« 戦国時代の一大拠点 ~ 羽黒山・出羽神社(塙町) | トップページ | 東北最南端横断国道!(1) ~ 国道289号線(西郷村・白河市) »

東風の台公園から歴史をのぞく(白河市東地区)

白河市東地区にある「東風の台運動公園」。
テニスコートや野球場、プールなどの施設があり、
キャンプ場や「きつねうち温泉」も併設されている憩のスポットです。

以前の記事はこちら

こちらの公園の一角に、移築保存された旧釜子小学校校舎があります。

Dscn6166
戦前の木造校舎。大切に保存されているようですね。

Dscn6168
懐かしいポストも併設。

Dscn6170
校舎前のポンプは消火設備のようです。戦時中の防火対策でしょうか。

この校舎脇にも見慣れない建物が2つならんでいます。
ひとつがこちら「郷倉(ごうくら)」。

Dscn6171
米不足時に備えた米の収蔵倉だそうです。
案内板がかすれて見えないのですが、昭和初期のもののようですね。

もうひとつがこちら「奉安殿」。

Dscn6176
こちらも案内板が見えなくなってしまいましたが、戦時中のもののようです。
奉安殿とは、主に戦時中、学校の敷地内などに建てられ、
中に奉納された天皇・皇后の写真を、登校時などに敬礼したりしたそうです。
(※現在放送中のNHK連続ドラマ「おひさま」にこのシーンがあったとのこと)
戦後はGHQの指導により、全国のほとんどの奉安殿は取り壊されてしまったそうですが、
旧東村では移築保存されたんですね。

今まで通いなれた場所でも、ふと足を止めれば、新しい発見があるかもしれません。

東風の台運動公園
 白河市東釜子狐内地内

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 戦国時代の一大拠点 ~ 羽黒山・出羽神社(塙町) | トップページ | 東北最南端横断国道!(1) ~ 国道289号線(西郷村・白河市) »

歴史」カテゴリの記事

白河市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/40301543

この記事へのトラックバック一覧です: 東風の台公園から歴史をのぞく(白河市東地区):

« 戦国時代の一大拠点 ~ 羽黒山・出羽神社(塙町) | トップページ | 東北最南端横断国道!(1) ~ 国道289号線(西郷村・白河市) »