« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

今年もありがとうございました。

今年も早いもので、あと数日となってしまいました。

2年目の今年は、昨年以上に様々な出会いがあり、スタッフ一同とても充実した日々を過ごしてまいりました。
来年も今年以上に福島県県南地方の魅力を伝えていきたいと考えております。

来年は、1月4日(火)から営業いたします。
来年も、どうかよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年を!!

Dsc00277

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2つの街道が交差する道 ~ 国道294号線(1:奥州街道編)(白河市)

以前、奥州街道会津街道について書きました。
その2本の街道が1本につながっている道、それが今日紹介する国道294号線です。

R294_24

この国道294号線は、実は千葉県柏市から福島県会津若松市を結んでいる241.8kmの長大な国道なのです。
ただ各地では生活道路として使う人が多いようで、全線走破する人はあまりいないようですね。

ここ福島県県南地方においては、以前は白河市と大信村を通る国道でした。
しかしその2市村が合併したため、現在では白河市のみを通過する国道となっています。
(図中のオレンジ色部分です)

今回は3つ。
栃木県境から白河市街までの奥州街道編と白河市街地編、
そして白河市街から天栄村境までの会津街道編でお送りします。

さて、南から走ってみていきましょう。
まず奥州街道の部分である、栃木県境から白河市街までの部分です。

Dsc00024

写真は、境の明神前です。
わずかに車が1台ずつ行き違いできるほどの道幅しかありません。

Dsc00025

とはいえ大多数の車は、国道4号線や東北自動車道を使います。
そこが現代の東北の玄関口とするならば、奥州街道の玄関口であるこことは北西に5kmほど離れていることになります。

Dsc00029

境の明神を越え、かつて白坂宿があった白坂地区を通ります。
以前書いた通り、この道は江戸と東北を結ぶメインルートでした。
(遡ること古代律令時代には、ここより南東約6kmの場所がメインルートでした。

Dsc00028

Dsc00026

白坂を過ぎ、しばらく北上すると国道289号線と合流します。
国道289号線は甲子トンネルでも書きましたが、新潟市と福島県いわき市を結ぶ国道です。(一部不通区間あり)
県南地方では、鮫川村から西郷村までの約60kmを横断しています。

Dsc00032

次回は、白河市の中心市街地部分を走ってみたいと思います。

---

国道294号線

 総距離:241.8km
 起点:千葉県柏市
 終点:福島県会津若松市

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の雨にしっとりと ~ 山本不動尊(棚倉町)

小雨降る12月某日。
棚倉町の山本不動尊にお邪魔しました。

ここは紅葉も見事ですが、雨にぬれる山本不動尊は静寂と和を感じさせてくれる素敵な景勝地でもあります。

過去何度か山本不動尊は訪れていますが、今回はいくつか解説を交えながら紹介しようと思います。

まず、正門。
「奥州山本不動尊」の文字が、歓迎してくれます。

Img_1354

門を抜けると、阿形吽形(アギョウ・ウンギョウ)の2体の金剛力士像がお出迎えです。

Img_1355_2

こちらは阿形像。
怒りの表情といい筋肉のつきかたといい、仁王様の風格を帯びていますね。

Img_1358

Img_1356

そしてこちらは吽形像。
眉間のしわ一本一本にまで、力を感じます。

Img_1359

Img_1360

しかしこの2体。
表情だけでなく、実はなかなか見えない場所に違いがあるのです。
それは裾(すそ)の部分。

阿形像の裾は幾重にも波打っていますが、
Img_1362

吽形像の裾は、波打ち具合もおだやかです。
Img_1361

はじまりは激しく、終わりはゆるやかに、ということでしょうか?
ツウならここまでチェックしたいところです。

その後に並ぶ灯篭は、それぞれ四神(青竜、朱雀、白虎、玄武)と動物が刻まれています。
写真のこちらは、白虎と鹿です。

Img_1363

参拝客の多くはスルーしてしまうのですが、これがよく見ると実に面白いです。
ぜひ、4つすべてチェックしてみてください。

Img_1364

さて、参道を進むと護摩殿が見えてきました。
境内の中心にあって、初詣で節分にはたくさんの方が訪れます。

Img_1384

Img_1386

Img_1391

境内にはさまざまな建立物があります。
980kgもの大梵鐘がある鐘楼堂や、近年の好景気を願って建てられた宝船七福神があります。
もちろん願い事が描かれた絵馬もたくさん奉納されていました。

Img_1388
<鐘楼堂>

Img_1390
<宝船七福神>

Img_1392
<絵馬>

その護摩殿から山向かいに見えるのが、護摩壇です。
洞窟のもとに弘法大師尊像が安置されています。

Img_1393

写真で見ると、結構急な石段ですね。
段数は130。
130と言うのは簡単ですが、実際は急な階段で登るのは意外と大変なんですよ。

上から見ると、あらためて高低差に驚きます。

Img_1416

階段の途中には36体の童子像があります。
でも、登るのに精いっぱいであんまり見る余裕がありません。(^^;)

Img_1406

こちらが護摩壇。
大同2(807)年、弘法大師が東北行脚の途中に築き、八溝山系に住む悪鬼を調伏祈願したのが始まりといわれています。

Img_1408

Img_1412

その弘法大師尊像もそばに立っています。

Img_1413

Img_1415

しっとりとした神社・仏閣もまた、風情があっていいものですね。

Img_1424

---

山本不動尊
 〒963-5685 福島県東白川郡棚倉町大字北山本字小檜沢94番地2
 TEL 0247-33-2445
 FAX 0247-33-4156
 公式サイト http://www15.ocn.ne.jp/~y-fudou/

 Img_1422

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の使者 ~ 大池(白河市表郷)

先日、阿武隈川河川敷で白鳥さんをお伝えしましたが、
今日は白河市表郷の大池の白鳥さんを紹介します。
(情報元は白河観光物産協会のコミネコちゃんです。毎回ありがとう~!)

ちなみに大池には昨年も訪れています。
そのときは、カモさんが主役と書きましたが……

Img_1576

やっぱりカモさんがいっぱいいました。

でも、今回は白鳥さんをに注目してみます。
純白で立ち姿が美しいですね。

Img_1575

Img_1573

Img_1574

あっ、目と目があいました。
まさに「ども。コンチワ」状態。

Img_1578

県南地方も冬本番ですね。
白鳥も訪れる福島へぜひ、おいでください!

でも、鳥インフルエンザ対策のため、野鳥に触れたりしないでくださいね。

Img_1579

---

大池(白河市表郷)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国道でジャンケン?! ~ 国道4号線

県南地方の国道4号線を走っていると見かけるこのマーク。

グー?
Dsc00055

パー?
Dsc00053

グーとパーばっかりで、チョキがありません。

走っていると突然現れたりして、よくわからないサインなのですが実はこれでした。
Dsc00051

「凍結抑制剤の散布区間」だったんですね。

白河市や西白河郡内は、降雪量はそれほどでもないのですが、
冬場は気温が低く、路面凍結しやすい地域なのです。

そのため東京で田舎暮らしセミナーをする際は、
スタッドレスタイヤが必要ですよと毎回お伝えするくらいです。

関東と同じ感覚で走ると、走れなくなって渋滞を引き起こすことも考えられます。
福島県県南地方に移住する場合は、少なくともスタッドレスタイヤが必要になります。

ちなみに、凍結抑制剤の成分は塩化ナトリウム、いわゆる塩です。
そのまま放っておくと車の下まわりから錆びてしまうこともありますので、雪道を走った後は下回りも水洗いしたほうがいいでしょう。

移住を考える前に、ちゃんと装備をそろえることも大事なことですね。

---

参考:郡山国道事務所

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大盛況!ありがとうございました!! ~ ほっとする、ふくしま。大交流フェア2010

告知の通り、去る12月19日、東京池袋のサンシャインシティ・ワールドインポートマートビル内で、ほっとする、ふくしま。大交流フェア2010が開催されました。

Dsc00213

ラクラスしらかわもブース出展してきました。
待つだけでなく、たくさんの方々にお声掛けしてパンフレットをお渡ししてきました。

Dsc00080

ここで、佐藤雄平福島県知事がラクラスしらかわブースに訪問。
僭越ながら、今年あたらしく作成した県南地方のパンフレットや移住された方々などについてご説明いたしました。

D041

知事にはパンフレットをお持ちいただきました。
ありがとうございました。

さて、私達だけでなく各市町村・団体からもブース出展していて、各地の産品が目白押しでした。

ラクラスしらかわのお隣は、SHIRAKAWAえきかふぇ(楽市白河)さん。
当日はおかげさまで、白河だるまバーガー完売だそうです!

Dsc00211

泉崎村さん。

Dsc00098

矢吹町さんは地元産野菜の販売がメインですね。

Dsc00106

県の観光交流課さんや企業局さん。
移住セミナーでは、いつもお世話になっています。

Dsc00087

Dsc00090

たくさんのお客様にまじって、ゆるキャラちゃんはっけーん!
西会津町のこゆりちゃんと、桑折(こおり)町のホタピーちゃんです。
ゆるくて、めんこいなぁ。(^^)

Dsc00133

Dsc00188

会場入り口では、ウルトラマンと撮影ができるコーナーも設けられていました。

Dsc00116

なお、福島空港ではウルトラマンが常設展示されています。
こちらもよろしくお願いします!

他にも、様々なイベントや人でにぎわっていました。

Dsc00104

Dsc00092

Dsc00112

Dsc00119

Dsc00141

Dsc00127

一方、おなじビルの地下1階ではFIT(福島(F)・茨城(I)・栃木(T)広域連携の愛称)フェアも開催中。
こちらも大盛況でした。

Dsc00146

と思ったら、なにか騒がしくなってきました。
白河市のヒーロー・ダルライザーがダイスと交戦中でした。

Dsc00170

Dsc00171

しかし、ダルライザーだけでなく、ダイスの面々もカッコいいですなぁ。

Dsc00165

Dsc00186

最後は、福島県ゆかりの著名人と知事とのトークショー。
今回のゲストは冲方丁さん。

Dsc00195

冲方さんは福島市在住。
トークショーでは、夜に見える満天の星空がとてもきれいだ、ということをおっしゃっていました。

Dsc00200

大勢のお客様に来ていただきました。
私どもでも様々なお客様とお話をさせていただくと、ずっと東京生まれ東京育ちの方もいましたし、出身地が福島だという方もたくさんいらっしゃいました。
こういったイベントでもっと福島県を知っていただけると、福島に行ってみたい、もしくは住んでみたいというお客様がたくさん増えるかもしれませんね。

Dsc00068

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「私の好きな白河の景観50選」発表!

白河市主催、NPO法人しらかわ建築サポートセンター協力による「私の好きな白河の景観50選」が発表になりました。

Dscn4363

これは、一般募集で事前に応募された白河市の写真から、50もの景観を選んだものです。
小峰城、南湖公園といった代表的なものから、白河駅、市街地、また樹木や自然、旧跡など17のジャンルに分かれています。

Dscn4364

中でも50選中6つは南湖公園の景観が選ばれました。
ひとくちに南湖公園といっても、松並木、桜の風景、南湖神社など、さまざまな顔があり、写真に収められていた風景も人によってさまざま。
感じ方の違いで同じ南湖公園の美しさが変わってきます。

Dscn4365

白河市の違った顔が伺えるかもしれませんね。

また、「私の好きな白河の景観50選」のうちベスト12に選ばれたのはこちら。

・白河提灯まつりと人々
・妙関寺境内と乙姫桜
・南湖公園千世の堤から見る那須連峰
・鹿嶋神社境内と周辺の自然
・小峰城三重櫓と桜
・谷津田川せせらぎ通りと周辺の自然
・JR白河駅舎と周辺の街並み
・白河の関跡と周辺の自然
・ビャッコイと周辺の自然
・聖ヶ岩と周辺の自然
・鶴ヶ池自然公園と周辺の自然
・境の明神境内と周辺の自然

Dscn4367

尚、応募写真作品の展示がマイタウン白河1Fギャラリーにて開催されています。

開催期間/平成22年12月26日(日)まで

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川のB級グルメできました ~ おらが丼ぶり(東白川地区広域連携)

かねてより、東白川郡内で魅力的な食材をあつめたB級グルメを作ろうという動きがありました。
このたび、ついにそのB級グルメがお披露目されました。

それがこちら! 「鶏そぼろと味噌南蛮蒟蒻丼」です!!

Img_1896

発表式典は去る12月16日、道の駅はなわレストラン天領にて行われました。

Img_1883

Img_1888

Img_1894

開発には、ヴィライナワシロ総料理長・山際博美さんの尽力があったそうです。

Img_1912

まず、東白川地区の産品は何か、ということから開発スタート。
米、こんにゃく、きのこ、エゴマ……それらを活かしながら、さらに家庭的で親しまれるためには何がいいか、ということを協議して生み出された逸品が、今回の丼ぶりなのです。
開発には半年もかかったとおっしゃっていました。

Img_1901

Img_1898

「こんにゃく=脇役」という概念をもたれる方が多いので、
地域をアピールするためにも、あえてこんにゃくがメインという意外性を盛り込んでみたそうです。

Img_1906

食べてみないと、味がわかりませんよね?
ということで、記者もいただいちゃいました~(^^)/

Img_1909

普通のそぼろ丼かとおもいきや、そぼろが甘辛いですね。
あっ、ほんのり麻婆豆腐のような味付けですね。

山際シェフによれば、特産品のこんにゃくに合うのは何かということから蒟蒻味噌南蛮になったのだそう。
ほうほう。

で、そのこんにゃく。
太っ! そして長っ!!

Img_1916

しかも、歯ごたえバッチリ!

あえてこのサイズにしたのは、味が染みるようにとのことでした。

なるほど、しかし……噛みごたえがあってこのボリューム。
記者は食べ切りましたが、ものすごく腹持ちが良すぎますね。
もう少しボリューム控えめのほうが、女性にも食べやすいのではないかな……

と考えていたら、次のコメントが聞こえてきました。
「今回は発表会で、今後改善していく予定ですからご意見があれば遠慮なくください」

あ、そうだったんですね。
それでは、遠慮なく3点。
・こんにゃくがもう少し控えめでもいいかな。
・それか小鉢サイズがあると、女性や子供に受けるんじゃないかな。
・近くに牛丼チェーンが開店しても対抗できるよう、価格はおさえめにお願いします。

ただ、食物繊維が多く含まれるだけに、B級グルメだけでなく体にも優しい逸品としても販売できそうですね。

価格はこれから決めたいとのこと。
その後、東白川地区飲食店で新メニューとして販売していくとのことでした。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤマトタケル伝説の息づく霊山 ~ 建鉾山(白河市表郷)

白河市表郷地区に、建鉾山(たてほこやま)と呼ばれる山があります。
(一説には「武鉾山」とも「武戈山」とも言われています)

以前、建鉾山についても書いたのですが、天気もいいので今回あらためててっぺんまで登ってみました。

Img_1568

登りながら、もう一度建鉾山についておさらいしましょう。

建鉾山は標高402mの小さな山です。
白河地区の標高が350m前後であるので、そんなに高くない山です。

Img_1551

登り口は2か所、高木登山口と三森登山口があります。
登山口の近くには、それぞれ都々古山神社と都々古和気神社が建てられています。

三森登山口の近くには三森遺跡があり、祭祀が行われていたと思われる遺跡が発掘されています。
また古くはヤマトタケルノミコトが、蝦夷征伐に赴く際に建鉾山を訪れ、山頂にあった岩に自らの鉾を立てて神に勝利を祈ったといわれます。
古代から信仰のあった山だったのですね。

Img_1552

途中にはNHKのテレビ中継所が建っています。
アンテナの向きは、ちょうど真北の方向かな。

Img_1554

しかし結構、勾配があって脚に来ますな(^^;)
そんなに高くないと書きましたが、イコール登りやすいとはいかないようで……

Img_1555

Img_1566

登れば登るほど、岩がむき出しになっていきます。

Img_1556

やっとてっぺんにつきました。

Img_1557

Img_1559

すごいですね!
表郷だけでなく建鉾山北方が180度見渡せます!

Img_1560
<北西(関山・白河市街方面)>

Img_1561
<北(泉崎・中島方面)>

Img_1562
<北東(石川・浅川方面)>

北方制圧を考えていたヤマトタケルが、鉾を立てて戦勝祈願した理由はこれだったのかもしれませんね。
登りの疲れが吹っ飛んでしまう。
これも、何か不思議なエネルギーのある山の証拠なのかもしれませんね。

---

建鉾山
 〒961-0414 白河市表郷高木字高野峯山
 参考:白河市公式ホームページ(建鉾山祭祀遺跡)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと写真塾 第6回写真展

マイタウン白河3Fギャラリーにて、「ふるさと写真塾 第6回写真展」が開かれています。

Dscn4353

ふるさとの風景や自然、そこに生きる人たちをやさしく写した写真展です。
「ふるさとの風景を写真の残していくのも、この写真塾の目的なんです」
と、塾長の近藤さんはおっしゃいます。

Dscn4355

日々移ろいゆく人や風景。
そんな時間の一コマがカメラに収められているようです。

Dscn4354

「ふるさと写真塾 第6回写真展」

開催期間/平成22年12月19日(日)まで
開催時間/10:00~18:00(最終日17:00迄)
場所/マイタウン白河3Fギャラリー
    白河市本町2

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島空港で展示会開催中です! ~ 福島空港イベントスペース

このたび、福島空港イベントスペースにてラクラスしらかわの展示会を開催することになりました!

Img_1836

Img_1842

福島空港内で、福島県県南地方の写真展示や住みやすさのPR、
およびパンフレットの無料配布を行なっています。

県南地方の合併前の3村も含めた12市町村各地の写真と、

Img_1813

Img_1818

Img_1880

私達がセミナーでご案内しているスライド資料の展示、

Img_1823

Img_1826

またパンフレットなどを配布しております。

Img_1834

写真は、いままでの取材で取り集めた数々の風景。

スライド資料は、たくさんの方々の目を引くように、あえて目立つように直しました。

Img_1827

パンフレットは各市町村だけでなく広域的な紹介を載せたものまで多彩なラインナップで用意いたしました。

Img_1812

展示期間は、来年1月13日まで。
ぜひ、お立ち寄りください!!

Img_1851

<福島空港>

~~~

追記(2010.12.16)

2010年12月15日付 福島民友新聞に記事が載りました!
ありがとうございます!!

20101215__

~~~

---

ほっとするふくしま・県南田舎暮らし

 開催期間
  2010年12月14日(火)~2011年1月13日(木)
 開催場所
  福島空港ターミナルビル1階 イベントスペース(アクセス地図

  福島空港のイベント告知ページ
  http://www.fks-ab.co.jp/event/event_detail.php?event_id=127

 ※担当者は常駐しておりませんので、ご注意ください。
 連絡先は、「ラクラスしらかわ」までお願いいたします。

 連絡先
  ラクラスしらかわ(福島県県南地方定住・二地域居住相談所)
   〒961-0905 福島県白河市本町2番地 マイタウン白河2階
     TEL・FAX 0248-29-8595
     (受付曜日/月~土 受付時間/AM9:00~PM6:00)

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御神楽奉奏で霜月例大祭を祝う ~ 八槻都々古別神社(棚倉町)

「奥州一之宮」こと棚倉町の八槻都々古別神社。
去る12月11日、昨年に引き続き霜月例大祭が行われました。

Img_1534

霜月とは11月を指す言葉ですが、旧暦11月(冬至を含む月)も指します。
そういえば、来週には冬至がありましたね。

神社前には八槻市が開催されていて、にぎわっていました。

Img_1472

10時ちょうど。
おごそかに例大祭が始まります。

進行を務めるのはこちらの女性2人。
凛とされているのが印象的でした。

Img_1478

さて、例大祭のメインイベント、御神楽奉奏が始まりました。
御神楽奉奏は国指定重要文化財にも指定されているんですよ。

Img_1491

こちらはヤマトタケルでしょうか。
手にはクサナギの剣らしきものを携えています。

Img_1500

気迫の立ち居振る舞いが披露されました。
戦いのあとに、五穀豊穣を祈願しているかのようです。

Img_1514

Img_1527

一方、こちらでは参拝客も多数訪れていました。

Img_1532

人の祈りであふれる例大祭なのでした。

Img_1537

---

八槻都々古別神社

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いときには心も灯そう ~ イルミネーション点灯式(JR白河駅)

去る12月10日、JR白河駅前でイルミネーション点灯式が行われました。

これは翌年2月11日(だるま市開催日)まで、白河駅舎と駅前ロータリーをライトアップするというものです。
点灯式には白河市長や福島県県南地方振興局長、またJR白河駅長などがあつまり、いっせいに点灯ボタンを押しました。

Img_1448

Img_1453

一斉にライトオン!
白河駅前が明るく彩られました。

Img_1457

Img_1465

当日は和太鼓や女声合唱団「クール・ドゥ・ソワ」の女声コーラスも披露されました。

Img_1469

実は、Ust白河さんが動画共有サービス「Ustream」で、式典の様子をライブ中継していたんですね。
白河市の情報をお伝えするとのことですので、今後の白河情報をチェックするにはこちらも見逃せませんね。

---

白河駅前イルミネーション

 点灯期間
  平成22年12月10日(金)~平成23年2月11日(金)
 点灯時間
  17:00~23:00

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の甲子高原2 ~ 堀川ダム(西郷村)

先日、国道289号線沿いの甲子高原を書きましたが、
今度は同じ西郷村内の堀川(ほっかわ)ダムを訪ねました。

その前に国道289号線をもう一度。
先日の記事と同じ日に撮影したのですが、長いトンネルを抜けたとたんに快晴が広がりました
小説「雪国」みたいですね。

Img_1327

堀川ダムにつきました。
空が澄みきっているせいか、遠くは関山が見えます。

Img_1337

Img_1333

冬になったせいか、より空がくっきり映えて見えます。
雲がつかめそうな甲子高原へ、ぜひ遊びに来てください。

Img_1338

---

堀川ダム

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の甲子高原 ~ 国道289号線(西郷村)

昨日、県南地方の東端・鮫川村の鹿角平高原をお伝えしましたが、
今日は県南地方の西端・西郷村の甲子高原をお伝えします。

まずは甲子大橋。

橋自体は交通量もあってノーマルタイヤでも走れる状態ですが、
大黒屋さんに抜ける脇道(写真の左側に降りていく道)は、ガッチガチに凍っていました。

Img_1321

こちらは旧道。
雪が積もってガリガリに凍ってました。
ちなみに大黒屋さんの先は細く勾配もきつい道のため、通行止めです。

Img_1324

踏むと、氷がパリパリと割れていきます。

秘湯・大黒屋さんもうっすら雪化粧でした。

Img_1323

冬は、もう訪れています。
風は強く、気温は0℃を指していました。

Img_1318

一段と空気がきれいな西郷村へ、ぜひお出かけください。

Img_1319

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪化粧 ~ 鹿角平高原(鮫川村)

空の美しい鮫川村・鹿角平高原にやってきました。

Img_1305

この日は早朝に雪が降ったようで、緑の草原が雪に覆われていました。

Img_1303

東北というと豪雪のイメージをもたれる方もいらっしゃいますが、
福島県県南地方は太平洋岸気候に属するので、豪雪に悩まされる心配がないんです。
そんな一コマでもあります。

Img_1304

雪化粧の美しさも福島県の魅力のひとつ、なのかもしれませんね。

Img_1301

---

鹿角平高原

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

白鳥さんも寒そうでした ~ 阿武隈川(白河市東)

ヒョウも降った先週末。
白河観光物産協会のコミネコちゃんも訪ねた阿武隈川に、白鳥さんを見に行きました。

Img_1279

河の中州をご覧ください。
白鳥さんが群れで休んでいますね。

Img_1270

Img_1272

Img_1273

しかし、このどんよりした雲。
冬の東北を象徴する厚い雲が出来ていました。
(雨が強かったので、河は激流でした)

次は晴れている日に行こうかな……。

Img_1266

それでも、白鳥さんにとってはシベリアよりは過ごしやすいのかな。
冬の到来を感じる一コマなのでした。

Img_1278

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東白川をもっと元気に! ~ 第2回ひがししらかわ元気づくり懇談会(棚倉合同庁舎)

去る12月3日、棚倉町の棚倉合同庁舎にて「平成22年度第2回ひがししらかわ元気づくり懇談会が開催されました。
前回はこちら。10月4日に行われました。

Img_1261

県や各団体が取り組んでいることの経過報告、およびそれに伴う意見交換がなされました。

Img_1265

ただ、いくつか課題も見えてきました。

まず、県南地方に点在する空き家を移住希望者に提供できる物件にまで昇華させることが出来るかということ。

過疎地域に空家が増えているなどと言われていて、それは事実なのですが、そのままでは移住希望者に提供できないことが多いのです。
家の持ち主は別の場所に住んでいて、でも生家だからなるべく手放したくないという人に、どう交渉するのか。
永年人が住んでいないために建物が劣化しており、その後売れるかもわからないのにお金をかけてまでリフォームするのか。
あるいは建物を売買賃貸問わず個人間取引をすると、その後にトラブルが発生した場合に責任をなすりつけ合う可能性が高いことも考えなければなりません。

次に、過疎地域にブロードバンド環境が整いつつあるがその次の具体的な政策はあるのか、といったこと。

例えば、高齢者にも親しみを感じてもらえるような政策は考えているのかとか、テレビ電話のようなもので在宅診療できるようなことは考えているのかなどといった意見が上がりました。
確かに過疎地域の中には、救急車を呼んでも到着までに30分以上もかかるなんて地域もたくさんあります。
いざという時に救急車の到着をただ待つのではなく、事前に高齢者が病気を未然に防げるような活動が必要なのではないか、といった切実な意見もあがりました。

それに対しての具体的な政策はまだないようでしたが、高齢者だけでなく移住にもつながってくる問題なので私達としても見過ごせる問題ではないと強く感じました。

ただ、一部町村については防災無線のかわりにIP電話や双方向通信をつかった行政と住民とのやり取りも始まっているとのことでした。

Img_1263

1つ目の問題は、宅建業法や農地法などの法的な問題もあり間に不動産業者などが介入しないとクリアできない問題かもしれません。
ラクラスしらかわでは県南地方の不動産業者の方々と連携して物件情報の提供や公開を行なっていますが、この連携基盤を引き続きより強固に作っていくことが大事なんだなとあらためて考えさせられました。

2つ目の問題は、民間だけでは難しいのかなということを率直に感じました。
かといって、行政任せでもうまく機能しないものなのかもしれません。
こういった難題こそ、民間だけでなく民間と行政とが密に連携して進めていかなければならないのでしょうね。

そのためには、やはり意見をきっちり言ってやるべきことはやっていくことが、一番大事なのではないでしょうか。
そこで定住・二地域居住推進事業をしている私達としては、本来の業務以外に県南地域を今後も引き続きPRしていきたいと考えています。

そんなわけで、また告知です。

12月14日から1月13日まで、福島空港ビルでの展示を予定しております。
また、12月19日(日)は東京・池袋で「ほっとするふくしま。大交流フェア」に参加してまいります。

お近くにお住いの皆様、ぜひこちらにもおいで下さいませ。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気づく心が結びにつながる ~ ユニバーサルデザイン推進セミナー(白河合同庁舎)

先日告知しました「”地域に広げる思いやり”ユニバーサルデザイン推進セミナー」が去る12月4日(土)、白河市の白河合同庁舎で行われました。

告知でもユニバーサルデザイン(以下、UD)については少し書いてみたのですが、あらためてUDってなんだろう?って思っちゃいますよね。
簡単にいうとUDとは、「誰もがどのような場合でも使用することが出来るための発想や考え方」のことです。

例えば、ガビョウ。
昔のガビョウって金色で刺すと抜きにくく、また散らかってしまうと針が上を向いて危なかったんですよね。
でも、こんなガビョウ(コクヨ・プニョプニョピン)なら抜きやすいし、針が上を向くこともないんです。
これなら子供からお年寄りまで扱いやすいし安全です。
UDを具体化させると、こういった形になるんですね。

今までは、「日本人で健康な成人」だけを利用者として考えられることが多々あったと思いますが、これからは外国人だったり健康でない人だったり、あるいは高齢者や子供など誰でもが不便なく使えることを念頭に置いた考えが大事ですよということです。

Img_1295

Img_1290

セミナーは大好評で、会場はお客さんで埋め尽くされてしまいました。
講師は、福島県UD推進協議会の冨樫さんと齊藤さん。

セミナーでは、身近にあるけれど気が付かなかったUDなども紹介されました。
例えば、丸印に「P」とあれば駐車場だし、「?」とあれば案内所、
男性と女性の絵が描いてあればトイレを指しているのだとわかります。
言われてみると、たくさんあるものですね。

UDのおかげで「みんなにやさしい」が実現しそうですね。
これを踏まえて、まちづくりをみんなで考えていきましょうというのが主旨でした。

また、誰にでもできる「ボッチャ」というスポーツの紹介もありました。
子どもからお年寄り、障がいの有無にかかわらず誰もが参加できるスポーツで、パラリンピックの正式種目でもあるんだそうです。

Img_1292

このボール、つかみやすいし、もにゅもにゅ感がいいですね(^^)

なお、今月と来月、合計3回ワークショップも開かれる予定です。
いろいろ楽しさに気づくワークショップになると思います。
ぜひ、申し込まれてみてはいかがでしょうか?

Img_1291

---
「気づきの心が、人を結ぶ、地域を結ぶ…
“地域に広げる思いやり”、ユニバーサルデザイン推進事業」

日時(ワークショップ)
 平成22年12月14日(火)、12月21日(火)、平成23年1月11日(火)
  (いずれも 19時~20時30分)

開催場所
 福島県白河合同庁舎
  (白河市字昭和町269)

参加申し込み先
 TEL:024-953-6093

お問合せ
 福島県UD推進協議会
  (特定非営利活動法人 うつくしまNPOネットワーク内)
   福島県郡山市小原田2-19-19
   TEL.024-953-6092 FAX.024-953-6093

主催
 福島県県南地方振興局・福島県UD推進協議会

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小峰城「彩」発見! ~ 第5回「白河彩発見」ぶらりまち歩きのお知らせ

初冬の白河を歩いてみませんか?

いよいよ寒くなってきて凛とした空気に包まれるようになってきました。
来たる12月11日(土)、白河小峰城を探る散策イベント「第5回『白河彩発見』ぶらりまち歩き」が開催されます。

Img093_2

JR白河駅を出発し小峰城を散策するコースです。
ツーリズムガイド白河の方が小峰城を案内します。

参加費はお一人様1,000円。
事前申し込みが必要です。

詳しくは楽市白河さん(TEL:0248-27-1448)までどうぞ!

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「まほろん」餅つき大会のお知らせ

白河市の福島県文化財センター「まほろん」。
こちらでは12月5日(日)に「餅つき大会」が開かれます!
Dscn4315
餅つき体験をされた方にはお餅の試食もありますよ。

また、石臼での「きなこづくり体験」もありますので合わせて体験してみてはいかがでしょうか?

同時開催として、
白河市表郷地区などの伝統的な「餅つき行事の映像」の上映と、
餅つき道具などのミニ展示を行う
「餅つき行事のビデオ上映会とミニ展示!」、
メンコ、お手玉などの昔懐かしの昭和の遊びを体験できる
「昭和の遊びを体験してみよう!」
も開催されます。

また、「アクアマリンふくしま」から移動水族館がやってきます!
こちらは12月4日(土)の午後から行われます。

まほろん「餅つき大会」

日時/平成22年12月5日(日) ※雨天決行

場所/まほろん野外体験広場

餅つき実演時間/10:30~11:00

餅つき体験時間/①午前の部 11:00~(先着250名様)※9:30から整理券配布。
               ②午後の部 13:30~(先着200名様)※13:00から整理券配布。

※餅つき体験をされた方にはお餅の試食があります。

きなこづくり体験時間/9:30~15:00

「アクアマリンふくしま」移動水族館

 12月4日(土)…13:00~16:00
 12月5日(日)…10:00~16:00

「まほろん」告知ページ

福島県文化財センター白河館「まほろん」 
 福島県白河市白坂一里段86
 TEL0248(21)0700

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泉崎の新しい文化活動拠点ができました! ~ 泉崎図書館(泉崎村)

泉崎村は12月1日、泉崎資料館内に泉崎図書館を開館しました。

Img_1197

Img_1200

Img_1201

さっそく新マスコットキャラクター「いずみちゃん」もお出迎えです。

Img_1198

休憩場所もあるんですね。
ここなら静かに本が読めそうです。

Img_1215

カードの発行も行われました。
このカードは「リライタブルカード」といって、結構高いんだそうですよ。
将来的には貸し出し冊数に応じて貯まったポイントをさまざまな特典と交換できるようにもしたいともおっしゃっていました。

Img_1225

Img_1226

こちらの袋は、ボランティアスタッフさん達が『泉崎図書館サポーター』として無償で作られたのだそうですよ。

Img_1230

まだ蔵書数は少なく、埋まっていない本棚もありましたが、県との連携で年度内には7,000冊近くまでそろえたいとのことです。

Img_1221

---

泉崎図書館
 〒969-0101 泉崎村大字泉崎字舘24-9(泉崎資料館内)
 TEL:0248-53-4777

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして、「いずみちゃん」です! ~ 泉崎村イメージキャラクター(泉崎村)

泉崎村にかわいくて新しいマスコットキャラクターが誕生しました。

その名は「いずみちゃん」
勾玉がトレードマークの8月28日生まれ(ハニワだから)、推定1400歳。
性格はおしゃべり好きで、泉崎の魅力を話したい陽気な子とのことです。

Img_1232

関和久官衙遺跡群に代表されるように、泉崎村は古代白河地方の遺跡が眠る街です。
泉崎資料館に展示してある埴輪像をモチーフに、いずみちゃんが生まれました。

そして村ではかねてより名称を募集していたのですが、12月1日に泉崎資料館内で発表式典がありました。

応募総数は900通以上。
北は北海道から南は北九州からとたくさんの方から送っていただきました。

式典では「いずみちゃん」の愛称を考えてくれた泉崎村内在住の有賀琢弥君(お母さんが代理)を含め、入選・佳作該当の合計9名が受賞されました。

Img_1239

Img_1240

なお、「いずみちゃんストラップ」は泉崎資料館を訪れた先着50名様にお渡ししています。
こちらはお早めにどうぞ!

Img_1247

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の味・技・ひとが池袋に大集合します!! ~ ほっとする、ふくしま。大交流フェア2010

来たる12月19日(日)、池袋・サンシャインシティ(東京都豊島区)にて「ほっとする、ふくしま。大交流フェア2010」が開催されます。

Img_1170

B-1グランプリでも有名になった「なみえ焼きソバ」をはじめとした福島のご当地グルメや、
映画「フラガール」でも話題になったフラ&タヒチアンダンスショウ、
東京にいながら福島が体感できちゃうイベントが目白押しです!

当日のゲストは「冲方 丁(うぶかた とう)」さん。
冲方さんは福島市に在住で、小説を書かれたりコンピュータゲーム制作を手掛けていらっしゃいます。

冲方さんと福島県知事とのトークショーも予定されています。
いったいどんなトークショーになるのでしょうか?

さてさて、私たちラクラスしらかわも池袋でPR活動予定です。
当日は、白河市のご当地バーガー「白河だるまバーガー」のお隣におります。
みなさま、ぜひお声掛けしてください!
(当日の移住相談も承ります)

---

ほっとする、ふくしま。大交流フェア2010

 日時 2010年12月19日(日)11:00~17:00
 場所 池袋・サンシャインシティ ワールドインポートマートビル4階
  (東京都豊島区東池袋3-1、JR池袋駅より徒歩8分)
 公式サイト http://www.pref.fukushima.jp/fui/daikouryu/daikouryu2010.html

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »