« 旧石器時代からムラがありました ~ 松並平遺跡(棚倉町) | トップページ | 白河市内ぶらさんぽ~中町(白河市) »

平成23年度宗祇白河紀行連句賞 連句募集のお知らせ

白河市では連句を募集中です。

連句とは俳諧の連歌のことで、正式には三十六句で区切りをつける「歌仙」と称されるものが基本になるようです。
また、連歌の発句が独立したものが、俳句と呼ばれています。

白河は連歌の歴史が古く、文明13(1481)年に白河城主結城政朝が鹿嶋神社の神前で、一日10000句もの連歌興行を催したといわれています。
記者はまったく連句にうといので、1日に10000句と聞いただけでも想像できません。

Dscn2964_2
<宗祇戻しの碑:震災前に撮影したものです>

募集については以下の通りです。
連句に自信のある方は、ぜひ応募してみてはいかがでしょうか?

Dsc05161

【応募作品】
連句(三つ物)で応募してください。(未発表品に限ります)
 三つ物とは、発句(五七五)、脇句(七七)、第三(五七五)からなる連句の最短形式です。
 脇句は発句と同季(同時同場)で詠みますが、第三は自由です。

【発句】
発句は次のうちから選び、応募用紙の発句の欄に記入してください。
 ・折る人に鳥なく花の山路かな(春)
 ・白河の関へ案内の双つ蝶(春)
 ・起き上がる白河だるまと共の春(春)

【応募方法】
必要事項を記入の上、応募料を添えて応募してください。一人で複数句の応募も可能です。
 ※応募用紙は白河市公式HPからもダウンロードできます。
 http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/

【応募料】
応募用紙1枚につき500円(郵便小為替もしくは現金で納めてください)
※高校生以下は、無料です。

【募集期間】
平成23年7月1日(金)~同年9月20日(火)

【賞】
一般の部(大学生を含む)
 大賞1点(副賞20,000円相当)
 佳作3点(副賞10,000円相当)
 入選5点(副賞5,000円相当)
 奨励賞10点

高校生の部
 優秀賞1点(副賞5,000円相当)
 佳作3点(副賞3,000円相当)
 入選5点(副賞1,000円相当)
 奨励賞10点

中学生以下の部
 優秀賞1点(副賞5,000円相当)
 佳作3点(副賞3,000円相当)
 入選5点(副賞1,000円相当)
 奨励賞10点

【選者】
深沢眞二 氏(和光大学表現学部教授 副学長)
狩野康子 氏(宮城県連句協会長、連句協会常任理事)
 (順不同・敬称略)

【表彰・発表】
表彰式 平成23年12月11日(日) 鹿嶋神社(福島県白河市)
発表 受賞作品を新聞等の報道関係、白河市公式ホームページで発表します。

【作品集】
応募者には、応募作品を収録した作品集を後日贈呈します。
 ※応募者1名につき1冊送付します。

【応募先 問合わせ先】
〒961-8602 白河市八幡小路7-1 宗祇白河紀行連句賞実行委員会事務局(白河市産業部商工観光課内)
TEL 0248-22-1111(内線2215)

【著作権等】
応募作品の著作権など諸権利は、主催者に帰属することとします。

【注意事項】
・円滑な審査のため、作品は楷書ではっきりとお書きください。
・作品及び氏名等の漢字には、全てふりがなを付してください。
・必ず所定の応募用紙で郵送にてお申込みください。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 旧石器時代からムラがありました ~ 松並平遺跡(棚倉町) | トップページ | 白河市内ぶらさんぽ~中町(白河市) »

イベント情報」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/40898798

この記事へのトラックバック一覧です: 平成23年度宗祇白河紀行連句賞 連句募集のお知らせ:

« 旧石器時代からムラがありました ~ 松並平遺跡(棚倉町) | トップページ | 白河市内ぶらさんぽ~中町(白河市) »