« 平成23年度宗祇白河紀行連句賞 連句募集のお知らせ | トップページ | 「しらかわ地域復興祭2011in小峰城公園」が開催されました »

白河市内ぶらさんぽ~中町(白河市)

白河市内を町名看板とともに巡るシリーズ。
今回は中町編です。

町の境界がわかりやすいマピオン地図を参考にどうぞ。

Dscn6566

中町は昔から栄える奥州街道に沿い、白河市内の中心商店街のひとつです。
提灯祭りや、だるま市、夏に行われる歩行者天国などはこの中町通りを通って行われます。

Dscn6551

Dscn6595

地図では大手町と入り組んでいますが、これは平成になって行われた区画整理によって変わった部分があると思われます。

Dscn6594

駅からも近い商店街なので、白河周辺に住む方にとってはおなじみの風景かもしれませんね。

Dscn6561

Dscn6575

懐かしいと感じるお店も多いかも?

Dscn6553

中町といえば、先月に蔵を活用した商業施設「楽蔵(らくら)」がオープンしました。
(以前の記事はこちら
通りを歩くと、蔵が多いことに気づきます。

Dscn6562

Dscn6567

中町通りのつきあたりは生活雑貨店の「ひしや」。

Dscn6573
城下町特有のカギ型道路です。こちらからは天神町になります。

中町で特にこの季節人気を集めるのは「野村屋」さん。

Dscn6587

「野村屋」さんといえば「アイスキャンデー」。
白河周辺に昔から住む人にはおなじみ、夏の味覚です。

Dscn6590

色とりどりのアイスキャンデーがずらり。
どれにしようかな~

Dscn6592
持ち手が割りばしの、手作り感がたまりません。

こちらは時代を感じるかき氷機。

Dscn6589

今年は震災の被害で氷作りに影響が出て、残念ながらかき氷は食べられないそうですが、
アイスキャンデーはたくさんありますよ~♪

通りにもどって、中町通りの市役所付近からから路地に入っていくと…
立派な町屋がありました。

Dscn6582

ここは「玄仙小路」と呼ばれています。

Dscn6584
こちらは中町ではなく町でいえば「道場小路」に入るようです。

Dscn6585

まるで時代劇のセットか、と思うほど美しい佇まいです。
商家として使われていたようです。

Dscn6550

中町には町名看板のほかにも「敷教舎跡」(学問筆算指導所跡)、

Dscn6578

「奥州街道と白河城下」の案内板もありますよ。

今回も新しい発見がありました。徒歩でのまちなか探索もおすすめです。


より大きな地図で 白河市中町 を表示

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 平成23年度宗祇白河紀行連句賞 連句募集のお知らせ | トップページ | 「しらかわ地域復興祭2011in小峰城公園」が開催されました »

白河市」カテゴリの記事

コメント

高校卒業するまでの10年間白河市中町で暮らしていました。もう20年以上訪れていないので、写真をみただけだとどこなのかわからない風景ですが、野村屋さんは懐かしいです。

投稿: キョンキョン | 2012年9月 1日 (土) 02時38分

こんにちは。
中町界隈は新しく変わった部分もありますが(駅前付近)野村屋さんなどの近くはほとんど変わりはありませんよ。今も人気のお店です。機会がありましたら是非お越しくださいね。

投稿: ラクラスしらかわ | 2012年9月 4日 (火) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/40915366

この記事へのトラックバック一覧です: 白河市内ぶらさんぽ~中町(白河市):

« 平成23年度宗祇白河紀行連句賞 連句募集のお知らせ | トップページ | 「しらかわ地域復興祭2011in小峰城公園」が開催されました »