« 冬の使者 ~ 大池(白河市表郷) | トップページ | 2つの街道が交差する道 ~ 国道294号線(1:奥州街道編)(白河市) »

冬の雨にしっとりと ~ 山本不動尊(棚倉町)

小雨降る12月某日。
棚倉町の山本不動尊にお邪魔しました。

ここは紅葉も見事ですが、雨にぬれる山本不動尊は静寂と和を感じさせてくれる素敵な景勝地でもあります。

過去何度か山本不動尊は訪れていますが、今回はいくつか解説を交えながら紹介しようと思います。

まず、正門。
「奥州山本不動尊」の文字が、歓迎してくれます。

Img_1354

門を抜けると、阿形吽形(アギョウ・ウンギョウ)の2体の金剛力士像がお出迎えです。

Img_1355_2

こちらは阿形像。
怒りの表情といい筋肉のつきかたといい、仁王様の風格を帯びていますね。

Img_1358

Img_1356

そしてこちらは吽形像。
眉間のしわ一本一本にまで、力を感じます。

Img_1359

Img_1360

しかしこの2体。
表情だけでなく、実はなかなか見えない場所に違いがあるのです。
それは裾(すそ)の部分。

阿形像の裾は幾重にも波打っていますが、
Img_1362

吽形像の裾は、波打ち具合もおだやかです。
Img_1361

はじまりは激しく、終わりはゆるやかに、ということでしょうか?
ツウならここまでチェックしたいところです。

その後に並ぶ灯篭は、それぞれ四神(青竜、朱雀、白虎、玄武)と動物が刻まれています。
写真のこちらは、白虎と鹿です。

Img_1363

参拝客の多くはスルーしてしまうのですが、これがよく見ると実に面白いです。
ぜひ、4つすべてチェックしてみてください。

Img_1364

さて、参道を進むと護摩殿が見えてきました。
境内の中心にあって、初詣で節分にはたくさんの方が訪れます。

Img_1384

Img_1386

Img_1391

境内にはさまざまな建立物があります。
980kgもの大梵鐘がある鐘楼堂や、近年の好景気を願って建てられた宝船七福神があります。
もちろん願い事が描かれた絵馬もたくさん奉納されていました。

Img_1388
<鐘楼堂>

Img_1390
<宝船七福神>

Img_1392
<絵馬>

その護摩殿から山向かいに見えるのが、護摩壇です。
洞窟のもとに弘法大師尊像が安置されています。

Img_1393

写真で見ると、結構急な石段ですね。
段数は130。
130と言うのは簡単ですが、実際は急な階段で登るのは意外と大変なんですよ。

上から見ると、あらためて高低差に驚きます。

Img_1416

階段の途中には36体の童子像があります。
でも、登るのに精いっぱいであんまり見る余裕がありません。(^^;)

Img_1406

こちらが護摩壇。
大同2(807)年、弘法大師が東北行脚の途中に築き、八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが始まりといわれています。

Img_1408

Img_1412

その弘法大師尊像もそばに立っています。

Img_1413

Img_1415

しっとりとした神社・仏閣もまた、風情があっていいものですね。

Img_1424

---

山本不動尊
 〒963-5685 福島県東白川郡棚倉町大字北山本字小檜沢94番地2
 TEL 0247-33-2445
 FAX 0247-33-4156
 公式サイト http://www15.ocn.ne.jp/~y-fudou/

 Img_1422

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 冬の使者 ~ 大池(白河市表郷) | トップページ | 2つの街道が交差する道 ~ 国道294号線(1:奥州街道編)(白河市) »

東白川郡」カテゴリの記事

棚倉町」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/38016140

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の雨にしっとりと ~ 山本不動尊(棚倉町):

« 冬の使者 ~ 大池(白河市表郷) | トップページ | 2つの街道が交差する道 ~ 国道294号線(1:奥州街道編)(白河市) »