« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

「ユニバーサルデザイン」について考えてみましょう~セミナー&ワークショップのお知らせ

「ユニバーサルデザイン」という言葉をご存じでしょうか?

ウィキペディアによれば、
「ユニバーサルデザイン(Universal Design、UDと略記することもある)とは、文化・言語・国籍の違い、老若男女といった差異、障害・能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計(デザイン)をいう。」
とのこと。

「どんな方でも使うことのできるようデザインされたもの」と言ったところでしょうか。
参考に文具でおなじみの「コクヨ」さんのページ、

http://www.kokuyo.co.jp/yokoku/ud/

「富士通」ユニバーサルデザインについてのページをご覧ください。

http://jp.fujitsu.com/about/design/kids/ud/

言葉は聞いたことがあるけれど、どういうものかがわからない、という方が多いかもしれませんね。
そんな「ユニバーサルデザイン」について意識を高めよう、といったセミナーとワークショップが白河市内で開かれます。

Dscn4313

「ユニバーサルデザイン」はモノに限ったことではありません。
スポーツにもあるのです。
それが「ボッチャ」。ヨーロッパで生まれた、どんな方でも楽しめるスポーツです。

「日本ボッチャ協会」ホームページ
http://www.boccia.gr.jp/index.html

この「ボッチャ」を通じて、「ユニバーサルデザイン」の必要性を考えていきます。
また、実際に「ボッチャ」を題材としたワークショップも開かれます。

この機会に「ユニバーサルデザイン」ついて考えてみてはいかがでしょうか。

「気づきの心が、人を結ぶ、地域を結ぶ…
“地域に広げる思いやり”、ユニバーサルデザイン推進事業」

日時/
・セミナー 平成22年12月4日(土)13時30分~15時
・ワークショップ 平成22年12月14日(火)、12月21日(火)、平成23年1月11日(火)
              いずれも 19時~20時30分
開催場所/福島県白河合同庁舎
          白河市字昭和町269

参加申し込み/024-953-6093

お問合せ/福島県UD推進協議会
        (特定非営利活動法人 うつくしまNPOネットワーク内)
       福島県郡山市小原田2-19-19
      TEL.024-953-6092 FAX.024-953-6093

主催/福島県県南地方振興局・福島県UD推進協議会

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和時代の白河を見てみませんか?~「結成50周年記念 写友しらかわ写真展」

マイタウン白河3Fギャラリーにて「結成50周年記念 写友しらかわ写真展」が開催されています。

Dscn4298
会員の方々の「自選作品」では人物から風景まで思い思いの作品が展示されていました。

また今回は「昭和のわが郷土」と題し、「昭和の子ども達(昭和30年代より昭和40年代)」、「昭和の風物」、「祭り、行事」、とカテゴリされた写真がずらりと並んでいます。

Dscn4297

こちらでは、今となっては区画整理などにより消えた白河駅前の懐かしい風景や、古きよき昭和時代の子どもたちの表情などが展示されています。

Dscn4309

昔あった映画館や飲食店、ショッピングセンター。
特に「ラクラスしらかわ」のある「マイタウン白河」がその昔「イトーヨーカドー」であった頃の賑わいが懐かしく感じられました。

Dscn4310

20年前、30年前、40年前、50年前…それぞれの世代に懐かしさがあるかと思います。
現在の白河中心市街地で郷愁にひたってみませんか?

「結成50周年記念 写友しらかわ写真展」

開催期間/平成22年12月1日(水)まで
開催場所/マイタウン白河3F
     白河市本町2

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

田舎暮らしコンシェルジュサロンが開催されました。(白河ふるさと回帰支援センター)

去る11月20日(土)、白河市のマイタウン白河内で「田舎暮らしコンシェルジュサロン」を開催しました。
「田舎暮らしコンシェルジュ」とは田舎暮らしについて詳しい人、あるいは誰に聞けば詳しく教えてもらえるのかを知っている人という意味で、使わせていただいている言葉です。

前回までの講座で認定された田舎暮らしコンシェルジュの方を集めて、県南地域のいいところ、悪いところをもう一度再確認し、そのうえでどのようにしていけば地域が良くなるかを楽しく話し合いました。

進行役は星野雅子さん。

Img_1063

座学だと受け身になってしまうので……と、ワークショップ形式でサロンが進んでいきます。

3グループにわかれて県南地域のいいところと悪いところを挙げていきます。
黄色いカードにはいいところ、青いカードには悪いところを書いて関連する項目ごとに分けていきます。

いいところだけでなく悪いところも把握しないと、地域を本当に知ることにはならないし改善もできませんからね。

Img_1015

青いカードもありますが、それよりも多く黄色いカードも出てきましたね。
悪いところも認識できたけれど、それ以上にいいところもたくさんあるなぁということを皆さんで認識することができました。

最後に、各グループの代表者が発表しました。
こうして挙げてみると、認識しにくかった事もみんなで共有することできますね。

Img_1023

あらためて田舎暮らしコンシェルジュの方々が、もっと地域をよくしたいという強い思いを感じることが出来ました。

さて、白河ふるさと回帰支援センターでは、田舎暮らしコンシェルジュ養成講座を今年度も開催予定です。
1月下旬から3回の開催予定です。
時期が近付いたら、追って当ブログでも告知いたします。

Img_1025

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ほっとする けんなん田舎暮らしセミナー」が開催されました ~ ラクラスしらかわ

以前告知しました「ほっとする けんなん田舎暮らしセミナー」を
去る11月19日、ふるさと暮らし情報センター(東京都中央区銀座4-14-11)にて開催しました。
当日は田舎暮らしに興味のある方が多数いらっしゃいました。

私どもからは地震や古民家物件のお話、
また白河市さんや泉崎村さんからは地域の生活情報や分譲地のお得な情報などをお話しさせていただきました。

アンケートを書いていただいた中では、田舎暮らしのイメージが持ててよかったという意見もありましたが、不動産情報や移住後10年~15年後の姿が分かりにくいといったご指摘もいただきました。
来年2月20日にも田舎暮らしセミナーを開催しますので、今回足りなかった内容も含めて、もっと充実した内容でお送りしたいとスタッフ一同考えております。

次回もよろしくお願いいたします。

45

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の烏峠稲荷 ~ 烏峠(泉崎村)

秋深まった11月下旬。
泉崎村・烏峠からの景色を撮影してきました。

Img_1071

Img_1081

Img_1074

Img_1075

こちらは棚倉町方面。
大地の美しさもさることながら、空のグラデーションもきれいですね。

Img_1068

こちらは白河市久田野方面。
遠くにうっすらと那須連山の稜線が見えます。

Img_1072

稲荷神社も色づいていて、こちらのグラデーションもとても素敵でした。

Img_1076

お稲荷様も秋風を感じる一日でした。

Img_1078

---

烏峠

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こもれび大盛況! ~ 福シネマ

先日告知させていただいた「こもれび」。
先行上映会を見てきました!

Img_9904

舞台挨拶は主演の根本博成さんと、西郷村在住の近藤雄大君。
地元のおかげでいい映画が撮れました、とおっしゃっていました。

Img_1090

もちろん映像内容は撮影できないのですが、地元のさまざまな場所で撮影されていて、「この場所見たことある!」という見方もできる素敵なフィルムです。
本格的に上映されたら、ぜひご覧ください!

Img_1084

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩秋の滝川渓谷 ~ 滝川渓谷(矢祭町)

秋も深まる11月中旬。
晩秋の滝川渓谷を訪ねました。

Img_0901

Img_0904

Img_0909

Img_0910

落葉しているものの、中流付近はまだまだ見ごろですね。

Img_0912

Img_0914

Img_0915

Img_0920

この日は紅葉を撮影するために、一眼レフを持った写真家の方々がたくさんいらっしゃいました。
結構、ご夫婦で登られる方も多いんですね。

Img_0931

Img_0958

Img_0963

Img_0968

今年の滝川渓谷は、今週末が最後の見ごろでしょうね。
訪れる方は、ぜひお早めに!

滝川渓谷

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢祭山の秋 ~ 矢祭山公園(矢祭町)

矢祭町の矢祭山公園では、紅葉がとても美しい季節を迎えています。

Img_0858

Img_0862

落ち葉の絨毯がお出迎えしてくれています。

Img_0861

ちょうど水郡線もやってきました。
この日は仙台方面から矢祭山公園と袋田の滝を見学するツアー客のみなさんが訪れているとのことでした。

Img_0889

赤や黄色が空色に映えて、とても美しいですね。

Img_0870

矢祭山公園

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ公開!~映画「こもれび」先行上映会のお知らせ(福シネマ)

白河地区に在住の俳優・根本博成さんが主宰する自主映画製作組織、「福シネマ」による第一回作品「こもれび」が完成しました。

Img_9904
福島県白河市、西郷村、下郷町、栃木県那須塩原市で撮影された「こもれび」の先行自主上映会が、いよいよ本日11月20日(土)、下郷町を皮切りに開催されます。

テーマは親と子、その絆にまつわる映像詩。
映画のスクリーンを通して、白河周辺地区の美しさを改めてご覧になってはいかがでしょうか。

<映画「こもれび」地元特別先行自主上映会>

11月20日(土)
 下郷町ふれあいセンター(下郷町役場となり)
  (1)開場 14:30/上映 15:00~17:00

11月21日(日)
 西郷村文化センター(西郷村役場となり)
  (1)開場 13:30/上映 14:00~16:00
  (2)開場 17:00/上映 17:30~19:30

11月23日(火祝)
 白河はくしんイベントホール(白河信用金庫東支店2階)
  ※駐車場は白河地方農業共済組合をご利用ください
  (1)開場 10:00/上映 10:30~12:30
  (2)開場 13:30/上映 14:00~16:00
  (3)開場 17:00/上映 17:30~19:30

料金:
 前売り券 500円/高校生以下:無料 (当日券は200円増し)
 ※3会場共通チケット、一枚に一回かぎり有効

お問い合わせ先
 福シネマ事務局(NPO法人カルチャーネットワーク内)
  白河市中田140 TEL:0248-22-5271

福シネマ
 http://fukucinema.jp/

主宰・根本博成さんの公式サイト
 http://www.tegaro.jp/nemohiro/

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅から徒歩5秒!の農産物直売所 ~ えきかふぇSHIRAKAWA(白河市)

JR白河駅併設のえきかふぇSHIRAKAWAでは、白河産の農産物直売所を毎週水曜日(第5水曜日を除く)に開催しています。

東地区の「ふれあいの里」さんと、表郷地区の「福寿荘」さんによる出張直売会です。
第1・第3水曜日が「福寿荘」さん、第2・第4水曜日が「ふれあいの里」さんの日です。

Img_0834

Img_0841

Img_0844

ネギも100円です。

Img_0852

駅前で新鮮野菜を買える贅沢を、ぜひ味わってください!

Img_0857

---

えきかふぇ 農産物直売会
 開催日
  毎週水曜日(第5水曜日を除く)
 開催時間
  午前10時~午後2時(商品がなくなり次第終了)
 開催場所
  えきかふぇ・オープンデッキ(JR白河駅舎内)


文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋風とローカル線 ~ JR南石井駅(矢祭駅)

久慈川や日本三大瀑布・袋田の滝などの名勝地を結ぶことでも有名な水郡線。
秋の牧歌的なたたずまいを求めて、JR水郡線・南石井駅へと向かいました。

ホームだけの簡単な駅です。
そこがまた、実に味わい深いですよね。

Img_0263

運よく列車が来ました。
水戸駅行きの列車ですね。

Img_0266

カタコトと列車は走りすぎていきます。

Img_0270

Img_0259

そういえば元パイロットをされていたある移住者の方は、「福島は空がきれいだ。関東とは明らかに空気の澄み具合が違う」ということをおっしゃっていました。

空のきれいな秋の福島路を旅してみませんか?

Img_0258

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

移住のパンフできました! ~ ほっとするふくしまけんなん田舎暮らし(ラクラスしらかわ)

近年、田舎暮らしをお考えのみなさまのために、県南地方振興局さんと合同でパンフレットをつくりました。
題して「ほっとするふくしま けんなん田舎暮らし」です。

Kennan_inaka

各地の見どころもありますが、他地域にはない移住のメリットや、地域に移住された方へのインタビュー記事を載せております。
地元の人間でも気づかない、福島県県南地方の住みやすさを知ることが出来る1冊となっております。

Img_0831

ちなみに福島県は、移住したい都道府県で第1位に選ばれているんですよ。
(平成21年 ふるさと暮らし情報センター来場者調査による)

Img_0832

白河観光物産協会さん、新白河駅広域観光案内所さん、道の駅はなわ(なんなん福島)さん……
各地の観光案内施設などに置かせていただいております。
ぜひ、お手にお取りくださいませ!

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「西白河郡市 小・中学校 造形作品展」が開催されています

白河市のマイタウン3階ギャラリーにて「西白河郡市 小・中学校 造形作品展」が開かれています。
Dscn4282

白河市と西白河郡の小中学生による力作が展示されるこの造形展。

Dscn4283

カラフルで夢いっぱいな作品から、思わず学年を疑ってしまうほどの力作もたくさんありました。

Dscn4281

中学生の作品は自分の内面と向き合った作品が多く、技術力も素晴らしいですね。

白い画用紙に向き合った、子供の頃を思い出してみませんか?

「西白河郡市 小・中学校 造形作品展」

 開催場所/マイタウン白河3階ギャラリー
 開催期間/平成22年11月24日(水)まで

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白河市の紅葉・南湖~翠楽苑~小峰城跡

四季折々が美しい白河市の南湖公園。
例年より少し遅めの紅葉の時期を迎えています。

Dscn4133

観光、ウォーキング、写真を撮る方、

Dscn4136

またこの時期、七五三のお参りをする方など、たくさんの人が訪れていました。

こちらは境内付近にある県文化財「松風亭蘿月庵」。

Dscn4140
松平定信公が好んで使ったといわれる茶室です。
茅葺に紅葉の赤。趣がありますね。

Dscn4143

南湖公園の中にある日本庭園「翠楽苑」も紅葉の見ごろになりました。

Dscn4162_2

Dscn4160

Dscn4184

Dscn4205

続いて小峰城まで足を運んでみます。

Dscn4275
こちらも観光のお客さんでいっぱいでした。

Dscn4247

Dscn4259

城郭内にある銀杏が見事です。

Dscn4279
すぐ隣にあるもみじの赤とのコラボレーションがきれい!

Dscn4278
秋の小峰城もいいですね。

「翠楽苑」

場所/白河市五郎窪山45-1

営業時間/9:00~17:00
(呈茶券の発券は閉園時間の30分前まで)

定休日/12~2月は第2水曜日(祝日の場合は翌日)
3・7月の第2水曜日とその翌日 年末12月28~31日 年始1月2~3日

料金 大人310円(呈茶セット730円) 子供150円(呈茶セット580円)
※呈茶(抹茶と和菓子がつきます)

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高原の夕景 ~ 鹿角平高原(鮫川村)

みなさま、晩秋をいかがお過ごしでしょうか。
今回は、いつもとちょっと違う鹿角平高原をお届けします。

Img_0810

Img_0812

Img_0814

いかがでしょうか。
福島には、夕暮れ時でも空の美しい自然がたくさん残っております。

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かの芭蕉も参詣した古刹 ~ 関山満願寺(白河市)

白河市関辺地区には、白河地方を代表する山の一つである関山(せきさん)があります。

標高は618.5m。山頂に古刹・成就山光明院満願寺があります。
天平2(730)年に行基が聖武天皇の勅命を受けて、光明皇后の御守本尊 閻浮檀金(えんぶだごん)の正観世音を奉持し、この地に創立したとされています。

奥の細道で知られるかの松尾芭蕉も、ここを参詣したと伝えられています。
曾良日記には、「籏ノ宿ヨリ峯迄一里半、麓ヨリ峯迄十八丁、山門有、本堂有、奥ニ弘法大師行基菩薩堂有、山門ト本堂ノ間、別当ノ寺有。真言宗也。本堂参詣ノ比(ころ)、少雨降ル。暫時止。コレヨリ白河ヘ壱里半余。」とあります。
旗宿地区から麓の関辺地区二枚橋へ約6km、そこから山道を登り2km弱登ったところに、山門と本堂、また奥に菩薩堂があったと記されています。

さてさて、天気もいいことですし登ってみましょう。
一路、関辺地区二枚橋方面へ。

Img_0449

自動車を降りて山道をそのまま登ります。
しかしそれにしても、

Img_0452

ひぃ~。

Img_0455

十一丁目。
最初なんのことかと思いました。
丁は長さの単位で、約109mです。

う~ん……終わりが見えてきませんね。

休み休み登ること30分。
不動明王様が見えてきました。
金明水と呼ばれていて、登山者の喉を潤してくれます。

Img_0458

しかし、道の傾きが半端じゃないですね。

そうこうして、や~っと山門跡につきました。
平らになっていて自動車が止められますが、ここまで登れる自動車が果たして何台あるのか疑問です。

Img_0460

源義経が戦勝祈願をして神馬を奉納したと伝えられ、永承6(1052)年、武蔵坊弁慶が「下馬の碑」を建てたといわれています。

Img_0466

Img_0467

南側は木々に遮られながらも、旗宿地区が見えます。
芭蕉達も通った道が遠くまで見渡せます。

Img_0462

Img_0518

さらに登ります。
木々の間から表郷地区が一望できて、疲れもふっとぶかのようです。

Img_0474

Img_0475

銅鐘が見えてきました。
寛文4(1664)年に、時の白河城主本多忠平公が寄進したと伝えられています。
関山一帯は昭和20年に山火事で燃えてしまったそうですが、この銅鐘は残ったといわれています。

Img_0484

そろそろてっぺんが見えてきました。

Img_0488

Img_0491

ついに満願寺に到着しました。

Img_0497

Img_0505

Img_0509

山頂には満願寺のそばに松平定信公の歌碑も建てられていました。

Img_0531

Img_0530

山頂からは、白河市街が一望できます。
この日は本当に天気に恵まれました。
市街地や那須連峰がくっきりと見えます。

Img_0510
<新白河駅・南湖公園方面>

Img_0511
<白河小峰城方面>

Img_0515
<那須連峰>

Img_0523
<白河市街全域>

このはるか南西に富士山があるんですね。
記者の肉眼では確認できませんでした。

Img_0499

芭蕉も訪ねた山は、今も白河の街並みを見守ってくださっているようです。

関山

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (3) | トラックバック (0)

市制施行5周年記念特別企画展~「今井珠泉展」

白河市歴史民俗資料館にて企画展「今井珠泉展」が開かれます。

Dscn4072

今井珠泉さんは白河市出身の日本画家。
昭和31年、院展に初入選以来、奨励賞を5度、日本美術院賞(大観賞)を2度受賞され、
昨年の第94回院展にて文部科学大臣賞を受賞されました。
今回はこの受賞作品をはじめとする作品23点が展示されます。

Dscn4112

また、11月23日(火・祝)には今井画伯による展示解説も行われます。
この機会に美しい日本画の世界に触れてみてはいかがでしょうか。

「今井珠泉展」

 開催場所/白河市歴史民俗資料館
        福島県白河市中田7-1
        電話/0248-27-2310
 開催期間/平成22年11月6日(土)~12月5日(日)
 開館時間/午前9時~午後6時 ※金曜日は午後7時30分まで
 入館料/200円 ※高校生以下無料
 休館日/11月22日(月)※休館日前後で展示作品が一部替わります。

■特別企画 今井画伯による展示解説
  11月23日(火) 午後1:30~ ※申し込みは不要です

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮫川の大自然を満喫! ~ 農的暮らしセミナー(あぶくまエヌエスネット)

今年の東白川都市交流促進事業「農的暮らしセミナー」が無事終了いたしました。
第11回(11月6日)にお邪魔して、どんな様子だったかレポします。

まずは、景勝地レクチャー。
あぶくまエヌエスネットさんの案内で、鮫川村の大自然を知り自然環境に親しみます。

Img_0703

この日は、とっても空気がきれいで空が一段と高く見えました。

Img_0730

右手に見えるのは鹿角平天文台
草原の小高い丘に建つ小さな天文台です。

Img_0717

そしてこちらは江竜田(えりゅうだ)の滝
特定の滝を江竜田の滝というわけではなく、周辺の滝を総称して「江竜田の滝」といいます。

Img_0739

Img_0758

途中で江竜田橋の上から渡瀬川を覗いてみます。
しかしみなさん、よく覗き込めますね。

Img_0769

Img_0773

落ちないでくださいね。
こんなに高いところにいるんですから。

Img_0774

景勝地からもどってきてからは、炭焼き技法のセミナーです。
こんな大きな炭焼き窯で炭を焼くんですね。
奥行3mくらいはあるそうです。

Img_0781

Img_0797

窯のなかからは、前回のセミナーで炭焼きした炭がたくさん出てきました。
なんと米袋20俵分以上も!

Img_0800

炭を出すのでタイムオーバーになってしまいました。
が、みなさん笑顔で実践されていた姿が印象的でした。

Img_0802

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年もやります!水上俵引き! ~ 第21回塙町産業祭(塙町)

塙町の恒例行事となった「塙町産業祭」が今年も開催されます。

目玉はやはり「塙代官カップ水上俵引き競争」!
秋の久慈川に入って米俵が載ったいかだを4人1組で引きあう競技は、まさに激走!

他にもイベント目白押しです。
なお、今年は町制施行55周年の年ですので、
それを記念して、お楽しみ景品付き大投げもち大会(なんと5,500個!)も開催されますよ。

Img_0284

ぜひ11月23日は塙町産業祭へお越しください!

---

第21回塙町産業祭

 日時 平成22年11月23日(火祝) 9:00~15:00
 場所 塙小学校校庭
 イベント
  ・第20回塙代官カップ水上俵引き競争
    メインレース優勝 10万円
    女性の部レース優勝 7万円
    仮装の部レース優勝 7万円
    もれなく参加賞あり
  ・葛飾吹奏楽団マーチングバンド行進
  ・各種表彰式
  ・よさこい
  ・塙中学校吹奏楽部・葛飾吹奏楽団マーチングバンドジョイント演奏
  ・産業祭セレモニー
  ・大飯食い競争
  ・クリフ楽団(葛飾区職員バンド)
  ・天領太鼓
  ・町制施行55周年記念 大投げもち大会 など
 申込・問い合わせ
  塙町まち振興課 TEL:0247-43-2112

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スポーツと芋煮で秋満喫 ~ 交流会inやまつりのお知らせ(矢祭町・鮫川村)

いよいよ秋が深まってきました。
来たる11月23日(火祝)、矢祭町体育センターと舘山ランドで「交流会inやまつり」が開催されます。

汗を流しつつ、秋の味覚も楽しめるイベントです。
今回は鮫川村ともタッグを組んでの開催です。

Img085

みんなで何かを共同で行なうイベントですから、
気兼ねなく参加できるのもポイントの一つですね。

---

交流会inやまつり

 日時
  平成22年11月23日(火祝) 9:00集合
 場所
  矢祭町体育センター(スポーツ交流)
  舘山ランド(芋煮会)
 参加費
  男性 2,000円
  女性 1,000円
 参加対象者
  男性 矢祭町・鮫川村在住独身男性
  女性 町村内問わず独身の方
 申込期限
  平成22年11月16日(火)
 問合せ先
  鮫川村教育委員会 TEL:0247-49-3151
  矢祭町プロジェクトY実行委員会 TEL:0247-46-3131

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県南地方の魅力PRします! ~ ”ほっ”とするけんなん田舎暮らしセミナーのお知らせ

来る11月19日(金)、東京・銀座のふるさと回帰支援センターにて「”ほっ”とするけんなん田舎暮らしセミナー」を開催いたします。

移住先を考えているけれど、福島は遠そう…福島は未知の場所…とお思いの首都圏在住のあなた!
福島県県南地方の見どころや地域情報、そして今後30年間を見据えた生活で福島県県南地方に住むメリットをご紹介いたします。
また参加の皆様には、ささやかですがプレゼントをご用意させていただきます。

ぜひ、ご参加くださいませ!

20101119_semi

---

”ほっ”とするけんなん田舎暮らしセミナー

■日時
平成22年11月19日(金)18:30~(18:00から受付)

■場所
東京都中央区銀座 4-14-1七十七ビル 3F
ふるさと暮らし情報センター

■申込先
NPO法人ふるさと回帰支援センター
TEL/FAX 03-3543-0333
E-mail ginza@furusatokaiki.net
 ※電話・FAX・メールのいずれかの方法により、事前にお申し込みください。

お申込書はこちらから
福島県南セミナーチラシ.pdf [PDFファイル]

■申込期限
平成22年11月15日(月)

■お問い合わせ先
福島県県南地方定住・二地域居住相談所
ラクラスしらかわ
 TEL/FAX 0248-29-8595

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「週刊モーニング」第49号に「新白河原人」がカラーで登場!!

講談社「週刊モーニング」誌上にて「新白河原人」を連載している、漫画家・守村大さん。
新白河駅から車で10分の山で暮らす様子が毎週描かれています。
その暮らしぶりが今週の「週刊モーニング」第49号では、カラーを交えて特集されています!

Dscn4111
自作のログハウスや、サウナ小屋の様子も紹介されていますよ。

いつもの連載も今回は3ページにわたり、曰く「オッサンの夢」、サウナ完成・点火までが描かれています。
夢を描くことは誰でもできますが、ここまでたどり着くことは容易でなかったのでは…と想像します。
しかし守村さんの楽しそうな表情を見ると、それをも楽しむことが山暮らしの極意なのかもしれませんね。

Dscn4108

また、「週刊モーニング」の公式サイトでは雑誌に掲載されなかった写真も見ることができるので、是非ご覧になってください。

http://morningmanga.com/lineup/78

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西郷村・甲子方面の紅葉

4日の白河地方は気持ちの良いお天気となり、絶好の紅葉狩り日和。

Dscn4083
西郷村の紅葉スポット、289号線から甲子方面へ行ってみました。

キョロロン村前~。

Dscn4085

甲子大橋。

Dscn4091

旅館大黒屋さんの勝花亭から。

Dscn4093

剣桂近くから。

Dscn4100_2

雪割橋から。

Dscn4103

堀川ダムから。

Dscn4105

交通量も多く、大黒屋さんをはじめたくさんのお客さんで賑わっていました。

今年は遅かった紅葉もようやく見頃になりました。
この時期寒くなりますので、あたたかくしてお出かけくださいね。

元湯甲子温泉 旅館大黒屋
 〒961-8071 福島県西白河郡西郷村真船字寺平1
 TEL:0248-36-2301
 URL:http://www.kashionsen.jp/

文責:な (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作って遊んで見て楽しい! ~ 城下町棚倉わくわくフェスタ2010(棚倉町)

去る11月3日、棚倉町・ルネサンス棚倉にて城下町棚倉わくわくフェスタが開催されました。
風が強かったものの、天候に恵まれたお祭り日和となりました。

Img_0417

Img_0392

地元ダンスチームによるダンスや、ダブルダッチと呼ばれる縄跳びショーが披露されました。
この縄跳び、写真ではわかりにくいかもしれませんが、2本それぞれの回転方向が違う高度な技なんですよ。

Img_0409

Img_0416

そして、こちらも大人気。
間伐材を利用した加工品の作成コーナーです。
子どもたちが楽しそうに金槌でトンカン作っているところは、実に微笑ましいですね。

Img_0395

Img_0396

テニスコート場内では科学実験コーナーも行われました。
キーホルダー作りや光を当てて動かすおもちゃ作りが人気だったようです。

Img_0403

Img_0400

Img_0405

いい笑顔がいっぱいの1日なのでした。

Img_0419

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東の秋満開! ~ サンライズひがしフェスティバル(白河市東)

昨日(11月3日)、「サンライズひがしフェスティバル2010」が開催されました。

あいにくの曇り空にもかかわらず、お客さんがたくさん来ています。

Img_0305

Img_0308

まずは日本一挑戦と聞いてやってみたくなりました「米コンちゃんだんご」!
地元白河産の米粉でだんごを作ろうというもの。

さっそく記者も作ってみました。
まずは米粉100gとぬるめのお湯80cc。
これを、こねこねします。

Img_0313

こんな感じ。

Img_0320

さらにドーナツ状にして30分間蒸します。

Img_0323

蒸しあがったら、ちぎってきな粉の袋に入れシェイクして出来上がり!

Img_0371

Img_0373

一方、ステージから大きな歓声が上がります。

それが「五合飯体験」。
お笑いエンタ集団「みちのくボンガーズ」さんの司会で、5チームの猛者たちが五合飯に挑戦します。

Img_0324

Img_0326

右側の男性は地元テレビ放送局の記者さん。
記者さんも参戦するようですよ。
まさに体当たり取材!

Img_0325

地元白河市出身の「おかちゃん」も緊急参戦!

Img_0347

みんな猛烈にかきこみます!

Img_0333

おっと!記者さんいったぁ!!
周囲からも熱いコール!!!

Img_0354

結局、地元中学生チームが優勝しました。
みんなの歓声が届いたのか、空はさわやかな秋空に変わっていました。

Img_0361

おまけ。
コンちゃんだんごは、記者がおいしくいただきました。
ヘルシーでとってもおいしかったです。

Img_0436

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風が心地いいあぶくま縦断ルート ~ 国道349号線(矢祭町、塙町、鮫川村)

福島には、走るだけで楽しい道がたくさんあります。

今まで福島県県南地方を走っていた律令道路や江戸時代の街道(奥州棚倉)をお伝えしました。
また現代の道としては、自転車道をお伝えしました。

好評でしたので、現代の道シリーズとして国道シリーズを不定期で連載しようと思います。
本来の県南地方の地域性を知る参考になると幸いです。

でも、国道ナンバーの若い順では面白くないので、県南地方で一番大きな国道番号の国道349号線からピックアップしてみます。

R349_2

国道349号線は、茨城県水戸市から宮城県柴田町槻木まで続く257.4kmの道です。
当地域では、矢祭町・塙町・鮫川村の3町村にまたがっています。

それでは、行ってみましょう!

棚倉街道でも紹介した茨城県の県境です。
ちなみに「ようこそ福島県」の右隣に描かれたマークは、ふくしまのイメージデザインで福島県の未来の姿を花にたとえたもので、花言葉は「未来」です。

Img_6503

快適な2車線道路が続きます。
道路は矢祭の街なかへ。

ここで国道118号線とほんのちょっぴりだけ重複します。
下の写真では、撮影地点から写真奥の信号までが重複区間です。
このちょっぴりくっついている感が、また何とも言えませんね。

Img_8627

ちなみに国道118号線とは水戸市内で分かれて、ここ矢祭町で再び交わります。
せっかく会えたのに、また離れてしまうんですね。

Img_7103
写真は矢祭町立東館小学校のそば。
ここの南側には立派なバイパス道路が建設中です。

ここから本格的に阿武隈高地に入っていきます。
まだこの辺はいいほうで、もっと奥地まで行くと狭いワインディングロードに様変わりします。

Img_7106

Img_9989

Img_0022

塙町のあぶくま高原美術館を左手に見て、さらに進んでいくと、鮫川村の青生野(あおの)地区に入ります。
ここで国道289号線と合流。
国道289号線は甲子トンネルでもお伝えした通り、福島県いわき市と新潟市を結ぶ国道です。(県境部分は不通)

Img_9988

Img_9987

この道を20kmたどると、白河の関と並ぶ奥州三関のひとつ・勿来の関があるいわき市勿来町へと行くことができます。
しかし国道349号線は北へと向かいます。

鹿角平高原やほっとはうすさめがわの間を抜けるように通り抜けます。
国道というより、日本の原風景ともいうべき景色の中を進みます。

Img_8560

のんびり走りますが道がくねくねしていて、正直、景色に見とれている余裕はありません。(^^;)

Img_0209

ちなみにこちらは白河今昔写真帖(郷土出版社)より、昭和30年代の国道349号線です。
道幅が狭く、バスが通ると人も車も避けていかなければいけなかったと記されています。

鮫川村の市街地を抜けます。
情緒ある街並みですね。
近くには、手・まめ・館、風光明媚な強滝と続きます。

Img_8592

こうしてあぶくまの山並みを、国道は北上していきます。

Img_8557

いかがでしょうか。
国道は都市と都市を結ぶ役割のほかに、地域の生活道路として地域色がよくあらわれる存在だと思います。

ある地域では、沿道に花壇が植えてあったり、きれいに整備していたり。
かと思えば、都会の人から見て雑然としているように捉えられてしまいがちな光景もあったりします。

我々は観光案内所でなく実際に移住希望の方が訪れる相談所ですから、
時には、きれいなだけではない本当の姿をお伝えすることもあります。

でもそういったことも踏まえないと、移住先は見つからないものでもあります。
いろいろな土地を見比べて、多面的に移住先を選んでほしいなと願う記者なのでした。

---

国道349号線
 起点 茨城県水戸市
 終点 宮城県柴田郡柴田町
 距離 257.4km

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

秋深まる白河を散策しよう ~ まちなか歴史景観散策ツアー・第4回「白河彩発見」ぶらりまち歩きのお知らせ

紅葉の美しい季節がやってきました。
白河市内で恒例となりました散策ツアーイベントを2つ紹介いたします。

まず、「まちなか歴史景観散策ツアー」。
こちらは「古地図で巡る晩秋の白河」のサブタイトルにあるように、歴史を感じさせる史跡をめぐる旅になっています。

Img084_2

---

まちなか歴史景観散策ツアー

 開催日
  平成22年11月7日(日) 9:00集合
 集合場所
  白河市役所
 散策時間
  9:10~12:10(小雨決行)
 参加費
  500円(保険加入代・資料代・その他)
 募集人員
  先着30名(定員になり次第締め切ります)
 散策コース
  白河市役所~白河ハリストス正教会~関川寺 銀杏並木~妙関寺
  ~しみずや跡 復元水車~本家富川屋染物店~ママのパン屋さん「桜ouka香」
 申込先
  NPO法人しらかわ建築サポートセンター TEL:0248-23-8088

---

続いては、「第4回 白河彩発見 ぶらりまち歩き」。
第2回にお邪魔した時は、普段みられない個人所有地の中もみせていただくことができて有意義な時間を過ごすことができました。
今回は夕月山・小南湖方面と紅葉の美しい地域を巡る旅となっております。

Img083_4   

---

第4回 白河彩発見 ぶらりまち歩き

 開催日
  平成22年11月13日(土) 9:15集合
 集合場所
  JR白河駅
 散策時間
  9:30~11:30(小雨決行)
 参加費
  1,000円(えきかふぇ昼食代・保険代・飲み物代)
 募集人員
  先着20名(事前申し込みが必要です)
 散策コース
  白河駅~谷津田川~常宣寺~友月山~円明寺(丹羽長重廟・松平二代の墓所)
   ※ツーリズムガイド白河の案内により散策します
 申込先
  株式会社楽市白河 TEL:0248-27-1448

---

どちらの散策も、きっと白河の新しい一面を発見することができると思います。
ぜひ、参加されてみてはいかがでしょうか?

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »