsc08729

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶらりまちなか歴史旅 ~ 蔵ウォーク(白河市)

去る11月26日、白河市内の歴史的建造物をめぐる「白河まちなか歴史景観 蔵ウォーク」が開催されました。

Dsc08612
<白河市役所を出発する一行>

参加者は定員いっぱいの50名。
白河市役所から出発し、6か所の歴史的建造物群をまわりました。

Dsc08621
<仁平麹店建造物群。切妻・平入の建築様式に格子窓という白河の伝統的な町屋建築です。>

Dsc08629
<松井薬局建造物群:蔵がきれいに並んでいます。
 手前から薬剤蔵(黒壁)、一つ飛んで座敷蔵、米蔵、紙蔵とのこと>

写真は外観のみですが、実際は所有者の皆さんのご好意で敷地や建物内部まで見せていただきました。

いずれも敷地の西側に蔵が並んでいるのですが、何故だかわかりますか?
これは西側に位置する那須連山から吹き降ろす風を防ぐためなんです。

Dsc08650
<藤屋建造物群のなかではおやつ休憩もありました。現在「リールエリール」さんとしてお食事ができます>

蔵めぐりだけでなく、大谷津田川や関川寺舘跡の話も聞くことができました。
調べてもわからなかった事柄を次々と話していただけたので、とても貴重な会でした。

Dsc08654
<大谷津田川(おおやんたがわ)、道路の下に水路があります。古くから上水道の役目を果たしています>

Dsc08656
<関川寺舘跡:中世には館がありました。鎌倉幕府を倒した結城宗広公が眠ります。>

Dsc08671
<楽蔵にて閉会式>

こうした街めぐりの旅は、普段住んでいる方にとっても新しい発見があることと思います。
歴史的建造物も多い白河市へ、ぜひお越しください!

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなで楽しくクリスマスパーティ! ~ プロジェクトY(矢祭町)

来たる12月18日(日)、矢祭町山村開発センターにてクリスマスパーティが開催されます。

Dsc08605

このクリスマスパーティは3部構成です。

第1部にワークショップ。
自分を磨くためのワークショップが行なわれます。

第2部はリース作り。
そして第3部はクリスマスパーティとなっています。

会費は男性4,000円、女性3,000円。
定員は男女とも20名ずつまでとなっていますから、申込はお早めに!

---

ぷろじぇくと-Y 「Xmas Party」
~男を磨き、女を磨き みんなで楽しくパーティしましょう!~
 日時
  平成23年12月18日(日) 12:30~21:00ごろ
 場所
  矢祭町山村開発センター(大集会室・視聴覚室)
 イベント
  第1部 ワークショップ男磨き・女磨き(講師:中瀬明美氏【13:00~】)
  第2部 クリスマスリースつくり(講師:さくまる 佐川靖矩氏【15:00~】)
  第3部 クリスマス パーティ 【17:00~】
 定員
  男性:20名/女性:20名(いずれも先着順)
 参加費用
  男性:4,000円/女性:3,000円
 対象者
  男性:東白川郡内及び茨城県大子町の独身男性
  女性:町内外独身女性
 申込締日
  平成23年12月9日(金)
 申込先
  矢祭町役場自立総務課
  (TEL:0247-46-3131、FAX:0247-46-3155、mail:project-y@town.yamatsuri.fukushima.jp

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

障がい者の自立と地域での共生を目指して ~ あったか冬まつり(塙町・道の駅はなわ)

来たる12月3日、塙町・道の駅はなわにて「あったか冬まつり」が開催されます。

Zdpcp

各地で素晴らしいよさこいを披露する「奥州ずっこけ隊」さんや、
いつでも・どこでも・だれでも楽しめる美女軍団「全国レクダンス指導会」さんも来ます!

障がいの有無に関係なく、人間が人間らしく自立して暮らせる地域の皆さんで楽しめるイベントです。
ぜひ、お越しください!

---

あったか冬まつり
~障がい者の自立と地域での共生を目指して~

 日時
  平成23年12月3日(土) 10:00~13:00(開場 9:00)
 場所
  道の駅はなわ(塙町・国道118号線沿い)
 出演者
  和太鼓(塙祭ばやし保存会)
  YOSAKOI踊り(奥州ずっこけ隊)
  レクリエーションダンス(全国レクダンス指導会)
  塙工業高等学校(吹奏楽部・和太鼓部・茶道部・華道部)
 主催
  東白川あったか冬まつり実行委員会
  (事務局 特定非営利活動法人かがやき TEL:0247-33-6689)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

晩秋の南湖公園(白河市)

白河市・南湖公園の紅葉を撮影しました。

まずは遊歩道から。
取材日は晴れていたものの、さすがに高い場所では冷たい風が強く吹き続けます。
冬の訪れを感じますね。

Dsc08592

那須連山と南湖が一枚におさまる絶景が楽しめます。

遠くには関山。
見にくいですが、赤と緑の2色を楽しめる季節です。

Dsc08595

一方、湖畔では晩秋ということもあり、真っ赤に色づいたもみじでいっぱいです!
日差しが降り注いで、暖かく感じます。

Dsc08601

Dsc08599

市街地からもほど近い散策スポットです。
ぜひ、白河へお越しください。

なお、白河市の災害情報は白河市サイトにて公開されています。
あわせてご確認ください。

Dsc08604

---
白河市役所 東日本大震災関連情報

 震災関連情報 放射能について
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=2931

 震災関連情報 支援、減免、証明、お知らせなど
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=2946

 震災関連情報 災害復旧工事の見通し
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?cd=2955

 農林水産物モニタリング情報(白河市)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B8%82

南湖公園

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今も息づく和紙づくり(2) ~ 鮫川和紙(鮫川村)

前回、和紙について簡単に触れました。
今回は、原料から和紙がつくられるまでのお話です。

Dsc07994
<鮫川和紙の斎須さん>

上に干してあるのが和紙の原料となるコウゾ(楮)です。
コウゾは皮が厚く丈夫なだけでなく、桑と同様に切ってもまた生えてくることから、とってもエコなのです。

Dsc07932
<干し束となったコウゾをつかむ斎須さん。ここまで固くなったものはずっと保管が効くそうです>

コウゾは栽培しておらず山に自生しているものを採取してくるのだそうです。
そしていつでも採取できるわけではなく、11月中旬から12月にかけてが採取時期だといいます。
夏場だとコウゾの水分が多く含まれており、腐ってしまうのだそうです。
和紙作りの工程は、季節ごとにできることが異なってくるのですね。

原料とはいえ、和紙になるとは想像しにくいですね。
コウゾはどうやって和紙になっていくのでしょうか?

干したコウゾは、「干し束」と呼ばれかたまっています。
それを1昼夜、水に浸してもどします。

こちらは、水でもどしたコウゾを煮るためのお釜。

Dsc07929

コウゾには、黒皮、甘皮(緑色)、白皮と3種類の皮があります。
煮ると黒皮が落ち、残った甘皮と白皮で鮫川和紙にしていくのだそうです。

Dsc07975
<黒皮と甘皮(緑色の皮)>

Dsc07978
<裏には白皮がついています。本当に真っ白>

ちなみに前回の記事で書いた上川崎和紙は、白皮のみを使うとのこと。
和紙によって製法が異なるんですね。

煮ると真っ黒になるので、1週間水をかけ流して不要物を落としていきます。
それでも取れない塵は、手で取っていくのだそう。
気が遠くなる作業です。

Dsc07933
<近くの沢から水を引いてかけ流していきます>

Dsc07967
<水から取り出しながら、塵があればとりのぞいていきます>

その後は、さらし粉で漂白作業。
漂白には次亜塩素酸ナトリウムを使うそうですが、繊維をボロボロにしてしまうので量に気を付けています、と斎須さん。

漂白したコウゾは繊維が長いので、細かくするために叩解(こうかい、たたく作業)をします。
2時間から3時間ほど叩くといいます。

Dsc07979

ここまで来て、やっと紙漉き槽(かみすきぶね)の出番です。
取材日は漉ける段階にはなかったので、漉いている写真は以前の記事でご勘弁を。

Dsc07988
<紙漉き槽(手前)、この大きさをムラなく漉くには3年以上かかるとのこと>

ただ漉くわけではなく、天然の糊となる黄濁葵(とろろあおい)を混ぜたものを漉いていきます。

Dsc07938
<黄濁葵から出る粘液。水のように見えます>

Dsc07936_2

最後は圧縮して水を絞り出します。(圧搾:あっさく)
何枚もの和紙を重ねて圧縮するのですが、それぞれの和紙がくっつくことはないのだそうです。
それだけ黄濁葵が、1枚の和紙をしっかりくっつけているのでしょうね。

Dsc07989
<圧搾中。しみだした水分で板が濡れています>

私達は、和紙作りといえばこの紙漉きのイメージしかありませんが、
ここにいたるまでの工程を考えると和紙づくりは大変なんだなとあらためて感じさせられます。

出来上がった和紙がこちらです。
もみじの葉がはいると、おもむき深くなりますね。

Dsc07920

このようにインテリアやはがき、ランプシェードとして使われます。
とても味わい深い作品になるのですね。

Dsc07941

Dsc07952

Dsc07944

Dsc08030

震災から8か月たち、震災の影響著しい福島県内でいろいろな方を取材させていただいていますが、
地域が復興していくためには一人ひとりの活力が大事なんだなとあらためて感じずにはいられません。

なお、斎須さんの作られた和紙製品は、鮫川村の手・まめ・館手・まめ・館カフェでも販売されています。
鮫川にお越しの際は、ぜひお買い求めになってはいかがでしょうか?

Dsc07986
<鮫川和紙の精神はしっかりと受け継がれています>

参考:鮫川和紙公式サイト

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今も息づく和紙づくり(1) ~ 鮫川和紙(鮫川村)

鮫川村で鮫川和紙を漉(す)いていらっしゃる斎須寛一(さいすかんいち)さんを訪ねました。
斎須さんは一度途絶えた鮫川和紙を復活させた方です。

Dsc07956
<斎須寛一さん>

以前、農的暮らしセミナーにて鮫川和紙の紙すきを取材させていただきました。

斎須さんによれば、鮫川和紙には300年から350年の歴史があるといいます。
紙が輸入もしくは工場生産されていなかった昔は、どの村にも和紙農家があったようです。

和紙作りは冬の農閑期の作業で、材料調達が難しかったり冷水に触れる作業が欠かせません。
女性や高齢者では大変なこともあり、30年ほど前に鮫川村内での和紙作りが途絶えてしまいました。

それならと、斎須さんは村内で紙すきをされていた星さんから和紙作りを教えてもらい現在にいたります。

Dsc07958
<師匠の星 弘さん、大正5年生まれで現在もご健在とのこと。御年なんと95歳!>

福島県内でも和紙作りは貴重なものになっています。
海老根和紙(郡山市中田町)や遠野和紙(いわき市遠野町)など数える程度しか残っていません。

なかでも上川崎和紙(二本松市上川崎地区)では、1,000年以上もの和紙作りの歴史があるといいます。
残念ながら現在では2軒しか和紙農家がいないようですが、道の駅安達にある二本松市和紙伝承館でその技を見ることができます。

上川崎和紙は、1995年に行なわれた「ふくしま国体」の賞状にも使われたといいます。
とても上質な和紙なのですね。

次回は、鮫川和紙のできるまでをお伝えします。

Dsc07987
<鮫川和紙の家>

参考:鮫川和紙公式サイト

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迫力の大俵引き! ~ 第22回塙町産業祭(塙町)

去る11月23日、塙町立塙小学校をメインステージに第22回塙町産業祭が開催されました。

Dsc08387

たくさんの人出です!
ご覧ください!

Dsc08391

産業祭実行委員長でもある菊池基文塙町町長からのあいさつ。
この日は協定を結んでいる東京都葛飾区からも、たくさんの方が応援で駆けつけられたとのこと。

Dsc08413

メインステージをぐるっと周ってみましょう。

軽トラ市。

Dsc08394

塙中学校と葛飾吹奏楽団による吹奏楽。

Dsc08397

おいしそう!牛肉丸焼き。

Dsc08405

塙工業高校による展示。
男の子が興味津々でしたよ。

Dsc08406

表彰展示。
このたび、塙町は国土交通省から全国表彰されました。

Dsc08411

こんにゃくが無料でふるまわれます。

Dsc08443_2

そばには「つつじ募金」がありました。
風呂山公園のつつじ植栽100周年を記念して募金を呼び掛けているものです。
塙町では、春になるとこんなにきれいなつつじが見られるんですよ。
記者も少しばかり募金してきました。

Dsc08445

こちらは天領太鼓。
真ん中のかわいい坊やは、なんと4歳!
4歳にして太鼓歴は3年とのこと。
会場は坊やにくぎ付けでした。

Dsc08508

祭りはいよいよ、大盛り上がりのイベントを迎えます!

まずはじまったのは、大飯食い競争。
10分間のうちに早く食べた人が優勝というシンプルなルール。

Dsc08438

なんと優勝者には玄米1俵がプレゼントされます。
参加者は20名。
なかには女性チャレンジャーもいました。

まぁ、見ているからといってご飯がすすむとは限りませんよね。

Dsc08436

場所は変わって久慈川。
メインイベントでもある大俵引きが行なわれました。

Dsc08416

馬場ならぬ川の状態は良好。
スターターは台上です。
さぁ各俵一斉にスタート!

Dsc08487

実況はラジオ福島の手塚伸一アナウンサー。
福島競馬以上のクオリティで実況がすすみます。

さぁ折り返しました!

Dsc08492

この日の水温は8℃。
川の中央は深くなっているので、見ている以上にハードな競技です。

Dsc08466

そしてギャラリーも熱い!
振り返れば、こんなに見物している方たちがいました。

Dsc08476

最後は大餅まき大会。
復興の「ふ」と「こ」にかけて2,500個のお餅がまかれました。

Dsc08529

たくさんの笑顔とたくさんの支援で幕を閉じた産業祭でした。

Dsc08395

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年は「孤鷹の天」! ~ 中山義秀文学賞公開選考会(白河市)

去る11月19日、白河市立図書館にて第17回中山義秀文学賞公開選考会が開催されました。

Dsc08368

鈴木和夫白河市長からの挨拶。

Dsc08371

今年の候補作品は3作品。

幕末に義や志でなく家族のために戦った沖田林太郎を描いた「新徴組」(佐藤賢一さん)
貧しくも自らの意志を貫く江戸娘・お順を描いた「お順 勝海舟の妹と五人の男」(諸田玲子さん)
そして、律令時代に国家の理想を追求し高き志を持つ若者たちを描いた「孤鷹の天」(澤田瞳子さん)

Dsc08367

著名作家陣の講評を交えながら、選考会が進みます。

Dsc08373

選考の結果、「孤鷹の天」が選ばれました。
他2作品に比べ圧倒的なページ数でありながら、作品に引き込まれやすく読みやすいのが選考理由でした。

今年は震災のあり、しかも大信地区から白河市街に会場を移しての選考会でしたが、
たくさんのお客様がいらっしゃいました。

Dsc08385
<本を買い求める参加者のみなさん>

文学の秋ともいいます。
これを機に歴史小説を楽しむ田舎暮らしを楽しんでみてはいかがでしょうか?

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕎麦でつながる絆づくり(絆づくり支援センター)

去る11月19日、白河市・白河関の森公園にて絆づくり支援センターによる交流会が開催されました。

Dsc08263
<会場は、白河関の森公園内・関守亭

参加されたのは、現在白河市内に避難されている双葉町民のみなさん。

Dsc08260
<バスでお迎え(白河関の森公園)>

Dsc08273

挨拶もそこそこに、早速、蕎麦打ち体験のはじまりです。

Dsc08290

みなさん初めてとは思えない蕎麦打ちでした。

Dsc08302

Dsc08326

Dsc08334

こんなに長いお蕎麦ができました。(*´Д`)
すごーい!

Dsc08330

ちなみに福島民報さんも取材に来ていました。
近々、新聞記事に載るかもしれませんね。

Dsc08289

そば打ち後の一杯。
自然と話も弾みます。( ´ω`)

Dsc08344

避難生活はまだまだ終わりが見えにくいものですが、
避難されている方と地元の方との交流がはかれたように思います。
お疲れさまでした!

Dsc08362

---

絆づくり支援センター
 (県南地方)
  NPO法人しらかわ市民活動支援会 内
  (白河市本町2 マイタウン白河2階)

 福島県 「がんばろう福島!“絆”づくり応援事業(絆づくり支援センター)」の開設について

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなでお餅をついてみよう! ~ 餅つき大会のお知らせ(まほろん)

来たる12月4日(日)、まほろん(福島県文化財センター白河館)で餅つき大会が行なわれます。

餅つきやきなこづくり体験のほか、移動子ども映画館、昭和の遊び体験、
そしてアクアマリンふくしまから移動水族館がやってきます!

Dsc08028_2

なお餅つき体験をした方には、お餅が試食できますよ!

入場無料です。
ぜひ、12月4日は「まほろん」にお越しください!

---

まほろんイベント 餅つき大会

 日時 平成23年12月4日(日)
 イベント
  餅つき実演
    10:30~11:00
  餅つき体験
    午前の部 11:00~(先着250名様)
    午後の部 13:30~(先着250名様)
  きなこづくり体験
    10:00~15:00
 同時開催
  福島県文化センター移動子ども映画会
  昭和の遊びを体験してみよう
  アクアマリン移動水族館

 ※整理券は当日9:30、12:30より配布します
 ※餅つき体験された方は、お餅の試食もあります
    午前の部 12:00~12:30
    午後の部 14:30~15:00

 お問合せ先
  まほろん(福島県文化財センター白河館)
  〒961-0835 白河市白坂一里段86
  TEL:0248-21-0700
  FAX:0248-21-1075
  HP:http://www.mahoron.fks.ed.jp/

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「鮫川の郷土料理を楽しむ会」(スローフードパーティー)が開催されます(鮫川村)

鮫川村では村内で生産された農産物を使った料理をふるまう「鮫川の郷土料理を楽しむ会」(スローフードパーティー)を開催します。

鮫川村では「豆で達者な村づくり」(※注1)をスローガンに大豆やじゅうねん(エゴマ)が盛んに生産されています。

その大豆やじゅうねんなどを使用した料理をはじめ、鮫川村の農産物を使った郷土料理が、主食になるものからデザート、飲み物など多岐にわたって振る舞われます。

古くから伝えられてきた、鮫川村の伝統的な料理に触れる機会です。
ぜひご参加ください。

参加は先着150名のチケット制になっており、当日午前10時より、
鮫川村公民館にて販売されます。

※注1 『豆で達者な村づくり』事業。高齢者に大豆栽培を奨励し、生産した大豆を村で買い上げ、村直営の農産物加工・直売所「手・まめ・館」で地元産大豆に付加価値を与えて大豆加工品を販売。大豆栽培は「農業振興」だけでなく、農作業で体を動かし大豆を食べることにより、「高齢者の生きがい、健康づくり」にも貢献しています。

「鮫川の郷土料理を楽しむ会」(スローフードパーティー)

日時/平成23年11月26日(土) 午後12時~1時30分

会場/鮫川村公民館「大集会室」
   鮫川村大字赤坂中野大字巡ヶ作128

※チケット制
 午前10時よりチケット販売開始(先着150名)
 小・中・高校生…200円  大人 …500円

お問合せ/鮫川村役場企画調整課 TEL 0247-49-3115

鮫川村 告知ページ(PDF告知あり)

鮫川村 農林水産物モニタリング情報

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やまつり秋模様 ~ 矢祭山公園・久慈川・夢想滝(矢祭町)

矢祭町のJR矢祭山駅前周辺を訪れました。

まずは矢祭山公園。
木のてっぺんはかなり赤く色づいてきましたが、
さまざまなグラデーション模様が楽しめます。
全体が真っ赤に色づくのはもう少し後になってからでしょうね。

Dsc08136

Dsc08139

Dsc08140

久慈川沿い。
川沿いの草刈りも終わり、難なくこのアングルからの撮影ができました。

Dsc08146

Dsc08147

つづいて、あゆのつり橋を渡ります。

Dsc08150

Dsc08152
<木々の赤と久慈川の青の対比がはっきりしてきました>

最後は夢想滝。

Dsc08157

もっと寒くなると、こんなに美しい表情を見せてくれます。

冬は訪れはもうすぐ!
今しか見られない景色を見に、ぜひ矢祭へお越しください!!

Dsc08149

なお、矢祭町の災害情報は矢祭町のサイトにて公開されています。
あわせてご確認ください。

---

矢祭町役場 東日本大震災関連情報

 矢祭町立学校施設等における放射線量測定結果について
 http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/view.rbz?cd=147

 矢祭町の水道水の放射性物質の測定結果について
 http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/view.rbz?cd=127

 農林水産物モニタリング情報(矢祭町)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E7%9F%A2%E7%A5%AD%E7%94%BA

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もやります水上俵引き! ~ 第22回塙町産業祭(塙町)

来たる11月23日(水祝)、塙町・塙小学校校庭をメインステージに第22回塙町産業祭が開催されます。

Ql6fs

吹奏楽団やよさこい、大飯食い競争のほか、恒例となった水上俵引き競争も行なわれます。

水上俵引き競争は今年21回目となりました。
告知だけでなく、水上俵引き競争のいわれについてあらためて簡単にご紹介します。

さかのぼること約280年前の1729年。
奥州塙代官所が誕生し、幕末にいたるまで統治していました。
塙は豊かな土地で生産力が高いため、天領として設定されていました。
そのときの代官が寺西重次郎封元で「寺西八ヵ条」を制定したり、向ヶ岡公園を造成しました。
(詳しくは、過去の記事をご覧ください)

その後、天領からの年貢米を久慈川を使って江戸へと送る試みが何度も試されました。
江戸幕府から通船許可が下りた1841年から、先人たちは久慈川で年貢米輸送に挑戦した歴史があります。

そうした先人たちの旺盛なチャレンジ精神を現代に再現させることから、水上俵引き競争が始まったといわれています。

競争は1チーム4名で編成されます。
米俵を載せた丸太製イカダで川の中を引くシンプルなレースですが、見ごたえは充分!!

11時15分からと13時20分からの2回、ラジオ福島の生中継もあります。
イベント盛りだくさんの塙町産業祭へ、ぜひお越しください!

---

第22回塙町産業祭
 日時 平成23年11月23日(水祝)9:00~15:00
 場所 塙小学校校庭
 イベント
  9:00 開会式
  9:10 塙小学校音楽クラブ演奏
  9:20 よさこい(奥州ずっこけ隊)
  9:40 エイサー太鼓
  10:00 笹原弘法太鼓(小学校)
  10:15 森令子歌謡教室
  10:50 琴城流大正琴塙教室演奏
  11:15 塙中学校・葛飾吹奏楽団ジョイント演奏
  11:15 ラジオ福島生中継
  11:30 セレモニー・表彰式
  12:10 大飯食い競争
  12:50 葛飾吹奏楽団演奏行進
  13:00 葛飾演奏楽団演奏
  13:10 水上俵引き競争開催
  13:20 ラジオ福島生中継
  13:20 クリフ楽団ときめきライブ
  13:50 塙工業高校和太鼓演奏
  14:05 奥州植田白砂太鼓の会
  14:15 塙祭ばやし保存会
  14:00 水上俵引き競争決勝
  14:30 天領太鼓演奏
  14:40 踊り流し
  14:50 大投げもち大会(復興(ふっこう)にかけて2,500個まきます)
 お問合せ
  塙町まち振興課 TEL:0247-43-2112

 ※当日は、塙小学校町道が交通規制と対象となります

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次世代機、ついにお目見え ~ ボーイング787(福島空港)

去る11月13日、福島空港にてボーイング787の遊覧飛行と内覧会が行なわれました。
なんと当相談所スタッフが内覧会で取材させていただくことができましたので、レポートします。

Dsc08032

Dsc08057
<ボーイング787、取材日はたくさんのお客様が訪れました>

まずは、ボーイング787について。
一言でいえば、最新技術満載の次世代航空旅客機です。

いくつか特徴がありますが、従来機と異なる代表的な3点を紹介します。

1つ目は、環境性能を高めたこと。
機体には軽くて耐久性の高いカーボンが採用され、新開発のエンジンは、従来機に比べ燃費が良く二酸化炭素や窒素酸化物の排出量をそれぞれ15~20%削減しています。
平たく言えば、軽くてエコ性能が増したということですね。
中型機としては従来、無給油で日本とアメリカ西海岸を結ぶ程度でしたが、こうした改善で無給油で日本とニューヨークとを結べるようになりました。

Dsc08123

Dsc08124
<エンジンはロールスロイス社製。静音仕様で機外と機内への騒音を低減したとのこと>

2つ目に、日本製品が多く使われていること。
機体の35%、翼など主要な部品を日本国内の企業で製造しています。
「準国産」といってよいのかもしれません。

Dsc08196
<パンフレットより。青い箇所が日本企業が携わっています。他にもブリジストン(タイヤ)、パナソニック(機内娯楽設備)、ジャムコ(トイレ・内装・厨房設備)等>

そして3つ目は、これから紹介する機内の様子です。
快適な居室空間を実現すべく客室内気圧を抑制したり乾燥しがちな機内の湿度を大きく改善したとのことですが、他にも楽しくなるような仕掛けがいっぱいです。

まず目に付くのは、天井の客室照明。
LEDのため消費電力が少なく寿命が長いとのこと。
今回は内覧会なので特別に七色に彩られていますが、こんなにカラフルなんですね。

Dsc08080

続いて、窓。
特徴は2つあります。
まず、従来より8cmも高くなりました。
新素材で機体強度が高まったことにより、従来より1.3倍の大きさになりました。

Dsc08087
<室内の様子。奥の男性と比べても窓が大きく感じられます>

そして、驚きは電動式シェード。
従来は開・閉しかできない手動式でしたが、透過光量が調節できるようになり、半透明や真っ暗などに変化できます。

Dsc08083
<透明、半透明、真っ暗にしてみたところ>

シートも座りやすく、また快適でした。

Dsc08105
<全264席中、プレミアムクラスは12席しかありません(暫定国内線仕様機)>

Dsc08095
<機内娯楽装置はパナソニック製>

Dsc08100
<タッチパネルはもちろん、隣の席からは見えにくくなっています。>

そして、通常のフライトでは見られないコクピット内の様子です。
結構コンパクトなんですね。

Dsc08073

Dsc08109

パイロットさんにお伺いしたところ、購入金額は1機あたり約150億円だとか。

現時点では、羽田~岡山間と羽田~広島間での営業運転中ですが、
いつか福島空港からこの飛行機で旅することができる日が来るかもしれませんね。

Dsc08132

福島県県南地方から一番近い福島空港を使えば、遠くへも旅ができる田舎暮らしが実現できます。
空の旅も楽しめる福島へ、ぜひお越しください!

Dsc08036

---

福島空港
 http://www.fks-ab.co.jp/

 

ボーイング787
 http://www.ana.co.jp/promotion/b787/

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農で地域活性化を探る ~ 第6回実践総合農学会(鮫川村)

去る11月5日と6日、鮫川村公民館にて実践総合農学会第6回地方大会が開催されました。

Dsc07840

学会は2日間にわたって行なわれ、初日は基調講演とシンポジウム、
2日目は東京農業大学短期大学部研究プロジェクトによる取り組みが紹介されていました。

Dsc07841

昨年6月、鮫川村は東京農業大学と連携協力の協定を締結しました。
特産品の開発や循環型農業の指導、山村環境の整備や再生などで現在も協力関係にあります。

地元・鮫川村役場総務課長の鈴木治男さんからは
特産の大豆を使った開発プロジェクトと実績について講演がありました。

鮫川村は「地域づくり総務大臣表彰」を受賞したこともあり、
地域活性化に向けた有益な示唆を得ようとたくさんの方が真剣に聞きいっていました。

Dsc07848

<鮫川村役場総務課長・鈴木治男氏>

鮫川村では『豆で達者な村づくり』をスローガンとして高齢者に大豆栽培を奨励し、
生産した大豆を村直営の農産物加工・直売所「手・まめ・館」で販売しています。

村内の大豆栽培は、農業振興、健康づくり、そして栽培に携わる高齢者の生きがいにも貢献しています。

鮫川村内を取材していると、確かにこの村の高齢者の方は健康でお元気な方達ばかりです。
新しい地域活性化を日本の礎となる農から探ることで成功している好例ではないでしょうか。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の展覧会 ~ 滝川渓谷(矢祭町)

晩秋の矢祭町・滝川渓谷を訪ねました。

Dsc08171

Dsc08164

Dsc08165

標高が高いせいか、場所によっては散ってしまったところもありました。
しかし、銚子の口滝まで行ってみると、赤々とした葉が登山客の目を楽しませていました。

Dsc08178

Dsc08175

真っ赤な紅葉で埋め尽くされた渓谷も、また見事なものですね。

Dsc08172

葉が落ちきってしまう前に、ぜひ矢祭町の滝川渓谷をお訪ねください!

Dsc08163

なお、矢祭町の災害情報は矢祭町のサイトにて公開されています。
あわせてご確認ください。

---

矢祭町役場 東日本大震災関連情報

 矢祭町立学校施設等における放射線量測定結果について
 http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/view.rbz?cd=147

 矢祭町の水道水の放射性物質の測定結果について
 http://www.town.yamatsuri.fukushima.jp/view.rbz?cd=127

 農林水産物モニタリング情報(矢祭町)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E7%9F%A2%E7%A5%AD%E7%94%BA

滝川渓谷
 

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の烏峠稲荷神社(泉崎村)

泉崎村で古くから厚く信仰されてきた「烏峠稲荷神社」。

Dscn7610
泉崎村で一番高い「烏峠」(標高486m)の山頂にあり、
その起源は1200年も前にさかのぼるとのこと。

Dscn7600

国指定史跡「関和久官衙遺跡」はもちろん、
白河市の国指定史跡「野地久保古墳」と「谷地久保古墳」も烏峠
を囲むように存在しています。
はるかな昔より重要な意味を持つ土地だったことが伺えます。

(参考 白河市ホームページ

Dscn7603

Dscn7607

山頂では、泉崎村方面や白河方面を望む一大パノラマを楽しむことができ、
季節折々の風景を楽しむ事がきます。

この季節は特に、トレッキングを楽しむ人が多く見られました。

Dscn7626

紅葉の季節もまた美しいです。
今が見ごろになっていますので、お早目にお出かけください。

Dscn7619

「烏峠稲荷神社」の醍醐味はその社殿にあります。
参道には立派な楼閣を構えています。

Dscn7624
そして拝殿を越え、本殿には見事な彫刻が施されています。
しかし残念ながら現在本殿は修復中のようですので、その姿をぜひ
泉崎資料館のホームページにてご覧ください。

Dscn7627

また、ラクラスしらかわでは映像ギャラリーも公開しております。

http://www.youtube.com/user/rakuras01

烏峠稲荷神社

泉崎村 災害情報

------------------------------------------------------------
福島県農林水産物モニタリング情報 「ふくしま新発売。」

【白河合同庁舎】環境放射線サーベイ結果 「福島県県南地方振興局」

環境放射能測定結果・検査結果関連情報  「福島県」

福島県県南地方被災地復興情報

------------------------------------------------------------

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の滝 ~ 江竜田の滝(鮫川村)

鮫川村の江竜田の滝を訪ねました。

Dsc07839

ここには6つの滝がありますが、高低差があるので色づき具合の違いを楽しむことができます。

少し上流の「そうめんの滝」まで歩いてみると、黄色の葉がたくさん。

Dsc07835

さらに上流へ行ってみると、赤く色づいています。

Dsc07832  

二見が滝に戻ってくると緑がかっている葉もあり、さまざまな表情を見せてくれる滝です。

Dsc07828

なお、鮫川村は今回の震災や原発事故で被害のほとんどなかった地域です。
のどかな里山を感じられる鮫川村に、ぜひお越しください。

Dsc07836

---

鮫川村 東日本大震災関連情報

 農林水産物モニタリング情報(鮫川村)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E9%AE%AB%E5%B7%9D%E6%9D%91

江竜田の滝
 

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がんばってます!しらかわの地場産業 ~ 白河商工会議所フェア(白河市)

去る11月9日、白河商工会議所会館および白河市立図書館前にて
「頑張るぞ!白河商工会議所フェア」が開催されました。

Dsc08024

ブース入り口では JAしらかわ・り菜あん さんが地場野菜を販売していたり新米の試食を振舞っていました。

Dsc08011

こちらはJAしらかわオリジナル商品「トマトドレッシング」。
さっぱりしたトマト味のドレッシングでありながら、ちょっぴりキムチの辛みがあとから絶妙なアクセントを醸し出す一品です。

Dsc08015

小腹がすいたら味わいたい、かぼちゃやごぼうの甘納豆。

Dsc08016

そして地元白河産のはとむぎを使ったおせんべい。

Dsc08017

はとむぎせんべいは歌舞伎揚げで有名な天乃屋さんとの共同開発です。
ちなみに天乃屋さんの工場は矢吹町にあります。

こちらは最近話題の電気自動車。(日産・リーフ
8時間の充電で160km以上もの航続が可能とのこと。

Dsc08007

おとなりは家庭用カセットコンロで動く耕運機です。(ホンダ・ピアンタ

Dsc08010

震災後、ガソリンも灯油も給油制限されて思うように生活できなかったことを思えば、
こうした新しい動力を持った機械が、次世代の私たちのパートナーになっていくのかもしれませんね。

そしてダルライザーの撮影会もありました。

Dscn7547

いつもダルライザーさんばかりですから、
最後はダイスNo.6さんに白河地域の産業復興の意気込みを語っていただきましょう!

Dscn7544

力強さを感じるいい笑顔ですね~♪ヽ(=´Д`=)ノ

なお、福島県県南地方被災地復興情報でも当日の様子をまとめてあります。
こちらもあわせてご覧ください。
http://kennan-genki.furusatokaiki.com/ganbaruzo_syoukoukaigi.htm

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉の山本不動尊(棚倉町)

棚倉町の山本不動尊をたずねました。

Dsc07789

Dsc07794

Dsc07796_2

取材時点では色とりどりの葉が見られましたが、今週末にはもっと赤々とした紅葉が見られることと思います。
晩秋の仏閣が美しい棚倉町へ、ぜひお越しください!

Dsc07802

なお、棚倉町の災害情報は棚倉町のサイトにて公開されています。
あわせてご確認ください。

---

棚倉町役場 東日本大震災関連情報

 放射能測定結果(町役場・水道水・小中学校等・主な施設)
 http://www.town.tanagura.fukushima.jp/info.rbz?nd=316&ik=1

 放射線測定器の貸し出しについて
 http://www.town.tanagura.fukushima.jp/view.rbz?cd=552

 「放射能」「放射線」を理解しましょう
 http://www.town.tanagura.fukushima.jp/view.rbz?cd=504

 農林水産物モニタリング情報(棚倉町)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E6%A3%9A%E5%80%89%E7%94%BA

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉崎村「e-村民」そば打ち交流会のお知らせ

泉崎村では「e-村民」を募集しています。
「e-村民」とは、「インターネット村民」のこと。
泉崎村に行かずとも、バーチャル泉崎村民になることができます。
北は北海道、南は沖縄県、そしてフランスやアメリカなど
海外にも「e-村民」がいらっしゃいますよ。

今月26日(土)には「泉崎村保健福祉総合センター」にて
「『e-村民』そば打ち交流会」が開かれます。

普段は会う事のできない「e-村民」と交流するチャンスです。
どうぞこれを機に、実際の泉崎村で交流を深めてみませんか?

Dsc06906

☆烏峠

また、泉崎村では「e-村民」を随時募集しています。
「泉崎カントリーヴィレッジ」や、「ラフォーレ白河ゴルフコース」が
お得に利用できる特典があります。

詳しくは「わっはっは!泉崎村」ホームページをご覧ください。

「『e-村民』そば打ち交流会のお知らせ」

日時/平成23年11月26日(土)
    午前9:30集合(遅れないようにお越しください)

集合場所/泉崎カントリーヴィレッジ駐車場

体験場所/そば打ち体験「泉崎村保健福祉総合センター」

参加費/お一人様500円(小学生、幼児無料)
  ※昼食、おみやげ、そば打ち体験料込み

その他/エプロン、タオルなどをご準備ください。    

申込期限/平成23年11月16日(水)まで

ホームページ http://www.e-sonmin.jp/

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドレスアップカーの競演 ~ 福島福幸(復興)イベント(白河市表郷)

去る11月6日、白河市表郷・表郷総合運動公園にて
「福島福幸(復興)イベント Dress up & Tuning Car Summit 2011」が開催されました。

Dsc07890

あわせて当日は「日本唯一のバス専用路線を歩こう~縁(えにし)の白棚線~」も開催され、
多くの方が谷中バス停までの往復約7kmをさまざまな思いを胸に歩いていました。
(詳しくは福島県県南地方被災地復興情報をご覧ください)

Dsc07866

Dsc07862

メインのドレスアップカー&チューニングカーサミットでは、
軽自動車から高級セダン、ワンボックスまで多種多様の車両が参加しました。

Dsc07859

Dsc07856
<地面とバンパーの隙間には指すらも入りそうにありません>

Dsc07864

Dsc07876

Dsc07886

ツライチ(ボディとタイヤが一つの面として構成されている状態)や
イカリングLEDライトがドレスアップの主流になっているようですね。

Dsc07871

Dsc07878

イベント自体は遠く大阪からの出展車両もありましたが、
福島県内からの参加車両が一番多く見受けられました。
福島を応援するステッカーを見るたび、ありがたい気持ちになります。

Dsc07854

優勝団体には優秀賞としてトロフィーのほか、白河のお米も贈られました。

Dsc07910

別会場の「すぱーく表郷」では白棚線の写真展示、
特設テントブースでは表郷名産の金山納豆などの販売が行われていました。
また棚倉町の修明高校ブラスバンド部の演奏で場内を盛り上がらせていました。

Dsc07894

Dsc07895

Dsc07896

Dsc07892

あいにくの天気だったとはいえ、たくさんの方々にお越しいただいたイベントとなりました。

Dsc07902

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAまつり農業復興祭が開催されました(白河市)

去る11月5日~6日、白河市のJAしらかわ本所前でJAまつり農業復興祭が開催されました。

Dsc07775

屋台や農産物直売。

Dsc07740

Dsc07743

野菜の花名前当てクイズにもたくさんのお客様。

Dsc07773

子供だけでなく大人までも喜ばせていたミニ動物園。

Dsc07746

Dsc07755

Dsc07753

Dsc07754

本所内では菊の花品評会。

Dsc07762

そしてり菜あん本店内では、マグロ解体ショーも披露されました。

Dsc07769

避難地域の浪江町からは浪江焼きそばの出店。
ここでも浪江焼きそばは大人気です。
奥の長い行列は、みなさん浪江焼きそば待ちでした。

Dsc07770

各地で行なわれている復興祭ですが、震災直後の自粛ムードも消え、例年通りのにぎわいと笑顔が戻っているように感じます。
福島は少しずつ前へと歩きだしていますね。

Dsc07765

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里山に囲まれた自然豊かな住空間 ~ 田園町府ニュータウン(白河市大信)

白河市大信地区には、行政分譲地”田園町府(でんえんちょうふ)ニュータウン”があります。

Dsc07177

大信市街の中心部に位置し、周辺には保育園、幼稚園、中学校、そして大信庁舎があります。
南向きに開けた場所で、高層建物がないために日光が降りそそぎます。

Dsc07178

Dsc07179

Dsc07182
<隣接する大信中学校と保育園、右手には幼稚園があります>

買い物は近隣の小売店もありますが、
大型ショッピングセンターは矢吹町(メガステージ矢吹)と白河市街地(メガステージ白河等)にあります。
また医療機関は自動車で約10分のところに、白河厚生総合病院があります。

Dsc07180

Dsc07185

Dsc07184

107区画中90区画は売約済です。
残りは17区画です。
お問合せは白河市役所さんまでどうぞ。

なお、白河市大信地区の災害情報は白河市サイトにて公開されています。
あわせてご確認ください。

---
白河市役所 東日本大震災関連情報

 震災関連情報 放射能について
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=2931

 震災関連情報 支援、減免、証明、お知らせなど
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?of=1&ik=0&pnp=14&cd=2946

 震災関連情報 災害復旧工事の見通し
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/view.rbz?cd=2955

 農林水産物モニタリング情報(白河市)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E7%99%BD%E6%B2%B3%E5%B8%82

白河市 田園町府ニュータウン
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/shirakawa/contents/newtown/denen.html

 

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見て触れて体験するイベントがいっぱい! ~ 城下町棚倉わくわくフェスタ2011(棚倉町)

去る11月3日、棚倉町・ルネサンス棚倉にて「城下町棚倉わくわくフェスタ2011」が開催されました。

Dsc07675

今年のテーマは「手をつなごう がんばろう棚倉!」
会場内には風評被害一掃コーナーも設けられ、棚倉町産農産物の安全性をPRしていました。

Dsc07683

まずは、モンキーパフォーマンス。
「なると」「ぴぐもん」の2匹のお猿さんによる竹馬ジャンプや片足バク宙が披露されました。

Dsc07681

棚倉中学校や塙工業高校の協力による科学実験コーナー。
11の実験でテーマが用意され、子供達の歓声が沸いていました。

Dsc07684

Dsc07685

Dsc07688

手をかざすとその音階の音色が流れるんですね。

Dsc07693

そして、よさこい踊り。
今回は6団体からの参加があり、最後は全団体まとめて勇壮なよさこい踊りでたくさんのお客さんに元気な姿を披露していました。

Dsc07709

Dsc07716

最後は、御庭番忍者レース。
3人一組で平均台渡り、網くぐり、粉吹きのあと、吹き矢で風船を割るタイムレースでした。

Dsc07731

Dsc07735

会場内の至る所で笑い声や歓声が聞こえました。
たくさんの人のつながりと復興がすすみつつある地域であることが感じられました。

Dsc07727

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎暮らしの本2011年12月号に載りました! ~ ラクラスしらかわ

株式会社宝島社が発行している月刊誌「田舎暮らしの本」の今月号に、ラクラスしらかわが載っております。

Dsc07738

田舎暮らしライター・山本一典さんによる連載「がんばろう!福島 原発31km地点からのリポート」内に、載せていただきました。
あわせて、紹介させていただいた移住者さまとのインタビュー様子も載せられています。

Dsc07736

ぜひ、ご覧くださいませ。

---

田舎暮らしの本(宝島社)
 http://tkj.jp/inaka/

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉と雪割橋 ~ 雪割橋(西郷村)

西郷村・雪割橋では紅葉が見ごろを迎えています。

Dsc07529

Dsc07533

今年もたくさんの観光客にお越しいただいております。
取材当日は、埼玉や千葉から観光に来られているご婦人方がたくさんいらっしゃいました。

Dsc07540

Dsc07546

少し歩けば展望台から雪割橋を見ることもできます。

Dsc07542

ぜひ紅葉の西郷村へお出で下さい。

なお、西郷村の放射線情報は西郷村ホームページ
または 西郷村観光協会ホームページをご覧ください。

Dsc07535

------------------------------------------------------------
福島県農林水産物モニタリング情報 「ふくしま新発売。」(西郷村)
http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E8%A5%BF%E9%83%B7%E6%9D%91

【白河合同庁舎】環境放射線サーベイ結果 「福島県県南地方振興局」
http://www.pref.fukushima.jp/ken-nan/shinko/index/index.html

環境放射能測定結果・検査結果関連情報  「福島県」
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000000

福島県県南地方被災地復興情報
http://kennan-genki.furusatokaiki.com/

------------------------------------------------------------

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おいしいお米づくしの祭典 ~ サンライズひがしフェスティバル'11(白河市東)

去る11月3日、白河市東・きつねうち温泉にて「サンライズひがしフェスティバル'11」が開催されました。

Dsc07602

Dsc07617

ダルライザーはここでも大人気です。
どうやら新しい名刺を作られたようですね。

Dsc07583

Dsc07596

ご当地ゆるキャラちゃんたちも勢揃い。
左から棚倉町のたなちゃん、矢吹町のやぶきじくん、そして地元東地区のこんちゃんです。

Dsc07652

Dsc07661

みんなかわいくて、ひっぱりだこでした。

Dsc07666

Dsc07664

Dsc07668

今回もみちのくボンガーズさんが参加されていました。
おかちゃん(写真右側)は地元東地区の出身ということもあり、小中学校時代のお友達も駆けつけてくれたそうですよ。

Dsc07610

そしてメインの五合飯体験コーナー!
3人1チームで五合のご飯をいただく体験です。
早食い競争ではないのですが、参加者もギャラリーもヒートアップ!

Dsc07637

昨年は見ている皆さんがおとなしかったのに、
今年はギャラリーが参加者の目前にまで迫って食い入るように見ていました。

Dsc07648

Dsc07641

最後は日本一挑戦シリーズ。
取材スタッフも楽しんで焼きおにぎりづくりに参加いたしました。

Dsc07613

Dsc07598

Dsc07587
<取材スタッフも参加。なんとかさまになったでしょうか?>

なお、目標だった2011個を達成したそうです。

白河市東は「きつね米」の産地としても知られる地域です。
安心(※)で美味しいお米で焼き上げた焼きおにぎりです。
おいしいお米をたくさん味わえたお祭りでした。

農産物モニタリング情報では、東地区内にある旧釜子村、旧小野田村において放射性物質は不検出(ND)でした

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉ライトアップ! ~ 南湖公園・翠楽苑(白河市)

白河市南湖公園では、11月6日まで紅葉のライトアップが行なわれています。

Dsc07564

Dsc07565

書院造り「松楽亭」前には、白河提灯祭りに参加する23町の提灯をモチーフとしたオブジェがお目見え。
おしゃれですね。

Dsc07573

Dsc07574

どの時間にたずねても美しいです。
この時期ならではの自然の美しさを楽しめます。

Dsc07568

Dsc07572

ライトアップは6日(日)までです。
秋深まるこの季節、ぜひ日本庭園の紅葉を見に白河市へお越しください。

Dsc07557

---

翠楽苑 紅葉ライトアップ
 期間:11月1日(火)~6日(日)
 時間:午後5時~8時30分
 料金:入園無料
 その他:松楽亭へは入場できますが、ライトアップ時間帯は呈茶の取扱いはありません。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷の秋 ~ 鮫川村

鮫川村内から秋の様子をお伝えします。

まずは手まめ館カフェから。

Dsc07206

Dsc07204

Dsc07211

つづいて、村内・渡瀬地区より。

Dsc07274

Dsc07282

Dsc07283

なお、鮫川村は今回の震災や原発事故で被害のほとんどなかった地域です。
のどかな里山を感じられる鮫川村に、ぜひお越しください。

---

鮫川村 東日本大震災関連情報

 農林水産物モニタリング情報(鮫川村)
 http://www.new-fukushima.jp/result.php?search_area=%E9%AE%AB%E5%B7%9D%E6%9D%91

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋イベント満載! ~ 福幸イベント・スポーツ&芋煮会のお知らせ(塙町商工会・矢祭町プロジェクトY)

美しい秋空の下、楽しいイベントが2つありますので、告知です。

9_m

「福幸イベント おもてなし会2011inHANAWA」

来たる11月5日(土)、塙町・湯遊ランドはなわにて「福幸イベントおもてなし会2011inHANAWA」が開催されます。
参加費は男性5000円、女性1000円です。
男女限定40名までです。(男性のみ住所または職場が塙町内の方に限ります)

参加者には豪華景品が当たるアトラクションも行なわれる予定です。
開催日は今週末!
お申込みは塙町商工会・吉田さん(tel:090-3365-0206)まで今すぐどうぞ!

C_m_2

「スポーツ&芋煮会」

こちらは11月13日(日)、矢祭町体育センターにて「スポーツ&芋煮会」が開催されます。
参加費は男性2000円、女性1000円です。
当日は体育館シューズを忘れないでくださいね。(男性のみ矢祭町内在住の方に限ります)

申込期限は11月10日です。
お申込みは矢祭町プロジェクトY実行委員会さん(tel:0247-46-3131、mail:project-y@town.yamatsuri.fukushima.jp)までどうぞ!

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽とハンドメイド作品による交流 ~ ROCK'S 2011&Handmadeてごころ(矢吹町)

去る10月30日、矢吹町を中心に活動している矢吹町バンド連合会(矢バ連)さん主催のイベント「ROCK'S 2011&Handmadeてごころ」が開催されました。

Dsc07503

Dsc07505

当日は8組の演奏、14組のハンドメイド作品販売が行われました。
なお、「音楽活動支援金」としてチケットの売り上げを5つの小中学校に寄付されるとのこと。

Dsc07507

子ども達がいつの日かこの街に戻ってきたとき再開できることを願って、地域のつながりが一つになったイベントでした。

Dsc07508

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も日本一に挑戦!! ~ サンライズひがしフェスティバル2011(白河市東)

明日11月3日、白河市東のきつねうち温泉にて「サンライズひがしフェスティバル'11」が開催されます。

X_m_2

恒例となった今年の日本一挑戦は「焼きおにぎり2011個!」
焼きおにぎりの焦げたしょうゆの香りがたまらないはず。
当取材スタッフも作って食べてみたいと思います!!

他にも、ダルライザー握手会やみちのくボンガーズショー、五合飯体験などイベント盛りだくさん!
ぜひ、明日はきつねうち温泉にお越しください!!

---

サンライズひがしフェスティバル’11

 日時 2011年11月3日(木祝) 10:00~ (雨天決行)
 場所 きつねうち温泉(福島県白河市東釜子狐内47)

 主要イベント
  10:00~14:30 日本一に挑戦!焼きおにぎり2011個
  10:00~11:00 ダルライザー握手会
  10:30~11:00 「お笑いエンタ集団」みちのくボンガーズショー(1回目)
  12:00~13:00 五合飯体験コーナー・ゆるキャラじゃんけん大会
  13:30~14:00 「お笑いエンタ集団」みちのくボンガーズショー(2回目)
  14:00~14:30 「涼風」コンサート
  15:00~15:30 大もちまき大会

 ※当日はシャトルバスが運行されます。ぜひご利用ください!
  <行き>
  白河総合運動公園 9:10発
  八竜神仮設住宅前 9:20発

  <帰り>
  きつねうち温泉 15:30発
  白河総合運動公園 16:00着
  八竜神仮設住宅前 16:10着

 お問合せ
  白河市東庁舎事業課 TEL:0248-34-2115

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川の今後を話し合いました ~ ひがししらかわ元気づくり懇談会(棚倉合同庁舎)

去る10月31日、棚倉町・棚倉合同庁舎にて「平成23年度”ひがししらかわ”元気づくり懇談会」が開催されました。

Dsc07512

福島県からは今年度事業の実施状況について、そして地域づくり実践者の方からは今年度の取り組みについての報告がそれぞれなされました。

Dsc07518

Dsc07520

なお、ラクラスしらかわは県南地方の「定住・二地域居住推進事業」に位置付けられています。
その報告についても行なわれました。

また、東白川郡内をよくするため放射線対策や久慈川両岸の整備などについて、地元住民が普段考えている提言が多数出されました。

Dsc07522

今年は震災や原発事故などたくさんの出来事がありましたが、そこからどのように復興あるいは地域づくりをすすめていくかの方向性が垣間見えたような気がします。
定住・二地域居住推進事業をしている当相談所としては、相談業務以外に県南地域の元気や復興を今後も引き続きPRしていきたいと考えています。

どうぞよろしくお願いします。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地ヒーローそろい踏み! ~ 第5回泉崎村復興産業収穫祭(泉崎村)

去る10月30日、泉崎村・農村環境改善センター前広場にて、第5回泉崎村復興産業収穫祭が開催されました。

Dsc07498

Dsc07415

Dsc07500

Dsc07413

Dsc07416

Dsc07417

当日はあいにくの天気にもかかわらず活気あふれるお祭りとなりました。

Dsc07442

Dsc07427

Dsc07428

長野県下條村と南会津町のブースもありました。
泉崎村と同2町村とは協定を結んでいるとのことです。

Dsc07433

Dsc07418

なかでも最大の目玉はご当地ヒーロー!
下條村から「地域戦隊カッセイカマン
そして埼玉県から「埼玉戦士さいたぁマン」と「白き勇者ミルクマン」が友情出演で会場内を盛り上げていました。

Dsc07489

信州と埼玉と泉崎の夢のコラボレーションです!
そしてカッセイカマンの胸には泉崎村の村章が燦然と輝きます。

Dsc07473

Dsc07497

他にも展覧会やバザーも開かれていました。

Dsc07435

Dsc07420

地域の皆さんが元気になるだけでなく、他地域からもこうした応援があるということは大変ありがたいことですね。
少しずつ復興が進んでいることを肌で感じた一日でした。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »