« 農のスキルを身につけよう! ~ 農業実践演習科のお知らせ(いきいきライフ福島) | トップページ | 冬の一コマ ~ 棚倉城址(棚倉町) »

今年も豊作を願って~八槻都々古別神社「御田植祭」(棚倉町)

以前告知させていただいた、棚倉町・八槻都々古別神社「御田植祭」。
毎年旧正月に行われ、今年は2月8日に行われました。

Dscn5132

御田植祭次第は以下のとおり。
田植えまでの17の過程を、能狂言風の簡単な所作やせりふで
模擬的に演じていく田遊びです。

1.神楽
    1-1.松舞
    1-2.巫女舞
    1-3.幣舞
  2.堰検分
  3.めばらい
  4.田耕い触れ
  5.田耕い
  6.くろばおとし
  7.水取り
  8.代かき
  9.畔ぬり
  10.あしおとめ
  11.お種祈祷
  12.種蒔き
  13.烏追い
  14.田植え触れ
  15.田植え
  16.水口祭り、天狐の舞い
  17.中昼(飯)

Dscn5179

Dscn5189

約400年の歴史を持つ「御田植祭」は、国指定重要無形文化財にも指定されており、
拝殿において舞が奉納されます。

Dscn5191_2

こちらの舞の特徴はなんといっても、せりふや擬音。
笛に合わせて楽人の軽やかな舞が披露され、
「ガリ、ガリ、ガリ」、「ガンブリベタリ、ドロリベッタリ」など
ユーモラスな擬音が発せられると、時折拝殿から笑い声もあがりました。

Dscn5210_2

代かきでは「べーこべこ」の声とともに牛が登場。

Dscn5196

また「種蒔き」では、氏子さんご希望の種を蒔いてくれる場面もありました。

Dscn5236
「コシヒカリ」!「ひとめぼれ」!「農林21号」!
の声があがると、楽人の方たちが滞りなく種を蒔いてくださいました。

Dscn5237

種蒔きの後は「烏追い」。太鼓や鈴を鳴らしながら烏を追い払います。

Dscn5254

最後の舞は「天狐の舞」。狐の面をかぶった舞手が笛の音に合わせながら舞を踊ります。

Dscn5267
これは稲荷の神、と考えられているそうです。

Dscn5260
途中で蒔くのはお餅。

Dscn5271

最後には楽人、巫女さんたちも全員でお餅を蒔いて終了。

今年も豊作の願いが天に届くといいですね。

Dscn5274

八槻都々古別神社 
 場所/福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮66

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 農のスキルを身につけよう! ~ 農業実践演習科のお知らせ(いきいきライフ福島) | トップページ | 冬の一コマ ~ 棚倉城址(棚倉町) »

東白川郡」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/38804060

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も豊作を願って~八槻都々古別神社「御田植祭」(棚倉町):

« 農のスキルを身につけよう! ~ 農業実践演習科のお知らせ(いきいきライフ福島) | トップページ | 冬の一コマ ~ 棚倉城址(棚倉町) »