« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

雪の小梅 ~ 白河小峰城(白河市)

前回、梅の開花をお伝えしたばかりでしたが、今日はあいにくの雪となってしまいました。
せっかくですので、雪の中にたたずむ梅の花をお伝えします。

Dsc01709

梅は白河市の花に制定されています。
白河城主であった松平定信公の梅鉢の紋所にちなんで制定されたといわれています。

Dsc01704

Dsc01699

雪に花というのも、また風情があるものですね。

Dsc01697

---

白河小峰城


文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小峰城の梅が開花!(白河市)

ここ何日かは白河でもポカポカ陽気。
連日10℃前後と、一気にあたたかくなりました。

Dscn5319

この陽気で、小峰城公園内の梅が開花し始めています。

Dscn5318
少しずつ、春が近づいているんですね。

Dscn5316

Dscn5324

鳥も梅の香に誘われたようです。

Dscn5327
白河にもようやく春の足音が聞こえてきました。

白河市 小峰城

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で土に触れてみませんか? ~ ここいち白河(JAファームサポート)

福島県県南地方は広く農林業や農村体験ができる施設がたくさんあります。

ですが、たくさんありすぎてどこに行けばいいかわからないという声を聞きます。
また受け入れる農家や団体側にすると、受け入れるのはいいがどんな人たちが来るかわからないので不安だという話も聞きます。

農業体験をしたい人達と、農業体験を受け入れられるが不安という人達。
そんな二者間をうまくつなぐのが、今日紹介する「ここいち白河」さんです。

Dsc01421

ここいち白河さんは、JAファームサポートさん内部にあります。

業務内容としては、下の図をご覧ください。
一言でいえば、農業希望者と受け入れ農家との橋渡し役を担う役割であるということです。

Kokoichi

農業希望者に学校や団体の文字がありますが、今まで主に関東圏の小学校を受け入れてきました。

以前は観光地や史跡をめぐる学習旅行が多かったのですが、近年は体験型の学習旅行が増えているようです。
今年度は関東圏(東京、千葉、神奈川)の4つの小学校の生徒さん達を、農業体験で受け入れたといいます。
その時に子供たちの感想で一番心に残っているのは、「農家の人たちとの別れが辛かった」ことだそうです。

Dsc01422

ここいち白河さんでは、学生だけでなく大人の方も農業体験を受け入れていきたいとのことです。
福島県県南地方で農業をしてみたい人は、ぜひご利用ください。

---

ここいち白河

 〒961-0416 福島県白河市表郷金山字越堀122-1
   (株)JA東西しらかわファームサポート内
   TEL:0248-32-1032
   FAX:0248-32-2453
   mail:f-support@touzai7.com
   URL: http://ja-farm.com/ (現在制作中)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

表郷で春の訪れを感じませんか? ~ ふれあい春まつり(白河市表郷)

白河市表郷地区で「第9回表郷ボランティア交流フェスティバル ふれあい春まつり」が開催されます。

Dsc01489

昨年はステージ、屋台村、展示コーナー、フリーマーケットなどが催されました。
3月5日は表郷で春を感じませんか?

---

第9回表郷ボランティア交流フェスティバル ふれあい春まつり

 日時 平成23年3月5日(土) 9:30~14:00
 会場 すぱーく表郷 (表郷総合運動公園内 屋内ゲートボール場)
 主催 ボランティア交流フェスティバル実行委員会
 お問合せ先 実行委員会事務局表郷ボランティアセンター(藤田) TEL:080-5557-7072

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島で本場四国の讃岐うどんを~さぬきうどん 讃源

ここ数年、讃岐うどんブームが続いています。
そんなブームの前から白河市(旧・東村)には讃岐うどんのお店がありました。
それがこちらの「さぬきうどん 讃源(さぬげん)」。
Dsc01284_2
現在白河市でも大人気のうどん店となっています。

最近でこそ、讃岐うどんチェーン店などが出店しはじめましたが、東北地方では、なかなか讃岐うどんを食べることはできません。

讃源のご主人、大西さんは「本当の讃岐うどんを皆さんに知ってもらいたい」という気持ちでこのお店を始められたそうです。

大西さんは本場四国のご出身。
「日々勉強しないとおいしいものができない」とおっしゃいます。
麺は研究に研究を重ね、現在でも讃岐にいらっしゃる身内の方に送り、審査していただいているそうです。

早速店内へ入ってみると…
Dsc00981_2
店内にはおでんのコーナーがありますね。
Dsc00975_2
うどんを待つあいだ、おでんを食べるのが四国のスタイルだそう。

Dsc00977_3

Dscn5084_3
だいこん、こんにゃく、牛すじなどなど…。
どれも味がしみてておいしいです♪

そしていよいようどんの登場。

Dscn5086_2

こちらは釜玉うどん。

Dscn4001_2

こちらは牛すじぶっかけうどん。

うどんはつるっとした喉ごしですが、モチモチの食感。
コシのあるうどんは一度食べたら忘れられません!
リピーターも多いようです。

Dsc00982_3

「真剣に取り組んでいないとおいしいうどんができない」と、大西さんはおっしゃいます。
その真摯な姿勢がそのままうどんに反映されているのでしょうね。

さぬきうどん 讃源
 場所/白河市東蕪内字新屋敷13-1
 電話/0248-34-3685
 定休日/水曜日
 営業時間/昼の部 11:00~14:00
              夜の部 17:30~19:30

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も「城下町白河 おひな様めぐり」が開催されています。

今年も白河市内の大工町・中町・本町通りにて、
「城下町白河 おひな様めぐり」が開催されています。

城下町・白河の商店街には、昔から受け継がれたおひな様があります。
そんな江戸時代から明治、昭和、平成のおひな様が白河の中心市街地通り、
110店舗に飾られるというイベントで、毎年たくさんのお客様でにぎわいます。

Hina

また、期間中は様々なイベントが同時開催されます。

■期間中
 ・白河幼稚園児による陶芸ひな人形展 (会場:マイタウン白河1F)
 ・つるし雛展<白河ひなの会> (会場:マイタウン白河1F)
 ・だるまとひな人形展 (会場:白河市歴史民俗資料館(中田))

■2月26日(土)
 11:30・大正琴の演奏&お茶会 (会場:澁木茶舗)
 13:00・和太鼓の競演<白河和太鼓クラブ> (会場:マイタウン白河1F)

■2月27日(日)
 10:00~11:00・おひな様作り製作体験<白河ひなの会> 
           料金/1個300円 (会場:マイタウン白河3F)
 10:00~15:00・豊川稲荷 初午  (長寿院境内(本町)) 

■3月3日(木)
 10:30・白河幼稚園児による歌の発表 (会場:マイタウン白河1F)

可愛いおひな様に会いに、是非足をお運びになってください。
この機会に白河の街並みを散策するのも良いですよ。

城下町白河 おひな様めぐり
 開催場所/白河市 大工町・中町・本町 通り
 開催期間/2月20日(日)~3月3日(木)

Tizu

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しらかわ隧道探検! ~ JR東北本線(白河市)

トンネルのことを古くは中国語同様、「隧道(ずいどう)」と呼んでいたといわれています。

白河市内には、名前も知られていないような隧道がいくつか存在します。
以前、こちらで隧道のひとつを取り上げたときに、他にも白河市内に点在していることをご紹介しました。

そこで白河駅周辺をくまなくまわり、線路の下にある隧道を訪ね歩いてみました。

Zuido2

白河市周辺にあるトンネルは8か所ありました。
トンネルと隧道は同じものですが、ここではとくに時代を感じさせるトンネルを、あえて隧道と呼ぶことにします。

それでは、西から順に訪ねてみましょう。

1つ目、昭和町ボックス。
下の道は県道37号線で、白河市と天栄村羽鳥を結んでいます。
スキー場へのアクセスルートでもあります。

Dsc01334

ボックスの名の通り、あまりトンネルをイメージさせるものではありませんでした。
しかし、次に来たのはまごうことなき隧道です。

2つ目、いろいろ探しましたが、なんという隧道名かはわかりませんでした。
一見、小さく見えますが、手を伸ばしてもギリギリ届かないくらいの高さがあります。

Dsc01324

Dsc01327

3つ目と4つ目は二つのトンネルが並んでいます。
東側が古く、西側が新しく作られたトンネルですね。
この道をずっといくと国道4号線・金勝寺交差点(将来的には立体交差)へと向かいます。

Dsc01339

Dsc01341

ここの隧道は高さ2.4mありますが、車両は通行できません。

Dsc01342

ちょっと休憩。
白河駅北西にある駐車場です。
今でこそ、ただの駐車場ですが、ここは白河機関庫があったと思しき場所です。
トンネル以外にも時代を感じさせる場所が駅付近に遺っていました。

Dsc01343

ちなみに黒磯にあった機関庫が白河に移ったものだそうです。
位置的に宇都宮~福島の中間に白河が位置しているから白河に移転したのでしょうか。

5つ目は「こみね・ふれあい通り」。
このトンネルは、白河駅の南北を結ぶ通路です。
白河駅で降りて小峰城へ行くときには、一番便利な通路です。
提灯祭りには、ここを神輿が通っていくんですよ。

Dsc01347

Dsc01348

歩き疲れたので、また休憩。
白河駅の東方100数十m。
ここはかつての白河駅跡です。

Dsc01349

当時の白河駅(旧)。
開業当時は客車1日2列車、貨物は1列車で上り下りとも1日おきに運行されていたといいます。

Dsc01371
<図説 白河の歴史:郷土出版社より>

そしてまた隧道へ。
6つ目も、やはり隧道名は見つからず。
ここは記者も当たり前に使っていますが、その隧道名が何かまではわかりませんでした。
この道を突き当たると、福島地方裁判所白河支部があります。

Dsc01352

Dsc01355

近代的なトンネルが見えてきました。
7つ目には「陸羽街道架道橋」と書かれてありました。下の道路は国道294号線です。
架道橋とは何かと思って調べたら、「道路をまたいで横断する橋」とありました。
鉄道側の視点からみた呼び名ですね。

Dsc01358

Dsc01359

そして8つ目の隧道へ。
近くには白河中央中学校があり、朝夕にはたくさんの学生さんが通る道なのかもしれません。

Dsc01361

Dsc01362

狭いように見えますが、高さは2.7mあります。
地元の人は慣れたもので、この隧道内を車が頻繁に行き交います。

最後は羅漢橋へ。
ここで盛土が終わり、トンネルがあるのは上記8か所であることがわかります。
ちなみに、この橋は東北本線で唯一、阿武隈川を渡る橋です。

Dsc01368

しかしなぜ、白河市内にこうした古いトンネルが点在しているのでしょうか?

以前、白棚線について書いたとき、白河市内の東北本線を引きなおしたことに触れました。

実は明治20(1887)年7月16日の時点で、黒磯(栃木県)~郡山(福島県)間が開通していました。
当時の土木技術や工費節約の都合上、長いトンネルや高い橋梁をつくらず地形に逆らわない線路を敷いたといわれています。
それにより急勾配や急カーブがたくさん生まれましたが、輸送量増加に伴い列車運行に支障が出てきたのです。

そこで大正4(1915)年、白河周辺で路線変更が着工されます。
これにより栃木県境の黒川に橋梁を架け、久田野~泉崎間にトンネルがつくられました。
また白河周辺には白棚線との重複区間を解消するためか、新たに盛土して路線変更しました。

新路線を横切る当時の道路を盛土で閉鎖するわけにもいきませんから、その際にトンネル化したのかもしれません。
ということは、上記で見てきた古いトンネルは大正時代に造られ、今なお現役で活躍中ということですね。

意外なところに、歴史が息づいているものですね。

---

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

居住への熱い熱意を感じました ~ 「ほっとする けんなん田舎暮らしセミナー」(ラクラスしらかわ)

ラクラスしらかわは去る2月20日(日)、東京銀座のふるさと暮らし情報センターにて「ほっとする けんなん田舎暮らしセミナー」を開催致しました。

福島県に対する移住人気を受けてか、当日来られたお客様は23名。
皆さん、東京・神奈川・千葉・埼玉と首都圏にお住いです。

今回のセミナーでは、ラクラスしらかわを含めた4団体から発表させていただきました。

ラクラスしらかわからは、地域的なメリットと実際の物件およびリフォームについての情報を。
Dsc01384

Dsc01387

また白河市、泉崎村さんからは、私達では伝えきれないそれぞれの地域の魅力について。
企業局さんからは住宅メーカーさんのお話と、県の住宅分譲地「新白河ライフパーク」に移り住まれた移住者さまご夫妻をお招きしてのトークショー形式で、それぞれ説明をいたしました。
Dsc01389

Dsc01397

Dsc01408

お客様方にはアンケートを書いていただいたのですが、やはり住宅物件の話題について興味あるようでした。
事実、私どもで売家/貸家のお話とリフォーム費用についてのお話をした際、皆さんが一斉にメモを取り始めたようです。
ふるさと暮らし情報センター担当者様も、これは珍しいことですとおっしゃっていました。

次回セミナーは来年度開催の予定ですが、より皆さまの有益となるような情報を説明したいと考えております。
また、セミナーは逃したけれども福島県県南地方を知ってみたいというお客様についても、電話・メールだけでなく実際に現地案内も行なっております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

Dsc01377

---

ラクラスしらかわ
(福島県県南地方定住・二地域居住相談所)

 〒961-0905 福島県白河市本町2 マイタウン白河2階
 TEL/FAX 0248-29-8595
 URL http://rakuras.com/
 mail rakuras@rakuras.com

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵地図探訪 ~ 県南地方の絵地図(塙町)

福島は広いですから、様々な街がありその数だけ歴史があります。

今日は、東白川郡塙町役場で見つけた1枚の絵地図を見てみたいと思います。
塙町は古くから天領と呼ばれ、稀代の名代官・寺西重次郎封元公が法整備や救済事業を行なったと伝えられています。

Dsc01297

「塙町鳥瞰図」と題されたこの絵地図は、昭和40年7月に塙町観光協会が発行した「塙町観光案内」の地図です。

Hanawa1

磐城塙駅(黒の長丸)の左下、現在の塙町役場庁舎付近をよく見ると「塙小学校」と書かれています。
塙小学校は、昭和23年11月3日に常豊第二小学校から改称され、昭和45年に現在の台宿下河原地区に新築移転されました。

Hanawa2_2

当然、塙町役場も違う場所にありました。
それが写真の左部。
古い住宅地図で確認すると、旧塙町役場庁舎の場所には塙地区労働組合協議会があるようです。

中央を流れるのは川上川。
右側には、風呂山公園の文字があって「つつじの名所」と書かれています。
また、下部の「田中愿蔵刑場跡」は現在の道の駅はなわになっています。

Yujimata1

そしてこちらは町の南東部。
名湯・湯岐(ゆじまた)温泉も描かれています。
遠くは太平洋の水面と「平」の文字があります。(写真上部)

「平」は、今のいわき市中心部にあたります。
当時は平市と呼ばれ、磐城地方の中心都市でした。
昭和41年10月、平市を含む5市5町4村の大規模合併によりいわき市が誕生しましたから、この地図はいわき市誕生前の貴重な絵地図と言うことになります。

あくまでも観光地図ではありますが、地域の昔を知る貴重な史料でもあります。

昔の地図には、その地域の歴史がたくさん刻まれていますね。
地域を知ることはその地域に住む人だけでなく、その地域へと移住する人にとっても大事なことではないでしょうか?

Dsc00856

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢吹町のお買いもの情報~「メガステージ矢吹」周辺

以前ご紹介した「メガステージ白河」。
矢吹町には同じく「メガステージ矢吹」があります。

Dscn5090

総面積は約7,200㎡。
スーパーマーケット「ヨークベニマル」を中心に「ツルハドラッグ」、「ダイソー」
「ファッションセンターしまむら」などが並びます。

Dscn5091

お店まで車をあちこち移動させなくても、いっぺんにお買い物が済む、
というスタイルは一緒。
Dscn5093

また、この「メガステージ矢吹」から道路を2本挟んだ向かいにはホームセンターなど
の並ぶ一角もあります。
Dscn5097
こちらではホームセンター「「ビバホーム」、スーパー「リオンドール」、「TSUTAYA」
が同じ敷地内に並んでおり、「メガステージ矢吹」と一緒に利用すれば尚便利。

また町営「あゆり温泉」も近いので、温泉入浴後、お買い物するのもいいですね。

メガステージ矢吹
 福島県西白河郡矢吹町八幡地内

あゆり温泉
 福島県西白河郡矢吹町八幡町442


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市のお買いもの情報 その2~白河モール

前回のお買い物情報に続く、第2弾は「白河モール」です。

Dscn4962

こちらも敷地面積およそ90,000㎡、と広大な敷地と駐車場を持つ、
複合型ショッピングセンターです。
場所はなんと「メガステージ白河」から国道289号線を挟んだ向かい側。
週末ともなると、周辺は多くのお客さんで賑わいます。

Dscn4964

中心となるのは「ベイシア」。関東圏でもおなじみのスーパーマーケットです。

Dscn4958
ベイシアを中心に、ベイシア電器(家電)、カインズホーム(ホームセンター)、オートアールズ(カー用品)が並びます。

Dscn4960

車があれば、白河市内でのお買い物には困りませんね。
車のない方には、こちらでも白河市の循環バスが止まりますよ。


大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユニークな石像文化に触れる ~ 狛犬講演会(東文化センター)

先日告知しました狛犬講演会が、去る2月12日(土)白河市東文化センターにて開催されました。

講師は、たくきよしみつ氏。
たくき氏は福島市出身の作家・音楽家ですが、その活動のかたわら、狛犬(こまいぬ)についても研究をされている方です。

Dsc01258

狛犬とは、神社入り口に獅子のように対に立っている犬のこと。
氏によれば、こと福島県県南地方には素晴らしい狛犬像がたくさん遺されているのだといいます。

それは、石工・小松寅吉とその弟子・小林和平の活躍があったといいます。

Dsc01266
<故・小松寅吉>

もとは信州・高遠で生まれた石工・小松利平布弘(こまつりへいのぶひろ)が脱藩し、福島に移り住んだといいます。
そもそも利平はみずから脱藩したかったわけではなく、高遠藩主・内藤頼寧が藩の財政の為に、農家の次男坊以下の男性を石工として育て全国に出稼ぎに出した経緯から脱藩したといわれています。

しかし、脱藩者ですからいずれ藩に戻されます。
当時は出稼ぎ先で定住する石工も多く、それを取り締まる「石切目付」の監視から逃れる必要がありました。
そのため、利平の名が刻まれた作品はほとんどないといわれています。

小松寅吉は、その小松利平布弘の弟子ですが、師匠に従ってか寅吉名の作品はほとんどないようです。

Dsc01273
<白河市東下野出島地区・鹿島神社の狛犬>

さらに時代は過ぎ、小松寅吉の一番弟子である小林和平にも話が及びます。

小林和平は石川町沢井地区の生まれで、石川町石都々古和気神社(いわつつこわけじんじゃ)にある狛犬は和平の作品です。

Dsc01276

<石川町石都々古和気神社>

よく見ると、小さい獅子が3体います。
氏によれば、和平の過去によるものでは無いかとのこと。

和平には3人の子供がいました。
しかし、3人とも成人を迎えずして亡くなってしまったのです。
失った3人の子供たちを思いながら彫ったのでしょう。
その証拠に、母親と思しき狛犬にはたくさんの乳首が刻まれています。

狛犬にも、さまざまなお話があるのですね。

氏は、これだけ素晴らしいのに作成された年代が新しいために文化財にはなっていないと話していました。
今でこそ石を削る技術や機械は発達していますが、手彫りの石工は現代に少なくなっていることを危惧されていました。

実は、ラクラスしらかわでも各地の狛犬は取材しています。

白河市・鹿嶋神社
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/2-53b4.html

白河市・新地山
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-6859.html

白河市大信・熊野神社
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-ec68.html

白河市東・鹿島神社
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-2859.html

棚倉町・八槻都々古別神社
http://rakuras.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-987d.html

確かに福島県県南地方には、素晴らしい狛犬がたくさん遺っています。
狛犬達を探しに、ぜひ福島県においでください。

---

たくきよしみつ(鐸木能光)氏
 狛犬ネット http://komainu.net/

より大きな地図で 寅吉・和平マップ を表示 (寅吉・和平マップ:阿武隈狛犬評議会プロジェクトより)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地産地消食のセミナー・交流会のお知らせ(NPO法人こころん)

来たる2月26日(土)、NPO法人こころんさんにて「地産地消食のセミナー・交流会」が開催されます。

福島県県南地方は、太平洋岸気候に属しながら高原に近い地域性もあって、様々な農産物が生産されている地域です。
お米や高原野菜、ジャガイモ、コンニャクイモなどの「食」に恵まれた地域を見直し、あらためて考えてみましょうというイベントです。

Dsc00908

どなたでも参加できます。
ぜひ、「食」について考えてみませんか?

---

地産地消食のセミナー・交流会
 日時 平成23年2月26日(土) 13:00受付開始
 会場 NPO法人こころん
   (泉崎村大字泉崎字下根岸9 TEL:0248-54-1115)
 会費 2,000円(税込、お土産付)
 定員 50名

 プログラム
 1.講演会 13:30~
   「本当の地産地消とは」 講師:塩川恭子(「食の学校」代表)
 2.パネルディスカッション
   「地産地消の取り組みについて」
   座長:塩川恭子
   パネリスト:
    伊藤彦太郎(本宮烏骨鶏生産組合組合長)
    大木代吉((名)大木代吉本店 会長)
    滝田国男(株式会社JAファームサポート代表取締役社長)
 3.料理コンテスト 16:00~
    地元の食材と里山再生プロジェクトのシンボル「発芽玄米料理酒」を使った
    創作料理のコンテスト
 4.交流会 17:00~
    料理コンテストの結果発表をします

 申込先・主催
  里山再生プロジェクト(NPO法人こころん内)
    TEL:0248-54-1115、FAX:0248-53-3063

Img132_2

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒さをはねのける大賑わい ~ 白河だるま市(白河市)

毎年恒例の白河だるま市
今年も2月11日に、白河市中心市街地にて開催されました。

Dsc01185

Dsc01186

Dsc01188

Dsc01195

こちらは福にあやかって開運祈願。

Dsc01189

白河市観光キャンペーンクルーのお二人。
お美しいですね。
当日の様子は、Ust白河さんでも放映されていたようです。

Dsc01179

こちらは五匠麺
お昼頃に行ってみたら、30分待ちの長い行列ができていました。

Dsc01203

Dsc01202

先日、お伝えした「絆 美展」もたくさんの方においでいただきました。

Dsc01208

Dsc01210

だるま市とくれば、当然この方「ダルライザー」もいますよね。
ダイスの皆さんと一緒に、写真撮影会となっておりました。

Dsc01198

Dsc01220

Dsc01226

なお、ダルライザーは今回、CDデビューも果たしました!

その名も「RISE」!
「これはダルライザーの主題歌であり、戦う人々への応援歌!」だそうです。
記者が購入した時には、コレクターズカードもついていました。
ぜひ、ご拝聴あれ!

Dsc01252

たくさんの人の思いが行き交った1日なのでした。

---

白河だるま市
 白河まつり振興会(商工会議所内)
 TEL:0248-23-3101
 URL:http://www.shirakawa.ne.jp/~kyokai/daruma/index.htm
 Dsc01182

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

冬の一コマ ~ 棚倉城址(棚倉町)

棚倉町の棚倉城址を訪ねてみました。

秋にはこんなに色とりどりの景色を見せてくれる棚倉城址ですが、
今の季節はまた幻想的な姿を見せてくれます。

Dsc00895

見下ろせば、カモさん達が愛らしく氷の上を歩いています。

Dsc00897

今は木々の長い影が氷上に映し出されていますが、
あと2か月も経てば約500本のソメイヨシノが水面に美しく映し出されます。

氷が解ける季節が待ち遠しいですね。

Dsc00898

---

棚倉城址

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も豊作を願って~八槻都々古別神社「御田植祭」(棚倉町)

以前告知させていただいた、棚倉町・八槻都々古別神社「御田植祭」。
毎年旧正月に行われ、今年は2月8日に行われました。

Dscn5132

御田植祭次第は以下のとおり。
田植えまでの17の過程を、能狂言風の簡単な所作やせりふで
模擬的に演じていく田遊びです。

1.神楽
    1-1.松舞
    1-2.巫女舞
    1-3.幣舞
  2.堰検分
  3.めばらい
  4.田耕い触れ
  5.田耕い
  6.くろばおとし
  7.水取り
  8.代かき
  9.畔ぬり
  10.あしおとめ
  11.お種祈祷
  12.種蒔き
  13.烏追い
  14.田植え触れ
  15.田植え
  16.水口祭り、天狐の舞い
  17.中昼(飯)

Dscn5179

Dscn5189

約400年の歴史を持つ「御田植祭」は、国指定重要無形文化財にも指定されており、
拝殿において舞が奉納されます。

Dscn5191_2

こちらの舞の特徴はなんといっても、せりふや擬音。
笛に合わせて楽人の軽やかな舞が披露され、
「ガリ、ガリ、ガリ」、「ガンブリベタリ、ドロリベッタリ」など
ユーモラスな擬音が発せられると、時折拝殿から笑い声もあがりました。

Dscn5210_2

代かきでは「べーこべこ」の声とともに牛が登場。

Dscn5196

また「種蒔き」では、氏子さんご希望の種を蒔いてくれる場面もありました。

Dscn5236
「コシヒカリ」!「ひとめぼれ」!「農林21号」!
の声があがると、楽人の方たちが滞りなく種を蒔いてくださいました。

Dscn5237

種蒔きの後は「烏追い」。太鼓や鈴を鳴らしながら烏を追い払います。

Dscn5254

最後の舞は「天狐の舞」。狐の面をかぶった舞手が笛の音に合わせながら舞を踊ります。

Dscn5267
これは稲荷の神、と考えられているそうです。

Dscn5260
途中で蒔くのはお餅。

Dscn5271

最後には楽人、巫女さんたちも全員でお餅を蒔いて終了。

今年も豊作の願いが天に届くといいですね。

Dscn5274

八槻都々古別神社 
 場所/福島県東白川郡棚倉町大字八槻字大宮66

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農のスキルを身につけよう! ~ 農業実践演習科のお知らせ(いきいきライフ福島)

以前、新・農業人フェア2010に参加した時、就農希望する方が想像以上に多いことに驚きました。

しかし相談対応させていただいたときに、農業スキルをどう身につけてよいかよくわからないままに就農希望している方が多いことにも気づきました。
たった1日のフェアでも多いと気づいたのですから、実際はもっとそういう方が多いのだろうと思います。

そんな「就農の為に農業スキルを身につけたい」あなたにぴったりな研修が県南地方で開催されます!

Dsc01157

訓練の詳細は、本記事の最後にまとめましたのでそちらをご覧ください。

なお、一定の要件を満たす方は、訓練・生活支援給付金を受給しながら受講できます。
支給額は、被扶養者の有る方は月額12万円、それ以外の方は月額10万円です。
(詳細はハローワークにお問い合わせください)

募集期間は2月16日(水)です。

農業技術に不安がありながらも就農に興味のあるあなた!
ぜひ、こうした研修を活用して農業技術を身につけてみませんか?

---

農業実践演習科
(訓練番号:認22-07-03-06-0242)

 訓練の詳細
  ・訓練コース名/科名
    新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(実践演習コース)/農業実践演習科
  ・訓練内容
    社会・キースキル・ヒューマンスキル
    就職支援・ビジネススキル・農業学科
    アプリケーション活用・農業実務
  ・期間/時間
    平成23年3月14日(月)~平成23年9月9日(金) 6か月間
    午前9:00~午後4:00 土・日・祝 休校
  ・定員
    20名(応募者が5割に満たない場合は中止することがあります)
  ・訓練実施施設名
    いきいきライフ福島有限会社 別館教室3(新白河駅西口)
    ※駐車場はありません
  ・受講者の負担する費用
    テキスト代 5冊 8,985円
 募集期間
  平成23年1月19日~2月16日(水)
 選考面接日
  平成23年2月18日(金)
 選考結果発表
  平成23年2月21日(月)

 お問い合わせ先
  いきいきライフ福島(有)
   受付:月~金/10:00~17:00 土・日・祝 定休
   TEL:0248-22-0965
   FAX:0248-22-0968
   事務所:〒961-8053 福島県西白河郡西郷村字前山東16番地
   訓練教室:〒961-8053 福島県西白河郡西郷村字道南西14-2番地
        新白河国際教育学院ビル1階

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の大池公園 ~ 大池公園(矢吹町)

先日、残雪の残る矢吹町・大池公園を訪ねてみました。

Dsc00914

Dsc00916

いつもであれば水面を優雅に泳ぐ白鳥さん達に出会えますが、
雪と氷に覆われた水面を眺めるのも、また楽しいものですね。

遠く那須連山にも雪が見えます。
春はもうちょっと先、ですね。

Dsc00918

---

大池公園

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河の歴史をかいま見ませんか? ~ 絆 美展(白河甲冑塾・白河ひなの会)

マイタウン白河1階では、2月13日(日)まで「『義と愛』手づくり鎧兜 絆 美展」が開催されています。

どうですか?
勇壮な甲冑が並んでいますね。

Dsc01119

Dsc01120

Dsc01124

また、かわいらしいつるし飾りも展示されています。

Dsc01132

Dsc01133

Dsc01131

なお、2月8日には開会セレモニーが開催されました。
まさに、出陣!ですね。

Dsc01140

また、2月11日(祝)には「つるし飾り製作体験」も開催予定です。
当日は白河だるま市が開催されます。

歴史の息づく白河に、ぜひおいでください。

Dsc01128_2

---

『義と愛』手づくり鎧兜 絆 美展
 開催日 平成23年2月8日(火)~2月13日(日)
 開催時間 10:00~17:00(最終日は16:00まで)
 場所 マイタウン白河1階(白河市本町2)
 入場料 無料
 主催 白河甲冑塾

つるし飾り製作体験
 開催日時 平成23年2月11日(金祝) 10:00~15:00
 製作料 200円

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

風呂山公園のツツジお手入れボランティア募集 ~ 塙町観光協会

毎年4月下旬から5月上旬にかけツツジの咲き乱れる塙町・風呂山公園。
写真は昨年5月に撮影したものですが、きれいなツツジが満開に咲き誇っていますね。

Img_5901

風呂山公園にツツジが植樹されて、今年でなんと100年(!)といいます。

しかしここ20年ほど、山頂付近を中心に花が咲かなくなっている状況が続いております。
10年前から対策がとられているのですが、回復には至っていません。

Img_5911

そこで今回、風呂山公園のツツジを手入れしてくださるボランティアさんを募集しております。
美しい景観を守るために、たくさんの方の参加をお待ちしております。

---

風呂山公園ツツジ手入れボランティア募集

 作業月日
  平成23年2月21日(月)
 時間
  9:30~15:00
 集合場所
  風呂山公園中腹(1枚目の写真のところです)
 作業内容
  ヒコバエ剪定、伐採木の搬出、付着したコケの除去
  (今年5月に風呂山公園100周年事業を行う予定ですので
   それを考慮した作業です)
 その他
  ・作業しやすい服装でお願いします
  ・参加していただける方の昼食は準備します
  ・天候不良の場合は 2月28日(月)に延期します
 申込先
  塙町観光協会
   TEL 0247-43-2112
   mail sinko@town.hanawa.fukushima.jp

   ※参加していただける方に傷害保険をかけますので
    住所・名前・生年月日をお知らせください

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛況!田舎暮らしコンシェルジュ養成講座(NPO法人白河ふるさと回帰支援センター)

ラクラスしらかわ運営主体の白河ふるさと回帰支援センターでは、
1月22日、29日、2月5日と3回に分けて田舎暮らしコンシェルジュ養成講座を開催いたしました。

コンシェルジュとはフランス語で「各種情報の案内人・紹介人」の意味です。
田舎暮らしをしたい方々に対する案内人としての心構えや知っておきたいことを学んでいただくための養成講座です。

最終日の2月5日には農業支援や田舎暮らしの楽しみ方について3名の講師による講義が行われました。
農地取得や貸借、田舎で暮らすこと、またなぜ都会から田舎への移住が行われているのかといった、普段テレビや新聞からでは報じられない話を知ることができました。

Dsc01006

Dsc01019

Dsc01075

認定された方にのみ、三森理事長から認定証を授与されました。

Dsc01092

なお、姉妹ブログ「shirakawa-photo」でも、その様子をお伝えしております。
ぜひ、こちらもご覧ください!

1月22日の様子
1月29日の様子

---

NPO法人白河ふるさと回帰支援センター
 〒961-0905 白河市本町2 マイタウン白河2階
 TEL:0248-24-1099
 FAX:0248-29-8595

shirakawa-photo
 URL:http://shirakawa-photo.cocolog-nifty.com/

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいい年男・年女 ~ 山本不動尊追儀式(棚倉町)

去る2月3日(木)、棚倉町山本不動尊にて毎年恒例の豆まきが行われました。
昨年の様子はこちら

毎年、その年の年男年女が豆をまくのですが、今年はかわいらしい豆まきとなりました。

Dsc00929

豆を手にしたのは、近くの近津幼稚園に通う園児たち。
先生の「合図があるまで投げちゃダメよ~」の声も。

Dsc00933

鬼の居ない山本不動尊では「福は内」の掛け声で豆をまきます。
かわいらしい掛け声が境内を包んでいました。

Dsc00949

なお、本当の年男年女による豆まきも行われました。
こちらは、園児たちと違いみなさん豪快に豆を投げていました。

Dsc00965

---

山本不動尊

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷の芸術 ~ 夢想滝・久慈川(矢祭町)

ブログ矢祭山さんの記事で、連日シガが見られますと書いてあったので、早速矢祭町へ向かってみました。

Dsc00825

時間が遅かったせいかきれいなシガは見えませんでしたが、川べりには薄氷が張っていました。

Dsc00819

Dsc00821

県南地方でも温暖な東白川郡とはいえ、冬はやっぱり凍ります。
凍ると言えば、もしかしたら滝も凍っているかもしれません。

というわけで、夢想滝にも行ってみました。

Dsc00841

案の定、滝周辺はカチカチに凍っていました。

Dsc00828

Dsc00838

その氷の上から、水が尽きることなく流れて、一部は飛沫となって滝周辺に降りそそいでいます。

おかげでこんなにきれいな氷の芸術を見ることが出来ました。
まさに季節限定の芸術ですね。

Dsc00831

Dsc00837

Dsc00846

なお、夢想滝周辺は普段から湿っている箇所も多いので、この時期は足元に特にご注意ください。

Dsc00839

---

夢想滝

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

観光案内は「ツーリズムガイド白河」さんへ~観光ボランティアガイド「ツーリズムガイド白河」

白河市に来てみたけれど、小峰城って?南湖公園って?
そんな方のために白河市では、観光案内ボランティアガイド「ツーリズムガイド白河」の皆さんが案内をしてくれます。

Dscn5048

今回はその「ツーリズムガイド白河」に所属されている、佐藤さんにお話を伺いました。

Dscn5054
「ツーリズムガイド白河」さんは、会員同士が研鑽に励みながら、ボランティアの精神を踏まえて自主的に土日、祝日のガイドと、予約制のガイドをされているとのこと。

白河市の観光名所、小峰城、南湖公園、白河の関、にて主に活動されているそうですが、お客様のご希望によって出張ガイドもしてくださるそうです。

小峰城では4月~6月、9月~11月の土日祝、午前9時30分~午後2時30分までガイドとして常駐されています。

Dscn5063_2

この看板が目印ですよ。

Dscn5062_2

この日も団体お客様の案内が入っていました。
ガイドされているのは会長の渡部さん。

観光や歴史の学習等のお手伝いもしていただける、とのことで、佐藤さんには現在「白河ふるさと回帰支援センター」で行われている「第3回 田舎暮らしコンシェルジュ」でも、白河市の歴史・文化について講演していただきました。

P1020395

およそ1時間ほどの講演でしたが、楽しい佐藤さんのお話に、あっという間に時が過ぎてしまいました。

また、2月20日(日)には「第2回 白河歴史学びの会」も開催されるそうです。
(昨年の様子はこちら と こちら

「ツーリズムガイド白河」では現在約30名の方が会員として登録されているそうですが、随時会員を募集しているそうなので、ガイドされるだけでなく「ガイドをしてみたい!」という方も是非お問合せください。

白河観光物産協会HP

お問合せ/
(財)白河観光物産協会
   〒961-0074 福島県白河市郭内1-2
   TEL 0248-22-1147  FAX 0248-22-0117

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川の地域づくり活動が報告されました ~ 県南地方元気づくり交流会(棚倉町文化センター倉美館)

去る1月30日(日)、棚倉町文化センター(倉美館)にて県南地方元気づくり交流会が開催されました。

Dsc00870

行なわれたのは大きく2つ。
地域づくり総合支援事業の成果報告と、「おらが丼」をいただきながらの交流会でした。

成果報告では、地域づくり活動をされている5団体からの発表がありました。

Dsc00872

白河甲冑塾からは、甲冑制作や展示だけでなく白河市重要文化財「楯無鎧写」制作の伝統技能の復活を目指している報告がありました。

Dsc00862

地域コミュニティづくりとして、鮫川村富田区、棚倉町第二行政区自治会、塙町婦人会の3団体から。
また、NPO法人表郷ボランティアネットワークからは、白棚線路線継承に向けた取り組みが報告されました。

Dsc00877

報告の後は、交流会。
東白川郡内で開発中の「おらが丼」を、またまた試食させていただきました。
東白川特産のこんにゃくはとってもヘルシーなので、発売されたら女性にも受けるんじゃないかな?

Dsc00890

Dsc00892

Dsc00891

今現在、「鳥そぼろと味噌南蛮蒟蒻丼」の仮称がついていますが、ネーミングは現在募集中です。
ぜひ、応募してみてはいかがでしょうか?

Dsc00883

---

県南地方元気づくり交流会
 平成23年1月30日 棚倉町文化センター倉美館

おらが丼ぶりネーミング募集
 応募期間
  平成23年2月1日~2月28日
 応募方法
  ネーミング・住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上
  官製はがき、またはFAX(0247-43-1254)まで
 応募先
  〒963-5405 塙町大町3-31-1
   塙町商工会 どんぶりネーミング募集事務局
 賞品
  1名様 ファミリー食事券(5人分)
  3名様 ファミリー食事券(2人分)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市のお買いもの情報 その1~メガステージ白河

新しく生活をするにあたって、必須になってくるお買いもの。
どんな場所にどんなお店があるのか気になりますよね。

白河市内において日常のお買いものの中心になっているのが、新白河駅から
徒歩で10分少々の場所にある2つのショッピングモールです。

今回はその一つ、「メガステージ白河」に行ってみました。

Dscn4971

福島県を中心に展開する大手スーパーマーケットチェーン、「ヨークベニマル」。

Dscn4985
そのヨークベニマルを中心として総面積約23,000㎡の敷地内に
20店もの店舗が連なります。

Dscn4976
この広大な駐車場。ここには1,200台が駐車可能とのこと。

駅を中心とする都会では、こういったタイプのショッピングセンターは見かけないと思いますが、地方都市ですと土地が広いことと、車社会が成り立っているため、車中心のショッピングセンターがここ10年ほど、次々と建設されています。

Dscn4980

他店舗はおなじみのユニクロや、マツモトキヨシ、ヤマダ電機などなど。
あちこち車を走らせなくても、ここに来ればいっぺんにお買いものができるという便利さ。

Dscn4984

週末は多くの人で賑わっています。

車が無い方のために、白河市の循環バスも止まります。

最近の白河市では、この国道289号線界隈がお買い物ゾーンとして賑わっています。

大きな地図で見る

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南湖の冬だより(白河市・南湖公園)

今朝の白河地方はマイナス7℃ほど。
折からの寒さで、南湖公園の湖もこのとおり一面凍っています。

Dscn5042
見ているだけで寒そうですね。

さて南湖を横目に車を走らせると…

Dscn4993
白鳥発見!

Dscn5036_2

以前は白鳥の飛来地とされていた南湖も、年々その数が減っていきました。
去年は清掃の水抜きの為か、ほとんど白鳥の姿がなかったような?

Dscn5016
今年は結構な数が飛来してますね。

Dscn5009

氷が張ってしまったので、水際に数羽でかたまったり、氷上で休んでいたりします。

Dscn5028

そ~っと寄れば、至近距離で写真も撮らせてくれるようです。

Dscn5031

とても寒いですが、優雅な姿を見ていると癒されますね。

ここでも、鳥インフルエンザ対策の為、手を触れぬようお願いします。

南湖公園 地図

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »