« 矢吹が原の農業の歴史 ~ 矢吹修練農場(矢吹町) | トップページ | 「第15回ふるさと表郷まつり」が開催されます! »

会津まで一直線! ~ 甲子トンネル(西郷村・下郷町)

国道289号線には一つの長いトンネルがあります。
名前は甲子トンネル。

Img_6450

開通日は、2008年9月21日。
長さ4,345m、幅7.5m、高さ4.7m。
執筆時点で福島県内最長のトンネルでもあります。

Img_6451

それまで白河地方と南会津地方は直接結ばれておらず、国道294号線(会津街道)か白河羽鳥線(福島県道37号線)で遠回りしていました。
甲子トンネルのおかげで、首都圏から会津方面への利用客が増えました。

下郷町で「高遠そば(ネギをお箸代わりに食べるそば)」を食べ、西郷村で「追原そば」を食べ、白河市で「白河そば」か「白河ラーメン」に舌鼓を打つという、麺づくしの旅ができるようになりました。

Img_6456
<甲子トンネルそばの甲子大橋>

ちなみに国道289号線は、途切れ途切れの国道でもあります。
もともと新潟市と福島県いわき市を結ぶ国道ですが、2か所で分断されていました。
分断されていたのは新潟・福島県境の八十里越と、ここ甲子峠。
(八十里越はまだ不通です)

Kasi3

こうした通行不能区間がある国道を「点線国道」というようですが、甲子トンネル開通前は甲子峠にも点線国道区間があったのです。
その証拠に、旅館大黒屋さんからの登山道に「国道289号線」の青いおにぎり型の標識が立っていたのです。
これは珍しいと、いくつかのメディアで話題にもなったようです。

トンネル開通で標識は撤去されてしまいましたが、「登山道おにぎり」で検索すると往時の写真を載せたサイトがいっぱいでてくるはずです。
自動車も入れない道に標識があるのは、不思議な感じがしますね。

会津方面への旅の途中にぜひ立ち寄って、県南地方の自然と食を楽しんでみてください!

---

甲子トンネル
 開通:2008年9月21日
 延長:4,345m
 幅:7.5m
 高さ:4.7m
 場所:いわき市錦町(6号交差点)から108.1㎞地点
  参考:国土交通省東北地方整備局 郡山国道事務所

文責:よ (ラクラスしらかわ http://rakuras.com/

|

« 矢吹が原の農業の歴史 ~ 矢吹修練農場(矢吹町) | トップページ | 「第15回ふるさと表郷まつり」が開催されます! »

交通」カテゴリの記事

西白河郡」カテゴリの記事

西郷村」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1267462/36320043

この記事へのトラックバック一覧です: 会津まで一直線! ~ 甲子トンネル(西郷村・下郷町):

« 矢吹が原の農業の歴史 ~ 矢吹修練農場(矢吹町) | トップページ | 「第15回ふるさと表郷まつり」が開催されます! »